カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. WEBディレクターの業務である「ディレクション」って何するの?WEBサイトを作成する流れから必要なスキルについてご紹介します
  • 職種・ポジション

WEBディレクターの業務である「ディレクション」って何するの?WEBサイトを作成する流れから必要なスキルについてご紹介します

WEBディレクターは転職市場でも人気の業種です。ですが、いったいその業務であるディレクションとは具体的にどのようなことをするのか気になりませんか?この記事ではそんな人気のクリエイター職であるWEBディレクターのディレクションという業務の内容を詳しく解説すると共に、WEBサイトの制作フローや必要スキルまで併せて紹介しますので必見です!

ディレクションは業務の総指揮

 

 

ディレクターとは?

 

「ディレクター」というと、テレビや映画といった作品のエンドロールでクレジットに記述があるのを目にすることが多のではないでしょうか。

 

ディレクターとはテレビや映画といった業界に限ったことではありません。

マスメディア関係、広告会社や映像系、ゲームといった業界にもある仕事です。簡単にいえばディレクターが行う業務を、ディレクション業務といいます。

 

ディレクション業務とは仕事の全体像を把握し、制作チームのスケジュール管理など総指揮をとり、現場で働く編集やライター、デザイナーといったクリエイターに的確な指示を出すことです。

WEBディレクターのディレクション業務とは

 

・顧客ニーズ

・流行

・オリジナル性

 

上記がWEBディレクター業務で重要になるポイントといわれています。

 

WEBディレクターはクライアントからの要望を受け、それを元に「現在世間で何が流行っているか?」などを調査・分析します。その上でスタッフを組織して具体的な形になるよう舵取りします。

 

流行りや顧客ニーズに合わせるだけでなく、オリジナル性も制作するWEBサイトには求められるでしょう。

また、クライアントに対してしっかりとした説明責任があるため、制作ビジョンを明確に打ち出す必要もあります。

大局的に見ればWEBサイトのプランニング、設計・制作の進捗管理、制作スタッフを選定するといった業務があります。

 

WEBディレクターに求められるスキル

 

training, businessman, suit

 

クリエイターを率いる統率力

 

いわるゆリーダーシップです。WEBの制作にはデザイナーやプログラマー、ライターなど様々なジャンルのスタッフが関わります。

それら各自違うスキルを持つスタッフをまとめ上げ、掲げたプランに向けていかにプロジェクトチームを動かしていくかがWEBディレクターには要求されます。

WEBディレクターには組織の先頭に立てるような、強い統率力が求められるのです。

 

WEBサイトは企業の自社サイトやECサイト、他にもメディアサイトなどジャンルだけみても多数存在します。

つまり明確なビジョンやテーマがないことには、良いものは制作できません。

制作するWEBサイトの目標を示して、いかに上手く導いていけるかが、WEBディレクターには必要とされるスキルの1つでしょう。

 

予定管理能力

 

目的のWEBサイトを制作するため企画・立案から設計、スケジュールの進捗管理などもWEBディレクター業務の1つです。

 

多くのスタッフが並行して業務を行いますので、それぞれの仕事量や進行具合を把握しておく必要があります。

各自スタッフがバラバラに作業をしてしまっては、プロジェクトが大幅に遅延する可能性があります。

仮に出来上がったとしてもクオリティが低かったり、最悪、途中で頓挫してしまう可能性すらあります。

WEBディレクターにはプロジェクトの始まりからゴールまで、スタッフが迷いや失敗などあったときに、周囲と調整しながらプロジェクトを起動修正していくといった手腕が大事です。

業務の道しるべ、補助輪的役割ともいわれる能力がWEBディレクターには求められるのです。

 

コミュニケーションスキル

 

WEBディレクターは視野を広く持ち、プロジェクトチームを客観的な視線で見ながら仕事の進捗状況を管理します。

 

プロジェクトをスムーズに進めるには、各自違う部門で働くスタッフ達と連携を取りながら同時進行していく必要があるのです。

 

そのため、スキルの違うスタッフ達の間に入ってコミュニケーションをはかりながら、なるべくトラブルなどにならないよう、心配りする繊細な部分も持ち合わせていなければならないでしょう。

 

Webディレクターのキャリアパスについて聞いてみる!

 

WEBディレクターが行う仕事の流れとは?

 

diagram, schematic, hierarchy

 

顧客折衝

 

【ヒアリング】

クライアントから、どのようなWEBサイトを制作したいか聞き取りします。

 

単純にどのようなデザインのWEBサイトにするかといったことだけでなく、クライアントの業界、競合他社や企業色、社風から企業トップの人柄に至るまでヒアリングしていきます。

 

ヒアリングの目的は、制作側とクライアント側双方が思い描くWEBサイトのイメージに、ズレが生じないよう調整するのが目的です。

 

【要件定義】

制作するWEBサイトの企画立案やコンセプトの提案、ターゲット層、根本の目的、機能、スケジュール作成、予算、提案書などの作成をします。

 

この段階でポイントになるのは、品質管理またはQCDとよばれるものです。

 

納期・予算・クオリティといったクライアントの要請に対して、ヒアリングする際に重要になります。

 

設計

 

ネットワークの設定や画面の設計を行うフェーズです。ここではWEBサイトの仕様設計も行います。

 

・ワイヤーフレームを制作し、WEBデザインの基礎を構築

・情報アーキテクトによりWEBサイトがどのように利用されるか?なんの目的のためか?を設定

・サイトの仕様設計を行い、クライアントを含め制作スタッフの業務が行いやすいようにする

 

この工程では、本格的にWEBサイトの全体的な構造を設計すると同時に、WEBサイトのデザインなども行います。

 

WEBのディレクション能力はもちろん、経験やアイデア、センスも必要となってくる部分です。

日頃から様々なWEBサイトを研究しておくことで、こういった部分は鍛えられます。

制作するスタッフの力量なども見極めつつ、WEBサイトの全体的なバランスを考えなければなりません。そのため難しい工程ではありますが、大変やりがいのある業務ともいえます。

 

WEBディレクターという職は、日々進化を続けるWEB業界において非常に重宝されています。

 

そのため、キャリアを積むことで、高い地位や年収を目指して転職をする人も多いです。

ギークリーはIT・WEB系に強い転職エージェントとして有名です。もっとWEBディレクターとして上を目指したいという方は活用されてみてはいかがでしょうか?

 

【簡単1分!】相談をする

 

制作

 

実際にWEBディレクターとしての実力が表立って発揮される工程です。

ここでは下記のような業務を行います。

 

・デザインやコーディングのチェック

・システム開発

・テストアップ

 

WEBサイトのデザインチェックをして、コーディング作業に移ります。

コーディング作業とはWEBサイトをHTMLやCSSでデザイン通りに組み立てていくことです。

 

システム開発では、仕様書にそって作り方など詳細を決めていきます。

 

出来上がったWEBサイトのチェック、テストアップなどを行います。サーバーへ上げてみて実際のHPと近い状態でテストアップしたものがしっかりと機能するか検証します。

 

ここでもWEBディレクターは自身が作ったスケジュール通りに、プロジェクトが進んでいるかといった管理を行い、細かい微調整や資料まとめます。

 

ディレクション業務に必要なポイント

 

leadership, stand out, training

 

レスポンスが早いこと

 

プロジェクトの進捗管理において、優秀なWEBディレクターはレスポンスが早く、的確です。マメに連絡を行います。

 

例えば制作現場で問題や疑問が起こったときに、スタッフがディレクターに質問してそれをWEBディレクターがクライアントに質問するとします。

 

こういったときに、現場に素早く指示を返信するという流れが早いほど良いですし、制作効率も上がるでしょう。

 

WEBディレクターの反応が鈍いと、WEBサイト制作に大幅な遅れが生じてしまうことになります。

 

修正分のスケジュール管理

 

チーム単位で制作するWEBサイトでは、最初に立てた計画どおりにことが進み、一切修正箇所もなく完成するといったことはほぼ無いでしょう。

 

そのため、スケジュールはあらかじめ修正時間込みで組み立てておくべきです。

 

そういった配慮が出来ていない場合、サイトのデザイン等で修正が必要になった場合、時間に追われながら修正作業をしなければならないからです。

 

こういったケースで起こりうるトラブルとして、現場スタッフは焦りからまた他のミスをして修正箇所が増えてしまう修正ループがあります。これは大きなロスに繋がります。

修正作業の時間にあらかじめ余裕があれば、現場スタッフとディレクターの間で要所要所での確認作業もできるため、未然にミスを減らすことにも繋がるでしょう。

 

ディレクション業務の思い違いに注意

 

mistake, error, facepalm

 

ディレクション業務はただの連絡係りではない

 

クライアントやスタッフからの注文や意見を伝達するだけの行為は、ディレクション業務とは呼べません。ただの確認作業です。

 

クライアントの要望をまとめ、わかりやすく現場の制作スタッフに伝えるのがディレクション業務です。WEBディレクターももちろんそれに該当します。

 

・クライアントとの意見のすり合わせ

・制作スタッフにチームの方針を伝え、進捗管理をする

・トラブルなどが起こった場合はディレクターが先頭にたって問題解決に動く

 

上記のようにクライアント相手とはいえ、要望に対してできることとできないことをはっきり伝え、その中で折り合いをつけ、制作スタッフをまとめることが本来のディレクション業務でしょう。

 

効率重視に偏りがち

 

WEBディレクターとしてのキャリアを積むほど多くなるのが効率を重視するあまり、仕事が雑になるケースです。

 

WEBディレクターになりたての頃は丁寧にやっていた業務でも、キャリアを積むにつれてある程度パターン、ノウハウといったものを身につけます。

 

そうなるとついつい効率優先になり業務のスピードを上げすぎて、細かいミスを見逃してしまうことがあります。

 

長くWEBディレクターを続けるには効率ももちろん大事ですが、丁寧な業務内容がもっとも優先されます。またそういった人材を企業は高く評価するでしょう。

 

最後に

 

video production, video, movie

 

クライアントは、様々な目的でWEBサイトを立ち上げます。周囲へ商品やサービスの提供、または集客、他にも認知度上昇などの目的があります。

 

近年ますますWEBディレクターのディレクション業務は、複数のメディアを組み合わせたクロスメディアマーケティングやSNSを利用したマーケティング戦略など多岐に渡っています。

 

時代の流れを嗅ぎ分ける鋭敏なクリエイターとしての嗅覚と、組織を動かす運用術がディレクション業務にはもっとも重要となるでしょう。

 

【簡単1分!】相談をする
カズ・ライティングP

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。