カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. ゲームプロデューサーが転職する際にあると有利なスキルや経験について徹底解説!
  • 職種・ポジション

ゲームプロデューサーが転職する際にあると有利なスキルや経験について徹底解説!

ゲームプロデューサーという職業はどのような職種なのでしょうか。どのようなスキルや経験を培うことができるのでしょうか。そこで今回はゲームプロデューサーが転職する際にあると有利なスキルや経験についてご紹介させていただきます。

ゲームプロデューサーが転職に有利なスキルは?

 

 

ゲームプロデューサーは多くのスキルが求められる職種です。

ただ、自分が作りたいゲームを作ればいいわけではありません。完成したゲームが売れるか、ファンが納得してくれるか、新たなファンを獲得することができるのかなど先を見通す力が必要です。

また、外部の人間との情報共有や内部の人間関係を円滑に保つように色んな人に気を使いながら仕事をしなければなりません。

ゲームプロデューサーで培うことができるスキルが転職でどのように役に立つのかを解説させていただきます。

 

企画立案スキル

 

ゲーム自体を考えるのはゲームプランナーの仕事になります。実際にそのゲームを作成することは可能なのか、作成したとしてそのゲームが売れるのかを判断してGOサインを出すのがゲームプロデューサーです。GOサインを出すまでには検討することが多くあります。

コストパフォーマンス、作成期間、業界のニーズ、etc…

多角的な視点から考え、そして分析し予測することが重要です。

そのようなスキルを持つゲームプロデューサーは転職の際にアピールできることは多いでしょう。物事を俯瞰で見ることができ、様々なリスクを考えることで万が一の際でも被害を最小限に食い止めることができるので転職をお考えの際には存分にアピールできます。

 

コミュニケーション能力

 

ゲームを作る際には様々な職種の方が携わっています。

1人の力ではゲームを作ることはできません。音声を担当する方やモーションを担当する方など多くの職種の人が携わって1つのゲームができています。

そんな様々な業種の方と密に連絡を取り合う必要があるためゲームプロデューサーは常に大忙しです。ゲームプロデューサーならでのコミュニケーション能力として他の職種の方にはない色んな業種の方の意見を1つにまとめることのできるリーダーシップを含んだコミュニケーション能力として存分にアピールできると思います。

多種多様な意見を1つにまとめるというのは非常に難しいです。それを仕事にしてきたゲームプロデューサーであれば、コミュニケーション能力をアピールして転職を有利に進めることができるでしょう。

 

プロモーションスキル

 

ゲームプロデューサーの重要な仕事として、商品のプロデュースがあります。

ゲームを作っても利用者がいなければ意味がありません。テレビでCMを打ったり、雑誌などで宣伝をしたりと最適な方法を模索し商品を宣伝しなければなりません。

その際に、誰も見ないような場所、時間に宣伝をしても効果は全くありません。どのようすれば効果的にPRできるか論理的に分析する必要があります。

このプロモーションスキルはゲーム以外の分野でも活かすことができます。転職の際に必ず有利になるでしょう。

 

サポートスキル

 

ゲームを作ったからと言って終わりではありません。

リリースされたゲームに対してのクレームなどがあった場合には、スムーズに対応しなければなりません。今の時代はネット社会で色んな方が自由に意見をネットに書き込むことができます。ですので批判に対する対応は非常に神経を使います。

理不尽なクレームにも柔軟に対応したり、ゲームにバグがあった際にはスムーズに修正をしたりとサポート能力がなければゲームプロデューサーは務まりません。

ゲームプロデューサーならではのサポートスキルは転職の際に存分にアピールできるポイントの1つです。

 

ゲームプロデューサーが転職に有利な経験は?

 

 

納期に間に合わうよう調整する経験

 

ゲームプロデューサーの仕事としての納期に間に合うように工程を組むというものがあります。

これはどのような職種にも通じる非常に重要な経験です。

通常、納期に間に合わせるように作業をすることが基本です。実際に納期を決めてそれに合うように工程を組むという経験はゲームに限らず活かすことができます。頭の中でどのようにすればスムーズに仕事ができるのかを考え行動に移すことで、作業の流れを的確に把握できるため仕事を円滑に進めることができます。

 

色んなジャンルのゲームを作る経験

 

ゲームプロデューサーならではの経験として、様々なジャンルのゲームを作ってきた経験は非常に転職に有利になるでしょう。

ゲームを作る際に色んなジャンルのゲームがあります。アクションゲームなどの派手なゲーム、恋愛ゲームなどの駆け引きを楽しむゲーム、音楽ゲームなどのセンスが問われるゲーム。

このような色んなゲームを作る経験をしていると急な質問などにも豊富な経験からスムーズに答えることができるでしょう。

面接の際には自分の想定していたこととは違う質問をされることも多いですが、そんな時に言葉に詰まったり、質問へ答えられないと相手への印象は悪くなってしまいます。しかし、色んなゲームを作った経験のあるゲームプロデューサーならではの豊富な経験で的確な回答をすることできるかもしれません。

 

ゲームプロデューサーはどういう職業に転職している?

 

 

 

実際にゲームプロデューサーから転職した方はどのような職業に就く方がいるのでしょうか。独自に調べた転職先をご紹介します。

・ゲームプロデューサーから別のゲーム会社

・ゲームプロデューサーから大手パチンコメーカー採用担当

・ゲームプロデューサーからゲーム専門学校講師

・ゲームプロデューサーからYoutuber

などがありました。

1番多いのが別の会社に引き抜きという形で転職したケースです。

Youtuberになった方はどのようにしてゲームを作っていたのかなどの裏話や自分のやってきたことなどの成功体験を話して勇気を与えるような動画を作っていました。

他にも元ゲームプロデューサーが講師を担当している専門学校も多く、幅広い知識と経験から未来のゲームクリエイターを育てている方も多いようです。

 

どのような転職方法がある?

 

 

ゲームプロデューサーが転職をする際にどのような転職方法があるのかをご紹介させていただきます。

1番多い転職方法は他のゲーム会社により引き抜きです。ゲーム業界の特徴として企業同士のつながりが大きいということも理由の1つに上げられます。

プロデュースしたゲームが爆発的なヒットをだした、りコアなゲームファンを獲得した場合には、プロデューサーの名前が一気に知れ渡ります。そうすることで色んな会社から引き抜きされるケースがあります。

まとめ

 

 

ゲームプロデューサーは他の職業では身に着けることが難しいスキルや経験を活かして転職を有利に進めることができるでしょう。

転職のケースとしてはスキルや経験を活かすことのできる専門学校の教師や、同じ業界に引き抜かれてステップアップとしての転職をする方が多いようです。

ゲームをプロデュースするということは誰にでもできることではありません。ゲームプロデューサーで培った経験と共にアピールすることができれば転職を有利に進めることができるでしょう。

おーちゃん

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。