カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. エンジニアリングマネージャーに必要なスキルを解説!必要な知識や学習方法は?転職エージェントがご紹介!
  • 職種・ポジション

エンジニアリングマネージャーに必要なスキルを解説!必要な知識や学習方法は?転職エージェントがご紹介!

エンジニアリングマネージャーはプロジェクトを進めていく上で欠かすことのできない職種です。今回はエンジニアリングマネージャーに転職するために必要なスキルや、スキル・知識の学習方法を中心にご紹介します。この記事を読むことで転職に向けて万全の準備をしていきましょう。

タイピング

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

エンジニアリングマネージャーに必要なスキル

 

スタートアップ

 

エンジニアリングマネージャーに転職するために必要となるスキルについてご紹介します。

以下のスキルを兼ね備えている人材は、企業からも重宝されることでしょう。

 

ピープルマネジメント

 

ピープルマネジメントとはチーム全体に気を配ったり、チームの個々人に対してケアをしたりすることを指します。

このスキルを持っていなければマネージャーとして活躍していくことは難しいでしょう。

個々人との対話はメンタリングで行ったり、チーム全員が自律的に問題解決したりできるように成長を促す必要があります。

ただチーム全体をまとめるのではなく成長させたり対話したりすることによって、それぞれの能力の底上げをできなければなりません。

 

プロダクトマネジメント

 

プロダクトマネジメントとはどのような製品をクライアントやユーザーが欲しているのかを考えるスキルです。

このスキルを発揮する為には製品に対しての深い理解をしていることが必須となるでしょう。

使う人のことにも目を向けて、どのような製品を作れば良いのかを見極めるのもエンジニアリングマネージャーに必要なスキルの1つです。

 

プロジェクトマネジメント

 

オフィス

 

プロジェクトマネジメントは、マネージャーとしてチームで働く以上欠かすことのできないスキルです。

具体的にはプロジェクトの進行を管理するスキルだといえるでしょう。

予算やスケジュールを管理するのもマネージャーの仕事です。

このスキルはプロジェクトを円滑に進める為に障害発生時の対応や遅延した場合の対処を考える為に必要だといえます。

プロジェクトの進行に支障をきたさないように起きるかもしれない問題を解決するための手段を事前に練っておかなければいけません。

こうした準備はプロジェクトにおいて欠かすことができないものです。

 

エンジニアリングマネージャーに必要な知識

 

ミーティング

 

次はエンジニアリングマネージャーに必要となる知識について紹介していきます。

この職種で働く為には以下のような知識を持ち合わせていることが重要となるでしょう。

 

マネジメントに関する知識

 

先述したようにこの職種では様々なマネジメントスキルが求められます。

チームを管理していく上では、マネジメントに対しての深い知識が必要とされるでしょう。

どうすれば円滑にプロジェクトを進められるか考える際にマネジメントに関する知識が無ければ、効率的に物事を動かすことができません。

マネージャーとして周囲の人材を動かしていくためには必然的にマネジメントについて深く理解していくことが重要となるでしょう。

 

IT技術に関する知識

 

プロジェクトを管理する以上、製品やIT技術に対しての理解は欠かすことができません。

どういった製品を作りどういった形でその製品を完成させていくのかという道筋を描く為にも技術を深く理解している必要があります。

製品に起こり得るリスクを回避するためにも自社の技術に対する知識を持っていなければなりません。

エンジニア達が働きやすい環境を作るためにも豊富な知識を得てそれをプロジェクトの進行に活かしていくことが重要です。

 

エンジニアリングマネージャーに向いている人

 

オフィス

 

次はエンジニアマネージャーとして働くのに向いている人をご紹介します。

この職種を目指している方は以下の特徴に自身が当てはまるかを考えてみましょう。

どういった人がこの職種に向いているのかを解説していきます。

 

主体性を持っている人

 

エンジニアリングマネージャーは技術者達を束ねて引っ張っていく存在です。

そのためこの職種で活躍するためには主体性が無ければなりません。

リーダーとしての自覚を持つためにも、自分が先頭に立ってチームを引っ張っていくのだという覚悟が必要となります。

メンバーが働きやすい環境を提供するために動いていくには率先して物事を決定していくことが求められます。

 

チームの育成に興味がある人

 

チームをマネジメントする上で周囲の能力を引き出すことにやりがいを見出せる人はこの職種に向いています。

個々人がどういった性質を持っていて、どのポジションに向いているのかということを見極めることが求められます。

どうすればその人の能力を伸ばすことが出来るのかを客観的に見ること。

そしてその能力の成長によってチーム全体を成長させていくことに興味がある人には最適な職種だといえます。

 

こだわりを持って開発に携われる人

 

マーケティング

 

エンジニアリングマネージャーとしてプロジェクトに携わる以上、開発するものに対してのこだわりは強くなくてはいけません。

どうすればクライアントにより良いものを提供することができるのかを追求できる人はこの職種に向いているといえるでしょう。

開発する製品やシステムを利用する人の目線になって考えることで必要となる機能や解決すべき課題を明確にできます。

開発に携わる上でのこだわりがチーム全体の士気上昇にも繋がっていくことでしょう。

 

無料転職相談に登録して理想のキャリアアップを実現しよう

 

エンジニアリングマネージャーの学習方法

 

ペン

 

エンジニアリングマネージャーを目指す上で必要なスキルや知識についてはここまでの情報で分かっていただけたことでしょう。

しかし具体的にどのようにそれらを習得すれば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

次はこの職種に就くために必要となる学習の方法についてご紹介します。

 

マネジメントなどに関する本を読む

 

1番一般的な方法として、マネジメントなどに関しての本を読むという方法があります。

学習するのに本から知識を得るというのは1番効率の良いことです。

ネット上ではマネジメントに関しておすすめの本などが様々なサイトで取り上げられています。

そうした本の中から自分に合ったものを選んで読んでみると良いのではないでしょうか。

しかしながらこれだけでは実際の現場で活用できる知識は得られないでしょう。

これから紹介する他の方法も並行して実践しながら、あくまで知識を得るための手段として本を利用するのが良いでしょう。

 

勉強会に参加する

 

エンジニアリングマネージャーとしての知識を深めるために勉強会に参加するというのは学習方法として最適な選択肢の1つです。

勉強会の場というのは知識を学ぶことができるだけでなく、有識者に対して直接質問をすることができます。

そのため学習すると同時に自身の疑問点を解消することもできるのです。

疑問点を直接質問することによって必然的に知識の定着も促せます。

勉強会が開催される場合は参加してみるのも良いでしょう。

 

先輩エンジニアリングマネージャーに話を聞く

 

プログラミング

 

上記と同じように知識を持っている人から話を聞くということでいうと、直接エンジニアリングマネージャーに話を聞くという方法もあります。

知り合いにそうした職種の人物がいるのであれば、勉強会よりも近しい距離でいろいろなことを相談できるでしょう。

実際の現場でのマネジメント方法なども聞くことができ、経験によって積み上げてきた知識を聞くこともできます。

これも学習するための手段の1つとして、他の方法と並行して活用すると良いでしょう。

 

エンジニアリングマネージャーの年収

 

ファイナンス

 

エンジニアリングマネージャーの年収として1番多いのが700〜900万円の間となっています。

平均年収もこの辺りとなると考えられるでしょう。

また、企業の規模によっても年収が変動するようです。

具体的には規模の小さい企業ほど年収が低く、規模の大きい企業ほど年収が高くなる傾向にあります。

これは規模が大きい企業ではエンジニアマネージャーがまとめなければいけない人員も増えるからだと考えられるでしょう。

また、大企業であればあるほど優秀な人材が集まりやすく、自然と年収が高くなっているという可能性も考えられます。

エンジニアリングマネージャーとして高い給与を得たい場合には規模の大きい会社を目指して転職を行うと良いでしょう。

 

エンジニアリングマネージャーの将来性

 

テック

 

エンジニアリングマネージャーは今後需要が高まっていくと考えられています。

人材不足が問題となっているIT業界において優秀な技術者でありチームを率いてマネジメントを行うこの職種の重要度は高いでしょう。

エンジニアリングマネージャーはエンジニア達を取りまとめることで業務を効率化しプロジェクトを成功へと導く存在です。

IT企業は以前よりもソフトスキルを重視した採用を行っています。

技術的な側面だけでなくマネジメントを円滑に行うことのできるヒューマンスキルというのは市場価値も自ずと高くなるでしょう。

 

エンジニアリングマネージャーへの転職

 

ビジネスファッション

 

エンジニアリングマネージャーに転職するにはまずIT業界での経験が必須だといえるでしょう。

その際、技術者として開発に携わりプロジェクトの進行やチームに対する知識を深める必要があります。

この職種へのIT業界未経験からの転職は難しいと考えられるでしょう。

IT業界未経験からエンジニアリングマネージャーを目指したいと考えている方は、まずエンジニア職に就いて実務経験を積む必要があります。

そうすれば自身にマネジメント職への適性があるのかどうかも明確になっていくことでしょう。

現在エンジニア職として働いている方はマネージャー職へとキャリアアップを行うことで、この職種への道が近づきます。

エンジニアリングマネージャーの求人ではマネジメント経験が必須である場合が多いため、まずはマネージャーとしての経験を積みましょう。

 

まとめ

 

ホームオフィス

 

今回はエンジニアリングマネージャーに必要なスキル学習方法などを中心にご紹介しました。

この職種への転職を考えている方はエンジニアリングに関する知識は勿論のこと、マネジメントへの知識も欠かせません。

他のマネージャー職からのキャリアアップを考えている方は自身のスキル・能力を磨くことで転職を有利に進めましょう。

今回の記事を是非転職活動の参考にしていただければと思います。

 

無料転職相談に登録して自分にとって最適な仕事を見つけよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部
ギークリーメディア編集部
主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

Geekly Media
ライター

タイピング

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook