カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. フィールドエンジニアとは?仕事内容や必要なスキルを解説!向いている人や将来性を知って転職に役立てよう
  • 職種・ポジション

フィールドエンジニアとは?仕事内容や必要なスキルを解説!向いている人や将来性を知って転職に役立てよう

転職を考えるときにたくさんの職種があって悩まれる方も多いかと思います。ITエンジニアの種類、フィールドエンジニアをご存知でしょうか。フィールドエンジニアについて詳しく解説していきます。

キーボードを打つ人物

フィールドエンジニアとは?

 

パソコン

 

コンピュータープログラムを設計するITエンジニア職のひとつとしてフィールドエンジニアがあります。

主にIT機器を担当し、機器の設置・トラブル対応・点検業務を行います。

客先の機器にトラブルなどが発生した場合に一番に駆けつけて対応を行うのがフィールドエンジニアです。

 

フィールドエンジニアの仕事内容

 

書類

 

ここからはフィールドエンジニアの仕事内容についてジャンル分けをして詳しく解説していきます。

転職をお考えの方は仕事内容を確認して転職の参考にしていただければ幸いです。

 

基本的な業務内容

 

フィールドエンジニアは、IT機器を取り扱う技術職です。会社の製品を購入した顧客の依頼に応じて顧客先の現場に行き対応します。

顧客からの主な依頼は4つです。

 

製品のトラブル対応

 

トラブル

 

フィールドエンジニアのメイン業務です。製品にトラブルが起きたとき、顧客から連絡が入ります。

顧客先の現場に向かいトラブル内容の確認・解決をします。

そのため、コミュニケーション能力だけでなく、もしもトラブルの責任が自社にある場合には謝罪し「許される人間力」も必要となるのです。

技術力はもちろんですが、総合的な力が必要とされるといって良いでしょう。

 

製品の設置サポート

 

顧客先の会社に新しい製品が導入されたときに製品の設置やセットアップを行います。

新しい製品の使い方の説明をします。

 

製品のメンテナンス

 

製品のトラブル防止や安全に長く使用してもらえるように保守点検をするために顧客先の会社に行きます。

機器の点検は定期的な業務となります。

 

製品の説明と営業活動

 

自社の製品について顧客先に説明をします。顧客の会社に今後、必要性があるメリットを伝え導入してもらうように営業活動も行います。

以上の4つがフィールドエンジニアの仕事内容です。顧客先へ出向くことがほとんどの仕事内容になります。

顧客の質問に答えることができるように製品の機能は覚えておくと良いでしょう。

また、顧客先に行くことで顔を覚えてもらい信頼関係を築ければ今後の営業活動にも繋がり、丁寧で迅速な対応が求められます。

 

無料転職相談に登録してフィールドエンジニアになろう

 

医療機器のフィールドエンジニア

 

病院

 

医療機器の修理とメンテナンスが主な仕事です。病院の現場に行って依頼の対応することが多いです。

病院ですので会社とは仕事内容が異なります。

基本的なことは変わりませんが、医療機器を取り扱うので専門知識があった方が良いでしょう。

また、手術などに使用する機器が急に壊れたり手術中に故障したとなると命に関わるので他業界とは異なり緊急性があります。

医療機器の担当をするのであればより迅速な対応が必要となるでしょう。

 

顧客先が病院の場合

 

ドクターとのコミュニケーションも重要になります。

自社製品の販売をする時にも、医療現場の立場になって説明をするので病院の大きさや手術数、患者の数など把握しておく必要があります。

忙しく時間の取れないドクターからの要望に答えるためにも自社製品のことをよくわかっていないといけません。

 

顧客先が歯科業界の場合

 

病院の医療現場とは異なるので、顧客先が歯科業界の場合は使用している機器も違います。

専門知識を学んで施設のこともよく理解しておきましょう。

医療機器の場合、病院に行くので移動時間がかかります。

ですが、特定の医療機関に行くことが多いので顔を覚えてもらい、新しい製品機器の営業ができて活躍の場は広がります。

 

フィールドエンジニアに求められるスキル

 

スキル

 

フィールドエンジニアに最も必要なスキルはコミュニケーション能力です。

顧客からの要望に対して迅速かつ丁寧な対応を心掛ける必要があります。

顧客がどのようなトラブルが発生しているのか先読みをして円滑に仕事をすすめていきます。

 

フィールドエンジニアとして必要な資格

 

絶対に必要な資格はありませんが、取得しておくと仕事に有利なことやスキルアップにも繋がりますのでご紹介します。

 

コミュニケーション検定

 

ビジネスマナーの基本的な知識を学ぶことができ、顧客対応するときに円滑なコミュニケーションが取れます。

 

普通自動車運転免許

 

自動車

 

現場に向かうときに社用車で移動することが多いので取っておくと行動範囲も増えます。また、必要な機器の機材を運ぶときに便利です。

 

機械設計技術者試験

 

技術力認定試験です。

機械設計業務に関わる仕事をするうえで技術や知識があると認められるので顧客に対してプロフェッショナルである証明になります。

 

ITパスポート試験

 

情報処理の促進に関する法律に基づく国家資格です。

IT業務の基本的な内容を学ぶことができるのでまだ知識のない方は勉強をしてスキルアップを目指しましょう。

スキルの証明としても役に立ちます。

 

MCP資格(マイクロソフト認定資格)

 

全世界に共通する資格です。IT技術を学習したという証明になります。

また自分の知識を増やすことができるのでエンジニアの仕事の役に立ちます。

このような資格を取ることでスキルアップにもつながります。しかし、疑問に思いますよね。

フィールドエンジニアが未経験でもどうして転職できるのでしょうか。

急激にネットビジネス、IT機器を使用した会社が増えたので、メンテナンスや修理が追いついていない状況です。

その中でフィールドエンジニアは貴重な存在となっているのです。

未経験でも丁寧に対応をして知識を身につけていく事で信頼され、仕事も増えていくことに繋がっています。

 

フィールドエンジニアのやりがい

 

やりがい

 

フィールドエンジニアは顧客から機器のトラブルを受けてその場で解決をするので人の役に立てて感謝を感じることができます。

また、製品のメンテナンスに行くときに日頃からコミュニケーションを取っていると顧客の方から声をかけてくれることもあります。

信頼関係を築くことができたときに喜びを感じることができるでしょう。

顧客とコミュニケーションを取りながら自分が持っている製品の知識を活かせるところも魅力のひとつです。

 

フィールドエンジニアになるためには

 

必要な資格はないので製品機器に興味があり、コミュニケーションを取るのが苦手ではない方であればフィールドエンジニアになることができます。

専門学校で技術や知識を勉強することもできます。ほとんどが入社してから研修があるのでIT製品の基礎知識を仕事しながら学んでいきます。

 

会社の研修制度

 

転職先の会社によって研修制度が異なります。研修をしない会社もありますので自分の知識レベルを考えて転職先を選びましょう。

ほとんどの会社が研修制度を設けているので安心してください。

 

フィールドエンジニアに転職するには

 

転職を考えるときに求人情報で探しますよね。フィールドエンジニアは求人先の会社によっても呼び方が異なります。

「フィールドエンジニア」「サービスエンジニア」「サポートエンジニア」などこのように呼び方は違いますが仕事内容は同じです。

技術職なので担当する仕事範囲が幅広いので会社によって仕事内容が変わります。

転職活動をするときは応募先の仕事内容をよく確認しましょう。

 

フィールドエンジニアのフリーランス

 

フィールドエンジニアはフリーランスになることもできます。会社に属していないので安定した収入があるわけではありません。

また確定申告など事務処理も自分でやらなければいけない手間がかかるでしょう。

しかし、フリーランスになって仕事が見つかると収入が高くなります。

メリットとデメリットはありますが、自分のスキルを試してみたいと思ったら選択肢の一つになるかもしれません。

 

フィールドエンジニアの将来性

 

IT化が進む現代においてインターネットを利用して様々なネットビジネスを展開している会社の採用が急増しています。

あらゆる現場で活躍の場が増えており、会社だけでなく医療現場でも活躍しています。

これから先医療での製品機器は欠かせない存在となるでしょう。

 

年収について

 

お金

 

会社や技術スキルによって金額の差はありますが、平均して500万円弱になります。

技術力のアップや会社の制度によって金額は上がる可能性があるでしょう。

さらに、他の職種と同様に年齢によって金額も変わってきます。

20代は約500万円、30代は約900万円、40代は1000万円と年収は良い方だといえます

 

フィールドエンジニアに向いている人とは

 

転職する上でご自身がフィールドエンジニアに向いているのかどうかは大変重要な問題だと思います。

特徴を紹介していきますので、自分に当てはまるのかを確認してみてください。

 

コミュニケーション能力

 

顧客からの要望を聞くことが多いのでコミュニケーション能力は必須です。

常に顧客がどのようなことを求めているか先読みもできると良いでしょう。

顧客先に行ったときに日頃コミュニケーションを取っていると仕事の幅も広がります。

 

臨機応変の対応ができる人

 

顧客からトラブル発生の連絡があった場合に迅速な対応が求められます。

予想外のトラブルが起きた場合にも解決策を提案しなければなりません。

 

機械をいじるのが好きな人

 

主な仕事が機器のメンテナンスや設置、IT製品を取り扱うことなので、機械をいじるのが好きな人にはぴったりです。

 

フィールドエンジニアの営業活動

 

営業中

 

顧客先に機器のメンテナンスや設置に行きますが利益を出すことは難しいと思います。

できる限りコストを削減してほしいですが見直すこともできないのが現状です。

なのでなるべく顧客先では顧客とコミュニケーションを取り信頼関係ができたら新商品を紹介して営業活動をします。

 

まとめ

 

書類

 

フィールドエンジニアの仕事内容や転職情報をご紹介しました。

フィールドエンジニアは資格がなくてもなれる仕事です。

インターネットやIT技術が拡大している現代において製品機器のメンテナンスは必要不可欠です。

あらゆる現場で需要が高まっている職種なのでやりがいを感じられるでしょう。

フィールドエンジニアに転職を考えているのであれば転職サイトの登録から始めてみましょう。

 

無料転職相談に登録して憧れのIT業界へ転職しよう

Geekly Media
ライター

キーボードを打つ人物

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。