カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. Webアナリストの仕事内容を解説!転職に有利な資格やスキルは?年収や将来性を転職エージェントが紹介!
  • 職種・ポジション

Webアナリストの仕事内容を解説!転職に有利な資格やスキルは?年収や将来性を転職エージェントが紹介!

Webアナリストの仕事はデータの解析・分析と分析結果に基づいた改善施策の提案です。そのため、高度な統計学・分析スキルと提案の有用性を伝える力が求められます。専門性が高い職種のため狭き門ではあるものの、今後ハイクラス求人の増加も見込め将来性が期待できる職業です。

ビジネス,アイデア,成長

Webアナリストの仕事内容

 

Webアナリストとはクライアントのビジネスをより良いものにする改善施策の根拠を見つける仕事です。

 

アクセス解析・データアナリティクス

 

仕事,チャート,グラフ

 

Webアナリストの仕事としてまず挙げられるのがアクセス解析です。

解析ツールを用いてWebサイトに関わる数字を抽出・分析し、その数字を基にユーザー動向を探ります。

 

・コンテンツごとのアクセス状況

・購入行動分析

・会員情報

・Web広告の効果測定

・競合他社のWebサイト調査

・クリック率

・アンケート企画へのリアクション

・市場トレンドの分析

・改善案の効果測定 など

 

Webアナリストはデータを通して年齢・地域・職業など、ユーザーの姿を明らかにします。

数字を通してユーザーが見えてくることでクライアントのどこが好かれていて何を求められているかも見えてきます。

 

改善施策提案

 

事務所,仕事,同僚

 

Webアナリストがやるべきもう1つの仕事がアクセス解析の結果を基に導き出したクライアントの改善点・伸びしろの提案です。

例えば、Webサイトの活用戦略に注目してみましょう。

 

・サイトを活用した収益モデルの確立

・ユーザー獲得、拡大

・Webサイトの費用対効果改善

・ブランド力向上 など

 

その他、アクセス解析・分析によって導きだされたユーザー次第で様々な改善施策が考えられます。

数字から導き出した改善施策案のPDCAを繰り返し、より確実性の高いものにブラッシュアップしていくのもWebアナリストです。

 

Webアナリストの仕事に必要なアナリティクススキル

 

Webアナリストの仕事の出発点はデータです。そのためデータを分析するスキルはWebアナリストにとって原点となります。

 

統計学に関する知見

 

ワークショップ,ペン,付せん

 

Webアナリストの仕事内容はデータの分析・解析です。

データをどのように分析するのか、統計学的知見はWebアナリストになるための前提条件と言っても過言ではありません。

もちろん、学問的知見はそのまま実務に活かせないことも多くあります。

しかし、体系的に身につけた統計学的目線はWebアナリストにとって大きな武器になるでしょう。

 

アクセス解析スキル

 

眼鏡,虫眼鏡,分析

 

Webアナリストの仕事上アクセス解析ツールは当然使用するものです。

また、その仕事内容の幅広さからデータ管理・アクセス解析ツールをはじめとする各種ツールの使用機会もあります。

 

・Googleサーチコンソール

・Google Analytics

・Adobe Analytics

・ヒートマップ解析ツール

・DMP

・ユーザーインターフェース、ユーザーエクスペリエンス改善ツール

・Excel

・データベース言語

 

Excelは一般的なビジネスパーソンにも浸透していますが、Webアナリストの場合はさらに高度なスキルが求められます。

データベース関数・ピボットテーブル・マクロ構築スキルは最低限と考えておいた方が良いでしょう。

また、データベース言語SQLやPythonなどのプログラミング言語に関する知識もデータベース構築に役立ちます。

 

Webマーケティングに関する知識

 

手,スマートフォン,アイコン

 

WebアナリストにはWebマーケティング的な目線や知識が必要です。

なぜなら、クライアントの最終ゴールはサイトの傾向分析ではなく売上向上やユーザー数の増加だからです。

どんなに素晴らしい解析・分析ができたとしてもクライアントの目的が達成できなければ意味がありません。

そのため、Webアナリストには解析・分析結果をクライアントの目的に応じた具体的な施策に落とし込めるスキルが必要なのです。

 

定量的・定性的のバランス

 

テクノロジー,人工知能,脳

 

Webアナリストはデータを取り扱うため定量的な目線にとらわれているイメージがありますが、大きな誤解です。

確かにWebアナリストは定量的なデータからユーザーを分析する仕事です。

しかし、データを通して見るのはあくまでも人間です。

例えば、Webサイトはボタンの大きさ・形・微妙な色の濃淡といった細かい違いがUIの快/不快を左右することも珍しくありません。

ユーザーの動きは無意識の直感的な判断に基づくことも多く繊細な心の機微を汲み取ることが必要です。

つまり、Webアナリストには定量的に解析・分析する目線定性的な目線のバランスが求められます。

 

Webアナリストの仕事に必要な伝えるスキル

 

Webアナリストはその専門性の高さから専門用語も多く具体的な仕事内容を想像しづらい職種でもあります。

そのため、クライアントや他Web系職種に分析結果や提案を理解してもらう力が求められます。

 

プレゼンスキル

 

イノベーション,仕事,情報

 

Webアナリストは業務上データ解析結果をプロジェクトチームのメンバーやクライアントに報告・提案することもあります。

その際に解析結果、分析結果をクライアントやチームにわかりやすくプレゼンできるスキルが必要です。

しかし、Webアナリストの仕事内容はWeb系の職種の中でも特に専門性が高い仕事です。

プロジェクトに関わるステークホルダーがWebアナリストの仕事内容をすべて把握しているとは限りません。

特に、クライアントはアクセス解析について知識を有していないことがほとんどです。

極端な言い方をすると、解析・分析結果を小中学生でもわかるレベルまでかみ砕いて説明するプレゼンスキルが求められます。

 

表現力・文章力

 

ライティング,ペン,男

 

Webアナリストにとってクライアント向けのレポートやチームミーティングで使用するプレゼン資料作成も重要な仕事の1つです。

特にWebリテラシーが低いクライアントの対応では表現力・文章力が問われます。

グラフ・表を活用して直感的な理解を促す工夫や専門性の高い用語をなるべく避ける言葉選びといった配慮が腕の見せ所です。

 

コミュニケーション力

 

チーム,人,影

 

クライアントの要望に応えるために広告代理店やWebサイト制作はチームで行うことがほとんどです。

その際、他のメンバーとの連携で仕事を進めていくのはWebアナリストも同様です。

例えば、Webサイト制作の現場ではWebディレクター・Webデザイナー・エンジニアなど、様々な人がプロジェクトに関わります。

職種によって常識や提案できるメリットが全く異なり、時には相反する提案の調整が必要になることも少なくありません。

その際に、相手の立場や主張を慮りつつ自分の主張との落としどころを見つけられるコミュニケーション力が求められます。

 

無料転職相談に登録してキャリアの可能性を広げよう

 

Webアナリストに転職する際に有利な資格

 

仕事,書く,紙

 

Webアナリストは求められるスキルが特に幅広いWeb系職種です。

アクセス解析ツールの取り扱いスキルからオンライン・オフラインを問わないマーケティング手法まで、高い専門性が求められます。

特に注目したいのが下記7つの資格です。

 

・Webアナリスト検定

ウェブ解析士:ウェブ解析士・上級ウェブ解析士・解析士マスター

・Web解析マネジメント

・GAIQ

・IMA検定

・ネットマーケティング検定

・マーケティング・ビジネス実務検定

 

7つすべてを取得しないといけないわけではありませんが実務の基礎を学ぶには良い機会となります。

現場で役立つスキルを基礎から学ぶなら資格の取得も検討してみましょう。

 

Webアナリストの年収

 

お金,銀行,預金

 

Webアナリストの年収はどのような職種に就くかで幅があります。

10年以上のキャリアを持つWebアナリストの転職であれば400~500万円程度からのスタートが多いです。

他のWeb系職種に比べおよそ1.3~1.6倍程度の年収で狭き門ながらハイクラス求人が期待できるでしょう。

また日本の場合、専門的なWebアナリストを募集する企業は大手広告代理店などにとどまっています。

WebディレクターやWebマーケターがアクセス解析の仕事も兼任する場合や未経験からの挑戦であれば、300~500万円台が平均的です。

 

Webアナリストに向いている人とは

 

疑問,誰,何

 

Webアナリストに向いている人はロジカルシンキングができる人です。

Webアナリストの仕事内容は「いつ・誰が・どこで・どのように」サイトを利用しているのか、データを通じて分析する仕事です。

分析結果に対して整合性のある因果関係を説明するためには論理的思考が欠かせません。

また、日々の仕事の中でキャリアを積んでいくと自分の立てた仮説や改善施策がクリティカルヒットすることもあります。

ポジティブな見方をすると自分の推理が実際に当たっていることを確認する瞬間こそWebアナリストのやりがいでもあります。

さらに、ある現象・データ・分析結果に対する疑問を追求できる好奇心もWebアナリストとして大きな武器となるでしょう。

 

Webアナリストになるには

 

Webアナリストとして転職を考える場合、キャリアを積んだ経験者未経験者で代表的なルートが異なります。

 

経験者が転職する場合

 

女性,事務所

 

十分なキャリアを積んだプロフェッショナル向けの転職ルートは次の2つが代表例です。

 

・企業のマーケティング部門に就職

・広告代理店・コンサルティングファームなどでアクセス解析を担当する部署に就職

 

企業のマーケティング部門が中途採用を検討する場合、企業内で不足しているリソースの確保が目的であることが少なくありません。

高い解析スキルとあわせて部署内でのリーダーシップも期待している可能性が高いです。

 

未経験からWebアナリストを目指す

 

投資,コンセプト,ビジネス

 

未経験からWebアナリストを目指す場合、Webアナリストとしてのスキルを磨く時間と経験が必要になります。

そこで検討したいのがWebサイト制作を行うプロダクションでWebディレクターやWebマーケターを目指す道です。

Webサイト制作はプロジェクトの一環で制作したWebサイトのアクセス解析や解析ツールを使用する機会があります。

OJTを通じて段階的に専門性を深めていくことができるため他業種からWebアナリストに転身したい方に向いています。

 

Webアナリストの将来性

 

紙,仕事,金融

 

Webアナリストの需要・求人件数は今後増えていくと考えられます。

IoT・AI・ビッグデータなど、テクノロジーの進化にともないWebマーケティング施策が複雑化していくからです。

Webアナリストが扱うデータや手法もあわせて複雑化しWeb系職種の中でも専門性がより高まっていくでしょう。

欧米では年収1,000万円を超えるハイクラス求人がすでに登場しています。

日本も近い将来に同様の流れを汲むと考えられますが、転職市場には高いスキルを有するプロフェッショナル人材がまだ少ないのが現状です。

今後、専門的な職種として定着する前に転職を検討するのもおすすめです。

 

無料転職相談に登録して憧れの企業に転職しよう

Geekly Media
ライター

ビジネス,アイデア,成長

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。