カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. WEB業界で年収の高い職種って何?未経験からのキャリアプランまで徹底解説!
  • 転職準備

WEB業界で年収の高い職種って何?未経験からのキャリアプランまで徹底解説!

近年、WEB業界の求人数は増えています。転職するのに「需要が高く年収も高い職種は何か?」「どうしたら年収が上げられるのか」などは気になる点ですよね。WEB業界で年収が高い職種や、転職で年収UPする方法を職種別に解説します。WEB業界未経験でも転職できる方法や企業の年収ランキングもご紹介しているのでご覧ください。

WEB業界とは?

 

 

WEB業界とは、IT業界の一分野です。

 

WEB業界がIT業界と異なる点は、インターネットブラウザを通じたサービスが軸となっていることです。

IT業界は情報処理の技術全般を扱い、ハードウェアやソフトウェアなどの開発も行います。

一方で、WEB業界は、ホームページ制作、WEB広告制作、インターネット通販、ブログメディア、ソーシャルメディアなどの個人消費者を対象としたサービスであることが特徴です。

 

WEB業界で年収が高い職種と職種別に年収UPさせる方法

 

 

WEB業界で需要が高く、年収が高い旬の職種はWEBアナリストやWEBマーケター、WEBプロデューサーです。

下記の経済産業省の調査報告書「IT関連産業における給与水準(職種別)」を参考に、それぞれの職種の平均年収と年収を上げる方法について解説します。

 

出典元:IT関連産業に置ける給与水準の実態①〜職種別 | IT関連産業の給与等に関する実態調査結果|経済産業省

 

IT業界の職種は主にエンジニア系、WEB業界に当てはまる職種は主にクリエイティブ系に分類されます。

WEB業界においてWEBアナリスト、WEBマーケター、WEBディレクター、WEBプロデューサーなどの平均年収は約800万円弱と高い傾向にあります。

しかし、他の職種でも年収を上げる方法もあります。

 

WEBプログラマー

 

WEBプログラマーの平均年収は約500〜600万円です。

 

年収を上げる方法は、なんと言っても技術力を上げて磨きをかけることです。

企業によっては、年収1000万円でWEBプログラマーを採用している会社もあります。

 

転職のコツは、より高額な年収を提示する企業に雇ってもらうことです。

ただし、高額な年収を提示する企業の中には、実際の雇用条件が違うというリスクもあります。特にベンチャー企業などは、業績が悪化すると当初の条件と変わる可能性があるので、安定した企業に応募するのが安全策です。

 

一方で、スタートアップやベンチャー企業にはリスクはありますが、大幅に年収UPに繋がる可能性もあるのが魅力です。

それは、CTOなど技術担当の役員になる道です。

リスクがあっても面白みと年収の大幅UPを望むなら、スタートアップに挑戦するのも悪くはありません。

 

株式を持ったりストックオプションを発行したりできます。

会社が成長するとストックオプションの価値も上がり、上場もしくはIPOやM&Aバイアウトしたときに、数千万以上の差益を得られる報酬形態があります。

 

WEBプランナー

 

WEBプランナーはWEB制作の設計者です。

 

クライアントの要望をまとめてWEBサイトとして設計(プランニング)を行い、制作者側に伝える橋渡しをする役割です。

年収の相場は年齢によっても異なりますが、平均相場は約450万円です。

20代であれば約360万円、30代で600万円と年齢や経験によって幅はあります。

 

年収UPするには、WEBに関する専門的な知識全般を深めると共に、プロジェクトのマネジメント能力やリーダーシップがポイントとなります。

 

WEBデザイナー

 

WEBデザイナーの平均年収は約400万円強で他の職種と比較すると低めですが、実は約700万円以上の年収を得ている人もいます。

年収を上げるには、何よりもスキルの幅を広げていくことです。

 

例えば、マーケティングのスキルやプログラミング言語のスキルを身につけて、サーバーサイドの処理も書ければ、ライバルと差別化できて年収UPに繋がります。

 

WEBディレクター

 

WEBディレクターは制作現場での実務における責任者です。

年収の相場は約500万円〜800万円と企業によって幅があります。年収を上げるには、問題解決能力・市場の理解力と戦略立案能力・提案能力がポイントとなります。

 

制作現場には、トラブルやアクシデントはつきものです。

未然にトラブルを防ぐための対策や実際にトラブルが起きたときの対応力が問われます。

クライアントの無理な要望にはリスクも伴います。そんなときに「できない」と拒否するのではなく、リスクを取り除いてクライアントの要望を実現する提案力と実行力が必要です。

顧客管理やマーケティングの経験値、システムなどの業務推進系のノウハウがあれば高い年収で転職できます。

 

WEBディレクターはWEB業界でも売り手市場で即戦力が求められ、年収アップのチャンスが大きいといえます。

必ずしも年収の高い会社が大手企業とは限りらないので、自分のこれまでの経験値を高く評価してくれる中小企業への転職も狙い目です。

 

WEBプロデューサー

 

WEBプロデューサーは、WEBサイトの企画から運用まで統括するプロジェクトの責任者であり総監督的存在です。

経験値がある人の年収の相場で約700万円〜800万円

年収を上げるには、とにかく制作実績を積むことです。

制作実績が多ければ多いほど高い報酬の仕事に就けます

 

専門的な制作スキルよりもプロジェクトのマネジメント能力、問題解決能力、折衝能力、財務系知識を深めることが年収を上げる秘訣となります。

これらの経験とノウハウは転職の際のアピールポイントとなります。

 

WEBマーケター

 

WEBマーケターは集客に関する施策や改善をする仕事です。

需要が高い職種ですが、年収の相場は分野によって幅があります。

年収UPするコツは、自分の得意な分野に転職することです。

 

実績を積んだ得意分野と市場があれば、メーカーに転職してキャリアアップすることもできます。

WEBマーケターは、WEB業界に限らず幅広い選択肢があります。

同じ経験値やスキルだとしても転職する業界によって年収に差があるのです。

 

例えば、広告代理店のWEBマーケターのマネージャーであれば年収は約600万円位が相場、WEBコンサルであれば700万円位が相場です。

リクルートやDeNAなどの大手企業では、マネージャークラスは約1000万円で採用されています。

 

WEBアナリスト

 

WEBのアクセス情報を収集・分析し、施策を考えるのがWEBアナリストの仕事です。

年収の相場は、まだ経験が浅い人で400〜500万円、10年以上の経験者になると1000万円以上の年収を得ている人もいます。

 

WEBマーケターと異なる点は、営業・広報・開発など部署間を越えて行う社内コンサルタント的な役割であることです。

WEBアナリストに必要な統計スキルをもった人材は少なく、かなり需要が高い職種なので経験者は売り手市場です。サービスをグロースさせた実績や事業拡大に貢献した経験があれば高く評価されます。

需要は高い一方で、企業によって年収の幅があるので、企業の年収の相場を知っておくことがまず大切です。

 

転職で年収UPするための具体的に身に付けておいた方が良い知識やスキルは、機械学習(Machine Learning)に関する技術的な知識や経験値を深めることです。また、プロジェクトマネジメント能力をアピールできることも大きなポイントとなります。

 

 

志望企業の平均年収をYahooファイナンスで調べる

 

 

もし、あなたが志望する企業が明確にある場合は、その企業の平均年収を調べておくことをおすすめします。企業の平均年収はYahooファイナンスで調べられます。

Yahooファイナンスのトップページを開いたら、以下の手順で平均年収を確認できます。

 

・上部の検索エンジン「銘柄名やコードまたはキーワードを入力」に企業名を入力

・企業名のリンクをクリック

・企業情報のリンクをクリック

・企業情報の表の一番下の平均年収を確認する

 

ただし、上記の方法は職種別に算出されているわけではないので、あくまでも参考程度の目安と考えておきましょう。もうひとつ注意点は、平均年収の情報が記載されているのは、上場会社のみであることです。非上場会社は平均年収の記載はありません。

 

WEB業界の企業年収ランキングTOP5

 

 

運営するサービスのブランド力・発展性・平均年収の総合的な観点から選んだWEB系企業年収ランキングTOP5をご紹介します。上場企業の平均年収は2020年10月にYahooファイナンスで調査したものです。

 

5位 楽天 約755万円

4位 クックパッド 約760万円

3位 アマゾンジャパン合同会社 約1,000万円 (非上場のため推定)

2位 Zホールディングス(株)※Yahoo! Japan運営 約1,105万円

1位 グーグル合同会社 約1,000万円以上 (非上場のため推定)

 

上記の会社は全て現在人気の販売サイトや情報メディアを運営している会社で、今後の発展も期待できます。

Google合同会社はご存知の通りGoogleを運営する日本法人、アマゾンジャパン合同会社は日本のAmazonを運営する会社ですが、非上場のため平均年収は推定です。

 

WEB業界未経験者が転職する方法と年収は?

 

 

WEB業界未経験者が転職する場合は、年収は下がるのではないかと不安ですよね。しかし、年収を上げるポイントさえ知っていれば未経験者からの転職でも年収を上げることは可能です。

 

WEB業界未経験者がWEBプロデューサーになる方法と年収

 

WEBプロデューサーはWEBディレクター経験者が多いのですが、実は、前職がWEB関係でなくても転職はできます。

 

例えば、広告代理店で営業経験があれば、WEBプロデューサーになれる可能性は非常に高いのです。

WEBプロデューサーの平均年収には幅がありますが約500~800万円が相場です。

マーケティングの知識と営業スキルは必須でもあるので、営業職経験者にとってはかなり有利です。

ただし、WEB関連の知識は勉強しておく必要はあります。

全てのパズルがはまると年収UPも可能です。

 

WEBアナリストは未経験者の採用枠は少ないがチャンスはある

 

WEBアナリストの中途採用の平均相場は約400〜500万です。

既に現職でこの相場の年収を得ているのであれば、未経験からの転職で年収UPは難しいと言えます。

 

しかし、未経験可の求人は実際にあります。未経験者の求人枠があるのは、広告代理店やコンサル企業、制作会社などが多い傾向にあります。

希少性があるので需要は高いものの、未経験者が採用されるのは難易度が高いという現実もあります。

面接しても何度も不採用となるのであれば、まずはWEBディレクターやWEBマーケターなどの職種に転職し、アクセス解析業務を経験してからWEBアナリストを目指すというキャリアプランを考えてみるのもひとつの方法です。

 

未経験からWEBマーケターやWEBディレクターになる方法と年収

 

WEBマーケターの平均年収は約500万円ですが、経験値や企業によって300万円〜1000万円とかなりの幅があります。未経験者歓迎の募集では、年収は約330〜400万円が多い傾向にあります。

WEBマーケティングの種類には以下のようなものがあります。

 

・リスティング/ディスプレイ広告運用

・SNS広告運用

・SEOコンテンツマーケティング

 

ブログ記事などのライティングが基礎となるコンテンツマーケティングとSNSの広告運用ではスキルが異なります。

いずれも仕事として未経験だとしても、自分でブログを運営したりSNSを運営してみることで転職できる可能性は高まります。

 

WEBディレクターを目指す人も同様です。自分でブログを運営してGoogle広告とSEOの知識と経験を深めることです。未経験からの転職でWEBディレクターとWEBマーケターになって年収UPを目指すのであれば以下のような知識と経験が必要です。

 

・Google Search Console/Google Analyticsなどを利用したデータ分析スキル

・Googleリスティング広告の運用

・Google Keyword Plannerなどを利用した市場調査

・SEOを意識したライティング

・広告出稿

・SNS広告効果の効果測定

 

本気でWEBマーケターやWEBディレクターになることを考えているのであれば、今からでも遅くはありません。自分でブログを運営したりSNSの広告運用に挑戦して経験を積めば、未経験から転職して年収UPも夢ではありません。

 

まとめ

 

 

今回は、WEB業界で年収の高い職種や職種によって年収を上げる方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

未経験者でもWEB業界への転職は不可能ではありません。

ただし、年収を上げて転職するには、それぞれの職種で必要とされるスキルのポイントを理解しておくことと、少しの努力が必要です。

ぜひ、今回の記事を参考にしてみてください。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。