1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. マーケティングコンサルタントの仕事内容を解説!年収や必要な資格は?未経験から転職する方法もご紹介
  • 職種・ポジション

マーケティングコンサルタントの仕事内容を解説!年収や必要な資格は?未経験から転職する方法もご紹介

マーケティングの専門家であるマーケティングコンサルタントですが、どのような仕事をしているのでしょうか。今回はマーケティングコンサルタントの仕事内容や必要な資格についてご紹介します。未経験で転職を目指す人も必見です。

マーケティングコンサルティングの仕事内容とは

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

マーケティングの専門家!マーケティングコンサルタントの仕事内容は?

 

コンサルタントの仕事内容

 

マーケティングについてコンサルティングをするのがマーケティングコンサルタントの仕事です。

詳しい仕事内容を見ていきましょう。

 

顧客が求める商品・サービスの調査

 

調査をする

 

商品やサービスを売り出すには顧客がどのようなものを求めているのかを必要があります。

顧客のニーズに合うものでなければ商品を開発しても売れません。そのためマーケティング部門ではまず市場調査やデータ分析を行うのです。

マーケティングコンサルタントはその調査にも関わっています。

 

情報整理とマーケティング課題の抽出

 

情報処理

 

市場調査をはじめとした情報を整理するのもマーケティングコンサルタントの仕事です。

売れている商品にはどのような特徴があるのか、反対に売り上げが伸びないものはどういう理由があるのかを探ります。

クライアントの商品だけでなく類似商品についても調査が必要です。そのために膨大な情報やデータを収集することになります。

マーケティングコンサルタントはそれらを整理してビジネス課題を見出すのです。

またビジネス課題を見出すためにクライアントからのヒアリングも行うことになります。

 

宣伝方法の提案

 

宣伝方法を検討する

 

商品やサービスの売り上げには宣伝方法の工夫も必要です。

宣伝方法によって顧客が商品に興味をもつこともあれば、全く目にする機会がないということもあるからです。

そんな宣伝方法もマーケティング戦略の1つです。マーケティングコンサルタントはそんな宣伝方法についてもコンサルティングするのです。

 

クライアントのマーケティング方法の評価と修正

 

企業戦略の評価と修正

 

マーケティングコンサルタントはクライアントが行っているマーケティング方法の評価と修正を行います。

顧客のニーズや企業の宣伝方法、ビジネス課題などを総合的に見て評価をします。そしてどうすれば商品の売り上げアップにつなげることができるのかを提案するのです。

これは先ほどお伝えしたような宣伝方法の提案も含まれます。

 

マーケティングコンサルタントの役割は?

 

コンサルタントの役割

 

マーケティングコンサルタントの仕事内容に続き、役割についてご紹介します。

どのような役割をもってコンサルティングを行っているのでしょうか。

 

クライアントの商品・サービスの売り上げアップ

 

売り上げアップ

 

マーケティングコンサルタントの役割の重要な役割が、クライアントの商品の売り上げアップに貢献することです。

クライアントは自社商品の売り上げアップのためにコンサルタントに依頼しているといってもいいでしょう。

いかにして商品の魅力を高め、広く知ってもらうことができるかが重要なのです。

 

顧客満足度の向上

 

顧客

 

顧客ニーズをつかんでマーケティングにつなげていくということは、結果として顧客満足度の向上になります。

そのためマーケティングコンサルタントの役割の1つが顧客満足度の向上なのです。

マーケティングは企業だけでは成り立たず、購入してくれる顧客がいてこそです。

 

マーケティング課題を解決するためのサポート

 

サポート

 

マーケティングコンサルタントの重要な役割の1つに、クライアントがビジネス課題を解決するサポートがあります。

分析した情報やヒアリングから課題が明らかになっても企業が解決できなければ意味がありません。そのためクライアントがビジネス課題を解決するための道筋を提案し、次の戦略に向かうためのサポートが必要なのです。

ここで注意しておきたいのがコンサルタントは指導役ではないということです。

クライアントのビジネス課題や解決策について提示しますが、ここには上下関係はありません。指導ではなくサポート役として一緒に戦略を考えていくという姿勢で関わりましょう。

 

マーケティングコンサルタントの求人を紹介してもらう

マーケティングコンサルタントになるならコンサルタントファーム?

 

企業

 

マーケティングコンサルタントが活躍する場にはどのようなものがあるのでしょうか。

各企業にコンサルタントが在籍し自社のマーケティング部門をコンサルティングすることがあります。

そして近年増加しているのがマーケティングファームというコンサルティングを提供する会社です。クライアントがコンサルティングファームに依頼する形でコンサルティングをするのです。

この場合のメリットはその企業に在籍しているコンサルタントではないので第三者の目線が入るということがあります。

戦略の1つとしてコンサルティングを依頼する企業も多くマーケティングコンサルタントの活躍の場は増えていくでしょう。

 

マーケティングコンサルタントに必要なスキルや経験は?

 

スキルのイメージ

 

マーケティングコンサルタントはマーケティングについて総合的に見なければならない仕事です。

それではマーケティングコンサルタントにはどのような経験やスキルが必要なのでしょうか。

 

マーケティング職の経験

 

マーケティング戦略

 

コンサルティングをするということは、それだけ分野について詳しくなければなりません。

マーケティングの専門家なのでマーケティングの分野での経験はきっと活かされるでしょう。商品開発、広報、営業、流通など様々な分野がありますができればいくつか経験しているといいですね。

マーケティングの経験があるコンサルタントならきっとクライアントも頼りにするはずです。

 

情報処理能力

 

データをまとめる人

 

マーケティングコンサルタントは多くの情報を分析し整理するのも仕事の1つです。

そのため情報処理能力が求められるでしょう。また物事を論理的に判断し総合的に見る力も必要になります。

 

経営戦略に関する知識

 

ビジネスプラン

 

マーケティングコンサルタントとして働くには経営戦略に関する知識も必要です。

クライアントがどのような経営戦略を図っているのかを知ることで、よりよいコンサルティングができるからです。

経営方針に合わせたマーケティング戦略の提案ができればクライアントの満足度も上がるでしょう。

 

転職に有利!?マーケティングコンサルタントに必要な資格は?

 

資格取得に向けて

 

マーケティングコンサルタントとして仕事をするために必ず必要な資格というものはありません。

しかし資格をもっていればマーケティングの知識があるというアピールができるでしょう。資格取得のために勉強することで自分のスキルアップにもつながります。

ここではマーケティングコンサルタントにおすすめの資格をご紹介します。

 

販売士検定

 

商工会議所が実施している販売士検定は小売業や流通業に関する資格です。

3級はマーケティングの基礎知識や販売担当を担う人に必要な知識が問われます。
2級ではさらに高度なマーケティング知識が問われ、販売促進のための戦略やマネジメントについての知識が必要となります。
そして1級はより専門的にマーケティングに関わり、経営戦略に関わるための知識が求められます。

1級まで進むとマーケティングコンサルティングとして必要な知識をもっているとアピールできるでしょう。

 

販路コーディネーター

 

販路コーディネーターはマーケティングだけでなくコンサルタントとして必要な知識を身につけることのできる資格です。

3級から1級まであるこの資格を取得するには、販売・流通の知識や経営戦略など多くの知識が必要です。また総合的に判断するスキルも求められるので自分で勉強するのは不安という人もいるでしょう。

販路コーディネーターは通信講座や研修を受講してから試験を受けるというシステムをとっています。そのため独学では不安な人も十分な知識を身につけることができます。

1級の試験は筆記・記述試験だけでなく口頭・論文試験もあるので合格すればより高い知識をもっている証になるでしょう。

 

マーケティングコンサルタントの年収は?

 

年収

 

マーケティングの専門家であるマーケティングコンサルタントですが年収はどれくらいなのでしょうか。

年収は300~800万円台と企業によって差が大きいです。

また企業の中でも年収の幅をもたせていることも多く経験やスキルによって決まる部分があります。転職の時には自分の経験とスキルをしっかりとアピールしておくといいでしょう。

年収については直接企業に聞きにくいという人もいるのではないでしょうか。

その場合は転職相談に登録することをおすすめします。転職エージェントが求人情報だけでなく年収についても教えてくれるでしょう。

 

経験者ではないけれど大丈夫?未経験から転職する方法

 

YesとNoのチェックボックスにチェックを記入する手

 

マーケティングに関する専門家といわれると未経験者は転職できない?と不安になる人もいるでしょう。

未経験者でもマーケティングコンサルタントに転職する方法はあるのでしょうか。

 

未経験者歓迎の求人を探す

 

未経験でマーケティングコンサルタントを目指したい人は「未経験者歓迎」の求人を探すことをおすすめします。

求人の中には「経験者優遇」と書かれているものもあり、これは経験者が優先的に採用されることが多いです。そのため未経験者を積極的に受け入れている企業の方が採用されやすいでしょう。

企業に所属するコンサルタントは即戦力を求められるため経験者の方が有利でしょう。しかしコンサルティングファームなら組織の中にコンサルタントが複数人在籍し未経験者の教育ができる体制が期待できます。

 

未経験者の研修が充実している企業を探す

 

未経験で転職をする時に不安なことの1つに入社してからの教育体制があるでしょう。せっかく入社できても教育体制が整っていなければ必要なスキルを身につけられないことも。

そうならないようにするためには、未経験者の研修が充実している企業を探すことをおすすめします。研修を行いコンサルタントの育成に力を入れている企業なら未経験者でも安心して転職できます。

 

転職エージェントに相談する

 

未経験でマーケティングコンサルタントに転職するには転職エージェントに相談することをおすすめします。

先ほどお伝えしたような未経験者歓迎の求人や研修が充実している企業などを相談することができるからです。

求人の提案だけでなく面接のフォローもしてくれるので未経験者も転職活動がしやすくなるでしょう。

 

最後に

 

握手するビジネスマン

 

今回はマーケティングコンサルタントの仕事内容についてご紹介しました。

マーケティングに関する専門的な知識だけでなく経営戦略についての理解も必要な仕事です。そのためマーケティング部門での経験やスキルが求められることも多いでしょう。

マーケティングコンサルタントは高い知識が必要なので資格を取得しておけば転職に有利なこともあります。経験やスキルが求められる仕事ですが未経験でも転職できる可能性はあります。

転職を目指す人はぜひ転職相談に登録して転職エージェントに相談してみてくださいね。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー