1. HOME
  2. Geekly Media
  3. メディアプランナーの仕事内容を解説!必要な資格や年収は?転職求人情報から具体的な業務や転職事情を確認

メディアプランナーの仕事内容を解説!必要な資格や年収は?転職求人情報から具体的な業務や転職事情を確認

メディアプランナーは、クライアントが運用するメディアに対するプランニングを行う職業です。クライアントが求めるニーズをどのように展開するべきかを考える発案力、計画力が求められる仕事でもあります。この記事では、メディアプランナーに転職したい人に向けた情報を提供します。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

メディアプランナーとは

 

パソコンとメガネ

 

メディアプランナーとは、クライアントが運用するメディアに対するプランニングを行う人のことを指します。クライアントが運用するメディアをどのように発展させていくか戦略を立てると考えるとわかりやすいでしょう。

メディアにもさまざまな種類があります。たとえば、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・WEBなどもメディアです。メディアと利用してクライアントニーズをどうに展開するかを考える発案力、計画力が求められる仕事でもあります。

一言でメディアといっても、先にあげたように数多くの媒体があるため数多くのメディアを対象としたプランニングを行う必要もあります。

この記事ではメディアプランナーに転職したい人に向けた情報を提供します。

 

 

メディアプランナーの年収

 

コイン

 

転職活動を行う上でやはり気になるのは給与でしょう。

企業によって違いはありますが、転職求人から算出したおおよその平均年収は次のとおりです。

 

20代 400〜600万円

30〜40代 500〜800万円

 

企業によっては、年俸制をとっているところもあります。実績を積めば積むほど給与が上がっていく点は転職希望者にとっては魅力でしょう。

やりがいを感じることができる職種であるともいえます。

自分に合った年収帯を知りたい方は、ぜひ無料の年収診断を受けてみてください。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

メディアプランナーの仕事内容

 

パソコンを操作する女性

 

メディアプランナーは、メディアに対する戦略を業務とすると説明しましたが、簡単にいうとメディアを使用した広告宣伝活動のことです。

ここからはメディアプランナーが行う具体的な業務について解説していきます。

 

プランニング業務

 

メディアプランナーの業務のひとつにプランニングがあります。

プランニングは、クライアントが抱える課題を解決することを目的とした業務です。クライアントの目的や希望に応じて広告枠を確保しメディアとクライアント企業の仲介を行うことがメディアプランナーの仕事になります。

クライアントが展開したい商品やサービスの広告宣伝はもちろんです。加えて、企業そのもののコーポレートカラーなどを見極めた上でそれをメディアを利用してどのように伝えるかを企画する力が求められます。

 

進行管理業務

 

書類を挟んで打ち合わせをする様子

 

プランを立てたら、それをどのように実現させるかを考える必要があります。

プランの進行管理もメディアプランナーの業務のひとつです。広告が最終的な形に仕上がるまでの制作進行を請け負うケースも少なくありません。場合によっては、予算の管理も任されることがある点も特徴です。

広告の完成イメージを常に意識しているのがメディアプランナーであるためクリエイティブな分野での作業にも深く関わることがあります。

 

 

広告の種類

 

SEOの文字

 

メディアが多数あるように広告の種類も数多くの種類が存在します。

メディアプランナーは、クライアントの求めるターゲットに適切なメディアを活用し効果的な広告宣伝を行うことが求められる職業です。

メディアプランナーへの転職を希望しているなら広告の種類については最低限理解しておきましょう。

 

リスティング広告

 

リスティング広告とは、検索エンジンに配信する広告のことを指します。

検索エンジンは、キーワード検索をすると関連性の高いものから順に表示されるシステムになっています。

検索をしたことがある人なら、検索URLよりも上に広告が表示されているのを見たことがあるでしょう。これがリスティング広告です。

これ以外にも、自分が過去に検索したサイトの広告がほかのサイトの閲覧中に広告枠に表示されることがあるでしょう。これもリスティング広告のひとつです。

ユーザーがダイレクトにアプローチしなくてもクライアント側が表示したいユーザーにダイレクトに広告を表示させられる点が特徴です。

表示させるだけでは広告費は発生しません。ユーザーが広告をクリックすることで広告費が発生するシステムになっています。

 

アフェリエイト広告

 

パソコンと小物

 

アフェリエイトという言葉を耳にしたことがある人は多いでしょう。

アフェリエイト広告は、ユーザーが広告をクリックした先にある商品を購入したり会員登録をしたりした場合に広告費が発生するシステムです。

いわゆる成功報酬型の広告といえます。

アフェリエイト広告は、効果の高い広告といわれています。アフエリィエイト広告は、ASPと呼ばれるアフェリエイト広告を取りまとめる企業を通すため成果に対する手数料が高くなります。

 

アドネットワーク広告

 

アドネット広告は、ネットワーク型の広告です。

リスティング広告やアフェリエイト広告は、ひとつの媒体ごとに設定が必要です。これ対してアドネットワーク広告はWEBサイトやブログ、SNSなどを集めてひとつのネットワークを作成します。

そこに広告を配信するのがアドネットワーク広告です。ネットワークを活用することで広い範囲に広告を表示させることができる点はメリットです。

ただし、ターゲットを絞ったピンポイントの広告表示ができない点は理解しておく必要があります。

 

動画広告

 

動画広告は、文字通りにWEBサイトに頼ることなく動画で広告を配信することを指します。

よく知られているのは、YouTubeの視聴中に配信される広告動画でしょう。スキップされてしまう可能性もありますが、繰り返し流すことができるためユーザーの印象に残りやすいというメリットはあります。

 

バナー広告

 

純広告とも呼ばれるバナー広告は、純粋に特定のサイトの決まった広告枠に広告を掲載する方法です。

リスティングやアフェリエイト、動画のような目新しさはないものの特定のターゲットに絞って広告を表示できる点は大きな特徴です。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

メディアプランナーに必要なスキル

 

本とメガネ

 

メディアプランナーとして働く上で必要とされるスキルについて解説します。

転職活動を行う際に自分がメディアプランナーに向いているかどうかを考えながら確認してみてください。

 

質問力

 

メディアプランナーは、クライアントのニーズを把握して広告として展開していくことが仕事です。ただ、クライアントによっては単純に広告宣伝したいだけではないケースもあります。

クラアントのニーズを引き出すための質問力がメディアプランナーには求められます。表面的ではなく潜在的なニーズを引き出すためには、クライアントとの信頼関係を築くことも重要です。

また、コミュニケーション能力も必要とされる職業です。

 

プレゼンテーション能力

 

メディアプランナーは、クライアントとコミュニケーションを取るなかで戦略を構築していきます。

クライアントのために考えたプランですが、最終的にそれを使うかどうかを判断するのはクライアントです。

そのため、クライアントを納得させるだけのプレゼンテーション能力はメディアプランナーにとって重要なスキルとなります。

 

マーケティングに関する知識

 

ここまでみてくると、メディアプランナーは営業職に似ていると感じた人もいるかもしれません。

メディアに関連した知識を身につけていることは大前提として、さらにマーケティングに関する知識も求められるのがメディアプランナーです。

広告宣伝は、企業側からするとマーケティング活動に当たります。これをサポートする立場にあるメディアプランナーがそれらに関する知識を持っていることは重要です。

市場調査や商品開発、広報活動などのマーケティングスキルを身につけておくことはメディアプランナーとして転職する上で有利です。

 

 

メディアプランナーに必要な資格

 

パソコンで作業する女性

 

メディアプランナーになるために必ず保有しておかなければならない資格はありません。

ただ、流行や時代の流れに対して常にアンテナを貼り新しいことにチャレンジする能力は求められます。さらに、得た情報を言語化する力も必要です。

未経験からの転職であれば、まずはマーケティングのスキルを身につけることからスタートしましょう。

クライアントに対する戦略提案の骨子は、マーケティングスキルです。前職でマーケティングについて学んでいる人は面接でしっかりとPRしましょう。

広告は競合他社との差別化を図ることも求められるため前職でこうした実務経験がある場合もアピールポイントになります。

 

 

メディアプランナーに向いている人

 

パソコンの前に座る人

 

メディアプランナーに未経験者でも転職することは可能です。

メディアプランナーとして活躍できる人の特徴としては、自分自身がメディアが好きでよく活用しているという点は重要です。

メディアに関する知識は、学ぶこともできますが日常的に自らが触れるなかで経験値として培われる部分も多くあります。特にSNSなどに関しては、自分が利用してみてはじめてユーザーの気持ちがわかるということは往々にしてあります。

クライアントを説得するだけの戦略を立てるに、自らの経験を元にした体験談を盛り込むこともひとつのっポイントです。

 

もちろん調査・分析に基づいた理論的な戦略も必要です。

両面からクライアントを納得させるだけのプランを立ち上げる力がある。プレゼンテーションすることに楽しさを感じられる人。

こうした人はメディアプランナーに向いているといえるでしょう。

 

 

メディアプランナーに転職する方法

 

ビジネスマン

 

メディアプランナーの求人の特徴として、広告営業、提案営業という名称で募集がかけられていることがある点があげられます。求人自体は比較的多めですが、メディアプランナーという職種だけで検索をかけるとヒット数が少ないケースもあります。

未経験からの転職となると少しハードルが高くなりますが営業、法人営業などの経験がある人はアピールポイントになるでしょう。

自分の経験がメディアプランナーとしてどこまで通用するのか不安だという人は、転職エージェントの利用をおすすめします。

プロの目で判断し、今あるスキルに何をプラスする必要があるのかを分析してみましょう。転職を成功させるためには、まず自分の持つスキルをきちんと把握することも大切です。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事