カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. WEBマーケターが転職する際にあると有利なスキルや経験について徹底解説!
  • 職種・ポジション

WEBマーケターが転職する際にあると有利なスキルや経験について徹底解説!

いまやインターネットビジネスを展開する上で欠かすことの出来ないWEBマーケター。しかし、WEBマーケターという職種まだそれほどの歴史がありません。転職するにあたって「果たして自分の能力で転職できるのだろうか?」と心配される人も多いのではないでしょうか?この記事ではWEBマーケターに求められるスキルや評価される経験について説明していきます。自分の満たしている能力や足りない部分などを見つめ直して転職活動に生かしてください。

WEBマーケターに求められるスキルとは?

 

 

扱う商材によって違いはあれども、どの職場においても必ずWEBマーケターに求められること「WEBサイトの商品価値を高めてアクセス数をアップし、世間に広く知ってもらう」ということです。

そのために必要なスキルをご紹介します。スキルを持ち合わせているほど転職で有利になります。

 

WEBサイトについての知識と理解力

 

インターネットを主戦場とする以上、WEBサイト全般に関しての知識は必要不可欠です。

それこそサイトの制作や改善を自ら行う、もしくは他者に依頼するにしても、最低限サイト構築についての知識がないことには務まりません。

特にHTMLやCSSなどのマークアップ言語やSEO対策、さらにWEBデザインに関するセンスや表現力についてはあればあるほど有利になります。

 

WEB広告・SNS運用などの知識

 

WEB上に掲載されている、あらゆる広告媒体についての知識が重要です。

WEBの広告としては、特に「グーグル広告」と「Yahoo!広告」がよく利用されていますが、それぞれの管理画面の使い方を始め、リスティング広告やディスプレイ広告などさまざまな種類の広告の特性を理解しなければなりません。

その上で、獲得したいターゲットや目的に合わせて広告内容を制作し、予算を検討する必要があります。

また、扱う商材の内容によっては、「Facebook」「Instagram」「Twitter」などのSNS広告のほうが有利に機能することも多々ありますので、それぞれのメディアの特性や利用者層を明確に把握し、広告の出向を考えることが重要です。

特にSNS広告についてはバズる広告戦略を念頭に起きつつ、炎上させないよう気をつける配慮も求められます。

 

データの収集と分析する能力

 

WEBマーケットの動向を探るためには、効果的にデータの収集と整理を行い、それを分析してマーケティング施策に反映させる必要があります。

データの収集と分析については、ヒートマップツールなどを活用して対象となるWEBサイトの利用動向をチェックします。人気のあるページのヒート箇所や一転アクセスが少ないページに欠けているものなどを見極め対処します。

また、「Googleアナリティクス」を始めとする分析・解析ツールを使いこなせることも、WEBマーケターである以上は必要不可欠なスキルです。

他にも類するツールとして提供されている「GoogleSearchConsole」「Googleタグマネージャー」「キーワード プランナー」「Google マイビジネス」などのサービスは、今やWEBサイト運営において欠かかすことはできません。

それらの使い方に精通しているほど、技能に対しての評価は高まります。

また、スマートフォンやタブレットが定着した現在、WEB市場はパソコンからそれらデバイスに移行している傾向がありますので、そのような新しい動きへの理解や動向を探るサーチ能力も重要視されます。

 

PCスキル

 

WEBサイトの分析やマーケット動向をまとめるためには、Microsoft Office系ソフトが使いこなせることも大事なポイントです。

特にデータの収集・分析には「エクセル」などの表計算ソフトを使用しますが、膨大なデータの管理にあたっては関数やマクロの知識があればかなり役立ちます。

さらにSQLなどのプログラムを使うことができれば、転職時のアピールには大いに役立つことでしょう。

また、クライアントへ企画を提案する場合には、「パワーポイント」などのプレゼンテーションソフトでの資料作成スキルも重要視されます。それも単に「パワーポイント」へ落とし込むだけではなく、資料としての見やすさやデザインセンスがあれば、なお良しというのは言うまでもありません。

Office系ソフトはそれぞれ連携して使用することが出来ますので、そのあたりの使いこなしもスキル評価の査定につながることが多々あります。

 

WEBマーケターに求められる経験とは?

 

 

WEBマーケターに求められる経験としては、先に説明した技術を踏まえつつ、分析したデータをより良い形としてまとめ上げる提案力や、実現するための知識の深さなどがチェックされます。

中でも特に重要視される経験が、以下のものになります。

 

新しいテクノロジーやトレンドへの関心と理解

 

WEBの技術は日進月歩。数年、数ヶ月前まではスタンダードだったものや、もてはやされていたものが突然使われなくなる、もしくは大幅なバージョンアップが行われて全く新しいものに生まれ変わるのはインターネットの世界ではごく当たり前のことです。それはWEBマーケティングにおいても同様です。

一つどころにとどまることなく、入れ代わり立ち代わりが激しく行われるテクノロジーやトレンドに対して、敏感に反応するアンテナの高さと適合性、そしてその時に合った解決策を提示できるかどうかというのは、WEBマーケターにとっては重要な要素となります。

また、SEO対策のようにサービス内容は一貫しつつも、さまざまな要素の追加や市場動向に応じて流転するような内容のものには、長年付き合うことで培われる経験値が有利に働くことが多々あります。

 

コミュニケーション能力の高さ

 

WEBマーケターの仕事は、大部分がパソコンに向かって黙々と作業することであり、的確なデータ分析や資料の構成力は重要であるものの、もちろんそれだけが仕事ではありません。

当然、他の部署や外部の会社としっかりコミュニケーションが取れることも重要視されます。

WEBマーケターに要求されるコミュニケーション能力とは、データを分析した結果から導いた自分なりの考えを資料としてまとめて他者に分かりやすく伝えるプレゼン技術や、クライアントの要望や意向をしっかりと把握して結果を提示できる折衝力にあります。

このようなコミュニケーション能力は机に向かっているだけでは決して深まらない要素です。これまでの経験でどのような実績を積み上げてきたのかを明確に説明するようにしてください。

 

ロジカルな思考力とデータドリブン

 

論理的な思考ができることもWEBマーケターにとって必要な能力です。

これは設定したゴールへ向かうまでの最適な方法を導き出す段取りや、データ分析の結果を検証する時などに役立ちます。

また、Webマーケターは、さまざまなデータをもとにPDCAサイクルを回す必要があることから、「管理能力」と「数字の強さ」が求められます。効果測定などで得られた数字を冷静に分析して、次のアクションに繋がる結果へと導いていかなければならないからです。もし数字に弱ければ、データから得られるさまざまな情報を読み取れずに、結果機会損失に繋がることもあるでしょう。

仕事を多くこなしたWebマーケターほど思惑通りに広告を運用する困難さを知っているはずですので、運用と分析、効果測定、改善のサイクルを繰り返しながら、より効果の高いWEBマーケティングとはどのようなものなのかを経験を交えて提示するようにしてください。

 

まとめ

 

 

WEBマーケターが転職する際に有利になるスキルと経験についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが、IT業界はともかく異業種においてWEBマーケターという仕事は、まだまだ認知されていない仕事です。しかし最近では、インターネットを活用・参入する企業が増加傾向にあるため、広告運用を担当するWebマーケターの需要も高まっています。転職するなら今が狙い目と言えるかもしれません。

ただし、Webマーケターに対しての理解度が低い業種に転職する際には、Webマーケターの必要性や将来性についてキチンと話せるかどうかが鍵となりますので、スキルと経験をキチンとアピールして、その座を勝ち取ってください。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。