カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. ITエンジニアが転職する際にあると有利なスキルや経験について徹底解説!
  • 職種・ポジション

ITエンジニアが転職する際にあると有利なスキルや経験について徹底解説!

ITエンジニアが中途採用の転職活動をするにあたり、有利なスキルや経験についてご存知でしょうか?こちらのページでは、IT転職を検討しているエンジニアの方に向けて「IT転職をするときに有利なスキルと積んでおきたい経験」について記載しました。将来転職活動を検討しているエンジニアの方は必見です!

ITエンジニア転職では即戦力が求められる話

 

 

ITエンジニアが中途採用の転職活動をするにあたり、求められる水準についてご存知でしょうか?まずは、転職活動をするにあたり採用側が重視するポイントについて、次の順番で説明をします。

 

・中途採用では求められるスペックが高くなる

・企業は教育コストをかけたくない

 

中途採用では求められるスペックが高くなる

 

ITエンジニアは中途採用では求められるスペックが高くなります。人員を募集している企業は主に次の理由があります。

 

・事業拡大により人員を補充したい

・プロジェクトで欠員が出て補充したい

 

企業は予定しているプロジェクトをうまく回すための人員が欲しいわけです。そうなると、必然的に求められるのは即戦力となるITエンジニアです。

 

ITエンジニアの具体的なスキルの例をあげます。

 

・顧客の要望をシステムに落とし込む要件定義

・保守性の高いシステムの設計

・ソフトウェア開発で必要なプログラミングの知識

・ネットワーク・セキュリティーの専門知識

・サーバーの保守・運用の専門知識

・予定通りにプロジェクトを回すマネジメントスキル

・チーム内で仕事を円滑に進めるコミュニケーションスキル

 

などエンジニアとして必要なスキルが求められます。レベルが高い企業であれば、求められる能力も必然的に高くなります。

 

企業は教育コストをかけたくない

 

また、企業では採用するエンジニアについて、すぐにチームと馴染んでもらい、「即戦力として活躍してもらいたい」と考えています。繁忙期のプロジェクトになると、企業は中途採用者に教育コストをかけられないためです。

 

忙しいプロジェクトでは、有識者がシステム開発について、手取り足取り説明する時間がとれないこともあります。忙しい状況の中で、教育されるのを待っていても何も始まりません。システムの要件定義書・システム構成図・設計書・Q&Aの情報を自分で読んで、システムを理解したり、チームの中の問題点を洗い出すといったことも求められるわけです。

 

そのため、誰からかシステムの仕組みを教えてもらえるといった受け身の姿勢でいるよりも、積極的にシステムを理解する姿勢が求められます。

 

ITエンジニア転職で有利なスキル・経験はコレ

 

 

それではエンジニアがIT転職をするにあたり、具体的に有利なスキル・経験はなんでしょうか?こちらでは、転職活動を有利に進められる2つのポイントについて、次の順番で説明をします。

・実務経験(専門知識)があると転職に効果的

・取得しておくと有利な資格について

 

 

実務経験(専門知識)があると転職に有利

 

企業が求める即戦力といった点で、転職活動では「実務経験(専門知識)」があると有利に動けます。

例えば、社内SEを例にあげると、実務経験の中で、次のようなシステムの開発・保守を担当します。

・プロジェクト管理

・原価計算

・物販管理

・業務承認

・請求管理

・伝票管理

・固定資産管理

・社内ネットワークの保守

・サーバー保守

・月の締め作業

 

また、経理・総務・人事に関する業務知識も身につきます。社内SEの業務の中で、パッケージを導入している会社担当との調整、関係部署と打ち合わせをしてシステムを改修するといったこともあります。

こういった業務知識であったり、システム改修までの流れを知っておくと、転職で有利になります。

 

取得しておくと有利な資格について

 

それでは、資格はどうでしょうか?資格については、スキルの証明するものとなり、重要かどうかは応募する会社で変わります。

経理関係のパッケージ製品を開発する会社では、経理に関する資格(公認会計士・税理士・簿記検定)が重視されたり、ネットワーク関係の会社では、ベンダーの検定資格であるシスコ技術者認定試験が重視されます。

資格を取得することで、現在在籍している企業で資格手当が付与される企業もあります。将来の転職にも役立つのであれば、取得しておいて損はありません。

 

転職活動までに数字で語れるスキル・経験を作っておこう

 

 

転職活動をするにあたり有利なスキル・経験について説明してきましたが今アピールする実績がない人はどうしたらよいと思いますか?こちらでは、これから転職活動で有利にアピールできるスキル・経験の作り方について、次の順番で説明をします。

・アピールできる実績を社内で作っておく

・アプリ開発でポートフォリオを作成する

 

数字でアピールできる実績を社内で作っておく

 

面接では、アピールできる実績について間違いなく聞かれます。将来の面接を見越して、事前にアピールできる実績を作っておきましょう。

例えば、新規のビジネス企画に立候補して、売上を○○円あげるために、Web広告施策を実施。その結果、目標としていた売上の150%を達成。さらに広告を改善することで、翌月には、前月比で50%売上を改善

といった形です。目標に向かってのPDCAを回した経験、またトラブルに遭った時の問題解決方法を

数字を交えて語れるようになると、なお良いでしょう。

現在、コロナで売上が減少している会社もありますが、こういった逆境を乗り越えて、成功に導いた実績ができると、将来の転職活動でも有利に働きます。

 

アプリ開発でポートフォリオを作成する

 

開発系のITエンジニア転職を狙っている方は、転職活動でアピールできる実績を作るのと並行して、個人でもアプリ開発を行いポートフォリオを作成しておきましょう。

具体的には、

・Webアプリ、スマホアプリのリリース

・Githubでのコード公開

・個人ブログで技術情報の執筆

といった活動を通じて、実績を作っていきたいです。Webアプリ、スマホアプリをリリースするときは、社内での実績の作り方と同様に、数字でアピールできる実績を積んでおきましょう。

UIを意識する会社では「どうしてこの機能をこの画面のここに配置したのか?」など細かい部分まで実装力を問われます。スラスラと回答できるように、細部に拘ってアプリ開発に取り組みましょう。

 

転職活動を成功させた事例

 

 

転職活動をするにあたり有利なスキル・経験について説明してきましたが、具体的な事例をご存知でしょうか?こちらでは、エンジニア転職を成功させた2人の方を例に紹介します。

・医療系エンジニアから病院の社内SEに転職した例

・CRMの営業経験からエンジニア転職した例

 

医療系エンジニアから病院の社内SEに転職した例

 

自社開発の医療系のセールスエンジニアから病院の社内SEに転職をした例を紹介します。

この方は、某システム会社で医療系のシステムを開発をしたり、営業と同行をしてセールスエンジニアと働いたりしていました。

ところが事業の採算が合わずに、別部署に異動となりシステムエンジニアとして開発業務にあたっていました。医療業界への思いと、懇意にしてもらっている院長からの誘いで、病院の社内SEとして転職をしました。

この方が転職で成功できたポイントは、医療業界の業務知識に詳しいことが特徴です。業界の慣習に詳しい点は転職で活きてきます。

 

CRMの営業経験からエンジニア職へ転職した例

 

同様の例で、大企業へのCRMシステム導入の営業をしていたセールスエンジニアの例を紹介します。

この方は、某システム会社で外資のCRMの営業をしていました。よりキャリアを積んでいきたいということで、同パッケージをカスタマイズして販売している外資系企業のエンジニア職として転職を成功させました。

研究熱心な方で、競合のCRM製品と販売に携わったCRM製品を熟知しており、プログラミングもできたため、エンジニア職として転職を成功させました。

 

まとめ

 

 

以上、ITエンジニアが転職する際にあると有利なスキルや経験について説明してきました。

転職を成功させるエンジニアは、業務で培った専門知識を他の会社でも応用できるパターンです。そういった応用できる知識が今はなくても、アピールできる実績は社内のプロジェクトや個人の開発で作っていけます。

普段から忙しくて、今すぐ転職活動を進めることができなくても、実績を積み重ねて積極的に業務に取り組むことで、自身の成長に繋がり、最終的に有利な転職活動へつながります。この機会に実績を作れる仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか。

島野

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。