1. HOME
  2. Geekly Media
  3. VB.NETエンジニアに転職する方法を解説!評価が高い資格やスキルとは?転職に役立つ経験も確認しよう
プログラミングをする人

VB.NETエンジニアに転職する方法を解説!評価が高い資格やスキルとは?転職に役立つ経験も確認しよう

VB.NETは、マイクロソフト社が独自で開発したプログラミング言語のことです。初心者でも扱いやすい点が特徴です。転職するためには基礎だけでも身につけておきたいスキルでもあります。今回はVB.NETエンジニアに転職するためのポイントについて解説します。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

VB.NETとは

 

 

VB.NETは、マイクロソフト社が独自で開発したプログラミング言語のことです。正式名称を「Visual Basic.NET」と呼びます。

.NET Frameworkを使用する言語と互換性がある点が特徴です。オブジェクトを用いた指向言語機能の役割も果たします。1991年に開発されてから改良を続け、現在に至ります。

初心者が学ぶにも適している言語ですが、高機能化が進んだことで上級プログラマーのなかにも使用している人が増えてきました。関数を多数搭載しているため、開発段階で複雑なプログラムを組む必要がなく負担の軽減にもつながっています。

ユーザー側のメリットとしては、フレームワークをダウンロードするだけで多くのソフトウェアを動作させることが可能な点です。

 

 

VB.NETの特徴

 

 

VBはユーザーインターフェースを得意としています。

ユーザーが直に利用するプラグラムを簡単に作成できる点に特徴があります。ボタンやテキストボックスなどの各部位が、部品のようにまとめられているためブロックを組み立てる感覚でプログラミング可能です。

具体的な特徴についてまとめておきます。

 

可読性

 

多くの言語では変数の宣言を型から行い、関数の宣言は戻り値が先頭となります。

VB.NETではこれをよりわかりやすくするために言語の順序と宣言方法を一致させています。

これを可読性が高いと呼びますが、可読性の高さはVB.NETの大きな強みといえます。

 

機能性の豊富さ

 

VB.NETにもオブジェクト指向・関数型が実装されています。

さらに配列要素に対するクエリ操作を可能としているLINQや匿名関数を利用した要素処理も特徴です。文字列周りの処理が行えるのも魅力です。

半角全角変換や平仮名カタカナ変換など、通常ではライブラリを必要とする処理も一度にまとめて行うことができます。

 

.NET Frameworkへのフルアクセス

 

Windows フォーム、ASP.NET (Web フォーム、XML Webサービス)、ADO.NET などの新しい機能が利用できる点が特徴です。

つまり、.NET Framewworkへのフルアクセスが可能ということになります。

Windows APIを使用しなくても、.NET Frameworkが提供している機能を利用することで解決することもできます。

 

.NET言語による共通技術の利用

 

言語が異なってもC#/C++などと共通した技術が利用できる点も特徴です。

設計から開発、実行までの段階をVisual Studioの共通フレームワークを活用して行います。

また、共通のデータ型システムを利用することで言語間の相互利用における型の問題を解決しています。

 

 

VB.NETの業務内容

 

 

VB.NETは、ダウンロードが無料です。

そのため初心者から上級者までが気軽に利用できる点は魅力です。ただ、無料で利用できる範囲は限られているため、仕事で利用する場合には有料版をダウンロードする必要があります。

VB.NETを活用した業務内容について具体的にまとめておきます。

 

業務システムの開発

 

社内の業務を円滑に進めるためのシステム開発も業務のひとつです。

社員同士で情報共有するためのシステムや、業務の効率化を進めるためのアプリの開発を行います。

基幹システムとは異なるため企業活動と直接関わることはありません。

ただ、業務の効率化をはかることで生産性の向上につなげることができます。

 

スマホアプリの開発

 

企業内のシステムだけでなくスマートフォンン向けのアプリケーションの開発も業務のひとつです。

スマホ向けアプリの開発者は人材不足ともいわれており、VB.NETを活用した開発業務は需要の多い市場ともいえます。

簡単なアプリから複雑なものまで幅広いアプリケーションの開発を行うことが可能です。オブジェクト指向言語が特徴のVB.NETですが手続き型でも同じく使用可能です。

 

Windows関連の開発

 

Windows系のアプリ開発も業務のひとつです。

VB.NETはマイクロソフト社が開発しているため、Windows上で使用可能なアプリの開発に特化しています。

WEBアプリが簡単に開発できる点も魅力といえるでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

VB.NETへの転職で有利なスキル

 

パソコンの前で勉強する男性

 

VB.NETエンジニアに転職する際に有利となるスキルについて解説します。

 

VB.NETでの業務システム開発経験

 

在庫管理システムや販売管理システムなどの特定のシステム開発の経験は転職に有利です。

企業の業務に関わるシステムの基本的な機能は似ているものが多いため、これまでの経験を生かして働くことができるでしょう。

経験値があるほど効率的に設計や開発が行える点はアピールポイントです。

 

データベースを使用した開発経験

 

業務関連のシステム開発では、SQL ServerやOracleなどのデータベースが多く利用されています。

データベースの操作はSQLを使用するためSQLのスキルがあると転職に有利となります。

業務関連のシステムでは膨大な量のデータのなかから、指定された条件のデータを抽出する機能などを実装することが多くあります。

SQLのスキルによってデータ抽出にかかる速度が大きく変わるため、この点は大きく評価されるポイントとなります。

 

ストアドプロシージャの知識

 

特定条件でデータ抽出などのデータベース処理をあらかじめデータベースに登録しておく処理をストアプロシージャと呼びます。

データ抽出などのパフォーマンスが高く、多くの業務システムで活用されています。

 

サードパーティ製開発ツールの取り扱い経験

 

VB.NETはアプリケーションを簡単に作成できる点が魅力です。

ただ、クライアントによっては高いデザイン性を求めれらることもあるでしょう。

こうした際に採用されるのが、SpreadActiveReportsなどのサードパーティ製開発ツールです。

Spreadはグレープシティ社の表計算作成支援ツールです。ActiveReportsも同社の帳票作成ツールです。

クライアントの要望によってはこうしたツールを利用することも多いため、扱えるだけのスキルを持っておくと転職に有利です。

 

 

文系からの転職は可能?

 

 

エンジニアというと理系のイメージを持つ人も多いでしょう。文系だからエンジニアになるのは無理だと諦めている人もいるかもしれません。

しかし実情を見てみると、エンジニア市場で採用されている人は理系よりも文系が多いという特徴があります。

プログラミングは言語を学ぶことからはじまるため、文字を読み慣れている人のほうが飲み込みが早いということもいえます。

また、現場ではクライアントとのやり取りを通じて相手の希望をわかりやすく言葉に表現する能力も求められます。クライアントとの意思疎通がしっかりとできるコミュニケーション能力こそ求められるスキルでもあるのです。

文系だからエンジニアにはなれないと諦めてしまうのはもったいないことです。

 

 

未経験からの転職は可能?

 

 

転職の際、プログラミングの実務経験があるほうがもちろん評価は高くなります。

ただ、未経験者がまったく相手にされないかというとそうではありません。未経験社歓迎という企業求人もなかには存在します。

とはいえ、まったく知識がないよりは少しでも知識があるほうが有利であることは確かです。

プログラミングの学習は進めておきましょう。経験値がなくても高いスキルがあれば、転職に有利となるからです。

特にVB.NETエンジニアに転職したい場合には、無料でダウンロードできるVB.NETから学習を進めておきましょう。VB0.6からVB.NETへの移行ができる人は特に転職に有利です。

変換用のツールがあれば身につけることができるため、転職をスムーズに進めるためにも身につけておきたいスキルです。

 

 

VB.NETエンジニアの年収

 

積み上がっていく金貨と金貨から伸びる芽

 

VB.NETエンジニアの年収は年齢やスキルによって変動します。

平均相場は400〜600万円とされています。かなり上級者になると年収900万円という人もいる市場でもあります。

現状では将来性を不安視することのない市場ともいえます。

 

しかし、ポジションによってはあまり高額な報酬が望めないケースもあります。

コーディングを中心とした工程をメインに担当するポジションではほかの言語を扱うエンジニアよりも年収相場が低いとされています。この場合は、VB.NET以外の言語も習得しておくとキャリアアップにつながります。

VB.NETエンジニアとして高収入を目指すには、プロジェクトマネジメントスキルや要件定義などの上流工程のスキルを取得するとよいでしょう。リーダー職以上のポジションであれば高収入を得ることができます。

システム開発については、金融系や自治体系のシステム開発案件を担当すると年収がアップするといわれています。

転職活動を行う上でどのようなシステムを担当したいかも明確にしておくとよいでしょう。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

VB.NETを知って転職を成功させよう

 

 

VB.NETは初心者でも簡単に学べるプログラミング言語です。プログラミング初心者からエンジニアに転職したい場合にもおすすめです。案件数が極端に多いというわけではありませんが、将来的に需要が減少することは考えにくく、安定性のある職種ともいえます。

VB.NETのスキルがあるというだけで市場での価値がアップするため、基礎的な知識だけでも身につけてから転職することをおすすめします。VB.NETを扱えるエンジニアは市場でも希少価値があるとされています。

そのためすでに実務経験がある場合には、かなり有利に転職できるケースも多くあります。多言語も扱えるスキルがあればなおさらです。

転職について迷った場合には、専門性の高い転職エージェントにしっかりと相談することでスムーズに転職を進めることができるでしょう。

転職でキャリアアップを目指すためにも気軽に相談してみることをおすすめします。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

プログラミングをする人

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事