1. HOME
  2. Geekly Media
  3. ITコンサルタントが転職する際にあると有利なスキルや経験について徹底解説!

ITコンサルタントが転職する際にあると有利なスキルや経験について徹底解説!

ITコンサルタントは、自分の市場価値をあげることができる職のため、人気がとてもあります。しかし、その一方で常に成長が求められるハードワークという一面もあります。そのため、ITコンサルタントから違う職種に転職しようと思う人も多くいます。この記事では、ITコンサルタントが転職する際にあると有利なスキルと経験について解説していきます。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

ITコンサルタントは転職しやすい

 

 

ITコンサルタントは、クライアントの抱えている問題をITの技術を用いて解決するという職種

そのため、以下のようなスキルが必要となります。

・開発などITに関する専門知識

・設計や構想を描くスキル

・プロジェクトをマネジメントし実行するなどのスキル

 

IT業界において、サービスの企画からでき、マルチなスキルを持っている人は、非常に重宝され市場価値が高い傾向があります。そのため、ITコンサルタントは、転職しやすい職種と言えます。

 

ITコンサルタントが転職する際にあると有利なスキル

 

 

ITコンサルタントとして実績を残した経験があれば、転職活動で困ることはほとんどありません。

それに加えて、下記のスキルをアピールできれば、よりスムーズに転職活動を行うことができます。

 

①提案力

 

ITコンサルタント経験で培える能力として「相手に合わせた提案」ができることです。

そのため、転職活動の際には培った提案力をアピールするようにしましょう。

具体的には、面接時に「クライアントに合わせた提案」を行っていたという経験や、どのような意識をもって提案していたのかを説明しましょう。

もし、高い成約率を誇っていた場合、その部分についても具体的な数字を用いて説明しましょう。

提案力がある人だと思われれば、採用してもらえる可能性が非常に高くなります。

 

② マネジメント力

 

ITコンサルタントは、自社のメンバーだけではなく、外部のパートナーと協力して仕事を行うことがほとんど。

プロジェクトをマネジメントした経験がある人は、「どのようにしてプロジェクトを進めていったのか」「マネジメントをする上で気をつけていた部分はどこなのか」などを転職活動の際にアピールしましょう。

マネジメント力がある人は、即戦力として扱われます。また、マネジメントポジションでの採用も視野に入れることができ、転職活動を有利に進めることができます。

 

③語学力

 

ITコンサルタントとしてグローバルな案件に携わるケースもあるかもしれません。

その場合は、グローバルの案件を行ったことがあるという点についてアピールをしましょう。

ビジネスレベルの語学力があると認識され、高い評価を得ることができます。特に外資系の企業や海外展開をしている企業であれば配属の幅も広がります。

語学力は、転職活動の際に大きな武器になりますので、語学に長けている人は、自分の武器としてアピールすることが大事です!

 

ITコンサルタントが転職する際にあると有利な経験

 

 

ITコンサルタントが転職する際にあると有利なものは、スキルだけではありません。

どのようなポジションで仕事をしていたのかという経験も武器になります。

有利になる経験についてご紹介していきます。

 

①アナリスト

 

ITコンサルタントとして仕事を始めると、多くの人が「アナリスト」として働くことになるかと思います。

アナリストとしての働くと「情報収集」「分析」「プレゼンや資料の作成」という業務を経験することができます。

これらの業務経験は、どの業界でも活きてきます。どのビジネスでも基本は情報収集から始まります。ですので、この上流の部分をしっかりできる能力は重要なのです。

アナリストとして働いた経験があることは、具体的にどのような数字を集め分析をしていたのか、面接時にしっかりとアピールしましょう。

 

②コンサルタント

 

アナリストとしての経験を積んだのち、コンサルタントに昇格することがほとんど。

コンサルタントは、集めたデータを元にクライアントの抱えている問題の本質を捉えたのち、解決案を提案する。そして、問題解決のためにチームを作り、マネジメントするというのが業務になります。

この「問題を捉えて具体的な解決策を講じるスキル」はどのビジネスでも重宝されます。コンサルタントとして働いた経験がある場合は、具体的な経験も踏まえてアピールしましょう。

実績を評価されれば、転職先で上のポジションの仕事を任せられるケースもあります。

 

③マネージャー

 

マネージャーとして働いたことがある人は、転職活動の際に「予算/目標管理ができる」「クライアントへの提案ができる」と認識されます。つまり、一つのプロジェクトを任せても、遂行可能だと期待できます。

マネージャーとして働いた経験を持っている人は、「どれくらいの規模のマネジメントをしたか」「結果としてどのような成果があったのか」しっかりとまとめアピールしましょう。

 

ITコンサルタントのスキルや経験が活きる転職先

 

 

ITコンサルタントとして、働いた経験はどのような企業で活かすことができるのでしょうか。

 

①事業会社へ転職

 

ITコンサルタントの転職先として、人気なのが事業会社です。

事業会社はITコンサルタントとして働いた経験がある人に対して「ポテンシャル採用」を行うケースがあります。

事業会社へ転職すると、経営企画の部署情報システム部署に配属されることが多いです。

会社の成長に直接関与できる仕事に就けることが多いので、やりがいを感じて働くことができるでしょう。

 

②他社のコンサルティング会社に転職

 

「ITコンサルタントとしての働き方が好き」という人は、他社のコンサルティング会社へ転職することを考えてみましょう。

特に、外資系のコンサルティング会社で働いていた経験がある人は、多くの企業から声がかかることがほとんどです。

また、年収や働き方など自分の希望に近い形で、転職できる可能性が高くなります。

 

③ベンチャーへ転職

 

ITコンサルタントとしての職歴がある人の中には、ベンチャー企業へ転職する人がいます。

ベンチャー企業の場合、まだビジネスを軌道に乗せる発展途上のケースが多いです。そのため戦略などを考えられる人を重宝する傾向にあります。そこでITコンサルタントとして培ったスキルや経験が、評価されます。

ブレインとなる人を求めていることもあり、大きな役割を担うポジションに就任という形で転職することが可能となります。年収は少なくなってしまうこともありますが、数年後大きなリターンが返ってくることも見込めるかもしれません。

ITコンサルタントとしての職歴を活かして、新しく1つの事を1から作り上げたいと思っている人には、ベンチャー企業への転職が向いているかもしれません。

 

④大手企業へ転職

 

ITコンサルタントとしての職歴があれば、大手企業への転職も可能です。

大手企業は、雇用が安定していますので、コンサルティング会社よりも安心して働くことができます。そのため、年収が下がっても、ワークライフバランスを意識したい人におすすめです。

また大手であれば、大きな規模の案件に携われるかもしれません。そういった意味で、大規模な自社のサービスで成果を上げたいという人には向いているかもしれません。

まとめ

 

 

ITコンサルタントとして働いているけど、そろそろ違う会社に転職したい。違う業種に移りたい。と思っている方。ITコンサルタントを通して「経験したこと」「得たスキル」を、具体的な数字を元に上手くアピールしましょう。

ITコンサルタントの業務は非常にマルチですので、転職活動の際にアピールできるポイントは多くあります。

ITコンサルタントはしっかりと経験を詰めば、市場価値が高く需要が高い職種ですので、その点をしっかりと抑えた上で転職活動をするようにしましょう。

この記事の監修者

西内信

IT系ベンチャー企業にて法人営業を経験し、そこで培った経験を生かし総合人材会社へ転職。その後ギークリーを創業しました。今までにご相談に応じた転職者は3500名以上に上ります。転職者のご不安や疑問点など一緒に解決しながら、最適な未来が描けるようなサポートをさせて頂きます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事