1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. エフェクトデザイナーの仕事内容を解説!必要なスキルや資格は?未経験で転職する方法をエージェントが紹介
  • 職種・ポジション

エフェクトデザイナーの仕事内容を解説!必要なスキルや資格は?未経験で転職する方法をエージェントが紹介

ゲームの制作現場で注目されている職業の1つが、エフェクトデザイナーです。比較的新しい職種であるものの、ゲームへの没入感や爽快感、エンターテイメント性を高めるために、欠かせない仕事になっています。CG制作スキルだけでなく、ビジネスパーソンとしての基本スキルを持っていれば未経験でも挑戦可能です。新しい仕事やテクノロジーに興味がある方は、ぜひ、挑戦してみてほしい仕事の1つです。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

エフェクトデザイナーとは

 

デザイナー(男性)のモノクローム写真

 

エフェクトデザイナーとは、ゲーム中で起こる自然現象やイメージ演出をコンピューターグラフィックで表現するデザイナーです。企業によってはエフェクター、VFXアーティストと呼ぶこともあります。

ミッションはゲームを盛り上げるCG演出を作り、プレイヤーの没入感やゲームのエンターテイメント性を高めること。時には0コンマ何秒という一瞬の演出ですが、ゲームの世界観を固め、面白さや魅力をより的確に表現するために必要な仕事です。

 

エフェクトデザイナーの仕事内容

 

エフェクトデザイナーの仕事は、ゲーム内で起こったアクションに応じたエフェクト効果の演出です。例えば炎の爆発や、攻撃がヒットした際の衝撃、落雷、宝箱を開いたときの光などが該当します。

見た目の楽しさや華やかさだけではなく、ゲーム内で何が起きているのかをプレイヤーに伝える「機能性」も求められます。

エフェクトデザイナーが手掛ける2種類の主なエフェクトについて、解説していきます。

 

攻撃・ダメージエフェクト

 

 

攻撃した時、攻撃を受けダメージを受けた時、回復した時など、バトル中の動作にそれぞれ適切なエフェクトを制作します。

例えば、シューティングゲームの爆撃による炎や煙、RPGで魔法を使った時の光の演出など、ゲーム中の画面をより華やかにします。

その攻撃で五感はどのように感じるのか、視覚的にわかりやすくする効果があり、ゲームの爽快感を演出するために不可欠な要素の1つです。

 

演出エフェクト

 

 

バトル中以外の場面や、ムービー演出中に必要なエフェクト制作を行います。

例えば、キャラクターのステータスや心情を表現したオーラ、重要なアイテムのみにかかっているエフェクトです。

リズムゲームで、タップした時の演出やコンボが続いた時の盛り上がりを促すCGもエフェクトデザイナーが制作しているものです。

ゲーム内で何が起こっているのか、プレイヤーが直感的にわかるように伝える視認性向上の効果があります。

 

エフェクトデザイナーの年収

 

硬貨,利益,金融

 

エフェクトデザイナーとしてのスキルアップやキャリアの蓄積は、収入面でプラスになりえます。

多くの場合、エフェクトデザイナーの年収はおよそ300~400万円台からのスタートとなっていますが、上限を600~700万円で設定されており、個人のスキルや実績による開きが大きな職種となっています。

中には800万円~1,200万円を上限として設定している企業もあるため、エフェクトデザイナーとしてスキルアップすることができれば、キャリアアップも十分に狙うことが可能です。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

エフェクトデザイナーが不足?需要と将来性

 

キーボード,タイピング,コンピューター

 

エフェクトデザイナーの需要

 

エフェクトデザイナーは、いまゲーム業界でも特に注目されている職種です。

ゲーム業界ではキャラクターや背景のデザインがどうしても人気になるため、エフェクトを手掛けられるスキルを持つ人材が多くありません。一方で、高グラフィックなゲームや没入感のあるゲームが求められるようになり、エフェクトデザイナーの需要が増しているのです。

規模の大きな制作プロジェクトの登場や、システムの複雑化を理由にゲーム内に登場するエフェクト制作も、専任化が始まっており今がチャンスの職種と言えるかもしれません。

 

エフェクトデザイナーの将来性

 

エフェクトデザイナーはゲーム制作のデザイナーのなかでも将来性のある職種といえるでしょう。

先に述べたように、現在は高グラフィック、高クオリティのゲームがつくられるようになっています。それにともなって求められるエフェクトの需要も高まります。

また、エフェクトデザイナーがもつグラフィックのスキルは、アニメへの転用も可能です。

汎用性のあるスキルという点では、非常に将来性のある職種です。

 

エフェクトデザイナーになるには?必要なスキル

 

起業,スタートアップ,ノートブック

 

エフェクトデザイナーに必要なスキル

 

ビジュアルやデザイン的な素養

 

読書,本,雑誌

 

エフェクトデザイナーとして活躍するために、自然現象や科学に関する知識は、ゲーム中の攻撃や魔法を表現するエフェクトを施す際に役立ちます。例えば、炎をモチーフにした魔法は化学の知識、雷をモチーフにした魔法は気象や天文学の知識があれば、よりリアルな表現ができます。

・自然現象、科学の知識
・デザイン、色彩理論
・造形力
・美的センス
・演出力、演出技術
・柔軟な想像力、発想力
・独創性
・表現力

また、デザインや色彩理論も重要です。継続的にダメージを受ける毒攻撃を受けた時、毒々しいイメージのエフェクトを施すことで、何が起こっているのか一目でわかります。

つまり、デザイン・色彩に関する知識で色のイメージを利用した直感的な演出ができるようになるのです。

さらに、エフェクトの出し方やタイミングといった演出力、オノマトペを視覚的なエフェクトとして表現する想像力、発想力も大切です。

 

テクニカルスキルの素養

エフェクトデザイナーの仕事では、さまざまなデザインツールを使用する機会があります。

よく使われるツールとして名前が上がるものが下記です。

・Maya(3DCG制作ソフト)
・Adobe After Effects(グラフィック制作ソフト)
・Illustrator、Photoshop(2DCG制作ツール)
・3ds Max(3DCG制作ツール)
・Unity、Unreal Engine(ゲームエンジン)
・BISHAMON、PopcornFX(エフェクター専用のソフトウェア)

この他にも物理シミュレーションのスキルやスクリプト言語に関する知識もあるとベターです。

エフェクトデザイナーとしてスキルアップするために、すぐに勉強を始められるので、取り組みやすいものから始めてみてください。

 

ビジネスパーソンとしての必須スキル

エフェクトデザイナーはクリエイターでもありますが、企業に採用される以上、社会人でありチームプレイが必要です。

・ゲームの世界観やゲームプランナーからの要求を的確に理解し汲み取る力
・観察力
・分析力
・コミュニケーションスキル
・新しいスキルを身につける努力を惜しまない好奇心、柔軟性、吸収力、向上心、向学心

この中でも特に重要なのが、コミュニケーションスキルといわれています。

エフェクトデザイナーはゲームプランナーや他のCGデザイナー、プログラマーとの連携が多い仕事です。

分業化が進むゲーム制作現場で他のクリエイターやディレクターと信頼関係を築く協調性は、プロジェクトを円滑に進めるために欠かせません。

また、ゲーム業界は技術革新やトレンドが移り変わるスピードがとても速い業界です。多くのゲーム作品や最新技術に対する好奇心は、エフェクトデザイナーとしてのキャリアアップにも役立ちます。

 

エフェクトデザイナーに転職する方法

 

キャリアの階段を登る男性の影

 

エフェクトデザイナーを目指して転職する場合、現状のスキルや状況によってロードマップが変わります。

 

ある程度のスキルを持っている場合

 

元々、CG制作やデザインに関する知識・スキルがある方は、エフェクトデザイナーに転職するハードルは高くありません。

例えば、他の業種でWebデザイナーをしている、3Dモデラーとして活躍している場合が挙げられます。

また、レベルにもよりますが、趣味でグラフィックソフトを使った創作活動をしているという方もチャンスは少なくありません。

 

完全な未経験からの転職

 

CG制作ソフトを触ったことがない、というレベルの方でしたら、研修制度が整っている企業でないと、転職後のアジャストに時間がかかります。

もし、まったくの未経験から目指すなら、CG制作やデザインについて学べる専門学校でのスキル習得を検討するのもいいかもしれません。

専門課程がある教育機関は、実戦的なスキルや専門知識を身に着けられるメリットがあります。さらに、学んでいく中でポートフォリオの作成も同時進行できますので、スキルのアピールにつながる武器づくりもできます。

未経験だからこそ、ポートフォリオで伸びしろをアピールできれば、転職の希望を叶えるチャンスは必ずあります。

社会人として働きながら通える通信制の学校もありますので、転職活動の一環として検討する余地はあるでしょう。

 

 

エフェクトデザイナーに必要な資格

 

トレーニング,ビジネスパーソン,スーツ

 

エフェクトデザイナーになるために必須の資格はありません。

ただし、あると役に立つ資格履歴書や職務経歴書に記載してアピールできる資格はあります。

・CGクリエイター検定(エキスパート)
・Photoshopクリエイター能力認定試験
・Illustratorクリエイター能力認定試験
・色彩検定(デザイン分野)

この中でも特に注目したいのがCGクリエイター検定です。

エフェクトデザイナーに必要とされるテクニカルなスキルやデザインへの理解を問われます。

また、2DCG、3DCGを使ったモデリング技術など、出題範囲の幅広さも特徴です。

履歴書にはエキスパートを記載したいところですが、未経験であればベーシックから挑戦できます。

 

エフェクトデザイナーの求人一覧をチェック

 

エフェクトデザイナーに向いている人

 

人,女性,ビジネスパーソン

 

エフェクトデザイナーに必要なスキルを分析すると、エフェクトデザイナーに向いている人が見えてきます。

特に、下記に当てはまる人は、エフェクトデザイナーとしての才能が眠っている可能性があります。

 

観察力に自信がある
・現実ではありえないことを想像するのが好き
・映画やドラマを見ている時は演出に注目する
新しいテクノロジーに興味がある
・新しいものに興味や好奇心がある
・新しい知識やテクノロジーに出会うとワクワクする
・自分が他の人からどう見えているか、を考える客観性を持っている
・他人の意見を素直に取り入れられる

 

エフェクトデザイナーのキャリアアップ

 

エフェクトデザイナーとして活躍していく中で、さらにステップアップしていく道もいくつか考えられます。

 

エフェクトデザイナーが目指せるキャリアアップ

 

ビジネスパーソン,キャリアアップ,ステップアップ

 

ゲーム制作現場の中で考えられるキャリアアップとして、下記が挙げられます。

・CGプロデューサー
・CGディレクター
・キャラクターデザイナー
・モーションデザイナー
・テクニカルアーティスト
・アートディレクター

方向性の1つとして、ディレクションスキルを磨き、現場でのリーダーシップを発揮する道があります。

その場合、制作チームの進行管理やクライアントとの打ち合わせ、成果物のチェックといった業務が加わります。

相手の意見に耳を傾ける姿勢やスケジュール管理能力、根拠を明確にして意見を述べる姿勢などが求められるでしょう。

また、他領域のクリエイターとの連携をスムーズにするために、キャラクター・モーションデザイナーとしてのスキルを磨くのもおすすめです。

さらに、エフェクトデザイナーの主戦場は現在3Dゲームですが、映画などの映像コンテンツを制作する他業界でも活躍の場が増え始めています。

 

まとめ

 

アイパッド,少女,タブレット

 

エフェクトデザイナーの醍醐味は、CG制作の面白さをより深く追求できる懐の深さです。

ディティール、科学法則、アングル、華やかさ、リアリティとこだわりを追求できるポイントには事欠きません。

ゲームの世界観を作り上げるために大切な要素であり、時にはプレイヤーからの評価、継続率、売上につながることもあります。

ゲームのエンターテイメント性を高めるために欠かせない仕事に転職して、ぜひ、活躍するチャンスをつかんでください。

 

無料転職相談に登録して転職活動をスタートさせよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー