カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. レコーディングエンジニアに未経験で転職する方法解説!必要なスキルは?求人情報を元にエージェントが紹介
  • 転職活動

レコーディングエンジニアに未経験で転職する方法解説!必要なスキルは?求人情報を元にエージェントが紹介

レコーディングエンジニアは未経験でも転職することができるのでしょうか。今回はレコーディングエンジニアに必要なスキルや未経験で転職する方法を求人情報を元にご紹介します。

レコーディングスタジオ

レコーディングエンジニアの仕事内容は?

 

音楽の調整をしている手

 

レコーディングエンジニアはどのような仕事をしているのでしょうか。

まずはレコーディングエンジニアの仕事内容を見ていきましょう。

 

ボーカルや演奏の録音

 

レコーディングエンジニアはアーティストのレコーディングに立ち合い録音を行います。

録音はボーカルやコーラス、そして各楽器などを別々に行っています。

そして各パートの音が上手くつながるように音量の調整を行うのも仕事の1つです。

 

ミキシングとマスターテープの作成

 

レコーディングスタジオで録音した音源を編集することをミキシングといいます。

レコーディングエンジニアは、レコーディングした音源のいいところをつなぎ合わせていきます。

最高の音楽を作り出すためにはレコーディングをやり直すこともあるでしょう。

音響機器を使って音のバランスを取るのもこの職種の仕事です。

そのようにしてマスターテープを作成し1つの楽曲を生み出すのです。

 

レコーディングエンジニアはどういう会社で募集している?条件は?

 

パソコンで調べている女性

 

最高の音楽を作り上げることがレコーディングエンジニアの仕事です。

音楽が好きな人の中には、未経験だけどレコーディングエンジニアに転職したいと思う人もいるでしょう。

それではレコーディングエンジニアはどのような会社で募集しているのでしょうか。

 

レコーディングエンジニアが働く場所

 

レコーディングエンジニアが働く場所は音楽制作を行っているところになります。

例えばレコード会社やレコーディングスタジオといったところです。

他にはエンジニアをマネジメントするプロダクションに所属する人もいます。

企業によっては以下のように呼ばれることもあるでしょう。

 

・ミキシングエンジニア

・ミキサー

・音響エンジニア

 

求人情報に掲載されている仕事内容が一緒ならレコーディングエンジニアだと思って差し支えありません。

 

求人情報で確認!レコーディングエンジニアに条件はある?

 

レコーディングエンジニアの求人には条件はあるのでしょうか。

求人情報を元にレコーディングエンジニアの転職条件を見てみましょう。

「レコーディングエンジニアとして実務経験2年以上

「ProToolsの操作ができる方」

多くの求人で記載されている条件がこの2つです。

実務経験は会社によって異なりますが2年以上としているところが多いでしょう。

ProToolsについてはこの後ご紹介するのでぜひ読み進めてください。

 

レコーディングエンジニアに必要なスキルは?

 

スキルを手にする

 

レコーディングエンジニアとして働くためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

未経験の方も必要なスキルを身につけてレコーディングエンジニアを目指しましょう。

 

音響機器に関する知識

 

マイクで音声を拾う

 

レコーディングの際には多くの音響機器を使うことになります。

そのためレコーディングエンジニアは音響機器に関する高い知識が求められるのです。

ミキサーやコンプレッサー、マイクなどの操作方法やメンテナンス方法も知っておく必要があるでしょう。

 

Protoolsの操作スキル

 

ノートパソコン,アップル,キーボード

 

レコーディングエンジニアの求人にも条件として提示されることが多いのがProToolsのスキルです。

ProToolsはDAWようのソフトウェアのことで音源のデジタル処理に欠かせないものです。

そのためレコーディングエンジニアになるにはこのスキルが必須といっていいでしょう。

しかし高度な技術が求められるため独学では習得が難しいのが現状です。

レコーディングエンジニアを目指す人の中には専門学校で学ぶという人も少なくありません。

 

コミュニケーション能力

 

会議

 

最高の音楽はレコーディングエンジニア1人では作り出すことができません。

アーティストや演奏者、プロデューサーやアシスタントなど大勢の人が関わっているのです。

お互いに相談しながら進めていくことで納得のいく作品を生み出すことができるでしょう。

そのためレコーディングエンジニアにはコミュニケーション能力が求められるのです。

 

無料転職相談に登録して転職を成功させよう

 

未経験でレコーディングエンジニアになる方法!

 

太陽の光を浴びて土の中から芽を出した植物

 

レコーディングエンジニアは音響機器の扱いや音のバランスの調整など高度な技術が必要です。

そのため未経験でいきなりレコーディングエンジニアに転職するのはなかなか難しいことです。

未経験でレコーディングエンジニアになるにはどうすればいいのでしょうか。

 

アシスタントとして就職

 

チャンス,選択肢,ディレクション

 

レコーディングエンジニアになるためには現場での経験が必要です。

そのためレコーディングスタジオやレコード会社にアシスタントとして就職するという方法があります。

アシスタントは現場のセッティングや片付けから始まるのでなかなか音響機器を触ることはできないでしょう。

またアシスタントの間はアルバイトという扱いになることもあります。

まずはアシスタントとして数年間の見習い期間が必要になるのです。

 

アシスタントエンジニアとして経験を積む

 

キャリアアップ

 

アシスタントとして経年を積むとアシスタントエンジニアにステップアップすることができます。

会社によって様々ですが数年かかることもあれば数か月というパターンもあります。

アシスタントエンジニアというからにはレコーディングエンジニアに少し近づける存在になるでしょう。

ここでレコーディングエンジニアのアシスタントをしながら必要な経験やスキルを磨きます。

経験やスキルが認められれば晴れてレコーディングエンジニアにキャリアアップです。

アシスタントとしてコネクションを作っておくこともレコーディングエンジニアになるカギとなるでしょう。

 

リハーサルスタジオのスタッフから転職

 

音楽機材

 

レコーディングエンジニアになるにはリハーサルスタジオで経験を積むという方法もあります。

リハーサルスタジオではスタッフが音響機器を操作することもあるので転職の際にアピールポイントになります。

遠回りになるかもしれませんが未経験でもレコーディングエンジニアに転職するチャンスはあるのです。

 

レコーディングエンジニアの年収は?求人情報を元に紹介!

 

お金

 

音響機器に関する高度な知識や技術が必要なレコーディングエンジニアの年収はどれくらいなのでしょうか。

レコーディングエンジニアの年収を求人情報を元にご紹介します。

 

アシスタントの場合

 

レコーディングエンジニアになる前のアシスタントは多くの場合アルバイトとなります。

アシスタントの時給は求人情報を見ると900~1200円程度と差があります。

時給900円でフルタイムで働いた場合の年収は約170万円です。

そして1200円の場合では約230万円なので時給によって年収は多く異なります。

また時給制ではなく日給制の会社もあるので転職の際には給与をしっかり確認してください。

未経験でレコーディングエンジニアになるにはアシスタントとして就職する方法があります。

その際アルバイト期間もあるため、これまでよりも年収が下がる可能性も知っておいた方がいいでしょう。

 

アシスタントエンジニアの場合

 

アシスタントの次のステップのアシスタントエンジニアになると年収はどうなるのでしょうか。

アシスタントエンジニアは正社員や契約社員になれることも多いです。

求人情報ではアシスタントエンジニアの月給は15~18万円くらいが相場となっています。

そのため年収は180~200万円台前半となるでしょう。

しかし経験やスキルを積むことで、アシスタントエンジニアでも年収アップを目指すことができます。

 

レコーディングエンジニアの場合

 

レコーディングエンジニアの年収は600~800万円とされています。

アルバイトのアシスタントやアシスタントエンジニアの年収と比べても高いことがわかります。

それだけレコーディングエンジニアは高度な技術や経験が必要ということなのです。

レコーディングエンジニアは月給制ではなく出来高制を取っていることも多いです。

プロデューサーやアーティストからの依頼が多ければそれだけ年収も上がることになるでしょう。

プロのレコーディングエンジニアとして高い評価を得られれば1件につき数〇万円も可能なのです。

 

レコーディングエンジニアに資格は必要?

 

コーヒーを傍らにおいて勉強する人の手

 

高度な知識や技術が必要なレコーディングエンジニアですが働く上で必ず必要な資格はありません。

しかし自分の勉強のためやスキルアップのために資格を取得するのもいいでしょう。

資格があれば転職の時に必要な知識があるというアピールにもなります。

おすすめの資格は「ProTools技術認定試験」「サウンドレコーディング技術認定試験」です。

必ず必要な資格ではありませんがプロを目指すなら取得して損はしないでしょう。

 

未経験でレコーディングエンジニアを目指す人がやっておくべきこと

 

イヤホンの繋がったスマホ

 

未経験でレコーディングエンジニアを目指すのはスムーズにいかないことも多いでしょう。

しかし未経験でも努力次第で転職は可能です。

それでは未経験でレコーディングエンジニアを目指す人がやっておくべきことをご紹介します。

 

良い音を聞く

 

音響のプロとして音の調整をする仕事なので、音に対する感覚が求められるでしょう。

そのため日常的に良い音を聞いて音へのこだわりをもつことが必要です。

例えばイヤホンやヘッドホンにこだわったり、スピーカーで音楽を聞くのがおすすめです。

 

楽器について知る

 

レコーディングエンジニアが録音をするのはボーカルやコーラスの声だけではありません。

実際に演奏している楽器の録音を行いミキシングするのです。

そのため楽器の名称だけでなく演奏方法も知っておく必要があります。

これらを知らなければ仕事上で会話についていけなくなってしまうでしょう。

アシスタントとして働いている間に覚えることもできます。

レコーディング現場で飛び交う会話の意味を知ってこそプロのレコーディングエンジニアに近づくことができるのです。

 

最後に

 

夢に向かってジャンプ

 

今回はレコーディングエンジニアに未経験でなる方法をご紹介しました。

レコーディングエンジニアは高い知識や技術が求められるので未経験での転職は簡単ではないでしょう。

しかしアシスタントからキャリアアップを目指すという方法があります。

そこで経験やスキルを磨くことで次のステップに上がることができるのです。

未経験でレコーディングエンジニアを目指す人は転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントが未経験からレコーディングエンジニアになれる求人をご紹介します。

下積みが長くなるレコーディングエンジニアですが、転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

 

無料転職相談に登録して新たなステージへ踏み出そう

Geekly Media
ライター

レコーディングスタジオ

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。