1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Pythonエンジニアにプログラマー未経験でも転職できる?職種や求人例を紹介
携帯電話,パイソン,プログラミング言語

Pythonエンジニアにプログラマー未経験でも転職できる?職種や求人例を紹介

「未経験でPythonエンジニアになれる?」Pythonはプログラミング言語の中でも比較的習得ハードルが低く将来性もあるため、転職市場で高い需要があります。今回は未経験から転職するポイントや必要なスキル、求人例をIT転職のプロが解説します!

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

Pythonとは?

 

 

Pythonはオブジェクト指向と呼ばれるプログラミング言語のひとつで、数値計算、アプリケーション開発、AI開発など幅広い用途で利用できる汎用性の高さが特徴です。

その他データ分析、人工知能、機械学習など最新技術にも用いられることから、需要が高いプログラミング言語として周知されました。

ライブラリやフレームワークも豊富で、効率化と品質向上を実現できるという性質も持ち合わせます。

コードを1行ずつ翻訳するインタープリタ方式が採用されているために都度命令を処理・実行できるスピード感と、シンプルで分かりやすい点が人気を集め、将来性が高い分野で積極的に活用されていることも相まって今後の需要が見込まれるプログラミング言語です。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

未経験からPythonを学ぶ

 

 

業界でどのようなスキルが求められているかを把握したら、Pythonの習得にステップを進める段階です。

 

Pythonについて本格的に学ぶ

 

Pythonは文法がわかりやすく、文章量も少ないシンプルなプログラミング言語です。

書き方にもよりますが、他のプログラミング言語に比べて3割程度の文章量で済むこともあります。

また、マスターするまでの期間が短いため、プログラミング初心者でも短期間で大規模プロジェクトに関わるチャンスの可能性があります。

まずは第1歩を踏み出してみて損のないプログラミング言語です。

 

転職成功につながるプログラミング言語学習ポイント

 

Pythonは比較的学びやすいプログラミング言語ですが、難しいと感じる人もいるため油断は禁物です。

第1歩は趣味の範囲の独学からでも構いませんが、難しいと感じたら遠慮なくスクールに通う選択肢を検討してみましょう。

 

スクールの中には次のようなサービスもあります。

・オンライン授業対応

・オリジナルアプリ制作にチャレンジできる

・チャット質問サービスに対応している

 

特に体系的に学びたいエンジニア未経験者におすすめの方法です。

 

Pythonエンジニアの求人を紹介してもらう

 

 

Pythonエンジニアになるためにはエンジニア経験の蓄積も重要

 

 

未経験から活躍できるPythonエンジニアになるためには、実務経験の蓄積が欠かせません。

未経験からでもPythonのスキルを積むために、幅広くプログラミング言語を学びながらポートフォリオを充実させていきましょう。

 

エンジニアとしての経験を積む

 

Pythonについてある程度知識は持っているものの実務経験がない、という方はエンジニアとして経験を積む方法を模索してみましょう。

しかし、大手企業、人気企業は経験重視の採用戦略をとっていることがほとんどで、目安としては2~3年程度の実務経験が求められます。

1~2年程度の実務経験でも可能性がないわけではありませんが、企業に魅力的と感じさせる転職戦略が必要です。

 

また、Pythonに加えてその他のプログラミング言語スキルが必要な求人に応募する方法もあります。

未経験からPythonエンジニアになることは可能ですが、日本国内だとPythonに特化したエンジニア求人はまだまだ少ないのが現状です。

対してRuby・JavaScript・PHPなどのプログラミング言語だと利用者数・未経験可の求人案件数も多くあります。

Pythonと併用する機会も少なくないので応募を検討してみる価値は十分にあります。

 

転職成功につながるポートフォリオ作成ポイント

 

Pythonエンジニアに転職するために、職務経験を積みながらPythonスキルを示すポートフォリオ作成にチャレンジしてみてください。

最終目標はオリジナルのWebアプリ制作ですが、いきなりオリジナルに挑戦するのはハードルの高さを感じてしまうかもしれません。

そこで、志望している企業がリリースしているアプリやコードの模倣をファーストステップとしておすすめします。

 

例えば、絵画でステップアップを目的に名画の模写をする練習法があります。

アプリ制作も同様に模倣することで制作の進捗やどのような点に気を付ければいいのか、コツをつかみやすくなります。

慣れてきたらオリジナルアプリの制作に挑戦し、ポートフォリオを充実させていきましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

Pythonに携わる職種

 

 

データアナリスト

 

データアナリストは、膨大なデータを集計・分析して活用する専門家です。

業務内容は大きく「コンサル型」「エンジニア型」に分かれており、前者はデータから予測し仮説を立てる役割、後者は規則性を見出し品質向上に活用する役割を担います。

いずれも数学の素養、統計学やデータベースの知識、プログラミング言語の知識、分析ツールを扱うスキルが求められる仕事です。

 

 

データサイエンティスト

 

データサイエンティストは、予測モデルの構築と経営課題解決のための提案を担います。

高度な機械学習技術を用いて課題にアプローチするため、ハイレベルな知識が必要です。

業務改善や課題克服への貢献に意欲的で、コツコツ作業できる忍耐力やビジネスの基本知識、営業力も求められます。

 

 

機械学習エンジニア

 

コンピューターが自動で作業を行えるよう、機械学習アルゴリズムを開発し、実装、運用までを手掛けるのが機械学習エンジニアです。

データを収集し形を整え、最適なアルゴリズムの開発に役立てます。

Pythonの知識は必須で、R言語やJavaの知識、開発環境構築のためのツールを扱うスキルも欠かせません。

またデータ収集には、データベースそのものへの理解やSQL、セキュリティ、クラウドの知識も必要なため、関連の資格取得も転職の際に有効です。

 

 

ブロックチェーンエンジニア

 

ブロックチェーンエンジニアは、近年特に需要が高まる電子決済や通貨取引などで使われる技術を開発・活用する仕事です。

ブロックチェーン自体の開発、ブロックチェーン技術を用いたシステムやサービスの開発を手掛けます。

暗号技術に関する深い知識、適切なフレームワークを選定するための知識、また最新の情報をキャッチアップするための英語力があると役立つでしょう。

 

 

Webアプリケーションエンジニア

 

アプリケーションエンジニアのなかでも、Webブラウザ上で動作するアプリケーションの開発を手掛けるのがWebアプリケーションエンジニアです。

ユーザーが触れる部分を開発するフロントエンドエンジニアと、ユーザーからは見えない内部を開発するバックエンドエンジニアに分かれます。

開発工程において、主にコーディングから運用までを担う役割です。

 

 

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

未経験でもPythonエンジニアに向いている人の特徴

 

 

視野が広い人

 

プログラミング言語には記述方法のルールがあり、わずかなミスでもエラーが起こってしまいます。

ミスをしない正確さはもちろんですが、いざエラーが起こった際に即座に原因に気付く事ができる注意力も求められます。

テストのフェーズに携わる事もありますので、固定観念にとらわれず柔軟な発想でトラブルの原因を突き止める視野の広さを持っている人は適正があります。

 

論理的思考ができる人

 

IT分野の仕事において論理的思考は欠かせません。

四則演算、if文による条件分岐やループ処理を多用するため、数学の素養やロジカルシンキングは業務において役立ちます。

未経験であっても、勘や衝動で動くタイプよりは物事を筋道立てて考えられる人が向いています。

 

協調性がある人

 

開発プロジェクトのメンバーの一員として、コミュニケーションスキルは業務を円滑に進めるために必須です。

「誰が見ても分かりやすいコード」を書くといった気遣いがあると、重宝されるでしょう。

 

プログラムコードやIT技術に興味がある人

 

エンジニアは、プログラムの構造を理解する必要があります。

変数や構造に対する苦手意識があったり、そもそもIT技術全般に関心がない人は難しいでしょう。

自主的に新しい技術の知識をキャッチアップする力が求められますので、楽しんで情報収集できる人が向いています。

 

精神力・体力に自信がある人

 

プログラマーの仕事は、終わりが見えないような長時間労働になる場合があります。

納期が迫るなかで作業に集中するだけの精神力や根気が必要となるため、1つの事に打ち込んだ経験がある人は適正があると言えます。

未経験者は特に、困難な状況であっても忍耐力をもって乗り切った経験はアピールしましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

Pythonが活かせる領域

 

 

Pythonでできること

 

Pythonは使用領域の幅が広く機能が豊富、転職市場での需要も数多くあるプログラミング言語です。

Pythonが活かせる領域
  • Webアプリ/サービス開発
  • デスクトップアプリ開発
  • ゲーム開発
  • AI開発
  • ビッグデータ解析
  • 業務効率化

習得までのハードルも低くマスターするまでの期間が短いPythonですが、使い道はプログラミング言語の中でも特に幅広いです。

AIやビッグデータといった発展途上の技術分野でもよく使われているので将来性の面でもマスターしておきたいプログラミング言語です。

 

 

Pythonエンジニアの求人を紹介してもらう

 

 

未経験可のPythonエンジニア求人例

 

 

システムエンジニアの求人例

 

金融ビジネスや地域密着のプロダクト開発の支援、またFintech領域にも参入する大手地方銀行です。

金融機能の深化と地域金融の新たなモデル構築によるカスタマーエクスペリエンスの向上を中期的なビジョンに掲げます。

クライアントの意向に沿った民間企業向け業務システムの開発、自治体向けの大手ITベンダーのパッケージ開発、病院向けの電子カルテパッケージの導入・運用・保守などを担う人材が求められています。

 

【年収】

450万~800万円

【仕事内容・求められるスキル】

金融機関だけでなく、自治体、製造業、物流・流通業、建設業、サービス業などさまざまな業種に対しシステムの提案・設計・開発・導入・保守作業を行う。

クライアントの幅が広く手掛ける内容も多岐に渡るため、習得言語や志向といったこれまでの経験に応じたプロジェクトに参画できる環境。

チャレンジしやすい環境でプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーでの活躍を目指すことができる。

 

ゲームプログラマーの求人例

 

有名タイトルをはじめ、様々なゲームソフト開発に携わる企業です。

コンシューマーゲームのデザインにおいては高い制作実績を誇ります。

キャラクターからエフェクト、背景等、一気通貫で担っており、家庭用ゲームソフトの開発だけでなく、開発に必要なツール、ライブラリの作成も行っています。

 

【年収】

300万~500万円

【仕事内容・求められるスキル】

家庭用ゲームソフトのプログラミングを担う。またゲーム開発に必要なツール、ライブラリの作成業務も担当する。

iOS、Androidでのアプリ開発、サーバー構築、DB構築運用など幅広い業務がポジションが用意されており、経験や目指すキャリアで選択可能な環境。

 

Pythonエンジニアの求人を紹介してもらう

 

 

Python未経験の場合の具体的な学習方法

 

 

エンジニア未経験の方がPythonを効率よく勉強する方法はいくつかあります。

スクール通学とあわせて効率アップにつながる学習方法が次の4つです。

Pythonの効果的な学習方法
  • 書籍
  • 資格試験
  • Pythonの学習サイト
  • 動画配信サイト

 

Pythonエンジニアに役立つ資格

 

Pythonの学習で、特におすすめなのが資格取得チャレンジです。

Pythonエンジニアに役立つ資格をまとめました。

おすすめの資格
  • Python3エンジニア認定基礎試験
  • Python3エンジニア認定データ分析試験
  • PythonZen & PEP 8

 

特にPythonZen & PEP 8は、無料で受験できるためおすすめです。

Pythonの設計について記述されたイディオム集や、標準のコーディング規約が出題範囲のためPythonの基礎的な学習に非常に効果的だと言えます。

参考:PythonZen & PEP 8 検定試験概要


体系的な基礎知識の定着
ができるので、スクールでスキルに自信がついてきたら挑戦を検討してみてください。

学習サイト・動画配信サイトは有料学習サイトもありますが、個人が趣味の範囲で運営しているケースもあります。

基本をしっかりインプットした後であれば色々なパターンを学ぶ意味で有意義な学習となるでしょう。

 

書籍は初学者向けの入門書から、プロフェッショナルを志す人向けの難解なものまで幅広く出版されています。

教科書の用途で入門書を手元に置いておくなら基本の開発工程や基礎構文の例文・図が載っているものがおすすめです。

また、各ライブラリ・フレームワークに特化した入門書なども市販で購入できます。

 

Pythonエンジニアの求人を紹介してもらう

 

 

英語を学ぶとPython学習の効率アップ!

 

 

Pythonエンジニアとして十分なスキルを習得するために英語学習を取り入れると、より学習効率がアップします。

 

英語学習とあわせてPythonを学ぶ

 

プログラミング言語はほとんどが英語ベースです。

つまり、英語がわかればプログラミング言語の文法がわかっていなくてもある程度どのようなコマンドなのか推測できます。

 

また、Pythonはオープンソースなので内部・外部ライブラリや開発事例が国内外問わず豊富です。

特に外部ライブラリは文章量を20%程度に抑えられるものもあり、習得するとエンジニアとして大きくステップアップできます。

求人案件を見てもTensorFlow・NumPy・Django・Flaskなど、特定ライブラリを必要スキルとして記載している場合も多いです。

 

転職成功につながる海外サイト活用法

 

Pythonはスキルアップに役立つ学習サイトや個人ブログなど海外サイトも多くあり、英語がわかるとスキルアップの効率化が見込めます。

もちろん、今後技術の発展などで翻訳ツールの精度が上がることも考えられます。

 

しかし、ある程度英語が習得することで、高い技術を持った世界中のエンジニアとSNSなどを通じて交流できるというメリットもあります。

企業によっては英語で書かれた仕様書を取り扱うこともあるので、スキルとして邪魔になることはありません。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

Pythonエンジニアの需要と将来性

 

 

Pythonエンジニアを未経験から目指す事をおすすめする理由のひとつに需要の拡大があります。

先ほど少し触れたとおりPythonは人気があり、TIOBEの調査では数年かけて着実に順位を上げ現在はランキング首位をキープしているのです。(参考:TIOBE『TIOBE Index』)

 

将来性

 

需要が拡大する背景には、Pythonが用いられる分野の急成長があります。

例えば、AI・機械学習、ビッグデータ、Webアプリ・Webサービス開発、ネットワーク自動化などの分野です。

言い換えれば、これだけ多くの分野で用いられる凡庸性の高さが需要の高さにつながっているとも言えるのです。

上記の分野はIT業界においても特に今後さらなる成長が見込まれるため、Pythonを扱えるエンジニアは将来性があると考えられます。

 

Pythonエンジニアは高年収を目指せる

 

Pythonエンジニアの平均年収は540万円ほどどされています。

ITエンジニア全体の平均年収が約490万円と言われていますので、比較すると高い傾向にある事が分かります。

注目すべき点としては、Pythonエンジニアの平均年収は20代で400万円台、30代で500万円台、40代で600万円代と着実に推移するところでしょう。

経験を積む事でより市場価値の高いPythonエンジニアを目指す事も可能なのです。

年収を上げるためには、AIなどの最先端技術、マネジメントスキル、データ分析スキルを身に着けるためのキャッチアップを続ける事が欠かせません。

 

Pythonエンジニアのキャリアパス

 

Pythonエンジニアとして経験を積むことで目指せるキャリアパスには、より専門性を高める「スペシャリスト」、関連スキルを身に付ける「ゼネラリスト」、社内でのキャリアアップとして「マネジメント」の3つがあります。

 

AI・機械学習エンジニア

AI領域で活躍できる人材の市場価値は高まり続けています。特にIoTの分野は私たちの生活の身近な存在になりつつあります。

より専門性と需要が高まっていることで、機械学習エンジニアも注目されるようになりました。

いずれもPythonエンジニアとしてよりスペシャリストを目指すキャリアパスです。

 

データアナリスト

データ分析をもとに課題を抽出するスペシャリストです。Pythonが得意とするデータ分析と、それを可能にする適したライブラリへの理解が必須です。

マーケティングのスキルも求められます。

 

データサイエンティスト

データの収集・分析によって得た結果を経営に活かす仕事です。

データを扱えるだけでなく、戦略に活かす視点が求められるため、より経営層に近い考え方が必要となります。

 

ブロックチェーンエンジニア

ブロックチェーン技術に必要とされる膨大な計算もPythonの得意分野です。

特に「hashib」などのライブラリが活用できます。

 

フルスタックエンジニア

フロントエンドやインフラ構築といった関連スキルを磨くことで、ゼネラリストとしてひとりで開発の全工程を担うことができる人材を目指すことも可能です。

フルスタックエンジニアは市場価値が高い人材としても知られています。

 

プロジェクトマネージャー(PM)

マネジメント志向のキャリアパスとして、開発ディレクターやプロジェクトマネージャーなどが挙げられます。

ヒトや時間の管理、人脈形成など技術以外のスキルを磨く必要があります。

 

Pythonエンジニアの求人を紹介してもらう

 

 

転職エージェントはPythonエンジニアの求人も充実

 

 

Pythonエンジニアとして成長・スキルアップを図るなら「育てる」意識が強い企業を転職先に選んでみてください。

企業によってはPythonエンジニアの育て方に大きな違いがあります。

座学からの研修やOJTをしっかり行う企業もあれば、基本がわかっている前提で実践重視の企業もあります。

相性もあるため、自分の成長の仕方に合っている会社を見つけるのが大切です。

 

特に、エンジニア求人に特化した転職エージェントやエンジニア求人数の多い転職エージェントには登録をおすすめします。

転職エージェントの仕事は求人案件を紹介するだけではありません。

転職活動がうまくいくように総合的にサポートできるパートナーです。

業界情報を提供することもできるので業界研究・企業研究の知恵袋や相談相手としてぜひ、活用してみてください。

 

転職エージェントである株式会社ギークリーでは、IT・Web・ゲーム業界の求人を多数保有しております。

ご相談ベースからも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

携帯電話,パイソン,プログラミング言語

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事