1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 広告プランナーに転職する方法を紹介!必要なスキルや仕事内容は?求人事例を元に転職エージェントが解説
広告プランニング

広告プランナーに転職する方法を紹介!必要なスキルや仕事内容は?求人事例を元に転職エージェントが解説

Web広告の展開においては企画から実制作、クライアントとの折衝など実に幅広い仕事が存在します。その一連の流れを、円滑に進行させるためのディレクションを行うのが広告プランナーの役割です。この記事では、制作の現場において必要不可欠な広告プランナーの仕事内容や求められるスキルなどを解説。広告プランナーへ転職するためのポイントを詳しくご紹介します。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

広告プランナーとは

 

 

Web領域においたメディア戦略の企画立案から実制作の統括など、企業の広告戦略全般のディレクションを担うのが広告プランナーです。

コロナ禍の影響でwebでのサービス展開が拡大の一途を辿る中、自社製品・サービスを発信する上でweb広告の展開は必要不可欠となっています。

そんな中で広告プランナーは以下の役割を担います。

 

・クライアントが抱えている課題に対して最適な広告戦略を提案

・望む効果や予算、製品・サービスを鑑みた上でメディアの選定を行う

 

Web広告の多様化が進む中、企業の情報発信において最大の効果を生み出す広告戦略の策定を行う重要なポジションです。

 

 

広告プランナーの仕事内容

 

 

クライアントの製品・サービスを発信するためのメディア選定から企画立案、制作進行管理など広告プランナーが担当する仕事は多岐に渡ります。

全体の仕事を通じて、広告のプロフェッショナルとして専門的なスキルを駆使し、クライアントの成果に貢献することが主なミッションです。

 

ヒアリング

 

web広告を出稿するにあたっては、広告を用いて解決したい課題をクライアントにヒアリングすることから始まります。取り扱っているサービスや製品の詳細、メインターゲットの設定・分析、競合他社の状況といった現状把握が最優先です。

ヒヤリングで抽出したクライアントの課題を解決するために、広告のコンセプトや出稿メディアの選定、配信時期を検討して、戦略を練っていきます

 

広告戦略立案

 

ヒアリング内容をベースに、製品やサービスのデータ(購買層・ユーザー数・売れ行きなど)を分析した上で企画・戦略を立案します。

訴求したい内容やデザイン、キャッチコピーなどターゲットへどのようにアプローチしていくか、検討・構築するフェーズになります。

様々な形態をとるweb広告で一番効果的な内容を選定し、最適な広告戦略を組み上げていきます。

 

制作進行ディレクション

 

企画・戦略の策定後は、広告を形にするための実制作フェーズへ入ります。

制作進行のフェーズを専任で行うディレクターも存在しますが、広告の完成形を一番把握している広告プランナーが兼任で行うケースが多いです。

自分の思い描く広告を作り出すため、デザイナーやライター・カメラマンといったクリエイティブチームを指揮します。

 

広告運用・予算調整

 

展開した広告が最大の効果を生み出すため、適宜調整などを行う運用フェーズです。

広告の効果が予想を下回るような場合、デザインを含めた内容の見直しや予算配分の変更、配信スケジュール調整などの対応を行います。

PDCAサイクルを回しながら効果を最大化できるよう、クライアントが求める目標達成に向けて改善を繰り返していきます。

 

効果検証・クライアントへの報告

 

Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを用いながら、ユーザー数の測定など広告の効果検証を行います。

流入経路やどこで離脱したかといった解析結果を元に問題点をあぶり出し、検証・改善といったアクションに繋げる作業です。

広告掲載後の効果詳細をまとめ、クライアントへの報告を行ったうえで一連のプロセスが完了となります。

 

 

広告プランナーに求められるスキル

 

 

広告プランナーは広告企画の立案から制作に渡るまで広範なプロセスを担当するため、求められるスキルは多彩なものとなります。

広告プランナーとして活躍するために、身につけておきたいスキルを紹介します。

 

対外的なコミュニケーション能力

 

クライアントの課題を正確に捉え、解決する広告戦略をプランニングするのが広告プランナーとしてのメインミッションとなります。

要望を汲み取り、課題を解決するための提案やプレゼンを行うためのヒアリング能力は必要不可欠です。

またクリエイティブチームの運用やメディアとの交渉も重要なファクターとなります。

対外的なコミュニケーション能力は広告プランナーとして活躍するために必須といえるでしょう。

 

課題を解決するための発想力

 

広告の目的はターゲットとなるユーザー層の興味を喚起させ、クライアントの要望に応じたコンバージョンを達成させることです。

ユーザーの潜在意識を刺激し、目的に応じたアクションにつながる企画を生み出す柔軟な発想力が大切です。

最適なキャッチコピーやビジュアル、デザインを制作するためのアイディアがプランナーにも求められます。

 

ロジックを組み立てる思考力

 

広告は展開してはじめて、効果の度合を測ることができます。

根拠から仮説・結論に至るまで論理的に考え、実行するために必要なスキームを構築する論理的な思考力が求められます。

クライアントの製品・サービスの魅力を最大限発揮するために、適切な広告展開を行うロジックを構築することが成功への第一歩です。

 

トレンドをおさえる情報収集力

 

ターゲットの興味を引き付けて、製品の購入やサービスの登録などのアクションを起こすきっかけを作ることが広告の基本です。

そのため、ターゲットとなる人々が日々どんなものに興味・関心を抱くのかを正確に把握しておく必要があります。何がいまトレンドで、なぜ流行しているのかを突き詰め、時代の流れを察知する

そして、言語化して戦略に落とし込むことが広告プランナーとして必要なスキルです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

広告プランナーに向いている人

 

 

営業が得意な人

 

広告プランナーは社内外の人と関わり、ヒアリングする力が求められます。営業経験がある人や、営業が苦ではなく、むしろ楽しめる人が向いていると言えます。

実際に営業経験を募集要項とする企業もあります

顧客目線も求められるため、親身になって課題解決に取り組む姿勢は営業同様に欠かせない適性です。

 

好奇心旺盛な人

 

業界研究を怠らず、市場調査なども自身の興味の延長で行える人も適性があります。

新しい知識を取り込むことが好き、掘り下げて追及するのが好きという人は広告プランナーとして活躍できるでしょう。

 

淡々とこなすのが得意な人

 

広告プランナーに華やかなイメージを持っている人は続かないかもしれません。

日々の地道なコミュニケーションや、営業を続けることが大きな成果につながります。

ひとつの事をこなすのが得意、マイルールを設定したら必ず守るといった自分をコントロールする力がある人は、社内外問わず信頼を勝ち取ることができるでしょう。

 

 

広告プランナーの年収とキャリアアップ

 

 

広告プランナーの年収は平均約500万円とされていますが、勤めている会社の規模や経験年数に応じて大きな差が出ます。

職種の特徴として、スキルと経験に応じて金額が大きく変動する点があげられます。

有名企業の案件を手掛けた経験や、斬新なプランニングを提案できるスキルを持つディレクターは非常に貴重な存在です。

様々な企業から引き合いが多く、年収も上がりやすい傾向にあります。

 

広告プランナーのキャリアパス例

 

キャリアアップとしては、案件を統括するディレクタープロデューサーなど上級職へ昇進し、プランナーのマネジメントを行うケースなどがあります。

また、独立開業して自分のスキル一本で稼いでいくという考えを持っているプランナーも多くいます。

他の職種と比較しても手掛けた実績や自分自身のスキルによって、自分で理想のワークスタイルを確立することができる職種といえます。

 

 

広告プランナーの転職市場状況

 

 

最近のコロナ禍の影響により、自社製品やサービスの発信においてWEBを活用する企業が増加しています。

こうした中で適切な広告戦略を提案できる広告プランナーは非常に求められている職種です。

特にプランニングからディレクション、効果測定までワンストップでできるプランナーはどの企業からも引く手数多な状況が続いています。

人気の高まりを受けて、未経験でも自社で育成することを前提に採用を行う企業も増加しており、転職の間口としては比較的ひらけています。

 

広告プランナーの求人を紹介してもらう

 

 

未経験から広告プランナーになる方法

 

 

マーケティングの知識を学ぶところからスタート

 

広告業も未経験者であれば、まずはマーケティングの基礎から学びましょう。

現職における販売戦略に置き換えても構いません。

広告プランナーとして企画を打ち出す際に役に立ちます。

 

過去の制作実績やディレクション経験があればアピールする

 

別の業界であっても、制作実績がある場合は積極的にアピールすると良いでしょう。

複数ある場合は、希望する企業により関連が深いと考えられるものを優先的に絞って伝えます。

また、ディレクション経験はどの業界であっても優遇される場合もあります。

 

広告プランナー業で役立つ前職のスキルを伝える

 

広告プランナー業の基本となる考え方は「自社のサービスや商品をユーザーにより良いものとして伝える事」です。

前職や現職でこのように考え、行動した経験があればアピールポイントになります。

自社に対する理解を深められること、伝え方の工夫が出来ることがいかに転職先で役立つか、改めて自身の言葉で説明できるように整理しておきましょう。

 

 

広告プランナーへの転職は転職エージェントを使うべき?

 

 

広告プランナーの転職は、各求人サイトを活用するか転職エージェントを利用することが一般的です。

求人サイトを利用する場合、自分で数多くの求人から希望にマッチした企業を探すことができますし、自分のタイミングで動くことができるのも大きなメリットです。ですが面接対策や企業・業界研究など自分で調べて行う必要があるため、手間がかかってしまうデメリットもあります。

 

対して転職エージェントは希望条件に合った最適な企業を選定してくれるため、手間を省いたスピーディな転職活動が可能となります

また条件の交渉や企業分析、面接対策など幅広くサポートしてくれるため、効率的に動くことができるのが大きなメリットです。

自分にあった転職先をプロのエージェントが客観的に判断し、あなたの転職活動を成功へと導いてくれます。

 

広告プランナーの求人を紹介してもらう

 

 

広告プランナーへの転職を成功させるための3つのポイント

 

 

あなたが広告プランナーへの転職を目指すにあたって大切な3つのポイントを解説します。

 

アピールポイントを作る

 

「このスキルは他の人に負けない」という、確固たる自信があるポイントをアピールしましょう。

顧客やチームとのコミュニケーションや調整能力、訴求力が高い広告を生み出す発想力など、多くのスキルが求められます。

全てを兼ね備えることはなかなか難しいですが、一つでも自信をもってアピールできるスキルがあれば、活かして活躍することは十分可能です。

 

仕事内容と職場環境を把握する

 

企業によっては広告運用全てをワンストップで任せるところもあれば、フェーズごとの分業制の企業もあり、カラーは千差万別です。

自分のやりたいことが明確であれば、そこを重点的に任せてくれる企業を選ぶことが重要です。

また自分のペースで働けるかどうか、残業時間や休日など職場環境の事前調査もできる限り行うことが理想的です。

 

数年後の目標を設定する

 

入社後の目標を明確に持つことが広告プランナーとして活躍するためには大切です。

ディレクターやプロデューサーへのキャリアアップを目指す道もあります。

ライフスタイルに合わせた働き方を目指して独立するなど、柔軟なキャリアを歩めることも広告プランナーの特徴の一つでしょう。

転職して道に迷わないよう、数年後の自分がどうありたいかを具体的にイメージすることが大切です。

 

 

広告プランナーの求人例

 

 

広告プランナーへの転職は何らかの広告業界での勤務経験を求められることが多いですが、未経験でも応募が可能な求人もあります。

以下は広告プランナーに転職する際に求められる要件の実例を紹介します。

 

歓迎スキル

 

・広告企画・運用

・広告などのクリエイティブ制作

・デジタル広告の企画・運用などの業務経験

・WEBマーケティング

・プレゼン資料や提案書の作成

 

人物像

 

・企業の課題解決に主体的に取り組める方

・難しい課題でも前向きに楽しんで取り組める方

・チームで業務を進めることに充実感を感じる方

・流行をキャッチし、柔軟な発想ができる方

 

 

まとめ

 

広告プランナーの具体的な仕事内容、転職する際のポイントについて紹介しました。

WEBでの情報発信が注目されている現在、広告プランナーの需要は今後も伸びていくことが予想されています。

求められるものが多い職種ですが、それだけに自分自身をより成長させるチャンスが多くあります。

身につけたスキルと経験を活かしたいと考えている方は、ぜひ転職エージェントにご相談してみてください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

広告プランニング

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事