1. HOME
  2. Geekly Media
  3. インフラエンジニアの転職求人情報を紹介!設計や保守系の求人例は?知っておきたい年収・必要スキルも解説

インフラエンジニアの転職求人情報を紹介!設計や保守系の求人例は?知っておきたい年収・必要スキルも解説

インフラエンジニアに対しての需要が高まるにつれて、インフラエンジニアに対して興味のある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。今回このコラムでは設計系の方も保守系の方についても求人例や年収について解説していきます。さらに、必要なスキルについても解説しますので転職の際の参考にしていただけますと幸いです。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

インフラエンジニアの転職状況

 

パソコン

 

近年、AI・IoT・機械化・SIer・クラウドシステムを徐々に企業が導入していることや人材不足による工場や企業の機械化が進んでいます

システム化が進むとシステムの設計・開発・保守が必要となります。インフラエンジニアの出番が増えるため求人需要は増加しています。

 

インフラエンジニアの転職は転職エージェントを活用すべき?

 

プログラマー

 

インフラエンジニアの転職を考えた際、自分自身で転職サイトを活用し転職活動をするべきか転職エージェントを使うべきか悩みます。

この悩みには答えがありません。どちらもメリットとデメリットがあるからです。

転職サイトを活用する場合は自分のタイミングで転職活動ができるのがメリットです。

どういった転職先があるか、時間をかけてじっくり確認するのには転職サイトがおすすめです。

転職エージェントを利用するケースは転職活動をできるだけスピーディに進めたい場合や、未経験で転職でも条件をより良くしたいといった場合です。

転職サイトを使うった場合、条件交渉は自分自身で行う必要があります。

しかし転職エージェントはこうした交渉事を任せられるのはもちろん、条件交渉のノウハウも豊富に持っています。

転職サイトの場合は企業の条件提示にそのまま同意することがほとんどですが、転職エージェントなら条件交渉が可能なのです。

また未経験で転職する場合、転職エージェントを活用することで転職企業先の企業へうまくこれまでのスキルや経歴をアピールしてくれます。

さらに条件交渉も間に入ってくれるため、効率よく転職活動を進めることができます。

また誰しもが苦手とする自分の「客観視」も、転職エージェントがいれば可能でしょう。自分に合う転職先が見つけやすくなります。

 

インフラエンジニアの求人例(経験者の場合)

 

書類

 

設計と保守系のインフラエンジニアの実際の求人例について紹介します。

インフラエンジニアの転職求人は未経験者と経験者で条件が異なります。

ここでは、経験者の転職求人に掲載されている条件について紹介します。是非参考にしてください。

 

設計

 

・WindowsやLinuxで仮想サーバー環境の導入経験

・システム開発やサーバー・ネットワークに関する何かしらの業務経験

・インフラの設計や構築経験

・インフラ案件に従事経験

・サーバーの設計や構築経験

 

保守系

 

・インフラエンジニアとしての実務経験

・ネットワークやサーバの運用・リプレイスの経験

・Java・COBOLの開発の経験

・サーバー監視の経験

 

インフラエンジニアの求人例(未経験者の場合)

 

インフラエンジニアの転職は経験者のみを募集していることがありますが、実際は未経験者可能な求人があります。

ここではインフラエンジニア未経験者がインフラエンジニアに転職する際に求められる要件の実例を紹介します。

 

設計

 

・独自にシステム構築をした経験

・サーバーについての知識

・サーバーやシステムについて根気強く学ぶ熱意

 

保守系

 

・プログラミングを独学した経験

・粘り強く取り組む姿勢

・チャレンジ精神が旺盛な方業界、運用保守、設計構築

 

無料転職相談に登録してインフラエンジニアとして働こう

 

インフラエンジニアの転職で注意すべき3つのポイント

 

ポイント

 

インフラエンジニアへ転職する際に注意すべきポイントが3つあります。

 

自分の目的と目標を明確化する

 

インフラエンジニアへ転職するために自分の目的と目標を明確化しましょう。

インフラエンジニアへ転職する人の多くは、キャリアパスや目標がはっきりしていますが、目的や目標が曖昧なまま転職する人がいます。

自分の目的や目標が明確化されていないと転職に成功したとしても、仕事が覚えられないなどの場面に直面するとまた転職を考えてしまいます。

目的や目標がないと仕事に対しての熱意がなく、活力が生まれないため仕事への取り組み方が中途半端になり周りに迷惑をかけてしまうことがあります。

転職を検討し始めた際になぜ転職したいのか転職先で何を成し遂げたいのか、転職先にどう貢献したいかなどは明確にしておくことが大切です。

 

転職を希望する職場の労働環境を確認する

 

転職を考えたら始めに転職先の労働環境がどうかを確認するべきです。

事前にネットや転職エージェントから転職先の労働環境について話を聞いておくことをおすすめします。

また面接に伺った際近くにいる職場の方にお声掛けして、働いていてどうか・働いてよかったことなどを聞いておくとベターです。

 

契約条件をしっかりと確認する

 

転職先が決まったら契約時点で契約書の内容をしっかりとチェックしましょう。

働いた後に面談で聞いた条件と違うとなればトラブルになるケースがあります。

契約書に記載されていることをしっかりと確認し、契約時点で採用担当者と労働条件や給料などについて確認をすることで後々のトラブルが防げます。

 

インフラエンジニアの転職前にすべきこと

 

ビジネスマン

 

インフラエンジニアの転職前にやるべきことがあります。転職活動はまず自分自身のスキルや強みを再度確認することが大切です。

しっかりと確認することで履歴書のアピールポイントを整理することができます。

また転職活動を始める際には、おおよそのスケジュールを立てておくとスムーズです。

 

自分自身のスキルや強みをチェック

 

転職活動は履歴書や経歴書を提出します。また書類選考が通過したら面談に挑みます。

どちらも自分自身のスキルや強みをしっかりと認識することで、採用側へ明確なアピールをすることができます。

 

履歴書のアピールポイントを再チェック

 

次に履歴書のアピールポイントを再チェックします。

履歴書のアピールポイントの注意点は、自分自身のスキルや強みをただ述べるだけでないようにしましょう。

大切なことは転職先の企業にどのようなメリットをもたらすのか、どういう効果が見込めるかを織り込むことです。

 

転職に向けたスケジュール

 

カレンダー

 

転職活動を始めた際に注意すべきは、転職に向けたスケジュールを計画しておくことです。

転職先が決まったら現在の職場で引継ぎをしなければなりません。

もしも、途中のプロジェクトやプロジェクト後のフォローが必要なクライアントがいる場合、後任に内容を説明し引継ぎを行う必要があります。

現在の職場の仕事を疎かにすると転職先から職場評価の確認があった際に評価を下げてしまいます。

 

インフラエンジニアの年収

 

お金

 

インフラエンジニアの年収は、経済産業省が平成29年8月21日に公表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査」に掲載されています。

設計系インフラエンジニアは、平均年収が778.2万円です。

保守系インフラエンジニアは平均年収が592.2万円です。

あくまでも平均年収ですが収入アップを目指すなら設計系インフラエンジニアがおすすめです。

 

インフラエンジニアに必要なスキル

 

スキル

 

インフラエンジニアに必要なスキルはサーバーやネットワークに関する知識、根気強さとコミュニケーション能力です。

 

サーバーやネットワークに関する知識

 

インフラエンジニアは、設計や保守の業務においてサーバーやネットワークに関する知識が不可欠です。

設計を行う上で様々な機器のスペックや機能・役割を理解しておくことが大切です。

OS・ソフト・インストール方法や設定についての知識、システムのセキュリティについても知識がなければ仕事を進めることができません。

 

根気強さ

 

インフラエンジニアは、根気強さが必要です。システム構築はすぐにできることがほとんどなく、計画を綿密に立てて計画に沿って構築します。

保守は問題が発生してもすぐに解決できるものばかりではなく、中には原因がわからず時間と労力を必要とすることがあります。

このような場合、根気強く着実に作業や問題解決に取り組む必要があります。

 

コミュニケーション能力

 

インフラエンジニアはコミュニケーション能力が必要です。

パソコンに向かって作業をするだけのイメージがありますが、実際はクライアントのニーズをしっかりと把握することが重要です。

問題点を確認するためにコミュニケーションスキルが必要になります。

また、サーバー障害などの問題が発生した際、修復が完了したらクライアントへ報告と応急処置について話をします。

コミュニケーション能力がないとうまく伝えることができないため、問題が解決しません。

 

未経験でインフラエンジニアの転職で成功するためには

 

成功

 

未経験でインフラエンジニアへ転職を希望する人は少なくありません。

ただし未経験でインフラエンジニアに転職し成功するためにはあらかじめ準備しておくべきことがあります。

それはサーバーやネットワークに関する知識やセキュリティに関する知識を取得することです。

インフラエンジニアは長く働いているだけで給料があがるわけではありません。技術や知識が豊富であるほど重宝されます。

未経験でインフラエンジニアにチャレンジするためには予め得られるだけの知識を学習しておくと良いでしょう。

下準備をすることで実際に仕事が始まってからの習熟度に差がでます。

 

インフラエンジニアの転職で失敗する例

 

失敗

 

インフラエンジニアの転職で失敗する例があります。

インフラエンジニアの方で転職を考えている場合、どのような失敗があるか気になります。

ここからはインフラエンジニアの転職で失敗例の紹介です。

 

目的がない

 

まず転職する際に何気なく今の職場が嫌になった、人間関係が合わないから仕事を変えたいと転職を考えることもあるでしょう。

人間関係は複雑な問題なのでこうした理由は転職の大きな動機になり得ますが、今の環境から逃げたいだけでは焦りばかりが先に立ってうまくいきません。

人間関係を変えた結果、インフラエンジニアとしての活躍にどういった広がりが出るのか。そこまで考えると良いでしょう

 

職場環境を変えたいだけ

 

職場環境をただ変えたいだけで転職するケースも同様です。

自分が変わろうとせず周りだけを変えようとしても、転職はうまくいきません。

特にインフラエンジニアはの仕事は環境に左右される要因があまり多くないでしょう。

職場環境を変えたいならまず転職より最初に現在の職場環境をどう変えるか、自分がどう変わるかを試してみることをおすすめします。

 

インフラエンジニアの転職にチャレンジしよう

 

挑戦

 

インフラエンジニアの転職は、キャリアップや年収アップのプラス面や自分のスキルを向上させるなどのメリットがあります。

しっかりと将来のキャリアパスが描けていて転職を希望する職場をしっかり調べたら、転職にチャレンジしましょう。

 

無料転職相談に登録して憧れのIT業界へ転職しよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事