1. HOME
  2. Geekly Media
  3. アプリケーションエンジニアに未経験で転職する方法を解説!必要なスキルや学習方法は?求人情報を元に紹介
たくさんのアプリケーションのアイコンが表示されたスマホを持つ手

アプリケーションエンジニアに未経験で転職する方法を解説!必要なスキルや学習方法は?求人情報を元に紹介

アプリケーションエンジニアの仕事は需要が高く、エンジニアの実務経験を持つ人が転職することが多い職種です。しかし、経験がなければアプリケーションエンジニアになれないかといえばそんなことはありません。転職エージェントが未経験からアプリケーションエンジニアに転職する方法や必要スキルを解説します。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

アプリケーションエンジニアの需要

 

 

アプリケーションエンジニアは需要の高い職種です。

エンジニア業界自体が常に人材不足なこともあり、未経験からアプリケーションエンジニアを目指す人にもチャンスがあるといえます。

SNSやネットショッピング・ECサイトなどWebアプリの新サービスも次々に登場しています。

今後もアプリケーションエンジニアの需要がなくなる可能性は少ないといえるでしょう。

キャリアパスを考えた場合にも、アプリケーションエンジニアを経験しておくことはメリットといえます。

ITエンジニアのキャリアパスは、スタートが「インフラエンジニア」か「アプリケーションエンジニア」かで大きく変わります。

最終キャリアにプロジェクトマネージャーITコンサルタントへの転職を考えるエンジニアは多いのではないでしょうか?

その場合はアプリケーションエンジニアからスタートした方が、人によっては早く到達できるかもしれません。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

アプリケーションエンジニアの種類

 

スマホに表示された様々なモバイルアプリケーションのアイコン

 

一口にアプリケーションエンジニアといっても、プログラミング言語やプラットフォーム、必要とする知識によって3種類に分けられます。

 

Webアプリケーションエンジニア

 

カレンダーや動画アプリなど、主にWebブラウザ上で動作するアプリケーションを開発するエンジニアです。

その中でも2つの職種に分かれ、1つはユーザーの目に直接触れる部分の開発を行うフロントエンドエンジニアです。

もう1つはサーバーやデータベース関連など裏側の開発をするサーバーサイドエンジニアで、それぞれ扱う言語や必要な知識が異なります。

 

業務系アプリケーションエンジニア

 

会計システムや販売管理システム、人事システムなど「企業の業務効率化」のためのアプリケーションを開発するエンジニアです。

券売機や銀行ATMなどの社会インフラや金融系の基幹システムの開発など大規模なプロジェクトに携わることもあります。

 

モバイルアプリケーションエンジニア

 

ビジネス用アプリケーションやSNS、モバイルゲームなどスマートフォンで動作するアプリケーションを開発するエンジニアです。

iOSAndroidなどのプラットフォームに合わせて様々なジャンルのアプリケーションを開発します。

スマートフォンの普及によりモバイルアプリケーションの開発エンジニアは需要が高まっています。

 

アプリケーションエンジニアの平均年収

 

アプリケーションエンジニアの平均年収は約566万円で、ITエンジニア全体の平均年収である約490万円と比較すると高い傾向にある事が分かります。

ただし全体の給与幅は広く、勤務先やスキル・経験によって給与に差があると言えそうです。

例えば仕事の条件別給料で比較的高水準の条件にあたるMySQLやPythonは、主にWeb系や業務系で重宝されるスキルです。

そこで、次の項目ではアプリケーションエンジニアの分野ごとに詳細を確認してみましょう。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

アプリケーションエンジニアに求められるスキル

 

 

それぞれの分野のアプリケーションエンジニアに求められるスキルを、実際に出された求人情報を元に解説します。

 

Webアプリケーションエンジニアに求められるスキル

 

<求人情報1 〜Webシステム・アプリ作成会社〜>

職種:サーバーサイドエンジニア

給与:年収300万円~500万円

仕事内容:Webシステム・スマートフォンアプリ・自社プロダクトの開発

応募資格:PHPかRubyでのWebシステム開発経験(実装業務経験)

歓迎スキル:フレームワーク(CakePHP、Laravel、Ruby on Rails)の業務経験

求める人物像:コミュニケーション能力が高く、能動的な方

 

Webアプリケーションエンジニアに必要なスキルは、フロントエンドかサーバーサイドかで異なります。

サーバーサイドエンジニアに必要なプログラミング言語やスキルは以下になります。

 

・Ruby

・PHP

・Python

・ライブラリやフレームワークのスキル(React・Ruby on Rails・Laravelなど)

・データベースソフトを扱うスキル(MySQL・Oracle・SQL serverなど)

 

サーバーサイドエンジニアは上記のプログラミング言語スキルは必須です。

加えて、それらの言語でよく使う機能を使いやすいようにまとめたフレームワークライブラリを使いこなすスキルが必要になります。

サーバーサイドの処理はデータベースと連動するものが多いため、データベースの知識やデータベースソフトのスキルも必要でしょう。

一方でフロントエンドエンジニアに求められるスキルはどんなものでしょうか?

 

<求人情報2 〜Webサイト制作会社〜>

職種:フロントエンドエンジニア

給与:年収400万円~820万円

仕事内容:Web集客のためのLPO、自社サービス開発、HTML・CSS・JavaScript・jQueryを用いたWebサイト作成

応募資格:JavaScript・HTML5・CSSの実務経験

優遇スキル:jQuery・PHP・Python・SQL、Android・iOSアプリ開発・Wordpress(いずれか1つでも優遇します)

 

フロントエンドエンジニアには以下のようなプログラミング言語やスキルが必要になります。

 

・JavaScript

・HTML

・CSS

・UI/UX

・CMS構築スキル

・ライブラリ(jQueryなど)

・フレームワークのスキル(AngularJS・Vue.jsなど)

 

フロントエンドエンジニアはユーザーが直接目にする部分を開発しますので、ユーザーが使いやすいように構築するUI/UXのスキルが必要です。

UI/UXを考慮したサイト・システム構築をすれば視認性・操作性に優れたものが出来上がります。

また、最近では一から開発しなくても手軽にサイトを作れるCMSでサイト構築することも増えています。

WordPressのようなCMSを使いこなすスキルも必要になるでしょう。

 

業務系アプリケーションエンジニアに求められるスキル

 

<求人情報 〜システム開発会社〜>

職種:業務系アプリケーションエンジニア

給与:年収300万円~450万円

仕事内容:業務システム・基幹システムの開発

応募資格:C・C#・C++・COBOL・PHP・Pythonなどでの開発経験(これらの言語以外の開発経験でもOK)

優遇スキル:Javaの開発経験

歓迎スキル:IPA資格(基本情報処理技術者試験、応用情報技術者試験)

 

求人情報からも分かるように、業務系アプリケーションエンジニアに必要なスキルやプログラミング言語は以下になります。

 

・Java

・PHP

・C言語

・C++

・C#

・VB

・IDEの知識

 

求人情報では求められていませんが、業務系アプリケーションエンジニアにはIDE(統合開発環境)の知識は必要になります。

IDEを簡単に説明すると「プログラム開発に必要なもの全てが詰め込まれた開発環境」のことです。

IDEを使えばエンジニアの負担を減らしてシステム開発できますので、開発規模が大きい業務系アプリケーション開発によく使用されます。

 

モバイルアプリケーションエンジニアに求められるスキル

 

<求人情報 〜スマートフォンアプリ開発会社〜>

給与:年収350万円〜750万円

仕事内容:iOS/Androidアプリケーション開発における「設計」「プログラミング」「ユニットテスト」

応募資格:「iOS(Swift/Objective-C)、Android(Kotlin/Java)を用いた1年以上の開発経験」「iOS・Androidの特性の理解」

優遇スキル:「MVC/MVVMなどアーキテクチャを使用した開発経験」「OSSを用いた開発経験」「スクラッチ開発の経験」など

 

モバイルアプリケーションエンジニアには以下のようなスキルが求められます。

 

・iOS用のプログラミング言語(Objective-C・Swiftなど)

・Android用プログラミング言語(Java・Kotlinなど)

・React Native

・OSの知識

 

特にこれからは、iOSとAndroid両方のプラットフォームで動かせるフレームワークReact Nativeを使いこなせるエンジニアが重宝されるでしょう。

 

 

アプリケーションエンジニアに向いている人の特徴

 

 

どの分野のアプリケーションエンジニアにも共通して求められるのがコミュニケーション能力論理的思考力です。

「エンジニアにコミュニケーションスキルが必要なの?」と思う人がいるかもしれませんが、得意なエンジニアは重宝されます。

クライアントのニーズを汲み取ったり、チームメンバーや他部署と連携して効率よく作業を進めるにはコミュニケーション能力や柔軟な思考が不可欠です。

また、「なぜそのプログラミングにしたのか」「なぜその機能を実装したのか」を説明したり、課題解決する際には論理的思考力も必要です。

エンジニアが論理的に説明できればチーム内での意思疎通がスムーズになり、結果的に作業が効率化されるでしょう。

常に作業の効率化を考えられる人も適性があると言えます。

また、人を喜ばせたい、社会貢献がしたいという気持がモチベーションにつながる資質を持っている人もアプリケーションエンジニアとして活躍できる人の特徴として挙げられます。

 

【完全無料】仕事タイプ診断で自分に合う職場を調べてみることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけで、職場選びの軸がわかる「IT人材 仕事タイプ診断」を展開しております。

現在の職種と年齢、希望勤務地、簡単な質問に答えることで、自分の価値観に合った職場環境や仕事のスタイルを知ることができる診断コンテンツです。

 

完全無料で診断結果を閲覧できるだけでなく、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、自分に合う会社がわからない、見つからないとお悩みの方は是非ご活用ください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

アプリケーションエンジニアにおすすめの資格

 

光のネットワークの球体とPCのキーボードを打つ手

 

アプリケーションエンジニアになるのに特別な資格は必要ありません。

しかし、未経験から転職を成功させるには資格を取得しておいた方が有利な場合もありますので、確認しておきましょう。

 

未経験者はITパスポートから取得しよう

 

IT業界未経験からアプリケーションエンジニアを目指す場合は、まず業界の基礎知識を身につけることをおすすめします。

その基礎知識を習得するためのおすすめ資格がITパスポートです。

IT業界の経営全般からセキュリティ・ネットワーク、プロジェクトマネジメントまで幅広い基礎知識が身につきます。

また、AI・ビッグデータ・IoTなどの新しい技術や、アジャイルなど新しい手法の知識も網羅している試験です。

ITパスポートを取得すればIT業界で働くための一通りの基礎知識は身につくでしょう。

 

C言語プログラミング能力認定試験

 

主に大規模システムの開発に使われるC言語のスキルを証明できる資格です。

アプリケーションエンジニアの中でも業務系アプリケーションエンジニアを目指すなら取得しておくことをおすすめします。

1級〜3級まであり、2級以上を取得すれば対外的にスキルのアピールもできます。

1級を取得すればC言語プログラマーとして企業や転職先からの信頼も厚くなるでしょう。

 

Javaプログラミング能力認定試験

 

プログラミング言語「Java」のスキルを証明できる資格で、1級〜3級まであります。

Javaは広く使われている言語であり、他の言語で書かれたプログラムであってもJavaで調整できるという互換性の高い言語です。

企業から求められることも多い言語のため、未経験者が早い段階で身につけておくとエンジニアとして仕事の幅が広がるでしょう。

特に業務系アプリケーションエンジニアを目指すのであれば取得しておくことをおすすめします。

 

システムアーキテクト試験

 

経済産業省管轄の情報処理推進機構が主催する「情報処理技術者試験」の1つです。

かなり難易度が高い試験のため、どちらかというと「ある程度キャリアを積んだエンジニア」が目指す資格といえるでしょう。

要件定義・外部設計などシステム開発の上流工程を担当するエンジニアが対象になります。

IT人材として非常に高いスキルを持っていることの証明になるばかりか、資格手当を設けている企業もありますので年収アップも期待できます。

また、中小企業診断士や弁理士など他の国家資格の試験の一部を免除されるというメリットもあります。

 

Android技術者認定試験

 

Androidのアプリケーション・プラットフォーム開発ができることを証明するスキルです。

Android技術者認定試験には2種類あります。

未経験からモバイルアプリケーションエンジニアを目指すなら、まず「アプリケーション技術者認定試験」の方を取得しておきましょう。

余裕がある人は「プラットフォーム技術者認定試験」も取得しておくとベターです。

どちらもAndroidのアプリケーション開発には必要な知識なので、両方取得していれば市場価値も高まるでしょう。

 

App Development with Swift

 

Apple社が発表したオープンソースのプログラミング言語「Swift」のスキルを証明できる資格です。

SwiftはMac・iPhone・iPad・Apple Watchなど、さまざまなApple製品向けのアプリケーション開発に使われます。

プログラミング言語の中でも比較的書きやすい言語であり、初心者でも学習しやすいのがSwiftの特徴です。

未経験からアプリケーションエンジニアを目指すなら、この資格の勉強を通じてSwiftを習得しておいても良いでしょう。

ただ、現時点で英語版の試験しか受けられない点では難易度が高い資格といえます。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

未経験でもアプリケーションエンジニアになれる?

 

 

未経験からアプリケーションエンジニアになるのは可能です。

最近では経験不問の求人もありますし、入社後の研修制度が整っている企業もあります。

ただし、アプリケーションエンジニアへの転職者の約7割がエンジニア経験者というデータがあることは無視できません。

未経験からの転職は可能ですが、基礎的な知識の勉強と転職に対する万全の準備・対策が必要になるでしょう。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

アプリケーションエンジニアに未経験で転職する方法

 

 

アプリケーションエンジニアに転職するには、以下の3つのステップを踏みましょう。

 

プログラミング言語の習得・アプリケーション作成

 

まず、アプリケーションエンジニアに必要な言語を1つでもいいので扱えるように勉強しましょう。

そして、その言語を使って何かしらのアプリケーションを作ってみることです。

リリース目的のものではありませんので、どんな簡単なものでも構いません。

設計」、実際にプログラミングする「製造」、動作を確認する「テスト」の工程を一通り体験してみることが大切です。

インターネット上には自作アプリを作るための解説サイトがたくさんありますので、そのようなサイトを参考に1度作ってみましょう。

 

研修制度が充実した企業を探す

 

アプリケーションエンジニアの求人は実務経験を必要とするものが多いですが、未経験OKの求人もゼロではありません。

そのような企業では未経験者を育て上げるための研修制度が充実している場合が多いです。

研修制度が整っている企業に転職できれば、入社数ヶ月の研修で基礎スキルは身につけることができます。

ただし、採用時点で何か1つでもプログラミング言語の知識は持っておいた方が有利ですので、勉強しておく方が良いでしょう。

 

転職エージェントを活用する

 

未経験からアプリケーションエンジニアに転職するには、IT業界に強い転職エージェントを活用することをおすすめします。

先述の研修制度が充実した企業も、自力で見極めるのはなかなか難しいものです。

転職エージェントであればそのような企業とマッチングできるうえに、転職準備についてもアドバイスできます。

一人一人に寄り添いながらサポートしてくれる転職エージェントの力を活用すれば、希望の職種に転職できる可能性が高まるでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

アプリケーションエンジニアになるための勉強法

 

コーヒーを傍らにおいて勉強する人の手

 

未経験からアプリケーションエンジニアになるには、あれもこれも勉強するという方法はあまりおすすめできません。

まずは、自分が業務系・Web・モバイルのどの分野のアプリケーションエンジニアになりたいかを決める方が良いでしょう。

そして、その分野の開発に必要なプログラミング言語を集中的に勉強することです。

お金をかけずに学びたいなら、書籍やProgate・ドットインストールなど無料のオンライン講座を活用しましょう。

YouTubeで勉強したいプログラミング言語を検索すれば、現役エンジニアが基礎知識から教えてくれる有益な動画もたくさんあります。

お金をかけてでも短期間で効率的・体系的に学びたいならスクールで勉強がおすすめです。

CodeCampやTECH CAMPなど、マンツーマンでプロの講師に学べる有料スクールを利用するのも良いでしょう。

ご自身の勉強のペースやライフスタイルに合うものをチョイスしましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

IT業界のキャリアをアプリケーションエンジニアから始めよう

 

IT業界ではエンジニア不足が続いており、未経験者を採用してくれる企業も少なからずあります。

未経験から目指すなら、業務系・モバイル・Webの中から自分が興味のある分野に絞って勉強すると良いでしょう。

興味だけでなく将来性も見極めることも大事です。

モバイルアプリケーションの開発を手掛けるスタートアップ企業やITベンチャーも増えています。

アプリケーションエンジニアを目指すなら、需要の高いモバイルアプリケーションエンジニアに的を絞るのも1つかもしれません。

アプリケーションエンジニアとしてキャリアを積めば、より年収の高いITコンサルタントなどのキャリアパスもあります。

IT業界への転職を考えるなら、アプリケーションエンジニアからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

アプリケーションエンジニアの求人を紹介してもらう

 

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

たくさんのアプリケーションのアイコンが表示されたスマホを持つ手

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事