カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. サウンドクリエーターに未経験で転職する方法を解説!年収や求められるスキルは?仕事内容や求人例を紹介
  • 職種・ポジション

サウンドクリエーターに未経験で転職する方法を解説!年収や求められるスキルは?仕事内容や求人例を紹介

ゲーム業界で需要が高まっているサウンドクリエーターという職業をご存知でしょうか?感性を活かして仕事をしたいと願う転職者から人気の職種となっていますが、「未経験からの転職は難しいのでは?」と思う人も多いようです。そこで今回は、サウンドクリエーターの仕事内容や未経験から転職する方法を解説します。

DAW画面の3台のPCと録音機材

サウンドクリエーターの仕事内容

 

最近ゲーム業界で人気なのがサウンドクリエーターの仕事です。

感性を活かせるクリエイティブな職種「サウンドクリエーター」の仕事とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

ゲーム・映画・アニメのBGMや効果音を創る

 

PCと音楽機材のモノクローム写真

 

サウンドクリエーターは映画・ゲーム・アニメなどの「音」を創る仕事で、音楽だけでなく音声効果音まで創り出します。

たとえば、RPGの街・ダンジョン・フィールドで流れるBGMや戦闘中の効果音などもサウンドクリエーターが創り出した音です。

また、都道府県や市区町村のイベントで流す音楽を創るサウンドクリエーターもいます。

つまり、「音」を創り出すものは全てサウンドクリエーターの仕事になるわけですが、作曲家とは少し違います。

作曲家は自分でイメージやテーマを決めて自由に音楽を創ることができます。

それに対して、サウンドクリエーターは映像に合わせたり使用シーンを限定された中で、求められる音を創り出さなければなりません。

自己表現として自分の好きなように音楽を創り出す仕事ではないということです。

また最近では、音を創るだけでなくデータ化するためのプログラミングまでがサウンドクリエーターの仕事になりつつあります。

1人で仕事する職人というよりは、クライアントとの折衝やディレクターとの打ち合わせなどチームで仕事する職業になります。

 

サウンドクリエーターのやりがいは?

 

サウンドクリエーターの仕事の醍醐味は、自分のアイデアやセンスを生かして創り出したものが形として世の中に残ることでしょう。

自分の創った音楽が評価されてサウンドトラックとして発売されることもあります。

映画・ゲームのクレジットに自分の名前が載ったり、イベントで自分の創った音やサウンドに人々が熱狂していたらどうですか?

きっと大きな満足感と喜びを得ることができるはずです。

 

サウンドクリエーターの仕事は大変?

 

自分の感性で勝負するサウンドクリエーターの仕事は、常に「世間から評価される」プレッシャーと戦わなくてはなりません。

もし評価されなければ仕事がなくなるだけでなく、自分自身を否定されたような気になって挫折してしまうことも多いようです。

また、若くて優秀な人材も次々に現れるので年齢を重ねるほどに感性を高めなければなりません。

納期に間に合わせるために徹夜が続くこともありますし、アイデアが湧いてこず煮詰まってしまうこともあります。

好きなだけでは続かない、精神的にも肉体的にもタフでなければ務まらない仕事といえるでしょう。

 

サウンドクリエーターの年収

 

ネクタイを締め直す男性

 

サウンドクリエーターの年収は300万円〜400万円と決して高くはありません。

しかし、実力次第で大きく収入を伸ばせるのがサウンドクリエーターの魅力でしょう。

人気クリエーターになれば、企業に勤めていても年収1,000万円を超えることも夢ではありません。

まさに自分の腕1本で稼いでいくのがサウンドクリエーターです。

 

サウンドクリエーターの求人一覧をチェック

 

サウンドクリエーターに必要なスキル

 

サウンドクリエーターは特殊な仕事なので、求められるスキルも専門性の高いものになります。

未経験からサウンドクリエーターになるために必要なスキルを見ていきましょう。

 

PCで音楽を作るスキル(DAW)

 

サウンドクリエーターは必ずしもギターやピアノなどの楽器を演奏できる必要はありません。

楽器がまったく演奏できなくてもサウンドクリエーターとして活躍している人はたくさんいます。

それは、楽器を弾いて楽曲を創るのではなく、DTM(Desk Top Music)といわれる「PCで音楽を作成する手法」で創るからです。

DTMではDAW(Digital Audio Workstation)と呼ばれる「PCで音楽を作成するためのソフトウェア」を使用します。

このDAWを操作して音楽を作成できることがサウンドクリエーターの必須スキルとなります。

 

音楽の知識

 

ピアノの鍵盤の上に置かれた楽譜

 

音楽を専門に勉強してこなかったとしても、基礎の「音楽理論」を知っておかなければ音楽を創ることは難しいでしょう。

また、音楽のジャンルについても幅広い知識をつけておくべきです。

1つのジャンルが得意なだけではサウンドクリエーターとして活躍するのは難しいでしょう。

先述の通り、サウンドクリエーターは使用シーンが決まった中でクライアントから求められる音を創る仕事です。

幅広いニーズに対応できるように、音楽理論の知識や様々な音楽ジャンルに精通していることが必要になります。

 

協調性

 

サウンドクリエーターはPCに向かってひたすら楽曲制作に打ち込むものだと思われがちですが、実は人と関わることが多い仕事です。

ディレクターや他のクリエーターと方向性の会議、クライアントとのミーティングで1日の大半が終わってしまうようなこともあります。

サウンドはあくまで映画やゲームなど大きな作品の中の一部ですので、作品を作り上げるにはチームメンバーとの協調性が大切です。

また、クリエーターにありがちな「我を通す」やり方ではクライアントのニーズを満たせない場合もあります。

こだわりを持つことは大事ですが、周りの人や状況に柔軟に合わせる協調性が求められます。

 

サウンドクリエーターの転職に役立つ資格3選

 

サウンドクリエーターにも一定の知識・スキルを証明できる資格があります。

資格があれば必ず転職できるというわけではありませんが、未経験の場合は取得しておいた方が良いでしょう。

サウンドクリエーターの転職に役立つおすすめの資格を紹介します。

 

サウンドレコーディング技術認定

 

PCとレコーディング用のマイク

 

「一般社団法人日本音楽スタジオ協会」が運営する民間資格です。

音・音響・音響機器の基礎理解やデジタル技術、著作権やレコーディングについての知識を身につけることができます。

合否を決定する試験ではなく、点数によってA〜Eまでランク付される方式です。

 

Pro Tools技術認定

 

同じく「一般社団法人日本音楽スタジオ協会」の資格です。

多くのサウンドクリエーターに愛用されるDTMソフト「Pro Tools」のスキルを証明できます。

Pro Toolsに関する基礎知識だけでなく、録音・編集・ミキシングなどの知識も身につけられます。

Pro Tools技術認定の資格を持っていれば、Pro Toolsをメインで使う企業からは興味を持ってもらえるでしょう。

 

映像音響処理技術者資格認定

 

音響機材が置かれた仕事部屋

 

音響機材の特徴・役割、音響や映像データがどのように成り立っているのか、どのように配信されているか、著作権などの知識が問われます。

映像音響処理技術者資格認定を取得していれば、音楽業界で仕事をする上での基本的な知識は持っているとみなされるでしょう。

 

未経験からでもサウンドクリエーターになれる?

 

POSSIBLEとIMPOSSIBLEの標識と青空

 

サウンドクリエーターに完全未経験から転職するのはハードルが高いといえます。

まず第1に、エンジニアやプログラマーに比べてサウンドクリエーターは求人数が少ない職種です。

また、固定費を抑えるためにアルバイトやフリーランスにサウンド作成を外注する企業も増えています。

このような狭き門に多くの経験者が応募してくるので、未経験者がその競争に勝ち抜くのは至難の業でしょう。

だからといって諦める必要はなく、未経験からサウンドクリエーターへの転職を成功させる方法はあります。

 

未経験からサウンドクリエーターになる方法

 

たとえ未経験であっても、音楽を愛する気持ちと情熱、そして何よりも「作成した音楽のクオリティ」が高ければ転職可能性はあります。

未経験からサウンドクリエーターに転職する方法を解説します。

 

基礎を学ぶ

 

E-LEARNINGと表示されたPCが置かれた仕事部屋

 

まず音楽の基礎理論DAWの操作など、サウンドクリエーターとして必要最低限の知識を身につけましょう。

気持ちや情熱だけで良い作品を創ることはできません。

専門学校や大学に通って最初から勉強する方法もありますが、仕事をしながら入学し直すのは難しいでしょう。

オンライン学習や本での勉強もできますので、自分の目標やライフスタイルに合わせて勉強しましょう。

 

デモテープ(音源)を作成する

 

未経験者が転職を成功させるには、とにかくDTMで楽曲をたくさん作成しましょう。

最初から質を追求するのではなく、音楽を愛する気持ちをぶつけて楽曲を量産することです。

未経験からサウンドクリエーターへの転職を成功させた人の中には、1年間で300曲を作成した人もいます。

さすがに300曲も作成する必要はありませんが、未経験者がサウンドクリエーターになるにはそれくらいの気持ちと根性が必要だということです。

次に、作成した楽曲の中から良い出来のものをブラッシュアップさせてデモテープを作りましょう。

サウンドクリエーターの採用にデモテープ審査をする企業は多いので、転職に向けて自信のある作品を集めておくことが大切です。

また、音楽配信サイトに自身の楽曲をアップロードして世間の評価を知ることもおすすめです。

たくさんダウンロードされた実績があれば、転職活動時の強いアピールポイントになるでしょう。

代表的な音楽配信サイトを挙げておきますが、有料配信の方は報酬が発生するため勤務先の副業禁止規定に注意しましょう。

 

・DOVAーSYNDROME(無料配信)

・オーディオストック(有料配信)

 

転職エージェントを活用する

 

親指を立てて応援しているスーツの男性

 

サウンドクリエーターの主な転職先として、ゲーム制作会社、アニメや映像・音楽制作のプロダクションが挙げられます。

しかし、いずれも募集人数が少ないうえに応募数が多く、倍率が高いために自力で転職を成功させるのは難しいでしょう。

未経験からの転職を成功させるには、業界知識の豊富な転職エージェントの力を活用することです。

あなたが思いつきもしなかった方法やアドバイスで転職成功率を上げてくれるでしょう。

 

サウンドクリエーターの求人例

 

企業のビル群を背景に握手する男性たちの手

 

求人例を2つご紹介しましょう。1つ目はこちらです。

 

事業内容:スマホゲーム・アプリの開発と運営。

仕事内容:自社ゲームコンテンツのサウンド作成、音声編集。協力会社との折衝。

年収:300万円〜800万円

 

続いてもう1つの求人例もご覧ください。

 

事業内容:アーケードゲーム開発

仕事内容:サウンドクリエイト全般。サウンドデータ加工・編集・管理、シーンに合わせた楽曲・効果音制作、社内外業務委託管理。

年収:350万円〜550万円

応募資格:未経験OK。DAW・波形編集ソフトを用いた楽曲制作の経験。効果音の制作経験。

 

サウンドクリエイターの求人は、主に大手ゲーム制作会社や、映像・アニメ制作会社が多いです。

最近では求人例1のように、スマホゲームオンラインゲーム関連の求人が増加しています。

また、パチンコ・パチスロメーカーの求人は常に出ている状態です。

サウンドクリエーターの花形はゲーム制作会社での仕事だと思いますが、競争率はかなり高いと覚悟してください。

サウンドクリエーターの登竜門としてサウンド制作会社への転職を目指す人も多いようです。

未経験であっても、求人例2のようにDAWでの楽曲制作経験があれば採用している企業もあるようです。

 

サウンドクリエーターの仕事は夢がある

 

夕方の空をバックにジャンプする男性

 

サウンドクリエーターの求人は少ないと解説しましたが、需要がないわけではありません。

特にアプリゲーム業界においてサウンドのニーズが増しており、サウンドクリエイターの需要は高まっています。

ただし、DTMの普及によって誰でも気軽に音楽を作成できるようになったため、副業やフリーランスが増えています。

サウンドクリエーターを雇わなくても企業は質の良いサウンドを手に入れられるという現実も、理解しておかなければなりません。

だからこそ、自分のスキルと感性を高めていくのです。

競争の激しい業界ではありますが、自分の感性を存分に発揮して仕事したい人にとってサウンドクリエーターはベストな職業でしょう。

実力さえあれば人気クリエーターとして数々の作品を世に残せる「夢のある仕事」でもあります。

やってみたい気持ちがあるなら、まずは1歩踏み出してみましょう。

あなたの行動が未来を変えるのです。

 

無料転職相談に登録して理想の職業に転職しよう

Geekly Media
ライター

DAW画面の3台のPCと録音機材

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。