1. HOME
  2. Geekly Media
  3. サーバーエンジニアの年収について解説!仕事内容や必要な資格は?将来性について転職エージェントが紹介
サーバー

サーバーエンジニアの年収について解説!仕事内容や必要な資格は?将来性について転職エージェントが紹介

サーバーエンジニアはどんな仕事をしていて、どれだけ年収をもらっているでしょうか。本項ではサーバーエンジニアの仕事内容や年収、将来性について詳しく解説していきます。サーバーエンジニアが今後どうなっていくかについて理解を進めていき、転職活動の成功に繋げていきましょう。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

サーバーエンジニアの仕事内容

 

サーバー

 

サーバーエンジニアはどのような仕事をしているでしょうか。

サーバーエンジニアについての説明と仕事内容を紹介していきます。

 

サーバーエンジニアとは

 

サーバーエンジニアとはITシステムを動かすサーバーを扱うエンジニアです。

サーバーにはWebシステムを動かすWebサーバーやメールを配信するメールサーバーなどが挙げられます。

サーバーはITシステムを動かすのになくてはならない存在です。

サーバーの運用をするサーバーエンジニアは企業にとってなくてはならない存在でしょう。

 

サーバーエンジニアはどういう仕事をしているか

 

サーバーエンジニアは自社に必要なサーバーの設計や構築、運用・保守を担当します。

サーバーは絶えず稼働することが前提であるため、正確な作業が必要です。

障害が発生したときにそのメンテナンスを行うのもサーバーメンテナンスの務めです。

 

サーバーエンジニアの年収

 

ネットワーク

 

サーバーエンジニアの年収はどれほどでしょうか。

平均年収や年収アップに必要なことを見ていきましょう。

 

平均年収

 

サーバーエンジニアの平均年収は450万円ほどです。

日本人の平均年収が400万円ほどなので、一般的なサラリーマンの中より高年収といえます。

サーバーエンジニアは多くの現場で必要な技術を有しています。

仕事の安定性でいっても魅力的な仕事であるといえるでしょう。

 

年収アップに必要なこと

 

年収を上げるためにはサーバーエンジニアとしての評価を上げる必要があります。

評価を上げていけば年収が上がっていくでしょう。

社内で評価を上げていくほかに、転職活動で評価を上げる方法もあります。

転職求人の中には好条件の求人も多数あります。

年収をアップするためには転職をすることも視野に入れておきましょう。

 

サーバーエンジニアに必要な資格

 

会議

 

サーバーエンジニアになるにはどのような資格が有効でしょうか。

人気の資格について見ていきましょう。

 

Oracle Master

 

Oracle MasterはOracle社が運営するベンダー資格です。

データベース管理を扱う技術力が必要になる資格です。

資格には「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」の4段階があります。

Bronzeには受験資格がないものの、しっかりとした試験対策が必要です。

Oracle Masterは高レベルのデータベース知識を証明するため、サーバーエンジニアに有用な資格でしょう。

 

CCNA

 

CCNAはシスコシステムズ社が運営するベンダー資格です。

ネットワークに関する知識を問われる資格で、世界標準の資格となっています。

試験には5段階あり、転職に人気なのが「CCNA」という試験です。

CCNAを保有していればサーバーエンジニアとして一定のスキルを持っていることを証明できるでしょう。

 

Linuc

 

LinucはLinuxに関連するベンダー資格です。

Linuxは多くのサーバーで普遍的に使用されるOSであり、その必要性は高いです。

サーバーエンジニアにおいてはLinuxを扱えることは必須スキルといえます。

Linucは2018年に始まった新しい資格試験ですが、今後その需要は更に高まっていくでしょう。

 

サーバーエンジニアに必要な知識やスキル

 

ネットワーク

 

サーバーエンジニアにはどのような知識やスキルが必要でしょうか。

具体的に必要なスキルを見ていきましょう。

 

サーバーOSの知識やスキル

 

サーバーエンジニアはWindowsやLinuxなどのサーバーOSの知識が必要です。

これらのOSをサーバーに構築させるスキルが求められます。

コンピュータ―の基本的な構造を理解する必要があり、その設計を行います。

 

ミドルウェアの知識

 

ミドルウェアはオペレーションシステム(OS)と各アプリケーションの中間に位置するソフトです。

例えば、Webサーバーやデータベース管理サーバーなどが代表的です。

ミドルウェアを扱う知識がサーバーエンジニアには求められます。

 

セキュリティの知識

 

サーバーには重要な情報が保持されていることが多く、セキュリティの意識が必要です。

サーバーから情報が漏洩してしまうと重大なセキュリティ事故に繋がってしまいます。

セキュリティ事故が発生すると莫大な営業損失が発生してしまいます。

そうしたセキュリティ事故を防ぐために、サーバーエンジニアはセキュリティ意識が大切です。

 

クラウドの知識

 

クラウドが一般的になったことにより、サーバーエンジニアはクラウドの知識も求められます。

PaaSやSaaSといったアプリも一般的であり、これらの知識も必要です。

時代に合わせた知識を学んでいくことがサーバーエンジニアには求められます。

 

サーバーエンジニアのトレンド

 

クラウド

 

サーバーエンジニアを取り巻く環境はどのように変化しているでしょうか。

サーバーエンジニアにまつわるトレンドを紹介していきます。

 

クラウドサーバーの普及

 

クラウドはコンピュータ―のネットワークを利用してサービスを提供する技術です。

クラウド環境に構築されたサーバーを扱います。

クラウドのサーバーはインターネット上の空間にあります。

物理サーバーで活用していたスキルを一部アレンジして応用することが可能です。

クラウドの登場により、物理的なサーバーを扱う機会は減少していくでしょう。

物理サーバーからクラウドサーバーへの移行に対応する知識を身に着ける必要があるでしょう。

サーバーエンジニアは時代の変化に応じて変わっていく需要に対応する必要があるのです。

 

サーバーレス

 

クラウドの普及によりサーバーレスが進む動きがみられます。

クラウド環境においてはクラウド管理者がサーバーの管理を進めていきます。

このような流れからサーバーエンジニアが直接サーバーを扱う機会は減少していくでしょう。

しかし、サーバーエンジニアはコンピュータ―の知識に詳しいことも長所です。

コンピュータ―の知識は普遍的に変わるものではありません。

サーバーエンジニアはクラウド化により需要が変わることに対応していかなければなりません。

 

サーバーエンジニアの将来性

 

クラウド

 

サーバーエンジニアの将来性はどのようになっているでしょうか。

サーバーエンジニアは時代のトレンドに合わせて大きく需要が変化していきます。

クラウドを始めとする新しい技術の登場でサーバーエンジニアの役割も変化していきます。

サーバーエンジニアに必要とされるのは時代の変化に合わせて知識をキャッチアップすることでしょう。

自らの技術を常に最先端のものにするエンジニアが重宝されていくのです。

 

サーバーエンジニアに転職するには

 

ネットワーク

 

サーバーエンジニアに転職するにはどうすればいいでしょうか。

転職エージェントを活用して転職活動を進めていきましょう。

 

求人をチェック

 

サーバーエンジニアとして働くには転職が選択肢の1つになります。

求人を探していくうちに興味のある求人が見つかるでしょう。

求人の中には思いがけない好条件の求人も存在します。

転職に少しでも興味をお持ちでしたら、まずは求人を探して条件を比較してみましょう。

 

転職エージェントに相談

 

転職活動で困ったことがあれば転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職相談のプロであり、転職に関わるノウハウが豊富です。

転職活動を進めていくうちに困ったことが出てくるでしょう。

そうした時には転職エージェントの力を借りることが重要です。

 

サーバーエンジニアの求人一覧をチェック

 

未経験からサーバーエンジニアになるには

 

クラウド

 

未経験からサーバーエンジニアになることは可能でしょうか。

未経験からサーバーエンジニアになるのに必要なことを紹介していきます。

 

未経験からサーバーエンジニアに転職は可能?

 

サーバーエンジニアは専門的な知識やスキルを必要とします。

そのため、まったくの未経験からサーバーエンジニアになるのは難しいでしょう。

未経験からサーバーエンジニアになるには経験以外の裏付けが必要です。

例えば、資格を取得したりスクールに通うことなどをするといいでしょう。

 

資格をとってアピールする

 

ある程度の知識を身に着けることでサーバーエンジニアの転職にはアピールになります。

未経験でも資格を持っていることである程度の知識の証明になるでしょう。

実務以外でもサーバー管理の経験があるとアピールになります。

 

スクールに通う

 

未経験からサーバーエンジニアになるには専門のスクールに通うといいでしょう。

サーバーエンジニアのスクールでは実習を通じて実務に使える実践的なスキルが身に付きます。

転職サポートが充実しているスクールもあるので、転職活動にも役立ちます。

サーバーエンジニアに転職される方はスクールの利用も検討してみてください。

 

フリーランスのサーバーエンジニア

 

会議と付箋

 

サラリーマンではなくフリーランスとして独立して働くサーバーエンジニアもいます。

サーバーエンジニアは専門的なスキルを扱うため、その需要は高いです。

フリーランスで活躍するためには企業にアウトソーシングとして常駐するというケースがあります。

月額50万円~100万円という高額の求人もある人気の求人も多数存在します。

フリーランスのサーバーエンジニアとして働くためには一定の経験が必要です。

実務経験が必要になるため、まずは一般企業に就職してからフリーランスになるというのが一般的です。

 

まとめ

 

会議

 

サーバーエンジニアについて見ていきました。

サーバーエンジニアは専門的なスキルを扱い、どの企業でも需要の高い仕事です。

近年ではクラウドの登場によって業務内容も変化してきています。

時代のニーズの変化に合わせてサーバーエンジニアも知識を身に着けているのです。

サーバーエンジニアの転職には転職エージェントのサービスを利用しましょう。

充実した転職支援サービスで転職活動を成功に導いてくれるでしょう。

 

無料転職相談に登録してスムーズに転職活動をしよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

サーバー

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事