カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. テストエンジニアのキャリアパスを解説!向いている人の特徴は?将来性や年収を転職エージェントが紹介
  • 職種・ポジション

テストエンジニアのキャリアパスを解説!向いている人の特徴は?将来性や年収を転職エージェントが紹介

IT化が進む現代ではエンジニアの需要が非常に高まっています。現代は様々な商品がデジタル化され、品質を競い合う時代となりました。今回はエンジニアの中でも製品の品質管理に重点を置くテストエンジニアの仕事について紹介したいと思います。

黒板、テスト

テストエンジニアとは

 

キーボード

 

テストエンジニアの仕事は言葉の通り製品のテスト(検証・評価)を行うエンジニアの事です。

IT製品をあらゆる角度からテスト検証し、プログラムに不備がないかデータベースの設計ミスがないかなどを確認します。

他の職業に例えるとテストエンジニアは新薬を発売する前に治験を担当する医師のような存在です。

IT業界において世の中に安心で安全な製品を届けるために重要な役割を担っているポジションと言えるでしょう。

 

テストエンジニアの必要性

 

IT化が進む現代ではテストエンジニアの需要は非常に高まっています。

一言でテストエンジニアと言っても携わる業務はアプリやデジタル製品の開発、そしてソフトウェアの開発まで幅広くあります。

世に出回る全てのIT製品はテストエンジニアの地道な品質確認作業があって存在しているといっても過言ではありません。

 

テストエンジニアの基本業務

 

テストエンジニアの仕事はただシステムのテスト・検証をするのではありません。

テストを行う手順の計画や設計、そしてテスト結果の分析と報告、改善案の提案まで責任をもって行う事が求めめられます。

企業や業務内容によってはそれら全てあるいは一部を担当することになりますが、以下項目は押さえておきましょう。

 

・テスト計画

・テスト設計

・テスト実施

・テスト結果の分析・報告

・品質改善提案

 

テストエンジニアに必要なスキル

 

トレーニング、スキル、ビジネスマン

 

テストエンジニアとして働くには専門的な知識は前提としてそれ以外にも様々なスキルが必要です。

これからテストエンジニアを目指す人は以下のことを意識して勉強してみて下さい。

 

テストエンジニアに必要なハードスキル

 

・ソフトウェアの基礎知識と開発スキル(プログラミング含む)

・テスト対象の把握とテスト行程の知識(単位テスト、結合テストなど)

・Word、Excel、Powerpointなどのオフィスソフト知識

・テスト自動化ツールの知識

・品質管理の知識

 

テストエンジニアは開発製品のテストをするだけでなく問題点を探して改善策のプラン提案まで対応します。

テスト工程ではソースコードを入力する場合もあるためプログラミングも多少分かるITスキルを身につける必要があります。

またテストといっても様々な手法があるため、テスト対象の課題に合せたテスト方法を把握し効率の良い作業が出来なければなりません。

そしてテスト結果は資料にまとめてクライアントへ報告するため、オフィスソフトの基礎知識は必要不可欠です。

案件によっては膨大な量のデータを扱うため、テスト自動化ツールの知識も仕事を効率化するために求められます。

クライアントの求める高品質な製品を実現させるために品質管理の知識などもあると活躍の場が広がるでしょう。

 

テストエンジニアに必要なソフトスキル

 

・コミュニケーション力

・集中力

・問題解決力・改善力

 

開発にはテストエンジニア以外にもたくさんの人が関わっているため、コミュニケーション力は非常に大切です。

テストの結果や改善策を報告する際は相手の立場に立って分かりやすく伝わりやすいコミュニケーションを意識しましょう。

また、テスト行程にて製品の不具合の原因を探るのは非常に根気と集中力が問われます。

どんなに些細な異変にも気づける集中力と問題をどのように解決するかを考える力も求められます。

 

未経験からテストエンジニアを目指すには

 

スカイライン、ビル

 

テストエンジニアのポジションは企業によっては未経験でも就職することが可能です。

未経験採用の場合はまず簡単なテスター業務から始め、徐々にテストエンジニアとして必要な知識を身につけるパターンが多いです。

テストエンジニアはシステムエンジニアほど上流工程の作業を行いませんので、IT系求職者にとって入りやすい職業でもあります。

未経験の方もIT系企業への就職を目指すのであればテストエンジニアを一つのキャリアパスとして検討することをお勧めします。

 

テストエンジニアの資格

 

本棚、本

 

テストエンジニアは未経験からでも学びながらできる仕事ですが、転職を成功させるには資格を取得するのも一つの方法です。

テストエンジニアの基礎知識を持っている証明となり就職するときにアピールできる資格を紹介します。

 

IT検証技術者認定試験

 

こちらは一般財団法人IT検証産業協会が認定するテストエンジニアの資格試験です。

テストエンジニアとしての実務力を問う記述式試験となっており、レベル1~レベル5まで存在します。

日本企業からの信頼度が高い資格なので、日本でテストエンジニアとして働く人には取得することをお勧めします。

 

JSTQB認定テスト技術者資格

 

こちらは主にソフトウェアの技術力を証明するテストエンジニアとして世界的に通用する資格です。

現在は「Foundation Level」と「Advanced Level」のレベル別に分かれております。

アドバンスレベルではテストマネージャー、テストアナリスト、テクニカルテストアナリストと項目別に資格が分かれています。

 

ソフトウェア品質技術者資格認定

 

こちらの資格は主にソフトウェアの品質に関する知識と技術を問われる資格です。

初級~上級までの三段階に分かれており、品質の基本概念からマネージメント知識まで問われます。

テストエンジニアを職業として活躍したい人は中級以上を目安に取得すると良いでしょう。

また将来エンジニア業界でリーダーやマネージャーを目指す方にもお勧めの資格です。

 

テストエンジニアに向いている人

 

パソコン、机

 

ではどんな人がテストエンジニアに向いているのでしょうか。

テストエンジニアは未経験からも目指せる仕事ではありますが、誰にでも出来る仕事ではありません。

まずは自分に適性があるかどうかを判断してから目指すようにしましょう。

 

単純作業が好きでな人

 

テストエンジニアの仕事は地味で単調な仕事です。時にはテスト行程において長時間拘束されることもあります。

細かい作業を集中力を切らさずに続けられる人には向いています。

 

探究心がある人

 

冒険、コンパス

 

テストエンジニアは常に原因の究明をしなければなりません。

間違い探しやパズルなどが好きな人はテストエンジニアの仕事も楽しめるでしょう。

 

真面目で几帳面な人

 

テスト業務はマニュアルに沿って決められた作業をすることが求められます。

真面目にルールを守れる人にも向いている仕事です。

 

要領の良い人

 

テストエンジニアの仕事は膨大なデータを前に残業ということも多い仕事です。

急なスケジュール変更で納期が早まったりすることもあります。

常に効率を考え要領良く仕事ができる人が求められます。

 

無料転職相談に登録してIT系企業で活躍しよう

 

テストエンジニアのキャリアパス

 

ドア、選択

 

仕事選びをするにあたりどんなキャリアパスが描けるのかは重要なポイントです。

テストエンジニアを経てより専門スキルを身に着けるためプログラマーやシステムエンジニアを目指す人もいます。

ここではテストエンジニアとしての経験を活かしてステップアップできるキャリアパスをいくつか紹介します。

 

管理職を目指す

 

テストエンジニアの仕事も管理職を目指すことが可能です。管理職といっても様々な可能性があります。

例えばテストリーダー、プロジェクトリーダーを経てプロジェクトマネージャーを目指すのも一つのキャリアパスです。

管理職ではシステム開発の知識や経験、それに加えチームをまとめるコミュニケーション力が必要です。

 

テストエンジニアとしての専門性を高める

 

テストエンジニアとしての専門性を高めると、セキュリティー対策などの仕事も目指せるようになります。

サイバーセキュリティーの経験は多くの人の役に立つ仕事で需要も高いので、一つの専門分野にてスキルを極めるのも良いでしょう。

 

品質コンサルタント

 

良い製品を世に排出するためには品質の維持管理が非常に大切です。

テストエンジニアの作業工程も商品の品質を保障するために行う重要な業務でもあります。

品質コンサルタントになると品質確保や改善を主に担当し、プロジェクトの設計から修正に至るまで品質に関する管理を任されます。

品質コンサルタントを経験するとマネージメントスキルも身に付き、後にプロジェクトマネージャーも目指しやすいと言われています。

 

テストエンジニアの将来性

 

建築、現代

 

テストエンジニアの仕事の一部は将来的にはAIの発達により自動化し人が必要なくなると言われています。

しかしAI化が進んだとしてもテストエンジニアの仕事が全くなくなることはありません。

AIのテスト作業の自動化はテストエンジニアの仕事を効率化でき、より人の力が必要な作業に尽力できるようになるということです。

将来的に需要のあるテストエンジニアを目指すのであればAIに頼れる仕事以外の部分で専門性スキルを高めることをお勧めします。

またAI化が進む中で今後はテスト自動化ツールのバグや不具合を確認するテストエンジニアの需要が高まることが予測されます。

常に新しいシステムが開発されている中でいかに柔軟に専門性を高めて行くかで今後のテストエンジニアとしての需要が左右されるでしょう。

 

テストエンジニアの年収

 

お金、芽

 

テストエンジニアに平均年収は四百五十万円程度と言われています。

テスター業務から始めながらテストエンジニアへと育てる企業もあるため年収三百万円程度ということも多いです。

一方、キャリアを積んで管理職になる人や難関資格を取得している人は年収六百万円以上を目指すことも可能です。

テストエンジニアとして高収入を目指したい人は専門性を深くを追求するか幅広い業務をこなせるようにしましょう。

 

まとめ

 

パソコン、眼鏡

 

テストエンジニアの仕事について理解が深まりましたか。エンジニアといっても様々な職種があります。

これからテストエンジニアを目指したいという人はまずは未経験からできるテスターの仕事などから初めてみましょう。

テストエンジニアにも様々な求人がありますので、気になる人は一度エージェントに相談してみて下さい。

 

無料転職相談に登録してIT系企業で成功しよう

Geekly Media
ライター

黒板、テスト

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。