カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. ITコーディネーターの年収を紹介!仕事内容や試験の難易度は?転職エージェントが企業規模ごとに解説!
  • 職種・ポジション

ITコーディネーターの年収を紹介!仕事内容や試験の難易度は?転職エージェントが企業規模ごとに解説!

ビッグデータやAIなどの新しいシステムや考え方が台頭してきた現代はビジネスや社会そのものが変革期に入りました。そのためITへ柔軟に対応できるスキルを持ってリードをする期待が寄せられているのがIT コーディネーターです。今回はITコーディネーターの仕事内容や年収、試験の難易度などについて解説していきます。

靴とネクタイの画像

ITコーディネーターとは何か?

 

PCと眼鏡の画像

 

ITコーディネーターとは、2001年より通商産業省(現在の経済産業省)によって設けられた資格制度です。

特定非営利活動法人ITコーディネーター協会によって認定されている資格所持者の総称でもあります。

あらゆる企業や団体の経営や運営に欠かせなくなったIT導入についての適切な提案や実施を促せる専門職です。

IT技術を活用した生産性効率に尽力しシステム構築・ホームページやWEBサイトの活用方法などをサポートします。

 

ITコーディネーターの仕事内容

 

タブレットを使う画像

 

さまざまな企業の経営に関わるIT導入の提案と実施を促し生産性を上げて円滑な企業運営のサポートをするのがITコーディネーターの役目です。

ではITコーディネーターの主な仕事内容についてさらに細かく見ていきましょう。

 

IT上のアドバイスや指導をする

 

とくに中小企業の多くはITの運用や管理が苦手です。

しかも管理システムや構築までできる担当者や部署までを持っている会社も少ないのが現状といえるでしょう。

そのようなITに疎い企業に対してIT導入のメリットをアドバイスしながらコスト削減・生産効率性の向上・営業能率の向上に役立たせます。

 

経営戦略にも加担する

 

ITコーディネーターはITの技術だけをアドバイスするのではなく経営についての深い知識や経験も欠かせません。

経営者層やその周辺の人々ともコミュニケーションを発揮します。

それは情報システム構築プロジェクトを推進させるために監理能力がなければ成り立たない専門職です。

ビジネス経営戦略を一緒に考えて実現させるために、ITの技術を利用し企画立案します。

その後も経営者が意思決定できるまで支援をしていく役割です。IT面と経営面の双方からの高いスキルが要求されます。

 

ITコーディネーターになるには?

 

仮想空間の画像

 

IT関連の知識やスキルがあってしかも経営にも関われるITコーディネーターは魅力的な仕事のように思われます。

もしITコーディネーターを目指したいと思い始めたらどのような手続きを経ていけばよいのでしょうか?

実はITコーディネーターを名乗るには資格取得が必須です。ITコーディネーター協会から資格認定・承認を受けた人物でなくてはなりません。

ITコーディネーターになるためのITコーディネーター試験に合格し、さらにはケース研修の受講・修了の条件をクリアする過程が必要です。

これら2つの条件を経てから認定登録料として20000円(税別)を収めれば晴れてITコーディネーターとして認定されます。

 

ITコーディネーターの資格試験

 

携帯とPCの画像

 

ITコーディネーターになるには一律で定められているITコーディネーター試験に合格することが条件です。

ではその試験とはどのような内容が問われるのかを解説していきましょう。

 

ITコーディネータ―試験概要

 

ITコーディネーター試験が実施されるのは年3回です。

試験方式はすべてコンピューター化されたCBT試験(Computer Based Testing)を採用し、全国260ヶ所にて試験期間内なら自由選択ができます。

試験の合否についてはその場で判定もされるのが特徴です。

 

試験応募は2通りに分かれる

 

ITコーディネーター資格のための試験には、大きく「ITコーディネーター試験」と「専門スキル特別認定試験」とに区別されています。

条件によってどちらかの受験をする必要があります。

中でも専門スキル特別認定試験は、ITコーディネーター資格とは別に協会が指定する各種資格を既に所持している方が対象です。

 

ITコーディネーター試験の内訳

 

一般的なITコーディネーターの資格を目指す方はITコーディネーター試験を受験して合格することが条件です。

主な試験実施内容については以下のような形式で実施されます。

 

・受験資格の制限はなし

・試験形式は多岐選択問題

・100問のうち必須60問選択40問

・必須問題の出題はPGL領域の中の基本問題とIT経営共通領域からの応用問題

・選択問題の出題は経営系問題や経営戦略およびIT戦略などから選べる

・試験時間は120分

・受験料は19800円(税込)

 

専門スキル特別認定試験の内訳

 

専門スキル特別認定試験は専門スキル特別認定制度に基づいて専門分野知識と実務経験・スキルを既に保有した専門家を対象にしています。

特典として試験の一部免除をする制度です。主な試験内容については以下のような形式で実施されます。

 

・受験資格は対照資格保有者

・試験形式は多岐選択問題

・60問中必須60問

・出題はPGL領域の中の基本問題とIT経営共通領域からの応用問題

・試験時間は80分

・受験料は9900円(税込)

 

協会が指定する専門スキル保持者および免除対象者はさまざまにあります。

例えば公認会計士・税理士・中小企業診断士・弁護士・弁理士など国家資格のほとんどが免除対象です。

他にもITパスポート(750点以上)・情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)・ネットワークスペシャリストといったIT系資格も含まれます。

詳しい内容については協会のサイトにて確認するとよいでしょう。

 

資格試験の他に研修を受けるのが条件

 

資格認定を承認されるには試験の合格だけではなく協会実施による「ケース研修」の受講・修了の要件を得る必要もあります。

試験合格と研修修了の順番はどちらが先でも構いません。ただし4年度間有効のためその間に両方の条件を満たすよう過程を組むことが大切です。

試験とケース研修の両方をパスすることで初めて資格認定申請ができます。

 

無料転職相談に登録して転職に成功しよう

 

試験の難易度

 

キーボードの画像

 

ITコーディネーター試験の合格率はその試験年度によってばらつきが目立ちますが、50%から70%くらいが標準と思えばよいでしょう。

つまり難易度が極端に高い試験ではありません。しかし出題範囲が広く暗記や理解しておく内容は膨大です。

過去問がなく合格基準も非公開なので出題傾向を判断できないデメリットがあります。

出題元は指定されたテキストやガイダンスからなので明確なのが特徴といえるでしょう。

傾向がつかめない分は、じっくりと根気よくテキストと向き合うのが合格のポイントです。

会計士・税理士・中小企業診断士といった専門スキル特別認定試験受験者が合格ラインの約半数以上を占めています。

 

ITコーディネーターの年収

 

キーボードを打つ女性の画像

 

ITコーディネータ―の得る年収はとても幅広く実務次第だといえます。平均して600万円台と思えばよいでしょう。

仮に資格取得したての新人コーディネーターであれば平均400万円代くらいが相場です。

その後実力や経験を得て完全独立したスペシャリストになれば年収1000万円台も夢ではありません。

ITコーディネーターで高収入になるためには実績が重視されます。

大企業の大型システム導入でコーディネーターを務めるチャンスを得るなり、中小企業でのシステム導入にて相当な経験を積むことが重要です。

 

企業規模ごとのITコーディネーターの活用について

 

データの画像

 

ITコーディネーターは世の中にある業種の区別に関係なくさまざまな企業や団体に適応できる専門家です。

その業務運営についてはクライアントとなる企業や団体の規模によって変わっていきます。

すべてはケース・バイ・ケースなので実践の中で問題や課題を見つけて解決する流れになっています。

 

中小企業でのITコーディネーターの動き

 

ITコーディネーターの本領が発揮できるフィールドとして中小企業はやりがいがあります。

中小企業がどこも共通に悩んでいる点は売り上げに関することです。

あるいは経費削減のコストダウンがはかどらないことや、最初からITをどのように導入すべきか分からないといった会社も多く存在します。

IT化はこれから必要だと頭では理解していても具体的に行動に出れない経営者などへの良きアドバイザーとして成立します。

 

大企業や行政でのITコーディネーターの動き

 

大手企業や行政などは既にITの活用を積極的に行なっているケースが目立ちます。

一見すると順調にIT化の波に乗っているかのようですが、運営し始めればそれなりに課題が新たに登場します。

例えばシステム調達の要求を上層部に提出したいが、その際の仕様について決め方・書き方を教えてほしいといった細かい内容に至ります。

あるいはIT導入後のシステム費用の負担が適正なのかどうかを評価してほしいという監査的な内容もです。

大企業や団体でもまだまだネットワークの世界で広がることがたくさんあり、そのための提案を求めてくるケースが目立っています。

 

ITコーディネータ―資格とともに所持したい他の資格

 

本棚の画像

 

ITコーディネーターは経営とITの双方からのアプローチをします。

そのためどちらか一方についてのスキルを得ていると容易に取得できるのがメリットです。

ITコーディネーター資格以外にはどのような資格を所持しているとよいのでしょうか?

 

各種国家資格所持者

 

ITコーディネーター資格の他に国家資格を所持している場合はその後の仕事にもプラスな部分が多くなります。

主なものとしては公認会計士・税理士・中小企業診断士などのお金や経営に直結する業務資格を持った方は有利です。

そこへさらにITのスキルが加わるので信頼性がより高まります。

また技術士はテクノロジーの分野で最新技術ノウハウや情報を得るのにも役立ちそうです。

 

ITストラテジスト

 

ITストラテジストは 情報処理技術者試験の最高峰とも呼ばれている難易度を誇る資格試験です。

ITの知識とともにコンサルタントとしての要領も得ていることが条件となります。

ITコーディネーターの試験をパスすることで、そこへ経営戦略などのスキルも加わりIT関連のすべてを網羅できるメリットが生まれます。

 

システム監査技術者

 

システム監査技術も情報処理者試験の中でも最難関に近いハイレベルな資格試験です。

この資格所持者は企業内のシステムを見渡して経営方針などを監査計画の側面から立案ができます。

ITコーディネートにも関係性がある客観的視点からITシステムの点検・評価・改善点の提案に役立つ内容です。

 

ITコーディネーターの将来性

 

勉強する画像

 

ITコーディネーター試験の難易度はそう高くはないのですが、資格取得後の維持をするのに相当な熱量と時間を要します。

毎年資格更新のための手続きと費用がかかり、最新のビジネス事情やIT知識を維持する継続的な学習や実務活動報告が義務です。

しかもポイント制度になっています。ポイントを加算していければよいのですが一定水準を下回ると資格の失効となってしまいます。

これは別な意味で常にITコーディネーターには資格に相応しい業務内容や成果が問われているのです。

それだけ企業や社会に貢献できる実務重視な資格として今後も成長するだろうと予想されています。

 

まとめ

 

仕事に行く画像

 

経営の側面からもITが橋渡し的存在になるようにコーディネートする専門家がITコーディネーターです。

役立つITとは何かを追求しクライアントに提案できる能力が必要とされます。まだまだ社会のIT化は始まったばかりです。

今後も資格取得者の増員を図る計画も構想中なので、ますます期待が寄せられている資格といえるでしょう。

 

無料転職相談に登録して新しいキャリアを築こう

Geekly Media
ライター

靴とネクタイの画像

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。