1. HOME
  2. Geekly Media
  3. ソリューションアーキテクトの年収は?仕事内容や取るべき資格も解説します
リモートワークの画像

ソリューションアーキテクトの年収は?仕事内容や取るべき資格も解説します

より世の中がクラウド化へと進展しています。アマゾンやグーグルが展開するクラウドサービスAWS・GCPを代表としたシステムのノウハウを生かし、顧客へより良いサービスの提案や問題解決を行う専門家がソリューションアーキテクトです。今回はソリューションアーキテクトの仕事内容や年収から必要なスキル・資格などを解説します。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

ソリューションアーキテクトがアプローチすること

 

書類を書いている画像

 

グーグルやアマゾンでは独自にクラウドサービスを展開しています。

AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)はアマゾンが展開するクラウドサービスです。そしてGCP(Google Cloud Platform)はグーグルによる同類のサービスとして提供されています。

どちらも業種に関係なくさまざまな企業にクラウドサービスのメリットや価値を提案しているのが特徴です。

今後の自社クラウドサービスの飛躍を期待して顧客へビジネス課題の解決などに設けられた職種がソリューションアーキテクト(通称SA)です。一般的なIT系の職種で例えるのなら、セールスエンジニアに類似した業種だと考えればよいでしょう。

顧客への自社クラウドサービスに関するサポートを行うので、技術面と営業面の双方からのアプローチをします。

 

 

ソリューションアーキテクトの仕事内容

 

パソコン周辺の画像

 

クラウド上だけにとどまらず特性や属性を生かし顧客に適したソリューションの提案をするのがソリューションアーキテクトの役目です。

主にデザイン導入・検証・プロトタイプ構築・プリセールスからマネジメントまでこなすマルチな働きをしていきます。

ではソリューションアーキテクトの仕事内容についてもう少し詳しく解説しましょう。

 

専門性を生かせるよう部署分けされている

 

ソリューションアーキテクトはクライアントと開発者の間を橋渡しする仲介役のような位置にいます。

そのため業務も多岐にわたっていて部署をいくつかに小分けにしている場合があります。

特に顕著なのがAWSです。ソリューションアーキテクトといえばほぼAWSの職種の代名詞ともいえます。

 

エンタープライズ

 

エンタープライズとは一般的な大企業を中心にAWSの展開を推進するための部署です。

規模がある大手企業の顧客のニーズや状況を把握して技術支援とアーキテクチャーの作成を行います。

他にもクラウドサービスについての勉強会なども実施する業務です。

 

ストラテジックエンタープライズ

 

AWSの業務担当の1つで主に通信キャリアの顧客を中心に展開する職務です。

クライアント企業のソリューションを採用してもらい売上向上やシェア拡大のための責務を果たします。セールスとテクニカルの両面に関心や能力が必要です。

他にもプランや戦略を練って定期的なターゲットに向けて目標達成できる思考が要求されます。

 

金融担当

 

金融担当をするソリューションアーキテクトのポジションは金融関連の顧客をクラウドにて支援する業務を行います。

大手フィナンシャルグループや銀行・信託・証券・生損保などを担当します。

各金融業の既存業務と100以上のAWSサービスを組み合わせ技術的なパートナーとして接していきます。

 

ミッドサイズエンタープライズ

 

ミッドサイズエンタープライズとは中規模企業の顧客を中心にクラウドサービスを行なう部署です。

特にAWSを今後検討したいと目論んでいる顧客へ、セキュリティ・拡張性・コストの観点からアーキテクチャーを提案していきます。

 

スタートアップ

 

スタートアップの企業に技術的な支援をする部署です。

内容によっては顧客のオフィスや現場まで出向いて実装・システム開発などのサポートをすることもあります。

 

セキュリティスペシャリスト

 

セキュリティスペシャリストはAWSのメリットをセキュリティの側面からバックアップする部署です。

顧客が抱えている課題を見直して解決策の提案をします。

 

IoTソリューションビルダー

 

IoTは「Internet of Things」の略語で、ものがインターネット経由で稼働するオンライン化のことを意味します。

AWSサービスのIoT化を目指したサンプルコード開発やデモンストレーション開発をして顧客へ提案する部署です。

 

マシンラーニング

 

マシンラーニングとは機械学習を担当する部署のことです。データ活用の課題を抱えた顧客へ技術的な支援を行っています。

常に技術的な解決策を作成する職務でありつつ、得た知識をセミナーなどに生かして発信を行なうのも仕事です。

 

テクニカルソリューション

 

テクニカルソリューションとはAWSの窓口的存在です。

来客者への技術相談の実施やクラウド化を検討する顧客の悩みをヒアリングし方向性を確認してサポートします。

 

アソシエイト

 

アソシエイトはソリューションアーキテクトのサポートをしながら独り立ちを目指す見習いや実習生のようなポジションです。

また「ソリューションアーキテクトアソシエイト試験」という資格試験を実施してAWSの知識習得を後押ししています。

 

 

ソリューションアーキテクトの働き方

 

 

働く場所

 

ソリューションアーキテクトとしての勤め先は、大手企業やIT関連企業、システムやソフトウェアの開発を手掛ける企業、家電やゲームのメーカーが主です。

客先常駐無し、フレックスタイム制導入、フルリモート可の求人案件もあり、ワークライフバランスを重視した働き方がしやすいと言えます。

 

仕事の魅力

 

新規事業のサービス設計の段階に携われるという魅力があります。

課題解決のためAWSの観点からサポートしますが、時にはさらに掘り下げて問題を突き止める事もあるのです。

クライアントと共通認識を持つ事で、新たな解決策の提案は自身の大きなやりがいにもつながります。

高度なクラウドスキルを実践的に身に着けられる職種でありながら、柔軟な働き方が出来る点もメリットだと言えるでしょう。

 

 

ソリューションアーキテクトに求められるスキル

 

ipadを使う画像

 

ソリューションアーキテクトに求められる要素はすべての人材がリーダーシップを取るつもりで取り組む姿勢です。常に積極的な活動と自由な発想をもつことにあります。

ソリューションアーキテクトとしてやっていくには高度なスキルが必要です。

とても多岐にわたったスキルや要件を備えておかなければならないので、ここでは代表的なスキルをいくつか解説していきます。

 

テクニカルスキル

 

IT系の豊かな知識は当然備えておくべきスキルです。

中でもプラットフォームや要素技術の比較検証・システム運用技術を検証する能力・問題解決能力が問われます。

他にもアプリケーション開発のスキル・ネットワーク関連スキル・セキュリティの知識なども含まれています。

実際の求人案件から、必須スキルと歓迎スキルを見てみましょう。

 

必須スキル例

・Linuxサーバーの構築・運用経験(3年以上)

・Agile開発経験

・マイクロサービスアーキテクチャに基づいたシステム開発・構築・運用経験

・Azure等クラウドを用いたシステム開発・構築経験

・ネットワーク及びTCP / IPの知識

・データベースの知識

・情報セキュリティの知識

 

歓迎スキル例

・ビジネスレベル英語(専門的)

・Webアプリケーションの開発、運営のご経験

・PMとしてのシステム開発マネジメント経験

 

リーダーシップ

 

ソリューションアーキテクトにとってリーダーシップは大切なスキルです。

個人として積極的に仕事をこなす上でもチームリードをする上でも欠かせないマインドといえます。

それは技術的な指針を提示していくための強い意思決定です。

 

プロジェクトマネジメント力

 

マネジメントのスキルも全般的に重要ですが、中でもプロジェクトマネジメントの力を発揮できることが望ましいです。

主にプロジェクト計画の策定と実施をし変更が起きた場合の管理もします。

 

英語のスキル

 

現場にもよりますがソリューションアーキテクトは海外とのやりとりも考えられます。

最低限の英文ドキュメントの読解力英文メールのやりとりができるスキルは必須といえます。

英語を生かしたアーキテクトの仕事は今後も大きな期待が寄せられています。

 

ソリューションアーキテクトの求人を紹介してもらう

 

 

ソリューションアーキテクトに求められる人物像

 

新聞を読む画像

 

ここではソリューションアーキテクトとして理想的な人物像について解説します。

どのような性格やタイプの人がこの職業に向いているのでしょうか?

 

ものごとを大筋で捉えられること

 

ものごとの細かいことは気にせず大筋で捉えて一括できる能力があると望ましいです。

とくに大規模なシステムでは構成要素が膨大になっていきます。すべてを自分だけで検討するのは難しくなり、複数分担の必要性も出てきます。

そうなると整合性を取るのに細かいことにこだわり過ぎては進展しなくなるからです。

全体の流れを俯瞰できる人が向いています。

 

好奇心旺盛であること

 

正論だけでは解決しないこともあり得るため、ものごとを全体的に俯瞰するにはいつもと違った側面から見ることも大切です。

その時に役立つのが好奇心です。さまざまな角度から眺めながら普段気がつかない部分を発見できることで本質がわかります。

 

バランス感覚があること

 

専門性と経験がある技術者は自信に満ちています。

しかしソリューションアーキテクトの場合はそれだけでは偏った考えになってしまいかねません。あくまでも顧客の最適なIT環境のためのクラウド構成や計画が目的です。

技術面だけではなく交渉力や説得力・柔軟性のあるコミュニケーションを持ってバランスをいつも保てる性格でなくてはなりません。

 

 

ソリューションアーキテクトが取るべき資格

 

本を開いた画像

 

AWS内で実施されている資格試験は全部で12種類と豊富にあります。

その中でもソリューションアーキテクトおよびITアーキテクト向けな資格の2つを解説しましょう。

 

AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト

 

システム設計者向けの内容でクラウドプラクティショナーにとっては中級レベルに値する資格です。

AWSサービスの特徴の理解とシステム設計・構築・運用のための5つの原則と最適な活用法に沿った出題が予測されます。

AWSサービスでの効率的なクラウド環境設計・構築・提案の力量が問われます。

 

試験の難易度

 

ネットワークおよびクラウドについての基礎知識と経験があると理想的です。さらにAWSサービスの理解力が問われます。

未経験でも資格取得が可能ですが、クラウドなどのITの豊富な知識が必要です。

広範囲な知識が求められAWSでの実務1年目くらいのレベルだと解釈できます。

 

AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナルレベル

 

AWSの資格の中では最難関なレベルです。AWSでの実務経験が2年以上ある経験者向けの内容です。

インフラ構築・複数言語での開発経験スキルが求められた設計者向けの出題がされます。

 

試験の難易度

 

この試験にパスすればAWS 内の複雑な多層アプリケーションへの移行やエンタープライズ規模の運用設計など高度なスキルが証明できます。

とにかく範囲が広域で文章の読解力も必要となるハイレベルな資格試験です。

 

 

ソリューションアーキテクトの年収

 

仕事をする画像

 

ソリューションアーキテクトの年収は一般的な企業と比較しても高額なレベルです。平均して600万円台の一定水準を保っています。

初任給でも月額27万円前後が平均なのでかなり厚遇されているでしょう。

その分広範囲な知識をフルで発揮することや問題解決の現場に立ち会うこともあるので、そこそこの実力が問われていきます。

 

 

ソリューションアーキテクトのキャリアパス

 

オフィスの画像

 

ソリューションアーキテクトがその後描いていくキャリアパスはとても期待されています。

IT系のさまざまな知識と経験・それ顧客との関係性を良好に保てればますます広がっていくのが特徴です。

主なキャリアパスとしてはプロジェクトマネージャー中小企業診断士ITコンサルタントなどに転職する人が目立ちます。

 

キャリアパス診断を使ってキャリアの可能性を見ることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけでChatGPTがキャリアについて診断するコンテンツを展開しております。

将来描ける可能性のあるキャリアについて、職種・年収・要求されるスキルの項目から知ることが出来る、完全無料で利用可能な診断コンテンツです。

診断結果の閲覧に加え、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、キャリアについてお悩みをお持ちの方はぜひ活用してみてください。以下のボタンより診断が行えます。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

まとめ

 

パソコンを使う画像

 

ソリューションアーキテクトはAWSやGCPなどを中心にしたクラウドシステムを請け負います。

他にもAI・IoTといった先端技術のアーキテクチャーの経験ができるのも魅力です。技術面でのサポート以外にも顧客とのリレーションシップを築き継続的支援をしていく役目も果たします。

常にITリテラシーの高さが要求されプレゼンテーションスキルやチームビルディングに関わる協調性も必要です。

今後ますますIT化が進んでいく社会には欠かせない存在となることでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

リモートワークの画像

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事