1. HOME
  2. Geekly Media
  3. ゲームエンジニアに未経験で転職する方法をエージェントが解説!求められるスキルは?必要な資格も紹介
作品-731198_1280

ゲームエンジニアに未経験で転職する方法をエージェントが解説!求められるスキルは?必要な資格も紹介

ゲームが好きな人の中には、自分も制作側に回りたいと考えている人もいることでしょう。ゲームエンジニアの仕事に興味があっても、未経験の自分には無理だと考えているかもしれません。ここでは、実経年者がゲームエンジニアに転職する方法について、求められるスキルや資格をまじえて解説します。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

目次

ゲームエンジニアの転職市場が活況なのは本当か

 

キーボード、テクノロジー、オフィス

 

ゲームの市場は世界規模ですが、未経験者がエンジニアとしての転職を考えるうえで、将来性についても検討する必要があります。

ここでは、ゲームエンジニアの転職市場の現状について説明します。

 

コロナ禍によって家庭用ゲーム市場の規模が大きくなった

 

2020年はコロナウイルスの感染が世界的に広がり、日本においても緊急時代宣言が発令され、外出自粛が求められました。

企業でもリモートワークが推進され、学校が休校になったことから、誰もが家で過ごす時間が長くなったのは周知の事実です。

そうした背景もあり、家庭用のゲーム市場がここ数年にないほど活況となり、国内のゲーム市場規模は前年から2割近くも増加し2兆円に到達しました。

その後2022年にかけて横ばいしている事から、ゲーム市場規模の拡大がコロナによる一時的なものではなく定着した事が分かります。

国内のゲーム人口は増加しており、業界をけん引するのは需要が拡大するアプリの売り上げです。

また、国内ゲームソフトメーカーの売上高は国内市場規模を大きく超える額となっており、右肩上がりで推移しています。

そうした状況を受けて、ゲームエンジニアのニーズも高まっているのです。

参考:『日経クロストレンド

 

家庭用やオンライン、スマホなど業界の幅が広い

 

ゲーム業界といっても、その種類は細分化されており、前述した家庭用ゲームだけが市場ではありません。

オンラインゲームやスマホのゲームアプリに加え、パチンコやスロットでも、ゲームエンジニアが必要とされています。

そのため、ゲーム業界の中でも未経験者に広く門戸を開いているところもあるのです。

 

eスポーツやVRなどのゲーム市場が伸びることが予想される

 

これまではソーシャルゲームやコンシューマーゲームが主流でしたが、YouTubeでのゲーム実況動画配信によって変化が起きています。

また、「あつまれ どうぶつの森」に代表されるオンラインコミュニケーションが人気を博しました。

そうしたユーザーの意識変化もあり、今後はスポーツをコンピュータゲーム内で競うeスポーツの市場拡大が予想されます。

また、FacebookのOculus Quest2に対応するVRソフトも続々とリリースされており、今後の市場拡大が見込めます。

つまりゲーム業界は既存のものだけでなく、新たな市場が拡大すると予想されるのです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

市場拡大と技術革新によりゲームエンジニアの求人は増加傾向

 

ゲーム、ゲーム、コンソール

 

ゲーム業界の市場が拡大するほか、eスポーツやVRなどの技術革新が進むことで、ゲームエンジニアのニーズが高まっています。

つまり、ゲームエンジニアの求人は増加傾向にあるのです。

さらにゲームエンジニアは進む業界によって、求められるスキルや開発環境が異なります。

その選択を誤らなければ、未経験者でもゲームエンジニアとして採用される可能性は十分にあります。

 

ゲーム業界で求められている人物像

 

未経験からゲーム業界を目指す場合、求められる人物像を把握しておくことで、転職活動を有利に進めることができます。

業界ごとにそれぞれの市場で求められる役割や必要なスキルを解説します。

 

ソーシャルゲーム業界

国内モバイルゲーム市場において、近年ではトップの内訳を誇る規模に拡大しているのがソーシャルゲーム業界です。スマートフォンやタブレットなどでプレイするためのゲームを指し、「アプリゲーム」「ブラウザゲーム」とも呼ばれます。

小型デバイスの普及と市場規模拡大に伴い求人案件数も増加傾向にあり、未経験者にとって比較的挑戦しやすい仕事が多い業界だと言われています。

必須スキルはiOSやAndroidといったOSの知識です。それぞれで必要なプログラミング言語は異なりますが、近年ではマルチプラットフォーム開発が主流になっているため、UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンでの開発が増えています。

UnityならC#、Unreal EngineならC++やUnrealScriptと、求められるプログラミング言語スキルがそれぞれにあるため、志望する企業や携わりたい業務内容によって身に付けるスキルの優先順位を考えるのがおすすめです。

 

コンシューマーゲーム業界

他ゲーム市場が伸びているものの、コンシューマーゲームの人気も続いています。コンシューマーゲームとは、いわゆる「据え置き」と呼ばれるようなテレビ画面でプレイできる家庭用ゲーム機で遊ぶことを前提としたゲームのことです。

開発分野が細かく役割分担されているのが特徴で、扱うプログラミング言語の種類も多く、ハードウェアやOSといった周辺機器に関する知識も求められます。

担当するそれぞれの分野で高い専門性が必要とされるため、ゲーム制作の経験が重視される傾向にあります。

そのため、未経験から転職を目指す場合は、必要スキルを身に付けてから単発の仕事で何かしらのゲーム開発実績が提示できるようにすると良いでしょう。

 

遊技機ゲーム業界

ゲームセンターにあるようなマシンが遊技機です。近年、遊技機メーカーがスマートフォンアプリを開発するケースが増えていることで、ゲームエンジニアの需要が高まっています。

他業界と異なる点は、組み込み機器を扱うスキルが重視される傾向にある点です。未経験者にとって決してハードルは低くありませんが、ハードウェアなどの組み込み知識を習得して転職に臨むと良いでしょう。

必要とされるプログラミング言語はアセンブリやC言語が主流です。

両者には、機械語に近い言語として「低水準言語」と呼ばれるアセンブリ、 理解しやすく汎用性が高いことから「高水準言語」と呼ばれるC言語という違いがあります。

 

ゲームエンジニアの求人を紹介してもらう

 

 

ゲームエンジニアとはどんな仕事なのか

 

コンピューター、ラップトップ、テクノロジー

 

ゲームエンジニアにも様々な種類があり、未経験者が目指せるものかどうかを見極めることが大切です。

ここでは、ゲームエンジニアとはどのような仕事なのか、ゲーム開発の現場において求められる役割や主な仕事内容について解説します。

 

ゲーム制作におけるエンジニアの役割とは

 

ゲームエンジニアは、ゲームの設計から企画されたゲームがシナリオや演出に則って作動するようにプログラミングする役割を担います。

ゲーム制作におけるゲームエンジニアには、企画を形にするだけでなく、製品の品質を担保する責任があります。

そのためプログラミングだけでなく、バグを見つけて修正するデバッグも重要です。

 

ゲームエンジニアの具体的な仕事内容とは

 

ゲームエンジニアの主な仕事内容は、大きく次の4つに分かれます。

1つめは、ゲームに必要な開発環境を整備することです。ゲームによって使用するスキルやエンジン、ミドルウェアが違うからです。

2つめは、仕様書に則ってプログラミングすることです。ここにはシステム構築だけでなく、サウンドの設定なども含まれます。

3つめは、デバッグ作業を行うことです。テストをくり返し、不具合があれば修正する作業をくり返します。

4つめは、機能の改善です。不具合を解消することと、プレイのしやすさは異なるからです。また、新機能を追加することもあります。

 

ゲームプログラマーとの違い

 

開発現場によって異なりますが、要件定義など上流工程から携わるのがゲームエンジニア、開発工程を担当するのがゲームプログラマーとされるケースもあります。

上述したようにゲームエンジニアがプログラミングを担当することもあるため、ゲーム開発におけるゲームプログラマーの主な仕事も把握しておくと良いでしょう。

 

ゲームプログラマーに必要なスキル・知識

ゲームプログラマーに必要とされるのは、その名の通りプログラミングスキルです。

ただしゲームの種類によって扱うプログラミング言語は異なるため、求められる言語の知識を保有している必要があります。

例えばスマホゲームなら「C#」「Java」「Ruby」「Swift」、コンシューマーゲームなら「C++」「C#」と、ゲームプログラマーに必要とされるプログラミング言語スキルは幅広くなりがちです。

その他にもハードウェアやネットワークの知識、数学の素養や論理的思考力も欠かせません。また意外に思われることもありますが、チームで開発に臨むためコミュニケーション能力も重要です。

ゲームプログラマーに必要なスキルとしてご紹介しましたが、開発現場によってゲームエンジニアがプログラムを行う場合は、これらの知識・スキルが求められることになります。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

ゲームエンジニアに求められる3つのスキルとは

 

スタートアップ、会議、ブレーンストーミング

 

未経験者がゲームエンジニアを目指すうえで、どんなスキルが必要とされるのかを理解しておくことが大事です。

ここでは、ゲーム開発においてゲームエンジニアに求められる3つのスキルについて説明します。

 

①プログラミングのスキル

 

ゲームエンジニアにはプログラミング言語が必須のスキルとなりますが、業界によって求められるものが異なります。

例えば家庭用ゲームの開発にはC++やC#が使われますが、オンラインゲームではPHPやRuby、JavaScriptを使用します。

スマホゲームではSwiftやJava、C#、JavaScriptが使われます。

目指す業務によって習得すべきプログラミング言語が変わるので、しっかりリサーチしましょう。

 

②ゲームのエンジンに関する知識とスキル

 

どの業界を選んだとしても、ゲームエンジンであるUnityの知識が必要なことは共通しています。

Unityとは効率的にゲーム開発を行うためにつくられた、現在主流といわれているソフトウェアです。

そのためゲームエンジニアは必ず、Unityに触れるといっても過言ではありません。

未経験者にとっても身につけておくべき知識です。

 

③論理的思考力

 

品質の高いプログラムを作成するうえで、ゲームが動作するまでの道筋をたてて作業を進める必要があります。

だからこそ、ゲームエンジニアには論理的思考力が欠かせないのです。

論理的思考力はどんな職種にも役立ちますが、モレもダブりもないプログラミングを行うためにも、磨いておきたいスキルといえます。

 

数学や英語が強いとより有利に

 

近年は3Dゲームの開発が進んでいるため、ゲームをプログラミングする際にベクトルが使われることがあります。

そのため、数学や物理学の知識を使用した開発が求められるケースも少なくないようです。

また、Java APの参考文献や資料は英文で書かれているものが大半なので、英語力があるとゲーム開発の現場でより有利だと言えます。

ゲーム業界未経験の場合でも、アピール材料になることがありますので積極的に自己PRなどに盛り込みましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

ゲームエンジニアへの転職が有利になる4つの資格とは

 

ホームオフィス、ラップトップ、ノートブック

 

ゲームエンジニアとしての転職を有利に進めるうえで、取得していると有利な資格が4つあります。

1つめは基本情報技術者で、コンピュータの仕組みからシステム開発まで、IT技術の基本を習得している証明になります。

2つめはOracle認定Java資格で、プログラミングの知識とスキルがあることがわかる資格です。

3つめはマイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)で、C#の知識とスキルを理解していなければ、取得することができません。

4つめはCGエンジニア検定で、CGの開発や設計には欠かせない知識があることを証明してくれます。

ゲームエンジニアしての経験がなくても、上記の資格を取得しておくと転職しやすくなると考えられます。

 

 

未経験者でもゲームエンジニアを目指すことができるのか

 

startup, business, people

 

未経験者あっても、目指すゲーム業界で求められるスキルがあることをアピールできれば、異業種転職は十分に可能です。

しかし、プログラミング言語にも様々な種類があり、業界によって必要なものが異なります。

自分が進みたい業界を見極めたうえで、しっかりと準備を進めることをおすすめします。

 

未経験からのキャリアパス例

 

ゲーム業界が未経験であっても、エンジニア経験は役にたちます。

例えばコンシューマゲームの開発においては、C言語やC++が用いられます。

そのため、OS組み込みソフトウェアを開発するシステム開発エンジニアから、ゲームエンジニアを目指すというキャリアチェンジ例です。

サーバーサイドエンジニアから目指す場合もその経験は役に立つケースがありますので、アピールしましょう。

 

ゲームエンジニアの資質がある人の共通点

 

ゲームエンジニアに求められている人物像は、まずは論理的思考が得意な人です。

IT業界においては勘や勢いより、冷静で客観的な視点で組み立てられる人が向いている業務が多いと言えます。

数学や物理の知識がある人も適性があると言えるでしょう。

コミュニケーションスキルがあり、例えば人の悩みを聞き出すのが得意という人、トレンドに敏感な人は企業や市場のニーズをうまく掴む事ができそうです。

そして何より、ゲームが好きで情熱を持って仕事を続けられる事が求められます。

 

【完全無料】仕事タイプ診断で自分に合う職場を調べてみることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけで、職場選びの軸がわかる「IT人材 仕事タイプ診断」を展開しております。

現在の職種と年齢、希望勤務地、簡単な質問に答えることで、自分の価値観に合った職場環境や仕事のスタイルを知ることができる診断コンテンツです。

 

完全無料で診断結果を閲覧できるだけでなく、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、自分に合う会社がわからない、見つからないとお悩みの方は是非ご活用ください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

未経験者がゲームエンジニアを目指す3つの方法

 

コンピューター、コンピューターコード、画面

 

未経験者がゲームエンジニアを目指すめためには、最低限のスキルを身につけておく必要があります。

ここでは、ゲームエンジニアに不可欠なスキルを習得する方法を3つ紹介します。

 

プログラミングを独学で学ぶ

 

費用をかけずに必要なスキルを身につけたいなら、書籍無料動画どを活用して、プログラミングを独学で学ぶとよいでしょう。

その際、知識を暗記するのではなく、実際に自分でプログラミングを行ってみることが維持です。

すでに公開されているWebサイトのソースを、そのまま自分で書いてみるのも方法の一つです。

 

ゲーム業界に役立つ資格を取得する

 

未経験者がゲームエンジニアとして採用されるためには、スキルを証明できる資格を取得するのもおすすめです。

実務経験はなくても、知識やスキルが身についていれば、業務を進められると判断される確率が高まります。

 

プログラミングスクールに通う

 

確実にスキルを身につけたいなら、プログラミングスクールに通うのが一番です。

近年は通学しなくても、オンラインで学習できるスクールがたくさんあります。

即戦力に必要なスキルをポイントを絞って指導してくれるうえ、個別にアドバイスももらえるので、他の方法より上達は早いです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

未経験者がゲームエンジニアとして転職する方法とは

 

書く、計画する、机

 

ゲームエンジニアの転職市場は活況ですが、未経験者が希望をかなえるためには、進め方をしっかり考えておく方が安心です。

ここでは、未経験者がゲームエンジニアとして転職する方法をご紹介します。

 

未経験者の応募を募っている求人を探す

 

ゲームエンジニアの求人の中にも、未経験者を積極的に採用しているものがあります。

プログラマーではなく、テスターデバッガーとしての求人が少なくないからです。

まずテスターやデバッガーとして経験を積んで、プログラマーを目指すのもよいでしょう。

 

ゲーム業界以外でシステムエンジニアとしての経験を積む

 

未経験のゲームエンジニアの求人にいきなり応募するのではなく、業務用システム開発を行っている企業で経験を積む方法もあります。

プログラマーとしての経験があれば、ゲーム業界が初めてでも、濃い条件で転職できる可能性が高くなると予想されます。

 

転職エージェントに登録してサポートを受ける

 

未経験者が自分の適性も踏まえて、ゲームエンジニアとして満足のいく転職をしたいなら、プロのサポートを受けるのが一番です。

特にIT業界に精通している転職エージェントに登録すると、市場動向や企業のニーズを知ることもできるので一石二鳥です。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

未経験者がゲームエンジニアになるためには転職エージェントの活用が必須

 

ブロガー、携帯電話、オフィス

 

ゲームエンジニアとひとくちにいっても、進む業界によって求められるスキルが異なることは前述しました。

そして、プログラミングへの理解度によって、未経験者が学びやすい開発言語も異なります。

IT業界に強い転職エージェントに登録し、キャリアカウンセリングを受けることで、自分の適性を見極める一助となるのです。

また転職においては、職種だけでなく企業との相性も重要です。プロがその点を見極めて求人を紹介してくれるのも魅力でしょう。

 

無料転職相談に登録して自分に合うゲーム業界を探そう

 

 

転職エージェントのサポートを受け、ゲームエンジニアになろう

 

ワードプレス、ブログ、執筆

 

今回は実経年者がゲームエンジニアに転職する方法について、求められるスキルや資格をまじえて解説しました。

より市場価値が高いゲームエンジニアとして活躍するためには、ゲームプログラマーに必要とされるスキル、知識も保有できるよう学習することが肝心です。

ゲームエンジニアとして求められるスキルを習得し、IT業界に強い転職エージェントのサポートを受ければ、気持ちに余裕をもって活動ができます。

プロのアドバイスを受けながら、満足できる異業種転職を果たしましょう。

 

無料転職相談に登録してゲームエンジニアを目指そう

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

作品-731198_1280

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事