1. HOME
  2. Geekly Media
  3. アカウントエグゼクティブの仕事内容を紹介!求められるスキルは?転職エージェントが事例を元に解説します
パソコンから出る手と握手

アカウントエグゼクティブの仕事内容を紹介!求められるスキルは?転職エージェントが事例を元に解説します

アカウントエグゼクティブという職業は、広告代理店や制作会社で必要とされるポジションです。では、どんな役割を担っているポジションでどんなスキルがこの仕事には求められるのでしょうか。アカウントエグゼクティブの仕事の流れや、求められるスキル・人材もふまえてご紹介していきましょう。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

アカウントエグゼクティブとは?

 

ベスト

 

アカウントエグゼクティブとは、法人営業のことです。AEと略したり、アカウントマネージャーと呼ぶこともあります。もとの意味としては、広告代理店の営業担当をするものという意味です。

また「アカウント」というのは「計算」「勘定」という意味をさします。

最近では担当するクライアントの第一責任者として、企画からアフターフォローまで行うためその名称で呼ばれることが多くなっているのです。

 

特徴

 

クライアントの広告主に対して、課題解決のための企画や戦略の提案をします。

そしてそれを達成するための手段を考案したり実際に実行していくのです。

またクライアントの要望を聞きそれを自社のスタッフと共有し、みんなが同じ方向性で進めていけるよう調整します。

そして企画の納品が完了したあともアフターフォローまでするのがアカウントエグゼクティブの特徴です。

 

 

アカウントエグゼクティブってどんな仕事?

 

机の上に並べられた電子機器

 

アカウントエグゼクティブの業務は多岐にわたります。

担当するクライアントがどんな課題を持っているのかを見出し、それに対する戦略を立て実行し、その結果に対するフォローまで行うのです。

その際にはもちろん自社の利益を求めた提案もします。

しかしその中でも決められた予算の中でクライアントの良さを十分に引き出してあげられるような企画やフォローをすることが求められるのです。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

アカウントエグゼクティブの仕事の流れ

 

壁一面に貼られた紙をみている男性

 

クライアント・依頼探し

 

依頼の種類としては、まず1つとして単発の広告と単発ではなくても短期間で終了する広告の依頼の2パターンのケースがあります。

そして2つ目は長いスパンで広告を出すことができる依頼です。

依頼される期間はそれぞれ違いますが、まずはその依頼をどこかの企業から獲得しなければ仕事になりません。

したがって、もとからアカウントエグゼクティブが持っている人脈を使ったり、企業が主催で行っているコンペに参加します。

特に大手の広告になると、何社も候補がある中で仕事を勝ち取らなければいけません。

そのためには、プレゼンテーションをしてアピールをする必要があります。

 

広告を出すスペースを見つける

 

テレビや雑誌、新聞など広告を出せる媒体はいろいろとあります。

ただ広告を出せるスペースというのはどんな媒体であっても決まっており、無限にあるわけではありません。

その広告を出すスペースというのは、初めからスペースが決まっていてその中でちょうどよいサイズの広告を出せる企業を探します。

または広告を出す企業がすでに決まっていて、その内容に合わせた広告のスペースを探していく場合があります。

もしくは、その両方のパターンをかけ合わせた場合と3つの方法があります。

 

広告を出す企業探し

 

獲得した広告スペースの中で、広告を出してもらえる企業を探します。

まずは以前仕事をしたことがある企業やスタッフの中で繋がりのある企業にあたるのです。

それでも広告のスペースに空きが出てしまう場合は、今まで付き合いのなかった企業から新しく見つけていく必要があります。

 

メンバーを集め企画・広告作り

 

広告を出す企業が決まりスペースが埋まったら、次は広告の企画をしていきます。

そのためにはその広告に見合ったスタッフを招集します。そして、クライアントの意向を伝えそれをふまえてどのような企画にするのか案を出し合っていきます。

ここでとても重要なのは、作り出した広告がしっかりクライアントの求められているイメージに合っているかどうかです。

万が一クライアントの求めるものと違った場合、また1から作り直しということになりかねません。

そのような事態を避けるためには、広告を制作するスタッフの中でもしっかり企画の方向性をそろえることが重要です。

そしてスタッフ間でコミュニケーションを常に取り、アウトプットができる環境づくりが大切でしょう。

またどんなに良い広告を作っても、納期に間に合わなければ意味がありません。各担当の作業がスケジュール通りに進むような調整配慮をしなければなりません。

 

納品・報連相

 

企画・制作が完了し、クライアントからも了解がでたら納品し広告として発表です。

ただこれでおしまいというわけではなく、発表後のアフターフォローまで行うのがアカウントエグゼクティブの役目になります。

また納品に至るまでもテレビ広告の場合は撮影現場まで行き、進み具合やイメージ通りに撮影できているかを確認しなければいけません。

広告の制作期間が長期の場合は定期的にクライアント側と連絡を取り、進み具合を報告する必要があります。

 

 

求められるスキル

 

チェックする指

 

アカウントエグゼクティブにはどのようなスキルがあると就職活動や実際の現場において有利なのでしょうか?

 

状況を理解しまとめるスキル

 

クライアントが抱えている問題課題に対して解決へ導くために、的確かつスピーディーに状況を把握・理解するスキルです。

また広告を制作する上で、専門家や各スタッフ、クライアントなどの意見を聞くことが多いでしょう。

したがって多方面からの意見をまとめる能力も必要とされるでしょう。

 

スケジュール管理・行動力のスキル

 

アカウントエグゼクティブはクライアントに提案した企画や戦略を最後まで責任を持って遂行することが求められます。

よって必要とされる過程をしっかりとやりきれる実行力・行動力が必要です。

また、どんなにいい企画を制作したとしても、期限に間に合わなかったら何にもなりません。

納品までにどんなスケジュールで制作工程を進めていけばいいかの管理をしっかりできる力も求められるでしょう。

 

コミュニケーションが円滑に取れるスキル

 

クライアントの課題を解決するために素晴らしい戦略を考えるのは、とても大事なことです。

しかし、それを実行するスタッフやクライアントと連携が取れていないと意味がありません。

職場内ではスタッフの特性を理解し、その力を十分に発揮できるような環境整備をしていきます。

そしてスタッフからの要望を聞き取ったりすることが求められます。

またクライアント側とは、クライアントの要望を聞き企画の方向性をそろえ、作業の進み具合を報告します。

そのためコミュニケーション能力が高いことが求められるでしょう。

 

言語スキル

 

現在広告業界ではまだ世界へ発信しようという傾向は少なく、国内にとどまっています。

ただこれから先の将来を考えると、広告業界も国内だけでなくグローバル化が進むであろうと予想されるでしょう。

そうなったときに「日本語しか話せません」では困ってしまいます。

英語やそれ以外の言語が話せるスキルがあった方が、クライアントとの関わる幅が広がるでしょう。

 

その他

 

日々自分がプライベートでも目にする広告を常に意識的に捉える習慣をつけることも大切です。

どんな媒体にどんな広告を出しているのか、広告の出し方による見ている側の受け取り方などを考えられると、企画にも反映しやすくなります。

どんなときにでも広告の仕事をしているという意識をもち生活できると、入社したあとに実力の伸びを感じられるのではないでしょうか。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

アカウントエグゼクティブの展望

 

紙、ビジネス、金融

 

アカウントエグゼクティブの求人の多くは広告代理店や広告の制作会社から出されています。

このアカウントエグゼクティブというポジションで働く人はさほど多くありません。

 

成長願望のある人は、まず小さな会社で経験を積み、ステップアップとして大きな会社や自分によりマッチした会社に転職することもあります。

 

 

未経験入社も可能

 

ネクタイ

 

アカウントエグゼクティブは広告業界の中でも、未経験での入社がしやすい職種です。

たとえば専門的な知識やパソコンスキルなどが必要な職種だと、そのスキルがないとなかなか受け入れてもらえません。

しかしこの業界の経験者でなくても、コミュニケーション能力が高ければ、入社の選考で高評価をもらいやすいでしょう。

またクライアントとのやりとりや広告を出す際の企業探しなどでは、前職で作った人脈を活用することができます。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

実力・やる気次第で高収入が望める職業

 

グローバル

 

アカウントエグゼクティブの仕事は、獲得した契約数・契約金額・どんな企業と契約を取れたかというところでスキルを判断されます。

そして、それがそのまま報酬へと繋がっていくでしょう。

例えば有名な企業との広告の契約を取れれば、それだけ周りからの評価が上がり高収入の道へまっしぐらです。

ただ、広告業界というのは景気にとても左右されやすいとも言われています。

したがって自分がいくらスキルを持っていても広告を出せる場所がなければ仕方ありません。

そのため対策はあらかじめ考えてから転職先を考えておくといいでしょう。

 

 

年齢別アカウントエグゼクティブの年収

 

紙幣

 

では、年齢別でアカウントエグゼクティブの年収を見てみましょう。中堅から大手広告代理店で働いたと想定したときの年収です。

まず30歳は500〜600万の年収とされています。一般のサラリーマンよりも少し多いくらいではないでしょうか。

では次に35歳は600〜800万の年収とされています。最後に40歳は700〜1000万円です。

数字だけ見るととても高収入な職業だという印象を受けます。

しかしこの収入をもらうためには、幅広く仕事をこなさなければなりません。

クライアント探しからスケジュール調整、撮影現場の確認や最終のフォローなど、アカウントエグゼクティブが担当する部分が多いのが現状です。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

最後に

 

会議室

 

アカウントエグゼクティブは専門的な知識やスキルがなくてもコミュニケーション能力があれば活躍の場が多くある職種です。

また企業としてもこのポジションの人材が少なく積極的に募集をかけているので、転職や未経験での就職も可能性が高いとされています。

広告業界に興味のある方や人との関わることが好きだという方は、こちらの職業に向いているのではないでしょうか。

その場合はぜひ転職エージェントにご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

パソコンから出る手と握手

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事