カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. Perlエンジニアの転職・求人情報を紹介!求められる能力や条件は?転職成功のコツをエージェントが解説
  • 転職準備

Perlエンジニアの転職・求人情報を紹介!求められる能力や条件は?転職成功のコツをエージェントが解説

歴史が長いPerl言語は扱いやすさや活用場面の豊富さから30年経過した今でも様々なシステムに使用されています。しかしPerlエンジニアは減少傾向にあり、既存システムの維持のためにも優秀なPerlエンジニアの確保は急務です。今回はPerlエンジニアの転職求人から、企業が求めるPerlエンジニア像を読み解きます。

バイナリー

Perlエンジニアの転職・求人情報を読み解く

 

プログラミング

 

IT業界ではAIの活用が進み、AIに関連する開発言語が人気を集めています。

転職求人の案件数も多いため、こうした言語を扱えるエンジニアは増えていく一方でしょう。

今回ご紹介するPerlエンジニアは真逆の道をたどると予想されています。

Perlを使った開発件数は減少し、それに伴い求人も減っていく見込みです。

しかしPerlエンジニアの平均年収は他の言語エンジニアと比較して高く推移しています。

要因として考えられるのはPerlエンジニアの減少と取得難易度の高さです。

今回はPerlエンジニアの転職求人に記載されている内容をいくつかご紹介します。

その中から転職の必須条件やスキル、Perlエンジニアとしての転職を成功させるために必要なことを読み取っていきましょう。

 

転職における条件

 

読み込む

 

Perlエンジニアの転職求人に共通する条件にはどういったものがあるのでしょうか。

実際の求人に記載されている条件をご紹介します。

 

実務経験・開発経験

 

Perlを主要開発言語とする転職求人における必須要件をいくつか挙げてみます。

 

・サーバーサイドエンジニア:Web開発経験5年以上

・サーバーサイドエンジニア:Web開発実務経験3年以上

・開発エンジニア:システム開発経験実務1年以上

・フロントエンドエンジニア:フロントエンドエンジニアとしてのWeb開発実務1年以上

 

これらの案件における想定年収は幅広く、300万円〜700万円ほどの設定です。

経験やスキルによって給与額を決定する企業が多く見られます。

開発経験がない方向けの案件はほとんどありません。何かしらの開発経験が必須です。

しかし開発経験であれば必ずしも「実務」とは限らない求人案件もあります。

例えばオープンソース・ソフトウェア(OSS)活動での開発経験も可とする記載がありました。

また転職後の主要開発言語がPerlであっても、Perlを使った開発経験は必須ではない案件が多いのが特徴です。

 

経験さえあれば縛りは少ない

 

求人票に記載されている必須条件のほとんどが開発経験に関する項目です。

また複数の経験は求めておらず、とにかく何かしらの言語を使った開発経験があれば良いというケースが多く見られます。

何の開発をしてきたか、何の運用をしてきたか等の細かい部分は問わないようです。

もちろんPerlでの開発経験があれば「望ましい」という求人がほとんどですが、絶対条件ではありません。

 

Perl転職求人の傾向

 

グラフ低下

 

Perlエンジニアの求人にもかかわらずPerlでの開発経験を必須としないのはなぜなのでしょうか。

Perlエンジニアが置かれている現状やPerlの歴史の長さを知ることで、その理由が見えてきます。

 

Perlエンジニアは不足しつつある

 

Perlは歴史が長い言語です。

新しい言語が次々と生み出される中、読みやすさやモジュールの多さから現在でも多くの開発に使用されています。

しかし現在のシステム開発の主流言語はPHP・Python・Rybyです。

これらの言語はAI開発に使用されており、将来性を見据えた言語選択がなされた結果といえるでしょう。

Perlが生まれてから30年経過し、Perlを主軸にしてきたエンジニアはマネジメント層へと移行する年代に差し掛かっています。

そのためPerlのスペシャリストはもちろん、技術者の絶対数は減少傾向です。

 

Perlエンジニアの案件は今後減少見込み

 

Perlエンジニアの転職求人は、まだ減少に転じているとは言い難い状況です。

しかしこれから徐々に減っていくと考えられます。だからといってPerlエンジニアの需要も減るわけではありません。

素晴らしい言語であるPerlを使ったシステムは現役で動いており、これらの保守管理ができる優秀なエンジニアは不足するのです。

またPerlの良さを生かした新規システムの開発ももちろん行われており、その担い手を求める企業も少なくありません。

システム保守の求人は一定数発生する見込みであり、求人は一旦減少に転じたとしてもすぐに横ばいになるでしょう。

 

求められる能力

 

ひたすらコーディングに励む人と横で教える人の手

 

Perlを使った開発経験は必須ではありませんが、Perlの使用経験があると「望ましい」とする求人は多くあります。

では企業はPerl使用経験者にどういったスキルを求めているのでしょうか。

実際の求人案件に掲載されている情報をご紹介します。

 

Perl以外での開発経験

 

Perlエンジニアの求人において、Perl言語での開発経験は不要でも何らかの開発経験が求められます。

つまりPerl以外の言語を使った開発経験が必要です。

 

・Java

・Ruby

・PHP

・Python

・SQL 等

 

これらの言語にプラスしてPerl言語による開発経験があると望ましい、という求人が複数あります。

Perlでの開発だけでなく別言語での開発も並行して行っている企業の場合、当然複数言語を求めるでしょう。

優秀なエンジニアであればPerlだけでなく別プロジェクトにアサインしたいと思うのは当然です。

 

既存システムのコード読解

 

Growthと書かれた赤いPCキーボードの上に置かれた黄金の鍵

 

Perlで開発した既存システムの保守管理業務もPerlエンジニアの仕事です。

Perlの利点として、1つの動作をさせるための記述方法が複数あることが挙げられます。

つまりコーディングを担当したエンジニアによって、書き方が少しずつ異なる可能性があるのです。

こうしたコードを正確に読み取り、現在のシステム状況を維持したまま管理していくことが求められます。

 

フレームワークを活用できる

 

Perlはフレームワークを使用することで開発の効率を上げることができます。

適切なフレームワークを選択して短期間で目的のシステムが構築できれば、Perlエンジニアとしての市場価値が高まっていくでしょう。

 

Perlエンジニアを求めている業界

 

数冊の分厚い参考書を手に提げる男性

 

Perlは歴史が長いだけでなく、活用場面が幅広いという特徴を持っています。

現在のPerlエンジニア求人の多くはWebアプリの開発が中心ですが、それ以外にも以下のような用途に使用できる言語です。

 

・データ処理やデータベースのシステム構築

・文書ファイルの検索や置換

・グラフィックスプログラミング

・スマホアプリ構築

 

Perlはもともとテキストファイル(.txt)を扱うために作られた言語であり、文字列検索や置換などが強みです。

もちろん文字列に強いということは数値データにも強いため、データ分析に活用されるケースが多く見られます。

 

無料転職相談に登録してPerlエンジニア転職を成功させよう

 

転職を成功させるには

 

質問集

 

求人数は今後減ると考えられるものの、Perlエンジニア自体の数が少ないことから激戦区にはなりにくい職種だといえます。

だからといって転職難易度が低いわけではありません。

Perlは習得が難しい言語とされており、これまでPerl開発のみを行ってきたエンジニアであればかなりのスキルを持っているはずです。

こうした方が応募者にいた場合、できるだけ優位に立たなければ転職は成功しないでしょう。

Perlエンジニアとしての転職を成功させるためのポイントを3つご紹介します。

 

Perl以外の開発言語習得

 

Perlしか扱ったことがない方に対して差をつけるのであれば、複数の開発言語を習得しておくのがベストです。

近年の言語であればドキュメントも充実していますし、扱いやすさ・学びやすさでいえばPerlよりも上でしょう。

今はOSSを活用することもできるため、複数の言語に慣れ親しんでおきましょう。

 

様々な業界への興味関心を持っておく

 

離れる,足,靴

 

Perl言語は様々な業界で使用されており、希望の業界を絞り込んでしまうと求人の選択肢も自ずと減っていきます。

Perlの活用場面や業界を知っておき、それらについての興味関心を常に持っておくことが重要です。

 

モジュールの組み合わせに強くなる

 

開発速度の速さはエンジニアとしてのスキルの高さとして評価されます。

Perlの場合はすでに複数のモジュールが開発されているため、うまく活用することで迅速な開発が可能です。

 

企業が求める人材

 

手のひらに乗せた水の球体の中にたくさんのLearningの文字

 

Perlエンジニアの求人情報の中で知っておきたいのが「求める人物像」の傾向です。

ともに働く仲間にどういった人間的魅力を求めているのでしょうか。

実際の求人案件に記載されている人物像をいくつか挙げてみます。

 

新しい技術やサービスに興味を持っている

 

どうしても古く見られがちなPerlですが、それを現在のIT業界でうまく活用できればPerl開発全体が活性化するでしょう。

またPerlのみに偏って既存システムの整備がメインになると、別プロジェクトに参加するチャンスを失ってしまう可能性もあります。

知識もスキルも常に新しい状態に保ち、ITの最新知見も取り入れておきましょう。

これによって柔軟な発想ができ、企業に貢献することができます。

 

地道な作業に取り組める

 

既存のコードをベースにするよりも新しくコードを組み上げていくことにやりがいを感じる人もいるでしょう。

しかしPerlの求人案件では保守管理業務も多くあります。

地味な作業ですが、そのシステムを必要とする人がいることに間違いありません。

そうしたニーズを常に考え、コツコツと業務を遂行できる人材が求められているのです。

 

まとめ

 

男性が手に持つタブレットから浮かび上がるSKILLS・ABILITY・KNOWLEDGEなどの文字

 

IT人材は不足しているものの、IT転職は容易ではありません。優れた技術を持っている人材は数多くいます。

そうした中で転職を成功させるためには、何らかの差別化スキルを持っておく必要があります。

Perlエンジニアは他のエンジニアとの差別化ができる職種です。ぜひスキルを磨いて転職を成功させましょう。

Perlを使った新規開発や保守管理など、Perlエンジニアの求人は様々です。

ご自身の経験やスキルに合う求人を探すためには、ぜひ転職エージェントをご活用ください。

 

無料転職相談に登録してPerlエンジニア転職を成功させよう

Geekly Media
ライター

バイナリー

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。