1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. ITスペシャリストを徹底解説!仕事内容や役割、役に立つ資格は?キャリアについてもお伝えします
  • 職種・ポジション

ITスペシャリストを徹底解説!仕事内容や役割、役に立つ資格は?キャリアについてもお伝えします

IT業界において、その高い専門知識とスキルから需要が高いITスペシャリスト。技術職の中でも特に専門性が求められ、システムエンジニアのキャリアパスの候補にもなる職種です。今回はそんなITスペシャリストについて、仕事内容や役割をご紹介。役立つ資格やITスペシャリストのキャリアについて徹底解説します。

スマートフォンとキーボード

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

ITスペシャリストとは

 

ホームオフィス

 

ITスペシャリストはIT技術の専門家として、技術面でプロジェクトを支える職種です。

具体的なITスペシャリストの定義は、ITスキル標準(ITTS)によって定められており、専門分野のいずれかでレベル3以上と認定されたエンジニアを指します。

システムを構築、運用する際に必要な専門性の高い知識・スキルを提供することで、プロジェクトの土台となっているのです。

 

ITスペシャリストと比較すると、システムエンジニアはシステムに対しての幅広い知識が求められる職種といって良いでしょう。

反対に、ITスペシャリストには専門分野に対しての深い知識とスキルが求められます。

つまりITスペシャリストは、専門分野に特化することでプロジェクトの技術的なサポートを行う職種なのです。

基本的なIT技術に対しての知識は備えつつも、専門分野を絞り、それに特化した仕事を行うのがITスペシャリストという職業だといえるでしょう。

 

ITスペシャリストが扱う6つの専門分野

 

コーヒーとラップトップ

 

次はITスペシャリストが扱う専門分野を紹介していきましょう。

先ほどご紹介した、ITTSにおいて、その専門分野は全部で6つに区分されています。

 

プラットフォーム

 

アプリケーションやシステムを開発する際に土台となる、プラットフォーム。

主にOS、ミドルウェアの設計から運用までの工程に携わります。

システムを構築する上での枠組みとなるのがプラットフォームです。それに関する全てを請け負ってシステムの基盤にトラブルが起きないようにするのが仕事です。

またシステムリリース後の障害対応運用管理なども行います。

 

システム

 

システム設計や構築から運用、システム管理までを行います。

またハードウェアやソフトウェア、アプリケーションなどの導入にも携わり、システム全体を助けるのが仕事です。

システムがきちんと稼働するかどうかシステム障害などが生じた場合の対応なども、仕事に含まれます。

 

セキュリティ

 

オフィスワーク

 

セキュリティの分野では、セキュリティシステムコンポーネント設計・構築・運用を行います。

セキュリティの甘さによって個人情報の漏えいや情報流出などが起これば、企業の社会的信用の失墜に繋がるでしょう。

企業にとって重要な情報を厳重に保管できるセキュリティを構築する必要があります。

 

ネットワーク

 

ネットワークの分野では、企業のネットワークの設計・構築・運用を手がけます。

IT企業において、ネットワークは情報の送受信に欠かせないもの。

快適なネットワークを提供し、常に安定した環境を提供するのが仕事です。

 

データベース

 

アプリケーション、システムに関わるデータが収納されるデータベースを設計・構築します。

データベースは、企業の重要なデータを管理する上で欠かすことのできないものです。

運用に支障がなく、効率的なデータベース作りを目指します。

 

アプリケーション基盤

 

アプリケーションの土台部分である、「フレームワーク」を専門分野とするITスペシャリストもいます。

システムに適したソフトウェアなどを選定したり、ツールの開発・導入を行ったりして、システムの枠組みを作り上げるのが仕事です。

システムがどのような意図で作られるかなどを汲み取り、それに適したフレームワークを作ります。

 

ITスペシャリストに求められる役割

 

ビジネス道具

 

ITスペシャリストに求められるのは、自身の専門分野に対しての高い専門知識とスキルです。

上記に挙げたそれぞれの専門分野に対して特化し、その分野での卓越した技術が必要とされます。

 

もちろんそれだけに留まらず、関連する領域に対しての知識も身につけることも大切です。専門分野に関しての深い知識を期待されながらも、幅広い視点を持つことも求められます。

業務においては、専門分野の要件定義から運用まで、プロジェクトの一連の流れの中で専門的な技術面を担う職種です。

 

またシステムを構築する中でクライアントやチームと意見を交換することも求められます。

技術力だけでなく、コミュニケーション能力も必要な職種であるといえるでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

ITスペシャリストが取得するべき資格

 

スマートフォン

 

ここではITスペシャリストとして活躍していく上で、その技術と知識を企業に証明する上で最適な資格をご紹介します。

深い専門知識が必要とされる職種であるため、試験は難関ばかりです。自身に最適な試験を以下から見つけましょう。

 

データベーススペシャリスト試験

 

情報処理技術者試験の1区分である、データベーススペシャリスト試験。

この試験は、データベース分野で仕事をするITスペシャリストを目指す方におすすめの試験となっています。

要件定義から運用・保守まで、データベースの仕事内容に関する知識が幅広く問われる試験です。

 

ネットワークスペシャリスト試験

 

こちらのネットワークスペシャリスト試験も、情報処理技術者試験の1区分となっています。

ネットワークを専門とするITスペシャリストを目指す方におすすめの試験です。ネットワークの技術やサービスに関する知識を問われます。

それ以外にも、クライアントの要求などを理解できるかどうかやネットワーク企業に関しての問題も出題される試験です。

ネットワークに関しての包括的な知識とスキルが問われます。

 

応用情報技術者試験

 

ITに関する幅広い知識を問われるため、スペシャリストにとっては専門分野外の知識も必要とされる試験です。基本情報技術者試験の次の段階に設定されています。

この資格を取得することで、IT企業で働く上で欠かせない知識を兼ね備えていることを証明できます。

試験の中では、システムの開発をする上で、自身の担う仕事を理解し遂行できるかも問われます。

個々の仕事を把握し、プロジェクト全体の流れも把握していることが求められる試験です。

この試験の取得に向けて勉強することで、プロジェクト全体を見渡すことのできるスキルを身に付けられます。

 

ITストラテジスト試験

 

ノートとペン

 

この試験は、その名の通り、現場を動かすITストラテジストとしての適性をみる国家資格です。

経営や事業戦略などの知識や、プロジェクトの計画の仕方、システムに関する知識も問われます。

また、それと同時にプログラミングを始めとした技術的なスキルも問われる試験です。エンジニアとしてのスキルと、現場を動かすスキルの両方が必要とされます。

ITスペシャリストとしてのスキルアップにも繋がる試験です。

 

システムアーキテクト試験

 

ITストラテジストからの要求を受けてシステム開発の要件定義から設計・開発までを主導する人材に向けた試験です。

セキュリティ、ソフトウェア、データベースなど、多様な分野に関しての知識が問われます。

主にシステムエンジニアを対象とした試験ですが、上流工程から現場で仕事を行うITスペシャリストにとってもプラスとなる試験です。

 

ITスペシャリストの年収

 

デスクトップ

 

ITスキル標準(ITSS)のレベル3以上の専門知識を有する人という定義がされているITスペシャリスト。

その専門知識の深さに応じて、年収も変化していきます。

ITスペシャリスト全体での平均年収は600万円程度です。

しかし、レベル6のITスペシャリストになると、1000万円を超えることが可能となっています。このクラスになると国内でも名の知れるようになるでしょう。

自分の技術力に自信があり、尚且つこれからも知識とスキルを磨いていける方は1000万円も夢ではありません。

資格を取るなどして、そのスキルを証明していきましょう。ITのシステムの専門家として、腕を磨いていくことが年収アップに繋がっていく職種です。

 

ITスペシャリストには、新技術への理解が必要となる

 

タイピング

 

また、スペシャリストとして働く上で欠かせないのが、日々刻々と変化していく技術への知見です。

新しい技術に対しての理解が無ければ、現場での専門家としての役目を果たせなくなってしまいます。新しいシステムを開発する上で、新技術への知識は必要不可欠なのです。

スペシャリストとしての技術を保つため常に新しい知識を取り入れ、スキルを磨くことが必要となるでしょう。

それは自身の仕事を守ることにも必ず繋がっていきます。常に専門分野の新技術を学習するのは大変ですが、それが自身のキャリアアップにも繋がっていくのは間違いありません。

 

ITスペシャリストへの転職

 

ITスペシャリストへ転職する際には、高いスキルレベルが必要となります。

またシステムエンジニアなどよりも、1つの分野に対しての深い専門知識が求められるのも特徴です。

多くの場合、ITスペシャリストへの転職は他のエンジニア職からの転職となります。

その専門性の高さゆえに、エンジニア職未経験からの転職は難しいでしょう。エンジニア職未経験の方は、まずはシステムエンジニアなどとして現場での経験を積むのが良いと考えられます。

そうして経験を積んでいく中で得意分野を見つけて、それを専門分野とする事でITスペシャリストの道も切り拓けるかもしれません。

 

ITスペシャリストからのキャリアパス

 

プログラミング

 

ITスペシャリストは、その特性ゆえに現場で求められることの多い職種です。

そのため、転職せずにそのまま仕事を続けていく人もいます。転職する場合、プロジェクトマネージャーなどプロジェクトを統括する職種を選ぶこともあります。

また、ITアーキテクトとしてシステム全体のアーキテクチャを担当することもあるでしょう。フルスタックエンジニアとして、全ての開発を1人で手がけるようになる場合もあるようです。

この場合、全ての専門分野に対しての深い知識と技術が求められます。

IT業界におけるキャリアパスは多様化していますが、ITスペシャリストで培った経験は決して無駄にならないでしょう。

転職せず高度な技術職である、ITスペシャリストとして更に年収を伸ばしていくのも1つの道だといえます。

 

まとめ

 

タブレットを持つ人

 

今回はITスペシャリストの仕事内容と役割について解説してきました。

エンジニア職の中でも、専門分野に特化した職種であるITスペシャリスト。

他の職種と比べても、高い技術力豊富な知識が要求される仕事です。その専門知識の証明には、今回ご紹介したような資格が最適でしょう。

現在までエンジニア職として活躍してきており、今キャリアアップを考えている方にぴったりの職種です。

この機会にぜひITスペシャリストへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー