1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 半導体エンジニアの将来性について解説!仕事内容や必要な資格は?転職成功のコツをエージェントが紹介
半導体全体の画像

半導体エンジニアの将来性について解説!仕事内容や必要な資格は?転職成功のコツをエージェントが紹介

日本が誇る技術の1つだったのが半導体です。しかし今半導体業界は大きな節目に来ています。半導体エンジニアとしての将来性はどうなのかを中心に、その仕事内容や資格・スキルなどを紹介しながら半導体エンジニアの未来を見ていく特集です。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

半導体業界の現状は大丈夫なのか?

 

半導体の画像

 

半導体が登場した時は業績推移が上昇しましたが、2007年ごろから数年にかけ大幅に減少しその後は増減を繰り返した横ばい状態です。

パソコン・携帯電話・車載電装品といった分野が伸び悩んだことが原因となっています。

2013年以降よりスマートフォン向けの需要拡大やIoT需要により回復の兆しが見えています。

スマートフォン向けなシフトは限界があるので、今後はIoT向けを代表とした新たな生産が期待されてもいるようです。

しかしまだまだ半導体業界は未開の地で必要な技術や発見されていない方法もたくさんあります。

そのような状況での半導体エンジニアの活躍はさらなる可能性を秘めているのです。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

半導体エンジニアの仕事内容

 

半導体制作の画像

 

家電・自動車・スマホなど日常生活に欠かせない製品の奥には部品として半導体が組み込まれています。

その半導体の集積回路を設計しているのが半導体エンジニアの役割です。

設計の行程は段階に分かれ、半導体の機能目的を明確にするためのシステム設計から始まります。

その後電子回路のロジック設計・細かい電子回路の設計・ICチップ中のレイアウト設計と経ていく流れです。

半導体エンジニアとして転職した場合には各設計業務が分担されているか一人ですべてを行うかは企業の方針で違ってきます。

 

プロセスエンジニア

 

半導体エンジニアを大きく分けると2つ種類があります。

まずは製造過程での設備・管理、生産計画を立てるエンジニアがプロセスエンジニアです。

製品のデータ分析やトラブルの監視もする上流レベルの役目を持ちます。

またプロセスエンジニアは半導体の製造だけではなく、さまざまなものづくりの過程にかかわっている重要な職種でもあります。

 

半導体エンジニア

 

半導体エンジニアは一般的な設計を担当する技術者です。

安全性および品質の保持・生産性効率向上を重視したスキルが必要な現場のエンジニアといえるでしょう。

通常の業界・企業にて多くはこの半導体エンジニアとして仕事をしています。

 

 

半導体エンジニアに向いているスキル

 

道路の画像

 

半導体の製造をする以上それなりに高い知識や技術が必要なことは言うまでもありません。

半導体エンジニアとして特性があるのは以下のような条件に当てはまるタイプの人物です。

 

・とにかくものづくりが大好きである

・1つのことを飽きずに最後までやりとげる

・電化が好きで最新情報をいつも気にしている

 

これらの条件に加えてさらに大切なのがコミュニケーションスキルを持っていることです。

現場に限らずあらゆるシーンにてヒントを得て問題解決などに生かすには多くの人々とのかかわりを育んでいるかに掛っています。

半導体エンジニアは他の多くの部署からも頼りにされます。

それは製品が完成して以降も安全と効率性の高さを支えるのに重要な役目だからです。

コミュニケーションを大切にするエンジニアが確実な製品を生み出します。

 

 

半導体エンジニアに必要な資格

 

半導体エンジニアになるための必須な資格というものはありません。特別な資格を所持していなくても半導体エンジニアとして成立します。

ただし業務上で知識を向上させたい場合や技術を生かせるための資格試験がいくつかあります。

 

半導体技術者検定

 

半導体技術者検定は元々「半導体テスト技術者検定」としてスタートした技術者のための検定試験です。

技術者の地位向上・社会認知度の向上を目的に半導体の基礎から品質保証に至るまでの一定基準の知識を見極める内容です。

特にこれから半導体業界を目指そうとする学生や転職志望者には最適な出題範囲でもあります。

企業研修のための教養習得ツールとしても活用ができる検定です。

 

ディジタル技術検定

 

半導体のアップ画像

 

ディジタル技術検定は半導体の仕組みについて理解するのに役立つ資格です。その内容は回路理論・通信など広範囲に及びます。

転職をする際でも半導体の技術者として証明する時に役立つでしょう。

レベルは初歩の4級から実務指導レベルである1級まで区分されています。各段階を経ながら計画的に試験勉強ができます。

 

CAD利用技術者試験

 

CAD利用技術者試験は、CADを実践的に使う業務の方に向いている資格です。

CADは土木建築業や機械メーカーの設計などに多く使用されています。

そのスキルを明確化できて客観的評価にもつながる試験として普及されてきました。

CADを勉強している学生から実際に設計や製図業務でCADシステムを利用する人に向いている資格です。

そのため2次元・3次元などのいくつかのグレードに区分されています。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

半導体エンジニアで長く続けるコツ

 

板書する画像

 

半導体エンジニアの仕事の良さについて現場のエンジニアたちの多くがものづくりの楽しさがあることをあげています。

新製品開発ではベテランでも困難にぶつかりつつも達成感があることがやりがいになっているそうです。

ここでは半導体エンジニアとして転職したら長く続けていくためのコツや心得を解説していきます。

 

常に尖った感性を持ち続ける

 

半導体業界はシビアな世界でもあります。自コンセプトがない凡庸な半導体メーカーは淘汰されてしまうのが常です。

今までにも日本の半導体メーカーの多くが海外企業に買収される統廃合が当たり前な場所といえます。

半導体エンジニアが心得ておくべきことの1つは尖った独自コンセプトを追求する姿勢です。

まずは自分の強みを証明して生かせる試みをしていきましょう。

 

とにかく技術がすべてと心得る

 

半導体エンジニアとして息の長い仕事をしたいのであれば技術力を磨くことが命題です。

半導体エンジニアはもし会社が合併しリストラされたとしても技術力さえあれば再起できるのが特徴といえます。

理論に基づいた本当の技術力があればあらゆる半導体メーカーに転職しても使えるからです。

現実的な業務の中では技術力が身につくものとそうでないものが混在している可能性があります。

楽をしたいからとルーティーンな仕事で満足していると技術力が身につかないので、実務経験者としての価値も上がりません。

自分がやれること以上の進歩を常に考えつつ行動をしましょう。

 

マルチな技術を追求する

 

複数分野を詳しく知る意欲は半導体エンジニアとして生き残るために重要です。半導体の性能は複数分野が影響し合って成立します。

1つの分野と技術を極めれば終わりではなく、複数分野の技術を幅広く学んでいくことで実践でも応用できるようになるからです。

そのためには最新技術の情報にも精通しているよう普段から意識しましょう。

 

英語のスキルを磨いていく

 

もし転職として半導体エンジニアを志望するのであれば、技術スキルとともに英語スキルも磨いていくとよいでしょう。

半導体業界の最新トレンドは概ねでアメリカからの発信が多いという現状です。

常に最新情報を得るためにはインターネット上にある英語の論文などを閲覧することも必要です。

今後の半導体エンジニアは英語の読解力を中心にスキルを高めた人物が生き残ることでしょう。

海外の技術書が邦訳されて登場するまでには、早くとも3カ月は要するといわれています。その期間は立ち遅れているのです。

それならば少しでも英語の原文そのままで情報が得られるくらいの英語力があれば全く進展が違っていきます。

 

 

半導体エンジニアの平均年収

 

1ドル札の画像

 

半導体エンジニアの平均年収は約530万円前後です。日本の一般企業の平均年収と比較してみると高額な印象があります。

月収換算した場合には44万円程度といったところです。他のIT系エンジニアの平均年収と比較するとちょうど中間くらいの額でもあります。

今後のキャリアアップに半導体エンジニアの経験を生かして転職を図りたい場合は世界トップクラスな外資系企業をねらうとよいでしょう。

国内に半導体開発の拠点を設けている案件も目立っています。

外資系エンジニアになれば年収は倍の1500万円以上の破格になることも夢ではありません。

 

半導体エンジニアの将来性

 

地球儀の画像

 

この数年間は半導体の使用が一定を満たしているため業界は厳しい現状だといわれています。

しばらくは半導体業界での革新的な動きは見えてこないともいわれています。では本当に未来は不安だらけなのでしょうか?

実際には半導体エンジニアの世界ではまだまだ果たしてほしい課題が残されています

 

現状では他国に押されている

 

日本に半導体エンジニアという業種が存在し始めて実に50年という長い歴史が刻まれています。

自社開発・製造による半導体のブームは世界を驚愕させてきました。

しかし近年では中国・台湾・韓国などの近隣国が著しい発展を遂げています。

今の日本の半導体業界は特にアジア圏での競争の渦中にいるといえます。生き残りをかけて競っている最中です。

 

新たな製品や分野が必要としている

 

今後の半導体業界の未来が有望だとされる理由は新しい技術改革の中で組み込まれる期待があるからです。

例えばAIやIOTの活用とスマートフォンの普及・自動運転技術の進歩などが性能の高い半導体を必要としています。

他にも医療やヘルスケア分野でも同様です。世界水準で見渡しても半導体は成長をすると予測されています。

そこで世界に負けない半導体技術や事業展開をすることができれば、日本の半導体業界も波に乗れるはずです。

 

日本の半導体業界はこれからが重要

 

他国に押されているとはいえ半導体業界が下火になってしまったわけではありません。

将来的に半導体技術の新しい着目点が見いだされて、さらに活性化する可能性を秘めています。

今から半導体エンジニアとして転職してくれる人材がいることが、日本にとっての希望的観測でもあるのです。

あらゆる電気製品に半導体技術が積極的に使われている以上は、まだまだ半導体業界の見通しが明るいといえます。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

まとめ

 

基盤の画像

 

業界全体が一旦落ち着いている雰囲気に包まれているため、半導体エンジニアの将来は見通しが悪いという印象があります。

しかし半導体エンジニアはまだまだこれからも必要とされている職業です。

現在も比較的に年収は高く実務経験の重ね方次第でキャリアアップがさらに可能な明るい兆候も出てきています。

技術力や設計力を高めた世界を驚かせるエンジニアが登場することも夢ではありません。

 

半導体エンジニアの求人を紹介してもらう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

半導体全体の画像

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事