1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 半導体エンジニアの志望動機の書き方を解説!盛り込むべき内容は?例文とともに転職エージェントが紹介
チップ

半導体エンジニアの志望動機の書き方を解説!盛り込むべき内容は?例文とともに転職エージェントが紹介

半導体エンジニアとはどのような仕事でしょうか。本項では半導体エンジニアの仕事内容や半導体エンジニアに転職するための志望動機の書き方を例文とともに解説していきます。半導体エンジニアに必要な知識を習得して、良い転職活動に繋げていきましょう。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

 半導体エンジニアの仕事内容

  風景  

半導体エンジニアはどのような仕事をしているでしょうか。

半導体の特徴を見ながら、半導体エンジニアの仕事内容を紹介していきます。

 

半導体エンジニアとは

 

半導体エンジニアは私たちの周りにある電化製品に組み込まれている部品を扱う仕事です。

私たちの暮らしには半導体エンジニアの技術がたくさん活かされています。

半導体とは電気を通す導体と電気と通さない絶縁体の中間点にある物質で、半導体エンジニアはこれらの物質を扱う仕事です。

身の回りの電化製品だけでなく、インフラ環境設備にも組み込まれています。

半導体エンジニアは私たちの暮らしにはなくてはならない存在でしょう。

 

半導体エンジニアの需要

 

半導体は我々の身の回りにあるあらゆる製品のパーツになっています。

多くの製品が半導体の力を得て稼働しています。

私たちの暮らしは半導体の部品で成り立っているといっても過言ではありません。

半導体技術は技術の発展にも必要不可欠です。

特にIoTの分野で注目されているセンサーは半導体が大きく関わってくるものです。

技術の発展と共に半導体エンジニアの需要もますます高まっていくことでしょう。

 

半導体業界の現状

  チップ  

半導体業界にはどのような企業が活動しているでしょうか。

 

半導体メーカー

 

半導体メーカーは半導体などを作る会社です。

半導体メーカーは歴史が長く、分業化が進んでいます。

半導体のみを制作する会社もあれば、半導体に付随する装置を作る会社もあります。

半導体自身の検査をする装置を作るメーカーなどがあるのです。

 

半導体商社

 

半導体を扱う商社では半導体と電化製品をつないで1つの製品にします。

あらゆる部品のメーカーを仲介して1つの製品を作るのです。

部品は単体では作動せず、他の部品と組み合わせて作動します。

半導体メーカー間、あるいは電化製品のメーカーとを仲介するのです。

部品と部品を繋いで1つの製品を生み出す商社はビジネスの橋渡し役といえるでしょう。

 

半導体エンジニアの将来性

  チップ  

半導体エンジニアは将来性の高い職種であると言われています。

何故将来性が高いのか、半導体の技術の使い道について見ていきましょう。

 

IoTなどの技術との組み合わせ

 

IT技術が発達し、今後はIoTの分野が伸びるとされています。

IoTとはInternet of Thingsの略称で、家電などのモノをインターネットに接続する技術です。

あらゆるものがインターネットに接続され、便利に活用できるようになります。

モノを作るには部品が必要です。

IoTの発展には、モノを構築する部品である半導体の技術が必要不可欠なのです。

 

ビッグデータと半導体

 

ビッグデータの技術にも半導体は関わってきます。

端末に搭載されたセンサーは人間の操作を記憶し、それをビッグデータに接続します。

接続した結果、過去のデータから分析して学習するのがAI(人工知能)の仕組みです。

これらセンサーの役割を担うのが半導体となります。

AIが学習をするのにはセンサーの役割が必要不可欠でしょう。

人間は目や耳などで得た情報を脳で処理をしますが、機械にとってはその目や耳の機関が半導体の役割です。

半導体の技術は人の手を助けるだけでなく、機械学習によるAIの発展にも役立つでしょう。

 

半導体の需要増加

 

これまでに紹介したIoTやビッグデータは今後ますます伸びていく分野とされています。

IoTやビッグデータの需要増加に連動して半導体の需要も伸びていくでしょう。

半導体エンジニアは世界的な技術発展と共に需要が伸びていく将来性豊かな仕事であるといえます。

 

自動運転と半導体

  風景  

半導体を活用する先端技術の代表例が自動運転です。

半導体が自動運転の分野にどのように活用されているか紹介します。

 

自動運転の進歩

 

自動運転とは、人の手を使わずに自動車を運転する技術です。

特にAIやビッグデータの技術進歩に伴い、自動運転は注目されています。

今後5Gなどの情報通信技術も発達してますます自動運転は盛り上がりを見せるでしょう。

技術の発展には課題もつきもので、半導体の技術はそれらを解決するのに必須でしょう。

時代の進歩と共に歩むのが半導体エンジニアのスキルといえます。

 

自動運転に使われる半導体

 

半導体が今後伸びるとされる分野は自動車の分野です。

自動車の部品には半導体が多く使われています。

既存の自動車部品や自動運転技術の組み合わせにより自動運転は発達していくでしょう。

今後成長する分野とされる自動運転の分野に関わる半導体は成長する産業であるといえます。

 

半導体エンジニアの志望動機

  チップ  

半導体エンジニアが転職するには、どのような志望動機があるでしょうか。

志望動機に盛り込むべき内容と、その具体例を紹介します。

 

志望動機の書き方

 

志望動機に重要なのはオリジナリティです。

何故この企業でなければいけないかを主張する必要があります。

採用担当者としては転職希望者が転職後に何を実現できるかを見極めます。

転職希望者が入社後にどういった活躍をしてくれるかを判断するのです。

志望動機は本当に入社する意思があるのかを確認する手段でもあります。

曖昧な志望動機を作ってしまうと、内定を出しても断られる可能性も疑われてしまいます。

 

半導体エンジニアの志望動機に盛り込むべき内容

 

志望動機には具体的なエピソードを盛り込むべきです。

具体的なエピソードを話すことで、ご自身の仕事内容をイメージさせることができるでしょう。

業務知識を習熟しているとアピールしていることにも繋がります。

面接担当者としては、業務に習熟している人を即戦力として採用したいものです。

入社後に自分が働いている姿をイメージしながらエピソードを盛り込むといいでしょう。

 

志望動機の例文

 

私が御社に志望した理由は御社のチャレンジ精神溢れる社風に共感したためです。

私は未知の分野に挑戦することが好きで、これまでも多くのことに挑戦してきました。

半導体エンジニアの業務は知らないことの連続で、私のキャリアはチャレンジに溢れていました。

今後も更なる領域の業務にチャレンジし続けたいと考えています。

チャレンジ精神を絶やさない御社であれば、私のチャレンジも続けられるでしょう。

スキルを更に磨きながら精進していきたいと考えています。

 

メールマガジン会員限定

自己分析からキャリアプラン作成まで
役立つワークシート

こんな方におすすめ

  • キャリアプランを見つけたい
  • キャリアの方向性を再確認して仕事のモチベーションを上げたい
  • 能力や興味に合った新しいキャリアの方向性を見つけたい

いますぐダウンロード

 

半導体エンジニアに求められるスキル

  チップ  

半導体エンジニアにはどのようなスキルが求められるでしょうか。

 

半導体の実務経験

 

半導体エンジニアはとにかく手を動かすことが必要です。

実際に手を動かして物事を作っていくスキルや経験が求められるでしょう。

実務経験をアピールするためには成果物のアピールが有効でしょう。

過去に作った成果物などがあれば、それに携わったエピソードなどをアピールしましょう。

 

語学スキル

 

半導体エンジニアは海外企業とプロジェクトを組むことが多く、語学が堪能であることが求められます。

ある程度の語学スキルを習得しているのが好ましいでしょう。

語学は必須ではありませんが、コミュニケーションには重要なツールです。

語学、特に英語や中国語などは使えると業務の幅も広がるでしょう。

 

半導体エンジニアに転職するには

  チップ  

半導体エンジニアに転職するには何をすればいいでしょうか。

 

求人票を確認する

 

転職したいと考えたら求人票を確認してみましょう。

思わぬ好条件の求人が存在する場合があります。

求人を見ることで自分の転職市場価値が分かる場合もあるでしょう。

 

転職エージェントに相談する

 

転職エージェントは転職相談のプロです。

数多くの転職希望者を転職成功に導いた実績があります。

気軽な相談から転職成功に導いた例もあります。

少しでも転職に興味をお持ちでしたら、気軽に無料相談をしてみましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

半導体エンジニアの年収

  チップ  

半導体エンジニアの年収はどれほどでしょうか。

 

半導体エンジニアは年収が高い

 

半導体エンジニアの平均年収は500万円~600万円です。

日本人の平均年収が400万円ほどであることから、半導体エンジニアは高年収といえるでしょう。

専門性を有することから、誰でもできる仕事ではないということが高年収の背景にあります。

一朝一夕には身につかない仕事ですが、着実にキャリアアップできる仕事であるともいえるでしょう。

 

社会になくてはならない仕事

 

ITの高度化が進み、人が行う仕事はAIやロボットなどにシフトしていく傾向があります。

半導体エンジニアにおいてはそのスキルは必ず生き続けます。

ある程度は機械に任せられる仕事も出てくるでしょう。

しかし、専門性の高い仕事であるためメンテナンスは必ず人の手が必要になります。

専門的な知識やスキルを有する半導体エンジニアは今後もなくてはならない存在になるでしょう。

 

半導体エンジニアのやりがい

  車  

半導体エンジニアはものづくりの根幹に携わる仕事です。

作業の1つ1つに緻密さが求められ、1つの失敗が命取りになります。

その分やりがいの大きい仕事であるともいえるでしょう。

ものづくりが好きで、責任感が強いという人に向いている仕事であるといえます。

 

まとめ

  機械  

半導体エンジニアの転職事情について見ていきました。

半導体エンジニアは私たちの生活に欠かせない存在です。

専門的な技術を要し、社会的にも非常に価値のある仕事であるといえるでしょう。

年収が高く、今後成長する産業であることも大きな魅力です。

 

半導体エンジニアに転職するためには志望動機を正しく作ることが重要です。

転職活動をするには転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントの数多の経験で志望動機をブラッシュアップできるでしょう。

半導体エンジニアのことを正しく理解し、良い転職活動に繋げてください。

 

半導体エンジニアの求人を紹介してもらう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

チップ

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事