1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 環境エンジニアの志望動機の書き方を解説!ポイントやNG例は?転職エージェントが例文を用いて紹介します
環境保全のイメージ

環境エンジニアの志望動機の書き方を解説!ポイントやNG例は?転職エージェントが例文を用いて紹介します

環境エンジニアの転職にはどのような志望動機を書けばいいのでしょうか。今回は環境エンジニアの志望動機の書き方を例文やNG例を用いてご紹介します。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

環境エンジニアの仕事は?どんな転職先にはどんなところがある?

  森林  

環境エンジニアは環境保全に関わる職種の1つです。

まずは環境エンジニアの仕事内容や転職先についてご紹介します。

 

どんな仕事をしている?

 

環境エンジニアの仕事は環境保全のための機器や技術の開発です。

様々な機械や技術によって私たちの生活は便利になりました。

しかしその一方で産業廃棄物の増加や汚染水などが問題となっています。

地球温暖化やプラスチックごみ問題はよく耳にするという人も多いでしょう。

世界中で環境問題が叫ばれるようになって久しいですが、その環境保全を支えているのが環境エンジニアです。

環境に影響を及ぼす産業廃棄物や汚染水をどう処理していくかは、今後の環境に関わってくるものです。

また処理の技術開発だけでなく廃棄物や汚染水を減らす機器の開発をするエンジニアもいます。

環境保全だけでなく公害予防にもつながるという重要な仕事なのです。

 

環境エンジニアが働く場所は?

 

環境エンジニアが活躍する場は環境機器メーカーや環境調査・分析機関です。

環境機器メーカーでは、調査機器の開発やリサイクル機器・浄水装置といった機械の開発が主な仕事です。

正確な調査や分析をするためには調査機器が必要ですからね。

そういった調査機器を用いて調査機関が環境汚染について調べることができるのです。

環境調査機関では実際に環境がどれくらい汚染されているのかを調べて原因を究明するのが仕事です。

現状を把握して原因を突き止めなければならないので環境に関わるあらゆる知識が求められるでしょう。

 

環境エンジニアの求人を紹介してもらう

 

 

環境エンジニアになるには?どういう知識が必要?

  スキルを手にする人  

環境エンジニアは環境保全によって人々の生活を支える存在です。

そんな環境エンジニアには、環境に関わる専門知識が求められます。

例えば自然科学や環境テクノロジーといったものです。

また調査研究のための知識や技術も必要ですし、機器開発に関わる場合は電子工学のスキルも重要です。

これらの知識を身につけるために大学や専門学校で学ぶという人も多いでしょう。

卒業後に一般企業や研究機関に就職し、経験を積んでから環境エンジニアに転職するという方法もあります。

環境エンジニアというからにはIT関連の知識やスキルも必要になるでしょう。

ITに関する知識や技術があれば情報収集や分析に役立ちます。

 

 

環境エンジニアの転職で志望動機の書き方が大切な理由は?

  書類を書いている画像  

環境エンジニアの転職を目指すなら志望動機の書き方が大切です。

転職の際にはまず希望する企業に履歴書や職務経歴書といった書類を提出することになります。

なぜ志望動機が大切なのか、その理由を見ていきましょう。

 

書類審査は転職の第1関門

 

転職において書類審査は最初の関門といえるでしょう。

希望する企業の求人に応募しても必ずしも面接までたどり着けるわけではありません。

まずは書類審査があり、通過した人だけが次のステージに進むことができるのです。

そのため環境エンジニアの転職ではいかに志望動機で自分をアピールできるかが重要なのです。

 

採用担当者に興味をもってもらうため

 

転職の書類審査を通過するためには採用担当者に興味をもってもらう必要があります。

学歴や経歴だけではその人の考えや企業への志望度を知ることはできません。

そのため、いかにして志望動機で採用担当者の目を引くかが重要なのです。

志望動機を読んだときに「この応募者の話を聞きたい」「ぜひ会ってみたい」と思ってもらいましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

環境エンジニアの志望動機の書き方とポイント

  志望動機の書き方  

それでは環境エンジニアの志望動機の書き方をご紹介します。

ポイントを押さえて採用担当者に興味をもたれる魅力的な志望動機を書きましょう。

 

企業への興味・関心を書く

 

志望動機は自分がどれだけその企業に興味をもっているかを知ってもらう必要があります。

そのため志望動機にはその企業のどういったところに興味・関心をもっているのかをしっかりと書きましょう。

企業理念や取り組み、製品やサービスなどどのようなものでも構いません。

その企業について自分が情報収集したというアピールが大切なのです。

 

経歴やスキルを書く

 

次にこれまでの経歴やスキルを書きます。

環境エンジニアとして働いていた方はぜひその仕事内容をアピールしましょう。

大学や専門学校などで環境エンジニアに関わることを学んだ場合はそれも書いておくといいです。

得意とする分野やもっているスキルや技術は履歴書だけでは伝わりにくいこともあります。

そのため志望動機の中でアピールすることがポイントなのです。

 

企業にどのように貢献できるかを書く

 

企業側が知りたいことに応募者がどのような経験やスキルをもっているかがあります。

そしてもう1つ重要なのが、転職したら企業にどのように貢献してくれるかということでしょう。

その人の採用によってもたらされる企業側のメリットです。

「入社したらこういうことをやってくれるだろう」「こういった仕事で活躍できそう」と採用担当者がイメージできるのが理想です。

そのために、志望動機の中で企業への貢献について書くことをおすすめします。

 

環境エンジニアの志望動機の例文を紹介!

  紙を見せるスーツ姿の人  

環境エンジニアの志望動機の例文をご紹介します。

先ほどお伝えした書き方のポイントを押さえて企業に志望動機をアピールしましょう。

 

経験者の場合

 

「私は貴社が環境保全のための調査に重点を置いているところに魅力を感じております。

まずはしっかりとした原因究明ができなければ対策につなげることはできません。

貴社の精度の高い調査については環境エンジニアとして学びたいところが多いと思っています。

子供のころから自然環境に興味があり大学では自然科学を学びました。

大学で学んだことを生かして土壌調査の仕事に就き5年になります。

今回貴社への転職を希望したのは、環境調査や分析のスキルを上げたいと思ったからです。

これまで培ってきたスキルと持ち前の向上心で貴社の環境調査技術の発展に貢献したいと思っております」

 

未経験者の場合

 

「環境エンジニアという職種が未経験ながら貴社に応募した理由は、貴社の機器開発に魅力を感じたからです。

省エネルギーな機器の開発、産業廃棄物を極力減らすための技術は今後の環境保全に必要不可欠なものだと思います。

私はこれまで電子機器の製造業で設計の仕事をしてきました。

より顧客ニーズに合わせた製品を作ることを目指していましたが環境について考えたことはあまりありませんでした。

そんな時に貴社の取り組みを知って環境を考えた機器の開発に関わりたいと思うようになったのです。

環境エンジニアとしての知識はこれから勉強していきます。

未経験ではありますが、これまで経験してきた機械の設計の知識や経験を生かしてよりよい製品を開発することに貢献いたします」

 

これはNG!環境エンジニアの志望動機の注意点

  注意の画像  

志望動機のNG例をご紹介します。

注意点を押さえて志望動機を書くことで担当者に伝わるものになるでしょう。

 

内容が具体的ではない

 

志望動機は具体的な内容にする必要があります。

具体的でなければ採用担当者に「どこの企業でもいいのでは?」と思われてしまうからです。

なぜその企業に転職したいのか、その理由をしっかりと伝えることが転職成功につながります。

具体的でない志望動機のNG例はこちらです。

「環境エンジニアとしてスキルアップするために応募しました」

「貴社の企業理念に共感したので希望しました」

これだけでは、別にその会社でなくてもいいのでは?と思われてしまう可能性があります。

スキルアップできると思った理由や、共感する企業理念の内容など具体的なことを加えていきましょう。

 

経験やスキルが伝わらない

 

志望動機ではいかにして自分の経験やスキルを伝えるかが重要です。

つまりそこが伝わらなければ転職の成功につながらない可能性があるということです。

経験やスキルが伝わらないNG例はこちらです。

「大学卒業後に5年間環境エンジニアとして経験を積みました」

「IT関連の分野が得意です」

この1文だけではその人の得意分野やもっているスキルがわかりませんね。

大学で環境に関わることを学んだのなら、それは転職の時のアピールポイントになります。

また環境エンジニアとして5年の経験があるなら、どういった取り組みをして結果を残したのかもアピールできます。

環境エンジニアにはITの知識やスキルが求められることも多いので、アピールしなければもったいないです。

これまで培ってきた経験やスキルは転職の時の強みとなります。

それらをしっかりとアピールできるようにしてくださいね。

 

メールマガジン会員限定

自己分析からキャリアプラン作成まで
役立つワークシート

こんな方におすすめ

  • キャリアプランを見つけたい
  • キャリアの方向性を再確認して仕事のモチベーションを上げたい
  • 能力や興味に合った新しいキャリアの方向性を見つけたい

いますぐダウンロード

 

未経験でも環境エンジニアに転職できる?

  はてなの紙で顔を隠す人  

環境エンジニアとして働くためには環境に関する専門的な知識が必要となります。

それでは未経験者は環境エンジニアへの転職ができないのでしょうか。

経験があり知識をもっている人材の方が即戦力になる可能性が高いでしょう。

しかしだからといって未経験者が転職できないというわけではありません。

これまでの経験をどのように生かすかや、その人の志望度も大切なことです。

そのため未経験だからと諦める必要はないでしょう。

前向きな姿勢と志望動機を、しっかりと企業に伝えてくださいね。

 

最後に

  成功の文字が刻まれた右肩上がりの矢印  

今回は環境エンジニアの志望動機の書き方についてご紹介しました。

環境エンジニアには環境に関する専門的な知識が求められます。

そのため企業への志望度を伝えるだけでなく自分がもつ経験やスキル、得意分野までアピールすることが大切です。

志望動機の内容は具体的に書くようにして採用担当者に興味をもってもらいましょう。

環境エンジニアの転職については、転職エージェントに登録することをおすすめします。

担当のコンサルタントが求人情報の提示だけでなく志望動機の書き方の相談にも乗ります。

魅力的な志望動機を書いて転職を成功させましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

環境保全のイメージ

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事