1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. カスタマーエンジニアのキャリアパスを解説!仕事内容や必要な資格は?将来性を転職エージェントが紹介
  • 職種・ポジション

カスタマーエンジニアのキャリアパスを解説!仕事内容や必要な資格は?将来性を転職エージェントが紹介

カスタマーエンジニアという職種をご存知ですか?開発に携わるエンジニア職が多い中で、カスタマーエンジニアは「開発」とは対極にある職種になります。他のエンジニアにはないカスタマーエンジニア特有のやりがいや仕事内容を、キャリアパスや将来性も交えて転職エージェントが紹介します。

ランプの点灯している機器から伸びる無数の黄色いコード

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

カスタマーエンジニアの仕事内容

 

今の時代、どこの企業でもPCを使ってITサービスやシステムを利用するようになりました。

ITサービスやシステムを稼働させるには専門知識を持った人のサポートが必要です。

ユーザーに使い方のサポートをしたり、相談事や困り事を解決したり、緊急のトラブルに対応するのがカスタマーエンジニアです。

クライアント先に常駐または訪問しながら、安定的にITシステムを稼働できるように運用・保守するのが主な仕事になります。

また、ITシステムだけでなくプリンタなどの周辺機器や、自動改札機・ATMなど大きな機械の保守・運用を担う職場もあります。

カスタマーエンジニアは具体的に次のような仕事をします。

 

機器の設置

 

オフィスにあるコピー機

 

クライアントの要望に応じてシステムに必要な機器を選定・設置します。

機器の選定の際には、クライアントのニーズを満たすだけでなく予算なども考慮して選定します。

機器設置の際には、ハードウェアの知識に加えてネットワークやサーバーなどITインフラの幅広い知識も必要になります。

 

導入のサポート

 

機器を設置してシステムを稼働させるには、環境構築やデータ・アプリケーションの初期設定が必要です。

クライアントが専門知識を持っていない場合が多いので、カスタマーエンジニアのサポートが重要になります。

また、ITシステムなどは最初から使いこなせるものではありませんので、クライアント先の従業員に説明・教育も行います。

 

保守・点検

 

無数のコードがある複雑な機器を点検する人の手

 

システム運用がスタートして以降は安定的に稼働するように保守・点検を行います。

クライアント先に常駐したり訪問するなどして急なトラブルやバグに対応します。

機器のバージョンアップに対応するのもカスタマーエンジニアの大切な仕事です。

 

カスタマーエンジニアのやりがい

 

カスタマーエンジニアはシステムエンジニアと違って、黙々とプログラミング作業や開発を行う仕事ではありません。

そのやりがいはどんなところにあるのでしょうか?

 

感謝の言葉をダイレクトにもらえる

 

ペンで紙に書かれたthank youの文字

 

システムエンジニアに比べて、カスタマーエンジニアはクライアントと直接触れる機会が多い仕事です。

システムエンジニアもお客様から感謝される仕事ですが、面と向かって感謝を伝えてもらえることは少ないでしょう。

一方、現場で問題解決のため献身的にサポートするカスタマーエンジニアは、お客様から「ありがとう」と言われる職種です。

たくさんの感謝をもらえる仕事に大きなやりがいを感じることができるでしょう。

 

成長を感じることができる

 

カスタマーエンジニアとしてクライアントからの幅広いニーズに応えるためには、常に自己研鑽しなければなりません。

新しいシステムや最新のハードウェアについて勉強する機会も自然と多くなり、新しい知識を得るたびに成長を実感できるでしょう。

日々進化するITの技術革新に常に触れられることは、エンジニアとしても大きな喜びではないでしょうか。

 

達成感を味わえる

 

太陽に向かってガッツポーズする男性の後ろ姿

 

カスタマーエンジニアのメインの仕事は保守・運用です。

トラブルの原因を究明・解決してクライアントを助けたときの達成感は、カスタマーエンジニアにしか味わえない感覚でしょう。

同時に「人の役に立つことができた」という大きな満足感も味わえます。

 

無料転職相談に登録して理想の職業への転職を成功させよう

 

カスタマーエンジニアの仕事は辛い?

 

インターネット上には「カスタマーエンジニアの仕事は辛い」という情報が上がっています。

どんな仕事にも大変なことはありますので、カスタマーエンジニアの仕事だけが辛いというわけではないでしょう。

しかし、カスタマーエンジニア特有の大変さがあることは確かなので、転職後のミスマッチを防ぐためにも事前に確認しておきましょう。

 

残業が多い

 

夜のオフィスで残業する男性の後ろ姿

 

担当先やエリアによって変わりますが、カスタマーエンジニアの仕事は残業が多いといわれています。

トラブルの原因究明に時間がかかってしまったり、部品を交換したけど正常に作動しないなど予期せぬ出来事がたくさん起こるからです。

また、サーバーなど訪問先で多くの従業員が使用するシステムを点検する場合は、従業員の仕事が終わるまで待たなければなりません。

ときには作業が深夜に及ぶこともあるため、「絶対に定時で帰りたい」という人には少し辛い時があるかもしれません。

 

休みの日でも呼び出されることがある

 

機械やシステムのトラブルとは突然起こるものです。

突発的なトラブルで、休日勤務時間外にもかかわらずクライアント先に駆けつけなければならないこともあります。

長期休暇中なのにクライアントに呼び出されたという話も耳にします。

休日に自分ばかり呼び出されては困るという人は、「転職先が緊急時の対応を当番制にしているか」を事前に確認しておくと良いでしょう。

 

営業もこなさなければならない

 

カスタマーエンジニアは基本的に技術職ですが、最近では営業も担当するようになってきています。

カスタマーエンジニアはクライアントと直接触れる機会が多く、信頼関係が構築しやすい職種です。

新規契約をとるのに最適なポジションとして営業行為を命じられることもあります。

 

クレームを一身に浴びることもある

 

腕を組んで怒っているスーツの男性

 

機器やシステムにトラブルが起きるとクライアントの事業がストップしてしまうこともあります。

1秒でも早く復旧させて欲しいと焦るクライアントがイライラしていることも多いでしょう。

感情的になっていたり、まだ信頼関係が構築できていないクライアントから「早く直して!」と怒られることもあります。

トラブルの際に1番最初にクライアントと接するので、ときにはクレームを一身に浴びることも覚悟しておかなければなりません。

 

カスタマーエンジニアに必要な資格

 

電気の装置を操作する人の手

 

カスタマーエンジニアになるのに資格は必要ありません。

ただし、電気系統や通信系機器の運用・保守には法律で定められた以下の資格が必要になることもあります。

 

・電気工事士

・認定電気工事従事者

・工事担当者

 

その他では、「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」といったエンジニア向け国家資格があれば転職に有利でしょう。

カスタマーエンジニアには幅広いIT知識が求められますので、これらの資格は転職時だけでなく転職後にも生かせます。

また、未経験の場合は資格を取得した前向きな姿勢が特に評価されるでしょう。

 

カスタマーエンジニアに求められるスキル

 

カスタマーエンジニアとして活躍するために必要とされるスキルを見ていきましょう。

 

ハードウェア系の知識

 

カスタマーエンジニアが機器の選定・導入する際に必要なのがハードウェアの知識です。

機器を設置するには最適な環境を整備しなければなりません。

たとえば、機器同士の相性や回線・空調との兼ね合い・電源の確保など、機器が十分なパフォーマンスを発揮できる知識が必要となります。

 

コミュニケーション能力

 

PCの前で会話する2人の男性

 

ITエンジニアの中でも、カスタマーエンジニアが最もお客様との直接のやり取りが多い職種でしょう。

ITシステムに関する説明・教育やトラブルの火消しなど、全てにおいて高いコミュニケーション能力を要求される職種です。

 

根気と集中力

 

カスタマーエンジニアは他の職種よりもさらに根気集中力が必要な仕事です。

たとえば、クライアントがITに疎い場合は理解できるまで粘り強く説明し続ける必要があります。

また、トラブルやバグの際には原因が究明できるまで諦めずに根気よく向き合わなければなりません。

カスタマーエンジニアには、原因を突き止めるための「根気・集中力・絶対に諦めない強いマインド」が必要なのです。

 

カスタマーエンジニアの将来性

 

上向きの矢印の背景と右肩上がりの矢印を書く手

 

将来的にカスタマーエンジニアの需要がなくなることはありません。

ITの進化に伴って新しいシステムやサービスは次々と生まれ、それらを導入する企業も決してなくなることはないからです。

しかし、システムの運用・保守だけにこだわっていては、カスタマーエンジニアの将来は少し暗いといえます。

その理由の1つに「ハードウェアの価格が下がってきていること」が挙げられます。

新しいものに買い換えた方がコストを抑えられるので、カスタマーエンジニアに依頼される修理件数は年々少なくなってきています。

どんな時代になっても対応できるようにエンジニアの他の分野も勉強しておくか、常にキャリアアップを考えておく必要があるでしょう。

 

カスタマーエンジニアのキャリアパス

 

手のひらの上に浮かぶ光のネットワークの球体

 

カスタマーエンジニアのキャリアパスは大きく分けて4つあります。

 

1.カスタマーエンジニアの道を極める

2.カスタマーエンジニアの職場で管理職になる

3.営業職に転職する

4.インフラエンジニアに転職する

 

現場が好きで定年までカスタマーエンジニアとして勤め上げるという人もいます。

このように職人として生きることを決めるのも良いですが、この場合は大きな年収アップは望めません。

「職人もやりたいけど年収もアップしたい」という人は、カスタマーエンジニアの管理職になると良いでしょう。

また、クライアントとの信頼関係を構築してきたカスタマーエンジニアは営業でも力を発揮できます。

クライアントに尽くしてきた経験や培ってきたコミュニケーション能力は、営業職に転職しても必ず生かすことができるでしょう。

カスタマーエンジニアとして身につけたハードウェア・ソフトウェアの知識を生かしてインフラ専門のエンジニアになるのも1つの道です。

インフラエンジニアはカスタマーエンジニアより年収の高い求人も多いため、キャリアアップする価値は大いにあるでしょう。

 

カスタマーエンジニアは注目の職種

 

JOB SEARCHの文字と双眼鏡を覗く男性

 

カスタマーエンジニアの仕事は職人の側面だけでなく接客業の側面も持っており、それこそが魅力でもあります。

「人と接することが好きだ」「人の役に立ちたい」という人は、きっとカスタマーエンジニアに向いているでしょう。

また、カスタマーエンジニアはクライアント企業に1人で出向くなど動き回ることが多い仕事です。

会社の椅子に1日中座りっぱなしで作業することが苦手な人にとっても適職といえます。

IT業界にはたくさんのエンジニア職がありますが、カスタマーエンジニアも注目の職種です。

IT業界への転職を考えているなら選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか?

 

無料転職相談に登録してIT業界で活躍しよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー