カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 未経験でWEBディレクターの面接を受ける際に失敗しやすいポイント!選考通過するためのポイントについて解説します!
  • 職種・ポジション

未経験でWEBディレクターの面接を受ける際に失敗しやすいポイント!選考通過するためのポイントについて解説します!

IT・Web業界へ転職を目指し、Webディレクターを志望している人も多いでしょう。Webディレクターは、業界未経験でも比較的転職がしやすいポジションです。そんなWebディレクターの面接を受けるとき、未経験の人が失敗しやすいポイントがあります。選考通過するためのポイントとともに、転職エージェントが解説します。

未経験でも問題ない?Webディレクターの仕事とは?

 

woman, work, office

 

Webディレクターの仕事内容

 

Webディレクターは「ディレクター」という名前の通り、Web制作現場の総監督にあたります。クライアントの要望を汲み取って制作に落とし込み、制作チームを作ってスケジュールを管理しながらWebサイトを作り上げるポジションです。

制作現場では責任者としてチームを統率しなければいけませんが、デザイン前のサイト構成案はディレクターが作成することも多くクリエイティブな面もある仕事です。きっとやりがいが感じられるでしょう。

 

Webディレクターが未経験でも問題ない理由

 

Web制作現場は大きく「指揮・管理する人」と「作業する人」の2つ立場があります。Webディレクターの立場は「指揮・管理側」です。専門的な技術ではなくヒューマンスキルが求められるため、業界や職種未経験でも問題ありません。

一方、「作業する人」にあたるのはデザイナーやエンジニアです。これらのポジションは、専門的なデザインやコーディングの技術を必要とします。そのため企業も即戦力となる経験者を優遇し、未経験者は不利な傾向があります。

 

Web業界を目指すならディレクターがおすすめ

 

未経験の人が転職でWeb業界を目指すなら、Webディレクターがおすすめです。Web制作に関する知識は持っている方が有利ですが、専門的技術が不要な点で目指しやすいでしょう。

WebディレクターはWeb制作に関わるスタッフの中でも上位ポジションにあたります。Webに関する他の職種に比べ、給与も高めという点も魅力的でしょう。

ディレクターをWeb業界に入る入り口として、エンジニアやマーケターなどキャリアチェンジも可能です。

 

未経験でWebディレクターを目指すときに必要なスキル

 

startup, start-up, people

 

コミュニケーションスキル

 

Webディレクターの業務で「クライアントの要望を聞き出すこと」「作業担当スタッフへ正しく制作の方向性を伝えること」が重要です。つまり、コミュニケーションスキルが必須と言えるでしょう。

特に制作をスムーズに完了まで進めるためには、クライアントに信頼して任せてもらう必要があります。いかにディレクターとクライアントが、コミュニケーションをしっかり取っているかがポイントになります。

 

制作スタッフを指揮・管理するスキル

 

Web制作を進行するため、ディレクターには制作スタッフを指揮・管理をするスキルが求められます。つまり「人をどれだけうまく使えるか」というスキルですが、実はディレクターの中でも、このスキルを持っている人の方が珍しい存在です。

ディレクターの業務には「名前がつけられないような細かい雑務」が存在し、自分がやるべき業務か人に頼むべき業務か迷ってしまう場面が多くあります。細かい雑務はどんどん人に頼み、ディレクターは何があっても対処できるように手を空けて全体を監視することが理想です。しかし、線引きが判断できずに自分でやろうと抱え込んでしまう人も多くいます。

いかに人に頼ることができるかで、ディレクターとしての評価が大きく変わるポイントです。

 

Web制作に関する知識

 

クライアントからWeb制作を任され制作現場を指揮する以上、基本的なWeb制作に関する知識は必要となるでしょう。Webサイトがどういうステップで作られているのか、どういうデザインやコーディングが流行しているのかなどを知っておかなければ、クライアントの意図を汲み取ったサイト制作はできません。

細かいことは仕事を進めていくことで身についていきますが、全般的なWeb制作の知識はスキルとして求められます。

 

企業経営に関する知識

 

ディレクターは企業経営に関する知識を持っていると、Web制作が正しい方向性でスムーズ進行することができます。なぜなら、クライアントにとってWebサイトを制作する目的は、コーポレートサイトやサービスをアピールするなどであることが多いためです。

サイト制作の決裁権は事業経営者が持っている場合がほとんどのため、ディレクターは経営者と話す機会が必然的に増えます。経営知識があると的確な制作の提案ができるようになるでしょう。

 

未経験の人がWebディレクターの面接で失敗しやすいポイント

 

audit, data analytics, computer

 

Webディレクターの業務を事前に調べていない

 

いくら未経験でも、Webディレクターがどのような業務を担当するのか全く調べていない状態で、面接に臨んでしまうと失敗しやすいでしょう。Webディレクターはサイト制作の責任者になるので、そのような状態で面接に臨むと責任感がないと判断されてしまうかもしれません。

 

面接官とコミュニケーションがうまく取れていない

 

Webディレクターの業務に必須のコミュニケーションスキルを、面接で発揮できない人は失敗しやすいと言えます。目を合わせて話せなかったり、声が小さく聞き取れなかったりする人は、ディレクターには不適合と思われる場合が。面接官の質問に対し、論点がずれた回答をしてしまのもコミュニケーションが取れていないと判断されるでしょう。

 

デザインやコーディングなど他の業務も要求する

 

Webディレクターの面接を受けているのに、サイトデザインやコーディングなど、ディレクター業務外の業務も要求すると、場合によっては失敗しやすいかもしれません。Web制作現場ではディレクターの仕事は案外地味で目立たず、デザインやコーディング業務が一見華やかため、そのような業務を希望する人も多いでしょう。

企業によってはディレクターがデザインもコーディングも行うところもありますが、ディレクターで面接を受けているときはディレクター業務を第一に考えて応答することが大事です。

 

Webディレクターの選考を通過させるポイント【事前準備編】

 

student, woman, startup

 

今までのキャリアで活かせるのは何か整理

 

Web業界未経験の場合、自分が今まで経験してきた職業の中で何がディレクターという仕事に活かせるのか、整理して考えましょう。未経験で応募するときは、キャリア強みにアピールすることが重要になります。

例えば営業経験があるのなら、クライアントとの折衝が得意ということが強みです。業界が違っても何かの制作進行管理をしていた経験があれば、制作ディレクションでも活かされることがアピールできるでしょう。

 

ディレクターの必要なスキルを取得

 

前述したディレクターに必要なスキル「コミュニケーション」「指揮・管理」「制作知識」「経営知識」を、取得できる範囲で事前に取得しましょう。特に制作や経営など知識をつける部分は、取得しやすい部分です。Webディレクターになるため、事前にしっかり学習をしていると、面接のアピールポイントにもなります。

 

志望する企業を研究し質問を用意

 

Webディレクターはクライアントにとって制作会社の顔にもなるため、どれだけ企業研究ができているかも面接でのポイントになるでしょう。面接を受ける企業を事前に研究して、質問を3つ以上用意しておくことと、面接最後の逆質問の対策にもなるのでおすすめです。

 

Webディレクターの選考を通過させるポイント【面接編】

 

men, employees, suit

 

面接官と会話が弾むように意識する

 

クライアントの制作の要望をしっかり聞き出すのがディレクターの仕事でもあるため、面接でも面接官と会話を弾ませることが重要なポイントです。面接官がもっと話したいと思わせることが、コミュニケーションスキルの高さを証明するかも。面接の会話で、Webディレクターに適任だと感じさせましょう。

 

未経験でも活かせるキャリアがあることを強調する

 

事前に整理しておいた自分のキャリアで、Webディレクターで活かせる経験を強調することも、選考通過のポイントになります。Webディレクターがどのような業務か理解した上で、「自分の経験の中でこの動きがディレクターと似ているから、ディレクターとしてお役立てできる」とアピールしてみましょう。

 

まとめ

 

entrepreneur, startup, start-up

 

Web業界の中でも、未経験者が転職しやすいポジションであるWebディレクター。コミュニケーションや管理能力といったヒューマンスキルの部分が重要視されるため未経験でもできるとされていますが、準備が不十分だと面接で失敗しやすくなるでしょう。

逆に言えば、準備をしっかりしてディレクターへの適任さをアピールできれば、選考を通過し転職成功への道も見えます。面接が決まったら失敗がないように、事前に準備を十分行いましょう。

 

GeeklyではITWeb・ゲーム業界に特化して、専任のコンサルタントによる人材紹介を行っております。未経験でもWebディレクターに転職が成功するように、1to1のキャリアカウンセリングで改善方法をお答えします。お気軽にGeeklyまでご相談くださいね!

 

【簡単1分!】相談をする
michika

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。