カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 一度調べてみるべき。自分の市場価値の測り方!適正年収はもしかしたらもっと高い?
  • 転職準備

一度調べてみるべき。自分の市場価値の測り方!適正年収はもしかしたらもっと高い?

自分の市場価値について、考えたことはありますか?今の仕事の業務内容や年収は果たして、あなたの持つスキルに対して適正なのでしょうか?もしかしたら、あなたは適正年収よりも低い給料で働いているかもしれません。今回は自分の市場価値の測り方について転職エージェントが解説します。ぜひ一度、自分の市場価値を調べてみましょう。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

「自分の市場価値」の意味を考えてみよう

 

 

「自分の市場価値」について

 

「自分の市場価値」とは、どういう意味でしょうか?

「市場」とは「転職市場」のこと。つまり「転職というマーケットの中で、企業が自分をどのように評価するか」という指標が「自分の市場価値」です。

 

市場価値を決めるのは、自身にどれだけのポテンシャルが備わっているかという点でしょう。

そのポテンシャルを測るために、企業は「ヒューマンスキル」「テクニカルスキル」「コンセプチュアルスキル」という、ビジネスで求められる3つのスキルで評価します。

 

ヒューマンスキル

人間関係を構築するために必要な能力全般を指します。特にコミュニケーション部分が重視されます。

クライアントと良好な関係を築いたり、プロジェクト遂行のためにチーム内で協力したりと、組織の中で円滑に仕事をするためのスキルです。

 

テクニカルスキル

その職種を遂行するために備えるべき技術的スキルです。

例えば営業職なら、車の運転ができる方が有利という評価になります。スキルの専門性が高いと、市場価値が大きく上がるでしょう。

 

コンセプチュアルスキル

日本語で「概念化能力」と言われ、複雑で抽象的な問題を、創造的かつ論理的に考えて本質を見極めるスキルです。

つまり正しい答えがない問題に対して、最善策を講じることができる人を指します。経営者や幹部など、マネジメント職に必要とされているスキルです。

 

上記3ポイントの評価が総合的に高ければ高いほど、転職市場での価値が上がります。

市場価値が高い人材は、社内外限らずキャリアアップを目指すことも容易となるでしょう。

 

転職を経験しないと市場価値ははっきりわからない

 

一つの企業に所属している間は、自分の市場価値がわかりません。

特に転職経験がない場合、市場価値はもっと不明瞭でしょう。

なぜなら、自分を評価しているのは所属している企業のみだからです。

 

自分の市場価値をもっとも明確にできるのは、転職活動を通して複数の会社から良くも悪くも評価をもらったときです。

書類選考や面接の結果が採用か不採用か。このような場面で自分の価値がおのずと見えてくるでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

適正年収を調べることが市場価値を知る材料に

 

 

適正年収を把握しよう

 

適正年収とは、自分のスキルや仕事の成果に見合った年収です。

同じ職種や同年代の平均年収を調べてみると、現在の自分の年収が高いのか低いのか、ある程度判断できます。

現在の年収が適正かどうかを調べることも、自分の市場価値を知るための材料になるでしょう

もしかしたら、現在あなたは本来もらえるはずの年収よりも、低い年収で働いているかもしれません。

 

正確な適正年収を知るためには

 

正確な適正年収を知るためには、自分の市場価値をより正確に調べる必要があります。

自分の市場価値がわかれば、その価値に対して支払われるはずの適正年収もだいたい把握できます。

 

もし今の仕事で、自分の働き方に対する会社の評価や給与額に疑問・悩みがある方は、一度自分の市場価値を調べてみてはいかがでしょうか。

 

自分の適性年収に合った求人を紹介してもらう

自分の市場価値の測り方とは

 

 

市場価値を決めるのは転職市場

 

実際に自分の市場価値を測ってみましょう。

市場価値は本人のスキルも評価の対象ですが、その時々の社会情勢によっても人材のニーズが変わるため、明確なものさしはありません。

自分の市場価値を自分で判断することは難しく、転職市場が価値を決めると言っても過言ではないでしょう。

 

自分の市場価値の測り方

 

自分の市場価値を測る方法として、実際に転職市場を利用することがおすすめです。

以下3つの方法で、客観的に自分を分析してもらうと、自分の市場価値がより正確に把握できるでしょう。

 

Webの適正テストを受けてみる

さまざまな転職サイトが、Webで自分の市場価値や、適正年収を調べるためのテストを公開しています。

設問に答えていくと市場価値の目安がわかります。まずは何社かテストを受けてみて、自分の市場価値の目安を知りましょう。

中には有料のサービスもありますので、テストを受ける前に必ずご利用方法を確認してください。

 

転職サイトに登録してスカウトを待つ

転職サイトには、企業側がスカウトして転職を進める方法があります。

転職サイトに自分の情報を登録をして、企業からのスカウトを待ってみることも一つの市場価値の測り方です。

どのレベルの企業がオファーするのか、提示する仕事内容や給与やポジションなどの条件がどうかというポイントで、自分の市場価値がかなり明確になるでしょう。

 

転職エージェントに相談する

転職エージェントに登録してキャリアコンサルティングを受けることは、現在の自分の市場価値を正確に測るために有効な手段です。

市場価値を客観的に評価するほかにも、価値を上げるためにどのようなスキルが必要かなどのアドバイスももらえ、将来へのキャリアパスを明確にすることもできます。

 

ギークリーでは、IT業界に特化したキャリアコンサルティングを数多く行ってきた実績があります。

このデータを基に、コンサルタントがあなたの正確な市場価値を評価・アドバイスをして、適正な転職ができるようにサポートしております。

ご自分の市場価値に関するお悩みは、お気軽にGeeklyまでご相談ください!

年収が大幅に上がるかもしれません。

まずはキャリアの相談をしてみる

これから市場価値が上がる人材とは?

 

profits, revenue, business

 

コンセプチュアルスキルがある人材は強い

 

先にも紹介した通り、コンセプチュアルスキルは正解がない問題に対して本質を見極め、最善策を考える能力です。

コンセプチュアルスキルを育てていくと、俯瞰で物事を判断できるようになり、業務を最適に進められるようになります。

経営者視点の考えにつながるので、3040代からのマネジメント職に必要なスキルですが、20代から育てることも重要でしょう。

コンセプチュアルスキルがある人材は、柔軟な社会変化にも対応ができ、これからの市場価値も上がり続けます。

習得が難しく、特に若い世代はあまりないスキルのため、普段の業務から意識を持って育てていくことがおすすめです。

 

自分の市場価値を高めるためのスキルアップ

 

cyber security, recruitment, professional

 

まずはスキルやキャリアを洗い出してみよう

 

現時点の自分のスキルやキャリアを洗い出して、整理してみることから始めましょう。

スキルは「パソコンの操作が可能」というようなアバウトな表現にはせず、具体的に操作可能なソフトを出すなど、詳しく分析することが大切です。

自分が積んできたキャリアとスキルで、どのような転職が可能なのかシミュレーションをすると、自分に不足しているものが明確になるでしょう。

 

今後のキャリアの方向性は?

 

今の職場でキャリアを積んで昇進を目指すのか、いずれ転職をするのか、今後の自分のキャリアの方向性は決まっていますか?

目指す業界があるなら、今のうちに身につけておくべきスキルもわかります。

すぐに転職をしないにしても、今の職場で今後の転職の際にアピールできる実績を積むなど、市場価値を高めるチャンスはいつでもあります。

そのために将来の方向性を具体的に考えましょう。

 

スキルに対する明確な実績を手に入れよう

 

スキルを習得するための努力はもちろん大切ですが、スキルを生かした実績を積むことも重要です。

例えば、エンジニアになるためにプログラミングスキルを勉強してもサイト構築の実績がなければ、企業はその人材を正当に評価できません。

明確な実績があると企業も評価がしやすくなります。

習得したスキルに対して実績や実務経験を明確にできるほど市場価値を上げることができるでしょう。

 

まとめ

 

太陽に向かってガッツポーズする男性の後ろ姿

 

情勢の変化が激しく去年までの常識が、1年で常識ではなくなるほどに目まぐるしい現代。

自分の市場価値を正しく把握することは、働く上でとても重要なことかもしれません。

自分の市場価値を一度調べてみて、年収が適正ではないと感じたなら、転職に向けて動き出しても良いのではないでしょうか?

キャリアアップにつながる転職にするために、ぜひ自分の市場価値を調べてみてくださいね。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook