1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 年収を上げる方法9選!転職しない場合とする場合に分けて、年収を上げるコツを紹介します!

年収を上げる方法9選!転職しない場合とする場合に分けて、年収を上げるコツを紹介します!

年収を上げることは働く上で大きな目標の1つです。しかし「年収を上げたい!」と思っても具体的にどのような方法があるのかイメージしにくいですよね。今回は、年収を上げる9つの方法を転職する場合、転職しない場合に分けて解説します。

  • twitter
  • facebook

【転職しない場合】年収を上げる方法6選!

 

 

昇進・昇給をする

 

転職をせずに年収を上げるとなると、一般的な方法としては単純に管理職などへ昇進し、昇給することです。

ただしこれは年功序列制度が根強い企業だと、いくら仕事で業績を上げて昇進による昇給を目指しても、なかなかあがらないケースがあります。

異動する

 

たとえ同じ勤続年数、同じ実績を残していても、社内内部で部署により給与が異なります。つまり、異動・異勤により給与アップを勝ち取ることも可能というわけです。

また業務量が多い部署なら残業代を多く稼ぐこともできます。

 

副業を始める

 

副業を始めるのも年収を上げるための有効な手段の1つです。昔は副業禁止の企業も多かったのですが、近年は副業を推進する企業も増えています。

退勤後のプライベート時間を犠牲にしなければならなかったり、休日が減ったりとリスクはありますがリターンも大きいです。

個人でネット通販を手掛けたり、副業サイトに登録して仕事を請け負ったり、近年は副業のパターンも増えています。

しかし本業との両立もしやすくなってきている反面、誤って会社規則に違反してしまう人もいます。副業を始める時は会社の規則を十分確認してから始めるように注意してください。

スキルを磨く

 

管理能力や営業能力、専門スキルやコミュニケーション能力を磨くことで、自社や取引先などから高評価を得ることができれば、年収が上がる可能性はあるはずです。

仮に自社であまり年収に影響がないとしても、先々に転職を考えるといったときにスキルが高ければ、年収の高い転職先に転身しやすくなります。

 

資格を取得して資格手当を受ける

 

企業には「資格手当」といったものが存在し、企業が推奨する資格など取得すれば資格手当がプラスされます。

また資格をもっていることで、任される仕事の幅が広がり海外勤務に就ける機会に恵まれたり、管理者して働けるようになって報酬がアップするといったことがあります。

ただし注意したいところは、資格取得による年収アップは時間がかかるという点です。

それは資格を取る時間ももちろんですが、仕事に活かせるまでに研鑽する必要があるからです。

投資する

 

投資を始めるのも年収をアップさせる手段としては有効です。

近年はより手軽に投資できるシステムが確立されてきました。スマートフォン1つあれば少額から投資できるので、リスクも少なく報酬を手軽に得ることも可能です。

投資は即、大きな見返りとなって報酬が得られる手段ではありません。

AIを活用して、投資診断や投資アドバイス、運用などを行うロボアドバイザーといったツールを有効利用できれば、手間をかけず遊ばせておくお金を有効利用でき、報酬アップに繋げられるはずです。

 

年収を上げられる求人を紹介してもらう

 

 

【転職をする場合】転職で確実に年収を上げる方法5選!

 

 

「年収診断」を利用して自分の市場価値と現年収の差を把握しておく

 

 

市場価値とは転職市場の中で自分の人材としての価値がどれくらいあるのか?といった指標のことです。これは自分から見た価値ではなく企業からみたあなたの評価・価値になります。

ギークリーの「IT年収診断」では同年代・同職種と比較した年収の現在地が分かるだけでなく、同年代・同職種の転職時の年収アップ予想額までわかります。

ご自身の診断結果を参考に転職活動をすることで、転職の目的が明確となり納得のいく転職を実現できるでしょう。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

年収約120万円アップ!年収診断の利用から約2週間以内に転職成功した方の例

 

年収アップに成功したAさんの例
  • ご年齢:30代
  • ご経歴:プロジェクトマネージャー⇒アプリエンジニア
  • 勤務地:西日本⇒東京へ転職
  • 転職期間:2週間以内に転職成功

 

Aさんは、スピード転職に成功、かつ年収を約120万円アップすることに成功しています。

もともとアプリエンジニアとしてのご経験もお持ちで、年収診断を行った結果、同職種・同年代のボリュームゾーンより年収が下回っていることから年収を上げたいとお考えになり、転職で年収アップを成功させました。また、開発に携わりたいという希望も転職により叶えることができました。

 

【合わせて読みたい】転職で年収アップに成功した事例はこちら⇓

 

インセンティブのある企業へ転職する

 

評価が年功序列型の企業に勤めている方など、自分のスキルに比例した報酬を貰っていないと感じている人ならインセンティブのある企業、もしくは歩合制を取る企業に転職するのも1つの手段です。

インセンティブとは基本の年収の他に成果によってプラスされる報酬のことです。例えば決められた売上を達成するなどした場合、インセンティブが発生して奨励金が入るといった具合です。

インセンティブや歩合制は分かりやすく年収アップを実感できるため、固定給のみよりも高いモチベーションをもって業務に当たれるメリットがあります。

しかしながら、注意点としては元からインセンティブが発生する企業は基本給が低く設定されていることが多いため、転職の際はよく給与体系について確認しておく必要があります。

 

経験を活かせる企業へ転職する

 

経験豊富な人材を欲している企業が一番期待していることは、「即戦力」として働いてもらえるかどうかです。

スキルや経験に自信がある人はこういった即戦力を求めている企業に転職すれば、管理職やチームリーダーなどの地位に就けて年収が前職よりも上がる可能性が高くなります。

 

規模が大きい会社へ転職する

 

より大手、より上位の企業への転職も年収アップのための方法として定石のひとつです。

年功序列で将来的に高年収が見込める、キャリアアップのためのスキルが身につく制度があるといった体制が整っていない企業では、勤め続けても年収アップは期待できません。

給与水準は企業規模でも異なるため、たとえ同業であっても規模が大きい会社や知名度が高い会社への転職も有効でしょう。

こういった給与水準が高いことで知られているような企業への転職は、タイミングも肝心です。

事業拡大を狙っている時期や大量採用のタイミングなどがはかれると良いでしょう。

 

年収相場が高い業界へ転職する

 

そもそも業界自体の年収相場が低いと、業界トップを目指すか企業しない限り高年収を目指すのは難しいでしょう。

成長途中で市場規模が拡大している業界なら、人材不足で未経験者の採用に積極的な企業を目指しやすいです。

未経験者の場合、一時的に年収が下がっても長い目で見ると年収アップが目指せることもあります。

異業種・異職種への転職では、自分が保有するどのスキルで企業に貢献できるか見極めが必要です。

また、効果的にアピールするためにはそのスキルを的確に伝え、求める人物像とマッチしていると伝えるのがポイントです。

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

転職で年収が上がる人・下がる人の割合

 

 

厚生労働省の調査では、転職により年収が上がる人の割合は近年約35%程度で推移しています。

一方、下がる人も約35%で、変わらない人も30%前後です。

つまり転職によって年収が上がる人、下がる人、変わらない人いずれもおよそ3割程度だということです。

(参考:厚生労働省『-令和3年雇用動向調査結果の概況-』)

少しでも年収アップの確率を上げるために、プロの手を借りるのもひとつの方法だといえます。

 

 

年収が上がる人の特徴

 

年収を上げるための自己研鑽をしている

 

漠然と与えられる仕事をこなしているだけでは、年収は上がりにくいです。年収を上げるにはそれに比例した自己研鑽が必要となります。

積極的な仕事への姿勢やスキルの向上はもちろん、資格取得や語学学習、コミュニケーション能力の向上など自信を常に高める自己研鑽を怠らない人は、年収が上がる機会に恵まれる機会も増えるはずです。

 

コミュニケーション能力が高い

 

コミュニケーション能力が高いと企業および上司に信頼されやすくなり、高い評価を受けやすくなります。重要なプロジェクトなどにも関わりやすい土壌を作ることにも繋がるのです。

上司に対して連絡や報告をこまめに欠かさず行うことや、仕事以外のレクリエーションなどにも積極的に関わることでコミュニケーション能力の高さを示すことができます。

 

マネジメントスキルが高い

 

一口にマネジメントスキルといっても様々ですが、プロジェクトの進捗管理スキルや人員管理、計画立案スキルなどが高い人は、組織で高く評価されます。

特に計画立案スキルやプロジェクト進捗管理のスキル等は、ITエンジニアにとってはPMやチームリーダーなどに求められるものであり、年収アップ転職を目指すときに大きなアドバンテージになるはずです。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

転職で年収を上げるなら、「転職エージェント」がおすすめな理由

 

 

年収の上がりそうな求人を紹介してくれる

 

転職エージェントは事前にWeb等から登録してもらった求職者の情報やキャリアアドバイザーの面談などを通して、求職者のスキルやキャリアを分析し、年収の調査をしてくれます。

彼らは業界や企業の給与水準に精通しています。

そのため、求職者のスキルや経験を客観的に第三者の目で見た上で、給与水準の適性から大きくはずれることのない範囲で貰える年収アップできる求人を紹介してくれます。

また転職エージェントには、非公開求人という一般的には出会えることのない優良求人を多く保有していることが多いため、より年収アップができる転職をするために、有利になるはずです。

 

実際、転職エージェントを活用した年収アップ転職は増えており、例えばGeekly(ギークリー)を利用して転職を成功させた人の81%が年収アップ(2023年6月時点)を果たしています。

 

スキルや経験を強みにして市場価値を高めてくれる

 

スキルや経験の掘り起こし作業は自分1人でも行えるものですが、転職エージェントに任せれば、より市場価値の高まるような自分でも気づかなかった良さを見つけ出してくれるはずです。

つまり転職エージェントは求職者のニーズを最優先しつつ、それまでのスキルや経歴から現状の転職に活かせる強力な武器を見つけだしてくれ、それを活かせる企業に、マッチするように市場価値を高めてくれます。

 

年収交渉をしてくれる

 

転職の際、面接の場で直接年収交渉を行うことがありますが、実際に企業と直接年収の話をすることが苦手だという人も多くいますし、そもそも年収交渉に慣れているという人はそう多くはいないはずです。

転職エージェントでは言い出しにくい年収を含めた条件面の交渉を、担当についたキャリアアドバイザーが代行してくれるといったサポートがあります。

直接年収交渉をしなくて良いのは求職者の負担が減りますし、年収アップを狙ったキャリアチェンジなら年収交渉は尚更大事なことになりますから、転職エージェントの年収交渉サポートは大変助かるはずです。

 

年収を上げられる求人を紹介してもらう

 

 

転職で年収を上げたいなら「ギークリー」にご相談ください

 

 

ここまで年収を上げる方法や年収を上げるための転職などについて解説してまいりました。実際に年収を上げるためには自己研鑽も大事ですが、自分の市場価値を正しく把握していることも重要です。

転職エージェントのGeekly(ギークリー)では、年収アップのためにはどうするべきか?年収アップ転職をしたいといった人に無料相談からサポートしてくれます。

 

専門のキャリアアドバイザーの話を聞いてみると、それまで知らなかった転職市場の情報や自分の長所などを把握でき、大きく年収アップへ向けて前進できます。

一度でも自分の市場価値に疑問を持つことがある人や年収を上げるための転職について知りたい方は、気軽に転職エージェントのGeekly(ギークリー)にまず相談してみることからスタートしてみませんか?

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事