カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 離職期間が長いと転職が難しくなる?面接でアピール方法についても解説します
  • NEW
  • 転職活動

離職期間が長いと転職が難しくなる?面接でアピール方法についても解説します

会社を退職して離職期間が長い人もいると思います。「転職が難しくなるのか?」と悩み、どう転職活動を進めてよいか判断に迷うケースもあると思います。離職期間の長くなると転職は難しくなるのでしょうか。面接選考でのアピールは何を伝えればよいのでしょうか。離職期間中の対策を含めて、徹底解説します。

転職活動前に離職しても大丈夫?

 

 

基本的には現職に留まり転職活動を進める

 

現職に残留しながら転職活動を進める人が有利になる傾向があることは事実です。企業で働くということは「組織で責任のある立場である」です。与えられたポジションついて職務を全うしながらの転職活動が、企業側に「つらい仕事であっても投げ出さない」と評価される可能性があります。退職後の転職活動が企業にネガティブを映るケースもあります。

 

離職した場合は3か月以内に内定を目指す

 

一般的に企業側が「離職期間が長い」と判断するのは3か月が基準です。

様々な事情で、会社を退職して離職期間が発生したとします。この場合は、3か月以内であれば、企業側も考慮する可能性があります。転職活動を進め方については、自らの条件軸を持ちながら、積極的に応募することです。

また「離職後に転職活動して早期に内定できる」という決断を下した場合は、有利になることもあります。優秀な人材であれば「すぐに入社してもらい一緒に仕事をしたい」と思う企業があるからです。候補者の立場としても、転職活動の時間を確保できるメリットもあります。

現職に留まり転職活動を進めるか、退職を決断して早期に内定を目指すかは難しい判断です。慎重に決断する必要があります。事前に転職エージェントに相談することが大切です。市場価値を知ったうえで、離職しても転職できると判断した場合のみ、退職を決断しましょう。

 

離職期間が長いと転職は難しくなる?

 

 

離職期間が長くなると転職は難しくなる

 

離職期間が3か月以上になる場合は転職することは難しくなるのでしょうか。選考官の判断にもよりますが、一般的には転職が難しくなります。離職期間が長いと判断する企業があることも事実です。

離職期間が長くなると、企業側が候補者に対して様々な勘探りをする可能性はあります。「前職で何かあったか」「健康面に問題がある」などの理由です。本人に能力・スキルが高い場合も、転職活動時に不利になるリスクもあります。

離職期間が長期にならないように、条件軸を持ち、多くの企業へ応募しましょう。

 

離職期間を気にしない企業もある

 

離職期間が長いと転職活動になる不利になる可能性を記事で触れてきました。一方で採用選考を進める企業によっては、離職期間を気にしない企業もあります。選考官自身が「長期離職」の経験がある場合は、事情を理解するかもしれません。

現在は、「終身雇用」よりも「成果主義」という考えを持つ企業もあります。過去に結果を残しているという事実があれば、「離職期間が長いが結果を残す可能性がある」と書類選考を通過させる可能性もあります。入社への志望動機が前向きな理由であれば、離職期間について気にしない企業もあります。空白期間が長期に及んだからといって「転職できない」とあきらめる必要はないでしょう。

 

離職期間が長い場合の面接対策は?

 

 

気持ちの余裕が大切

 

「離職期間が長いけど、転職先が決まらなかったらどうしよう・・・。」という不安を持っている人はいるかもしれません。現職中に転職活動を行う場合と比べて、精神的な負担がかかることも事実です。

このような状況であっても、本来の目的を見失わないように転職活動を進めることが大切です。希望する業界・職種について、譲れないことや軸を持つようにしましょう。譲れない条件や軸を明確にすることで、ブレない転職活動を行うことができます。満足のいく成果を得られる可能性も高まります。転職失敗のリスクを回避することにもつながります。

条件面での優先順位を決めて進める事も大切です。「はたらくことを楽しむ」「長期間働く」「残業時間が少ない職場を選ぶ」など、転職で一番叶えたい事も優先順位を決めて進めることです。再びネガティブな理由で離職しないことにつながります。

 

転職活動は、気持ちにゆとりをもった状態で臨む事が大切です。この余裕が採用選考側で企業側に伝わる事がプラスに働くこともあります。

 

離職した転職する理由を説明する

 

離職した理由についてしっかり説明して、企業選考に臨むことが大切です。なぜ、そのような経緯になり転職活動をしているのか、採用選考時に企業・面接官に伝える必要があります。

再び離職しないように、面接時に「社風・文化」への共感も伝えるようにしましょう。

入社後に配属された部署の上司・同僚の信頼を得ることが、転職後の活躍・定着の鍵を握ります。簡単に離職することはないという意思を伝えることが大切です。

 

面接では質問に的確に答える

 

面接官への質問は的確に答えることが大切です。過去の経験を話過ぎない・自慢しないようにしましょう。転職する理由について、整理して臨むことも大切です。

離職期間が長く、早期に転職したいという場合は、様々な業界を応募することも選択です。身近なことでもよいので、業界への関わりがあることを触れましょう。企業・選考官が候補者へ親近感が湧くこともあります。

 

離職期間が長くなった場合の対策は?

 

 

運とタイミングもある

 

転職活動は運とタイミングがあることも事実です。早期に内定したいと思ってもスムーズに内定しないこともあります。一方で仕事が忙しいタイミングで内定することもあります。なかなか内定がでない場合は、思い切って仕事と異なる経験をしてリフレッシュすることも選択肢です。会社員として勤務中というわけではないので、アルバイトなど普段できない経験をしてもよいでしょう。海外旅行やボランティアに行くなどもありです。視野が広がり、新たに挑戦したい仕事がみつかるかもしれません。

 

フリーランスで経験を積む

 

生活をするためには収入も必要です。離職期間が長くなった場合は、クラウドソーシングサイトなどへ登録して一定期間フリーランス活動をして経験を積むことも選択肢です。履歴書・職務経歴書に「空白期間にどんな仕事をしていたのか」という証明にもなります。実績をつくり、希望する業界・職種を目指すことも大切です。

 

まとめ~市場価値を知り転職活動を進める~

 

転職直後の退職_イメージ4

 

本記事では、離職期間が長いと転職が難しくなるかを解説してきました。現職に留まりながら転職活動を進める人が有利になる傾向はあります。離職期間に関しては3か月以内であれば、大きく不利になることはありません。一方で離職期間に関して気にしない企業もあります。

大切なことは、自らのキャリア市場価値を知ることです。転職活動を行ったときに、「どんな企業から内定がでる可能性があるか」と自己分析しましょう。

様々な事情で退職したとしても、内定が出る可能性があるとすれば、離職して転職活動を進める選択肢もありです。しかし、難しい場合は退職前に可能な限り内定がでるように転職活動を進めましょう。離職期間が長くなった場合は空白期間を補う経験が必要です。

 

転職は運とタイミングもあります。優秀な人材、社風と合致しそうという理由で必ず採用選考に進めるというわけではありません。離職期間が長くなると金銭的・精神的負担がかかると思いますがリフレッシュすることも大切にしましょう。

離職期間が長くなった場合の面接アピール方法については、客観的な意見を聞くことが大切です。1人で進めず第三者と一緒に進めることで早期に内定がでる可能性があります。「転職活動のプロである」である転職エージェントに相談しながら進めてはいかがでしょうか。

MIKIRURI

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。