1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 大手SIer年収・売上ランキング!条件のいいSIerの選び方

大手SIer年収・売上ランキング!条件のいいSIerの選び方

IT業界の転職先として注目の高いSIerですが、年収・売上ランキングはどうなっているのか、一覧で紹介します。またSIerの定義や分類、将来性なども解説していますので、転職を検討している方や業界や企業の理解を深めたい方は、ぜひご参考ください。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

SIerの種類と将来性

 

 

SIerについて詳しく知るために、まずはSIerとは何なのか、またSIerに将来性はあるのかについて解説します。

 

SIerとは?

 

SIer(エスアイヤー)とは、システムインテグレーター(System Integrator)の略で、金融機関や医療機関官公庁といった非IT企業のITシステムのコンサルティングや設計、開発などを請け負う企業のことを指します。

SIer企業は、事業の内容によって大きく以下の4つに分類することが可能です。

 

【あわせて読みたい】SIer(エスアイヤー)の種類やSESの違いについてはこちら⇓

 

SIerの種類

 

外資系SIer

外資系SIerは、日本だけにとどまらず世界規模に展開するグローバルなマーケットをターゲットにシステムインテグレーションを提供しているSIerです

代表的な外資系SIerには、日本オラクルやIBM、日本HPなどが挙げられます。

 

【あわせて読みたい】外資系系SIerの年収・売り上げランキングはこちら⇓

 

 

ユーザー系SIer

ユーザー系SIerは、銀行や保険会社といった大企業の情報システムが独立し、他社の情報システムの開発を請け負うようになったSIerです

代表的なユーザー系SIerには、野村総合研究所やNTTデータなどが挙げられます。

 

 

【あわせて読みたい】ユーザー系SIerの年収・売り上げランキングはこちら⇓

 

 

【あわせて読みたい】ユーザー系SIerの「金融系SIer」の年収・売り上げランキングはこちら⇓

 

メーカー系SIer

メーカー系SIerは、PC やネットワーク機器など主にハードウェアを製造しているメーカーが運営するSIerです。代表的なメーカー系SIerには、富士通や日立製作所、NECなどが挙げられます。

 

 

【あわせて読みたい】メーカー系SIerの年収・売り上げランキングはこちら⇓

 

独立系SIer

独立系SIerは、メーカー系ユーザー系のように特定の親会社を持たないSIerです

メーカーやベンダーに縛られないことで、より自由なシステムインテグレーション開発が行えます。

代表的な独立系SIerには、大塚商会、TISなどが挙げられます。

 

 

【あわせて読みたい】独立系SIerの年収・売り上げランキングはこちら⇓

 

SIerの市場規模と将来性

 

市場規模

総務省の2021年情報通信業基本調査によると、SIerが属する「情報サービス業」の2020年の市場規模は、18兆7,928億円でした。

内訳は、SIerがメインで行う「受託開発ソフトウェア業」が8兆7,673億円と約半分を占め、次いで「情報処理サービス業」が4兆5,805億円となっています。

今後も、AI技術などを用いた最先端のITテクノロジーが活用されたり、DX化の 促進を進める企業の増加などにより、さらにSIerの市場規模は拡大していく予想です。

参考:総務省『情報通信業基本調査結果

 

将来性

一定の市場規模の拡大を見せる一方、世間ではSIerに対して「不要である」「将来性がない」といった意見も寄せられています。

その理由として最もウェイトを占めているのが、下請けITエンジニアの待遇が悪く、より高待遇のWeb系企業へと転職してしまうことです。

 

しかし、SIerの需要は年々高まっており、大規模システムの開発実績も豊富に経験できることからも、将来性があるのは確かです

企業が店舗の無人化やサービスのオンライン化、業務のオンライン化を進めるためには、SIerの存在は欠かせません。

 

【あわせて読みたい】SI業界の構造や市場規模についてはこちら⇓

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

SIer 売上高ランキング

 

 

1位 富士通  3兆354億円

 

SIerの売上高ランキング1位は3兆354億円の売上を誇る「富士通」です。

富士通は、業界最大規模の大手SIerとして有名で、ITサービス市場にて国内1位、世界5位を獲得しています。

 

好調の要因

富士通の好調の要因は、スーパーコンピューター「富岳」を筆頭に、高品質なサーバー製品の提供にあります。

また富士通の技術と信頼を生かし、製造業を始め、金融業、流通業など、幅広い業界にサービスを提供しているのも強みです

 

今後の戦略

今後は 、様々な業界が抱える多様な価値を大手SIer富士通ならではの信頼でつなぎ、誰もが課題解決に向かって前進できるサステナブルな世界を実現できるよう取り組んでいく予定です。

スーパーコンピューターの開発はもちろん、高度なブロックチェーン技術やAI技術などが注目を集めています。

 

2位 NEC 3兆140億円

 

SIerの売上ランキング2位は、3兆140億円の売り上げを誇る「NEC」です。

製造業や流通業、金融業界を対象としたSI事業とサーバーやネットワーク関連のハードウェア製品の組み合わせが主な売り上げとなっています。

 

好調の要因

NECの好調の要因は、なんといってもその技術力の高さにあります。

顔認証システムや生体認証システムの分野で高い実績を収めており、 国内外問わず注目を集めています

 

今後の戦略

今後は働き方改革への取り組みのサポートや、サイバーセキュリティなど、需要が拡大している分野により力を入れて開発していく予定です。

また、製造業や金融業小売業を中心とした企業と産業のDX化、 立つ炭素や安全防災ヘルスケアを中心とした社会と暮らしのDX化も注目されています。

 

3位 NTTデータ 2兆5,519億円

 

SIerの売上ランキング3位は、2兆5,519億円の売り上げを誇る「NTTデータ」です。

官公庁のシステムを中心にITサービスを提供しており、日本を代表するSIerとして名をはせています。

 

好調の要因

NTTデータの好調の要因は、最先端テクノロジーを活用した新技術の提供です。ビッグデータやAI、IoTの分野において、非常に高い功績を収めています

またグローバル化も積極的に行っており、世界200都市以上に市場を拡大しています。

 

今後の戦略

今後も金融や官公庁自治体はもちろん、医療ヘルスケア食費農業の分野においても事業の拡大を図る方針です。

最先端のテクノロジーを用いて、さらに細かく企業のニーズを把握し、対決していく企業として注目を集めています。

 

4位 日立製作所 1兆9,883億円

 

SIerの売上ランキング4位は、1兆9,883億円の売り上げを誇る「日立製作所」です。

日立製作所は、日本最大級の総合電機メーカーかつSIerでもあります。

 

好調の要因

日立製作所の好調の要因は、なんといってもその事業領域の広さにあります。

データアナリティクスや人工知能などを中心としたサービス・プラットフォーム事業や、金融業界や官公庁などのインフラを中心としたフロントビジネスなどが特徴です

 

今後の戦略

今後は独自のデジタルプラットフォーム「Lumada」の拡大をメインに、「エネルギー」、「インダストリー」、「モビリティ」、「ライフ」といった様々な企業の課題を解決に導いていく予定です。

 

5位 野村総合研究所(NRI) 5,688億円

 

SIerの売上ランキング5位は、5,688億円の売り上げを誇る「野村総合研究所」です。

野村證券から独立して設立され、野村ホールディングス全体の売上に大きく貢献する企業となっています。

 

好調の要因

野村総合研究所の好調の要因は、コンサルティング、金融ITソリューション、産業ITソリューション、IT基盤サービスの4分野における専門性の高さと信頼の高さです。

高いリサーチ力と分析力が企業の課題解決に繋がり、多くの企業から信頼を集めています

 

今後の戦略

今後は、​5Gやマルチクラウド、xTechなど、昨今需要が高まりつつある先進的なテクノロジーを活用したサービスの提供にさらに力をいれる予定です。

 

参照: 業界動向サーチ『IT業界 売上高ランキング

 

SIerの求人を紹介してもらう

 

 

SIerの年収ランキング

 

 

1位 野村総合研究所(NRI) 1,232万円

 

SIerの年収ランキング1位は、平均1,232万円を誇る野村総合研究所(NRI)です。

 

事業紹介

野村総合研究所(NRI)は、経営のコンサルティングなどを手掛け、事業戦略の立案や業務改革のソリューション提案などを行っているSIerです

また、金融ITソリューションとして、銀行や保険会社といった金融業界の受託システム開発・運用も行っています。

他にも、産業ITソリューションやIT基盤サービスなども行っており、多様な事業展開を行っているのが特徴です。

売上高は国内5位ですが、利益率が17.4%と他社を圧倒しているため、平均年収は1位となっています。

 

導入事例

・三菱東京UFJ銀行:金融リスク管理パッケージソフトウェア「Oracle Financial Services Analytical Applications」

・auじぶん銀行:勘定系システム、インターネットバンキングシステム

 

2位 三菱総合研究所(MRI) 1,111万円

 

SIerの年収ランキング2位は、平均1,111万円を誇る三菱総合研究所(MRI)です。

 

事業紹介

三菱総合研究所は、企業経営、社会インフラ整備、教育、医療・福祉、環境、資源・エネルギー、安全防災、先端科学技術、ITなどの多種多様な領域において、総合的なコンサルティング・ICTソリューションを提供しているSIerです

 

導入事例

・キリンホールディングス:醸造匠(たくみ)AI

 

3位 SRAホールディングス 1,080万円

 

SIerの年収ランキング3位は、平均1,080万円を誇るSRAホールディングスです。

 

事業紹介

SRAホールディングスは、企業の経営を支える基幹システムから、最先端のデジタル製品に至るまで、多種多様なITサービスを展開しているSIerです

現在では、金融ITを始め、組込みIT、文教IT、業務ITまで、幅広い分野にて展開されています。

 

4位 電通国際情報サービス(ISID) 1,057万円

 

SIerの年収ランキング4位は、平均1,057万円を誇る電通国際情報サービス(ISID)です。

 

事業紹介

電通国際情報サービス(ISID)は、金融・製造・電通グループ各社との協業を軸に、様々な業界にコンサルティングや業務アプリケーション、IT基盤の構築・運用などのソリューションを提案しているSIerです

また、グローバル化も積極的に行っており、ニューヨーク、ロンドン、香港、上海、シンガポールに拠点を展開しています。

 

導入事例

・本田技研工業:AI人材育成ソリューション

・ソフトバンク:SAP ERPをMicrosoft Azureに移行

 

5位 オービック 959万円

 

SIerの年収ランキング5位は、平均959万円を誇るオービックです。

 

事業紹介

オービックは、システムインテグレーション事業やシステムサポート事業、オフィスオートメーション事業の3本柱で、高度化する企業の課題を解決するSIerです

システム分析やプログラム開発、企画・導入といったIT分野のサポートを始め、オフィス家具の販売や教育トレーニング、ネットワークサポートなども行っています。

 

導入事例

・ローソン銀行:戦略会計システム

 

【あわせて読みたい】SIerで働くエンジニアの年収ランキングはこちら⇓

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

【希望別】どのように企業を選ぶとよい?

 

 

SIerの企業選びに悩んだ際は、冒頭で紹介した4つの分類の特徴を理解することから始めるのが大切です。

このトピックでは、SIerの特徴ごとの選び方を説明します。

 

経営が安定したSIerで働きたい

 

外資系・メーカー系・ユーザー系SIerは、親会社の信頼度が高く、安定して案件を獲得できるのが特徴です。ただ、自社製品や自社サービスを提供するのがメインになるため、業務にやや制限が設けられます。

 

エンジニアとしての技術向上や開発経験ができるSIerで働きたい

 

独立系SIerは、プログラミング言語やサーバー、フレームワークなどが特定のメーカーに縛られないため、自由度が高く、好みの開発環境で開発・運用できるのが特徴です

親会社が存在しないため、他の分類のSIerよりも経営が不安定な傾向にあります。

 

【あわせて読みたい】SIer(エスアイヤー)の仕事内容・工程ごとの業務内容についてはこちら⇓

 

年収アップできるSIerで働きたい

 

IT人材1万人のデータで年収UP予想額がわかる「IT人材 年収診断」で適性年収を見よう

 

 

仕事量が多いのに周りと比べて年収が低い、評価されにくくて給料が上がりにくい、転職したいけど今より年収が落ちないか不安、など、IT・Web・ゲーム業界で勤めている方にとって「年収」に関する悩みは多いですよね。

年収のことで悩んだら、一度ご自身の年収の現在地と年収アップ予想額を調べてみませんか?

ギークリーの「IT年収診断」では同年代・同職種と比較した年収の現在地が分かるだけでなく、同年代・同職種の転職時の年収アップ予想額までわかります。

ご自身の診断結果を参考に転職活動をすることで、転職の目的が明確となり納得のいく転職を実現できるでしょう。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

年収約120万円アップ!年収診断の利用から約2週間以内に転職成功した方の例

 

年収アップに成功したAさんの例
  • ご年齢:30代
  • ご経歴:プロジェクトマネージャー⇒アプリエンジニア
  • 勤務地:西日本⇒東京へ転職
  • 転職期間:2週間以内に転職成功

 

Aさんは、スピード転職に成功、かつ年収を約120万円アップすることに成功しています。

もともとアプリエンジニアとしてのご経験もお持ちで、年収診断を行った結果、同職種・同年代のボリュームゾーンより年収が下回っていることから年収を上げたいとお考えになり、転職で年収アップを成功させました。また、開発に携わりたいという希望も転職により叶えることができました。

 

【合わせて読みたい】転職で年収アップに成功した事例はこちら⇓

 

 

「IT人材年収診断」ご利用の流れ

 

「IT人材年収診断」は4つのステップで完結!

STEP1:以下のボタンから年収診断のページへ

 

STEP2:年収診断のページから氏名と連絡先を入力してスタート

 

STEP3:プロフィールと簡単な職務経歴を入力して診断

 

STEP4:ご自身の年収の現在地を把握

 

診断後は、年収が上がる求人や、ご希望に沿った求人のご紹介、IT職種を熟知したキャリアアドバイザーに転職の相談をすることもできます。是非一度、ご自身の年収の現在から年収アップ予想額を見てみてください。

 

【無料】さっそく年収診断をしてみる

 

 

【職種別】SIerで描けるキャリアパス

 

 

SIerとして描けるキャリアパスは、主に以下の2つに分かれます。

  • ・エンジニアとしてのキャリアパス
  • ・営業としてのキャリアパス

 

それぞれの道に進んだ際、どのようなキャリアが考えられるのかについて詳しく説明していきます。

 

エンジニアとしてのキャリアパス

 

まずはエンジニアとしてのキャリアパスについて解説します。

SIerのエンジニアとして技術力を高めていけば、より高度なIT知識は身につけることができ、のちに開発運用に携わることができるでしょう。

具体的なキャリアは以下の2つです。

  • ・PM
  • ・ITコンサルタント
  • ・フルスタックエンジニア

 

PM(プロジェクトマネージャー)

SIerとして仕事をする上で、様々なプロジェクトを実施するのは必要不可欠です。

これらのプロジェクトの品質や価格、納期を管理する「プロジェクトマネージャー(PM)」は、SIerの代表的なキャリアパスです。

特に、大手SIerになるほど大規模なプロジェクトが実施されるケースが多く、 多大な経験と知識を得られます。

PMから管理職に出世する方も非常に多く、社内でより高みを目指せるキャリアと言えるでしょう。

しかし現状、優秀なPMは数が少なく常に需要があります。SIerのエンジニアから管理職などに向けてキャリアアップしていきたいと考えている方は PMを目指すのがおすすめです

 

【あわせて読みたい】PM(プロジェクトマネージャー)の職種解説はこちら⇓

 

【あわせて読みたい】ユーザー系SIer 株式会社NTTデータ様 プロジェクトインタビューはこちら⇓

 

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、顧客の課題解決に向けて最適な製品を選択し提供する役割を担う人のことです。

どれだけ顧客との信頼関係を築けるかによって業績が変化するため、高いコミュニケーション能力が求められると同時に、インフラからアプリケーションまで幅広いIT知識が必要となります。

また、顧客のニーズを理解する必要があるため、ITに関しての豊富な知識が必要です。そのため、最新のIT知識や最新製品の情報を逃さずキャッチする能力も必要になってきます。

プロジェクトマネージャーなどの上流の技術職から、ITコンサルタントを目指すことができます

 

【あわせて読みたい】ITコンサルタントの職種解説はこちら⇓

 

フルスタックエンジニア

SIerのエンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、フルスタックエンジニアもおすすめです。

インフラ開発やアプリケーション開発など多分野にわたって開発を行うフルスタックエンジニアは、より高度な知識や技術が求められ、非常に大変な立場と言えます。

しかしその分、得られる経験や知識、達成感は非常に高く、Sier エンジニアとしてモチベーションの向上に繋がるはずです

 

【あわせて読みたい】フルスタックエンジニアの職種解説はこちら⇓

 

営業としてのキャリアパス

 

次に営業としてのキャリアパスについて解説します。

エンジニアとしての活動を通して、より専門的な知識を身に付けることで、営業部内でのキャリアアップを目指すことが可能です。

 

管理職

SIerの営業で成績を上げ続ければ、管理職として出世することも可能です。営業部内のリーダーや課長、部長などへのキャリアアップが見込めます

管理職としてのキャリアアップを目指すなら、社内でも積極的にコミュニケーションをとり、業務を円滑に遂行できることが大切です。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

SIerへの理解を深め、転職しよう

 

 

本記事では、SIerの業界についてより理解を深めるために、SIerの定義や分類、年収ランキングなどを紹介しました。

一部、将来性について疑いの声も見受けられるSIerですが、DX化の促進や店舗の無人化、サービスのオンライン化が進む現在、需要が拡大しています

IT業界の中心とも言える市場規模を確立していることからも、将来性のある業界であると言えるでしょう。

 

IT・Web・ゲーム業界に強い転職エージェント、ギークリーでは転職相談を承っています。SIer企業への転職でどれくらい年収アップが見込めるのかが気になる方は、お気軽にご相談ください。

 

SIerの求人を紹介してもらう

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事