1. HOME
  2. Geekly Media
  3. ITコンサルタントに未経験で転職するには?転職方法や仕事内容、必要なスキルを解説

ITコンサルタントに未経験で転職するには?転職方法や仕事内容、必要なスキルを解説

ITの知識を使ってクライアントの課題を解決するITコンサルタント。未経験からどう転職すればよいかわからず、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、ITコンサルタントに未経験から転職する方法、仕事内容や平均年収を解説します。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

ITコンサルタントに未経験で転職するには

 

 

未経験応募可でポテンシャル採用を行っている企業に応募する

 

未経験からの転職を考えるなら、ポテンシャル採用を行う企業を探して応募するのが有益です。これらの企業は人物重視で、意欲と向上心を重要視する傾向があります。

自己学習やプロジェクト経験をアピールし、未経験者向けのトレーニングや研修プログラムを提供する企業でスタートを切ることが大切です。うまく転職できれば、短期間で経験を積むチャンスが広がるでしょう。

 

特定の言語での開発経験を活かせる企業に応募する

 

プログラミング言語に特化した開発経験を持つ場合、そのスキルを活かせる企業に応募しましょう。特定の言語やフレームワークに詳しければ、専門知識を生かしたコンサルタントができます。

転職の際は、関連するプロジェクトや成果物をアピールしてその言語スキルを活かしてクライアントの課題解決に貢献する意欲を示すことが大切です。転職後にどんなキャリアを描いているかも明確になっていると、なおよいでしょう。

 

ITエンジニアの経験を活かせる企業に応募する

 

過去にITエンジニアとしての経験がある場合は、その経験を活かせる企業への応募を検討しましょう。ITエンジニアとしての知識・スキルは、ITコンサルタントとしての業務にも適用できます。

システム開発や技術面での専門知識を持つことで、クライアントのニーズに対するソリューションを提供することが可能です。即戦力として採用される可能性が高いため、積極的に過去の実績や持っているスキル・知識をアピールしましょう。

 

IT系技術営業の経験を活かせる企業に応募する

 

過去にIT系技術営業としての経験がある場合は、そのスキルを活かせる企業にアプローチするのもひとつの方法です。ITコンサルタントは顧客との関係構築や提案が重要になるため、営業で培ったコミュニケーション能力が大いに役立ちます。

また、技術的な理解と営業経験を融合させることで、クライアントのニーズに対する戦略的なアドバイスを提供できるでしょう。こちらも即戦力として採用される可能性が高いため、積極的にIT系技術営業としての活躍や実績をアピールしましょう。

 

【あわせて読みたい】大手SIerの年収・売り上げランキングはこちら⇓

 

自分に合う職場は【完全無料】仕事タイプ診断で調べてみることもおすすめ

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけで、職場選びの軸がわかる「IT人材 仕事タイプ診断」を展開しております。

現在の職種と年齢、希望勤務地、簡単な質問に答えることで、自分の価値観に合った職場環境や仕事のスタイルを知ることができる診断コンテンツです。

 

完全無料で診断結果を閲覧できるだけでなく、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、自分に合う会社がわからない、見つからないとお悩みの方は是非ご活用ください

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

ITコンサルタントの種類

 

 

ITコンサルタントには、全部で4つの種類があります。以下では、それぞれの特徴について解説します。

 

CRMコンサルタント

 

CRMコンサルタントは、顧客管理システムに特化した仕事です。企業と顧客の関係性を強化し、顧客との効果的なコミュニケーションを実現するための支援を行います。

近年、ECやSNSなどのチャネルが急激に増加したことで、企業はCRMの導入を通じて顧客情報を統合し、マーケティングやサービス向上に活用しています。しかし、なかには適切にCRMを導入できていないケースもあるのが現状です。

そこで、CRMコンサルタントによって適切なCRMツールの選定・導入・運用・最適化までをサポートすることが大切になっています。IT関連の知識やマーケティング経験を融合させながら、企業をサポートする重要な役割です。

 

SAPコンサルタント

 

SAPコンサルタントとは、ドイツの大手ソフトウェア会社であるSAPのERPパッケージに特化したITコンサルタントのことです。SAPは世界でマイクロソフト・オラクルに次ぐシェアを持つ企業で、効率的な経営を目指す多くの企業がSAP導入を検討しています。

SAPの需要増加に伴い、SAPコンサルタントのニーズも高まっています。企業の経営課題をSAPを活用して解決する専門家として、IT知識とSAPに関する専門的なスキルを融合させ、ビジネスの成功をサポートする重要な仕事です。

 

SCMコンサルタント

 

SCMコンサルタントは、企業のサプライチェーン管理を支援し、経営課題の解決とコスト削減を実現する専門家のことを指します。サプライチェーンとは原材料から消費者までのプロセスのことで、SCMコンサルタントはそれらのフローを最適化するのが目的です。SCMシステムの効果を評価し、選定から導入、運用までコンサルティングを提供します。

また、人材調達やプロジェクト管理もSCMコンサルタントの重要な役割です。正しくSCM管理を行えば企業にとって重要な収益源となるため、経験豊富なSCMコンサルタントの需要は急増しています。企業が成功するために、SCMコンサルタントの専門知識と戦略的アプローチは不可欠といえるでしょう。

 

ERPコンサルタント

 

ERPコンサルタントは、企業のERPパッケージ導入を支援する専門家です。よくSAPコンサルタントと混同されることがありますが、SAPコンサルタントはSAP社のERPに特化しているのに対し、ERPコンサルタントは複数のERPパッケージを取り扱います。

そのため、SAPだけでなくOracleなど他のベンダーのERPの理解も求められます。クライアントの課題に合った最適なERPを選定し、導入から最適化までサポートするのが仕事です。

適切なERPの選定には業務理解やプロセス分析能力が欠かせず、経営・コスト管理・税務・法務に関する知識も必要になります。企業の効率化には欠かせない役割であるため、今後も重宝される仕事といえるでしょう。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

ITコンサルタントの仕事内容

 

 

ここからは、ITコンサルタントの主な仕事内容を紹介します。

 

クライアントへのヒアリング

 

ITコンサルタントは、クライアントのIT関連の経営課題を解決する専門家です。そのためまずは、クライアントの課題を明確に洗い出す必要があります。

どの部分でどんな問題が発生しているのかを把握するべく、ITの観点からさまざまな分析を行います。ビジネスの効率化や改善を支援してクライアントの成功に貢献するためにも、クライアントへのヒアリングは重要な工程です。

 

クライアントへの課題提案

 

クライアントへのヒアリングによって経営課題を把握したら、次にスキルと経験を基に課題提案を展開します。

提案にはシステム部門との連携や、クライアントへの説明が欠かせません。高いコミュニケーション能力・プレゼンテーション能力が求められるでしょう。さらに、課題解決に向けて必要な情報を収集する情報収集能力も重要です。

問題解決には幅広い知識が求められるため、自身のスキルセットを豊かに保つことが大切です。スキル・経験が豊富であれば、自らの専門知識を活かしてクライアントの成功に貢献できるでしょう。

 

プロジェクト管理

 

クライアントへの課題提案が確定すれば、次にプロジェクトを開始します。クライアントの課題解決を達成するためにプロジェクトを組織し、目標の達成に向けてマネジメントを行うのが、ここでのITコンサルタントの主な仕事です。

この工程はクライアントの課題解決そのものであるため、目標達成に向かって組織で取り組み、成し遂げるために最大限の努力が必要です。組織をまとめ上げ、課題解決に向かうマネジメント能力がフルに発揮される場であるといえるでしょう。

 

情報収集

 

コンサルティングやマネジメントだけでなく、IT関連情報の収集もITコンサルタントにとって重要な業務です。最新のITトレンドを把握し、クライアントの課題解決に結び付けることが求められます。

常にアンテナを張り、変化するテクノロジーを監視することは、クライアントに対して最新かつ最適なソリューションを提供し、ビジネスの成功に貢献するために欠かせません。ITコンサルタントにとって欠かせないスキルといえるでしょう。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

ITコンサルタントの平均年収

 

 

ITコンサルタントの年齢別年収

 

ITコンサルタントの年収は非常に高水準です。20代前半で430万円、20代後半で524万円という給与も珍しくありません。30代に入ると年収は681万円に増加し、40代に差し掛かると900万円以上に達することもあります。

ただ、ITコンサルタントの年収は職位や雇用形態によって差があるため注意が必要です。具体的に自分が見込める年収を把握するには、役職・経験・契約形態なども考慮する必要があります。

 

ITコンサルタントの役職別・雇用形態別年収

 

役職別年収

経験3年前後のコンサルタントの年収は500万~700万円程度で、シニアコンサルタントに昇格すると900万円前後に増加します。さらに、マネージャーやシニアマネージャーとしてキャリアを積むと、年収は900万~1400万円、1300万~1800万円前後も現実的です。

役職の昇進や経験に応じて収入が上昇する傾向があり、コンサルティング業界は実力と貢献に見合った報酬を得られます。より高い年収を獲得したいなら、キャリアを積み上げるとよいでしょう。

 

雇用形態別年収

前述の通り、正社員のITコンサルタントは430万円前後からスタートしますが、大手や外資系企業では600万円前後から始まることもあります。また、フリーランスのITコンサルタントも活躍しており、年収は960万〜1000万円前後と高水準です。

しかし、案件やスキルによって年収が影響されるため注意が必要です。フリーランスでも正社員でも、適切なスキルと経験を持つことが高収入を実現する鍵となるでしょう。

 

ITコンサルタントの地域別年収

 

地域別に見ると、最も高い平均年収を持つのは関東地方です。特に東京都は平均年収696万円と非常に高い水準となっています。全体の平均年収が664万円であることを考慮しても、かなり高いことがわかります。

一方で、都道府県別では福島県の平均年収が400万円で最も低い水準となっています。地域や環境によって給与水準は変動するため、より高い平均年収を求めるなら関東圏がおすすめです。

 

ITコンサルタントの条件別年収

 

ITコンサルタントの平均年収は、置かれている条件によっても異なります。異なる条件に基づく平均年収は以下の通りです。

  • ・上場企業: 700万円
  • ・ベンチャー企業: 696万円
  • ・ソフトウェア: 693万円
  • ・サポート: 628万円
  • ・新規開拓: 595万円
  • ・未経験: 467万円

これを見ると、条件によって給与にはっきり差があることが分かります。

自分に適した年収の企業を選びたいなら、適正年収を基準に検討しましょう。適正年収は、年収診断サービスで簡単に調べられます。手軽でかつ無料なので、まずは試してみてください。

 

【あわせて読みたい】ITコンサルティング企業の売り上げ・年収ランキングはこちら⇓

 

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

ITコンサルタントに必要なスキル

 

 

コミュニケーション能力

 

ITコンサルタントにとって、コミュニケーション能力は極めて重要です。IT知識があっても、相手と円滑なコミュニケーションができなければ、クライアント企業の課題解決は難しいでしょう。

クライアントの悩みを満足に解決するには、課題や要望を正確にヒアリングして正確に理解する能力が求められます。そのうえで、自身のITスキルを活かしてクライアントの課題解決に貢献することが大切です。

そのため、技術だけでなくコミュニケーション力も磨くことが、ITコンサルタントとしての成功につながる鍵といえるでしょう。

 

マネジメントスキル

 

ITコンサルタントはプロジェクトを進行する役割も果たします。クライアントとの信頼構築はもちろん、プロジェクトメンバーやチームとの信頼も欠かせません。他人の信頼を得られるだけのスキルを身につけることが大切ですが、同時にリーダーシップ能力も重要です。

また、自身のタイムマネジメントも不可欠です。激務な状況下でスケジュールを管理し、折衝やコミュニケーションの時間を確保するスキルが要求されます。多忙な環境での成果を出すために、リーダーシップとタイムマネジメント能力を身につけましょう。

 

SEとしての知識や経験

 

SEの知識や経験は、ITコンサルタントにとって大いに役立ちます。クライアントからの要望を収集し、SEと協力する必要があるためです。SEの経験を持つと、具体的なシステム提案が行いやすくなるでしょう。

また、プロジェクト管理面でも、SEとしての視点を取り入れることでプロジェクトを効果的に管理する能力が向上します。クライアントのニーズを的確に理解して連携を強化し、プロジェクトの成功に寄与するのに役立つでしょう。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

転職エージェントに相談してITコンサルタントに転職しよう

 

 

今回はITコンサルタントの仕事内容や平均年収のほか、未経験から転職する方法を紹介しました。

ITコンサルタント未経験から転職するなら自分の保有しているスキルや知識を生かせる企業に転職するか、ポテンシャル採用を行っている企業を狙いましょう。

ただ、ITコンサルタントとして転職するのは簡単ではありません。スキルや知識をアピールするには準備物も多くなるため、1人で転職を成功させるのは少々難易度が高いでしょう。

ITコンサルタントとして転職を成功させたいなら、転職エージェントに相談するのがおすすめです。転職エージェントなら、転職に必要な準備物のサポートはもちろん、一人ひとりのスキル・知識に適した条件の企業を紹介してくれます。ぜひ一度、相談してみてください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事