カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. レベルデザイナーになるには?仕事内容や必要なスキルを解説します!
  • 職種・ポジション

レベルデザイナーになるには?仕事内容や必要なスキルを解説します!

レベルデザイナーになるために必要なスキルや向いている人についてご紹介します!仕事内容から必要なスキル、年収や将来性についても徹底解説していきます。レベルデザイナーになろうと考えている方は是非とも参考にして頂けますと幸いです。

公開日:

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

レベルデザイナーになるには?

 

レベルデザイナーになるにあたって、ゲーム業界での職務経験があるかないかで活かせる経験やスキルがかわってきます。そのため、事前に身に着けておくべきこともゲーム業界経験の有無で変わってきますので、それぞれご紹介いたします。

 

ゲーム業界経験者の場合

 

ゲーム業界を経験している場合、ゲームプランニングの経験やゲームエンジンの実務経験があると大きな強みになります。

ゲームプランニング(ゲームデザイン)は作品のコンセプトから世界観、操作方法など、ゲーム制作に全体的に関わる仕事です。

 

レベルデザイナーの仕事内容は後ほど改めて解説しますが、ゲームプランニングで培ったスキルはレベルデザイナーで大いに役立つでしょう。

 

ゲーム業界未経験者の場合

 

ゲーム業界未経験者であってもレベルデザイナーになることは可能です。

実際に、ゲーム業界未経験者OKの求人もあります。

しかし、ゲーム業界への転職を希望する人は多く、人気の業界でもあります。業界経験者の方が有利な側面もあるので、自分でゲームプランニングを経験しておく必要はあります。

転職活動をする際には自分の制作物を用意しておきましょう。Unreal EngineやUnityなどのゲームエンジンをダウンロードして、ゲームプランニングをしてみるというのもおすすめです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

そもそもレベルデザイナーとは?

 

そもそもレベルデザイナーとはどういった仕事なのか、レベルデザインについての説明と一緒に解説いたします。

 

レベルデザイナーとは?

 

レベルデザイナーはゲームのステージ構成に関する仕事に特化しています。

レベルデザイナーの仕事は主に「エリア空間の演出」と「ルールやゲーム全体のバランス調整」の2つが中心です。

 

エリア空間の演出

「エリア空間の演出」では先ほど言及した敵キャラクターの配置や仕掛けの設置に加え、アイテムやギミックなどの構成も該当します。

この構成によってプレーヤーが楽しみやすいような「エリア空間の演出」を行っていきます。

 

ルールやゲーム全体のバランス調整

「ルールやゲーム全体のバランス調整」ではルールを調整する他、ステージごとの難易度調整も対象です。

 

レベルデザインとは?

 

レベルデザインとはゲームの難易度に関わる要素(ステージ構成)をデザインすることを指します。
例えば、敵キャラクターの配置やフィールドに落とし穴などの仕掛けを設置するなどといったことが該当します。

 

これらの要素はゲームの難易度はもちろん、面白さ(プレーヤーが楽しめる、充実してプレーできるかなど)をも左右するため、大変重要な仕事です。

 

ゲームデザイナーとの違いは?

 

レベルデザイナーはゲームデザイナーと混同されることもありますが、これらは異なる仕事です。

ゲームデザイナーは先述したようにゲームのコンセプトから操作方法まで、総合的に勘案します。

しかし、レベルデザイナーはゲームの中のステージ構成に特化した仕事です。

 

ゲーム業界の求人を紹介してもらう

レベルデザイナーに求められるスキル

誰がいつどこで

 

求められるスキル

 

レベルデザイナーには主に3点のスキルが重視されます。

 

演出力

ゲームがプレーヤーにとって面白いものであるためには「どのようにすればより面白くなるのか」という視点が必須です。

 

構成力

演出力を最大限に発揮するにはキャラクターの登場や配置、タイミングなどを細かく構成したりする必要があります。

構成が不十分だと非常に分かりにくいゲームになってしまいます。

 

コミュニケーション能力

レベルデザイナーは直接プログラミングまで行うことはあまりありませんが、プログラマーなどと深く関わることになります。

そのため、プログラマーなどと密にコミュニケーションをとりながらデザインしていく必要があります。

 

また、ゲーム制作には様々なチームが関わっており、ステージ構成に加えて円滑に制作を進めるためにも様々な人とコミュニケーションできる必要があります。

 

レベルデザイナーに向いている人

 

レベルデザイナーに向いている人の人物像は主に3点です。

 

とにかくゲームが好きであること

ゲームをより面白くするためにもゲームが好きであることは前提といっても過言ではありません。

また、自分の創るゲームで老若男女、国境問わずプレーヤーを楽しませたいという情熱も忘れてはいけません。

 

細かい部分を含め、たくさんのことを考える必要がありますが、イメージにあるものがそのままゲームになるというのはゲーム好きにとって魅力的です。

 

何らかの成果物を出したことがある

ゲームを含め、成果物の作成は基本的に長期的に忍耐を持ちながら取り組むことになり、ゲーム制作においても同様です。

そのため、このような経験がある人はレベルデザイナーにも向いています。

 

コミュニケーションが好き

先述したように、レベルデザイナーの仕事はコミュニケーションを多く伴います。

そのため、チームワークができる、様々な立場の人と交流できるコミュニケーション能力がある人はレベルデザイナーに必須条件です。

 

レベルデザイナーの年収・将来性

 

 

レベルデザイナーの年収

 

平均年収350万~400万円前後

 

ゲーム業界では所属する会社の規模や個人の持つスキルによって収入が変動しやすい傾向があります。

そのため、レベルデザイナーについても同様に収入が会社の規模や個人の持つスキルに大きく左右されやすいです。

このような傾向がありますが、全体的には上記の年収が相場となっています。

 

レベルデザイナーの将来性

 

近年ではゲーム内のストーリーや美術的な演出が高度化しています。

そのため、レベルデザイナーはステージ構成を行うにあたってより洗練されたストーリーや美術的な演出などを行う必要があります。

 

今後の技術発展でさらに高度化することが予想され、レベルデザイナーの重要度は今後さらに増していくことでしょう。

つまり、レベルデザイナーは将来性のある仕事といえます。

 

レベルデザイナーの求人を紹介してもらう

まとめ

 

今回はレベルデザイナーについて、仕事内容から必要なスキルまで解説してきました。

レベルデザイナーはゲームの面白さを左右するステージ構成に特化した、ゲーム制作においてとても重要な仕事です。

 

ゲーム業界での経験がないとなれないと思われがちですが、ゲーム業界未経験者であってもなることはできます。

さらに、ゲーム内のストーリーや美術的な演出が高度化していることで、レベルデザイナーの重要度は増しています。

 

ゲームが好きな人はこれを機にレベルデザイナーへの転職もぜひご検討いただければと思います。

何から始めたらいいのか分からないという方は転職エージェントを利用ください。

弊社株式会社ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

転職相談から業界事情の情報提供等のご支援を承っておりますので、お気軽に下記登録ボタンよりご登録ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook