1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 適正年収を知りたい!年齢、職種別の平均年収や年収診断ツールも紹介

適正年収を知りたい!年齢、職種別の平均年収や年収診断ツールも紹介

「自分の適正年収はいくら?」自分の仕事に対し、年収額は適切なのか疑問に思う方は少なくありません。今回は適正年収を調べる方法や年代・職種別の平均年収について解説します。適正年収を知ることで自分の市場価値を知ることに繋がるのでぜひ参考にしてください。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

適正年収とは?

 

 

「年収」や「平均年収」は耳馴染みがありますが、「適正年収」と言う言葉を初めて耳にする方も少なくないはずです。

まずは適正年収とは何なのか、年収の定義や計算方法についても合わせて解説します。

 

自分のキャリアに合った年収

 

適正年収とは、自分の年齢や職種、スキル、経験年数に見合った年収のことをいいます。

 

年収は勤めている企業の水準や雇用形態によっても左右される上に、自分以外の年収を聞く機会はなかなかありません。

適正年収は自身が所属している企業や雇用形態を除いて算出されるものであるため、自分のキャリアを見つめ直すきっかけにもなります。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

適正年収はツールを使えば調べられる

 

 

適正年収は、転職サイトなどの年収診断サービスを使えば、インターネット上で簡単に調べることができます。

無料かつ時間もかからないため、まずは気軽に利用してみましょう。

 

ギークリーの無料年収診断コンテンツがおすすめ

 

IT・Web・ゲーム業界専門の転職エージェントであるギークリ―でも、IT人材のための特別な年収診断を用意しています

自分の年収が同年代・同職種・IT人材全体のなかでどの立ち位置にいるかがわかる、完全無料で利用可能な診断コンテンツです。

 

診断後には、IT業界専門のキャリアアドバイザーによる無料カウンセリングを受けることも可能です。

4つの質問に答えるだけで、キャリアアップのコツやあなたにピッタリなキャリアや求人を紹介しているので、ぜひ活用してみてください。以下のボタンから、簡単に診断が行えます。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

適正年収と平均年収の違いは?

 

 

平均年収とは、年齢・業種・性別などそれぞれの集団における年収の総額を、人数で割った数値のことを指します。

よく適正年収と平均年収が混同されがちですが、2つは全く別の意味を持っています。

適正年収が、「自分の年齢や業種、スキルに見合った年収がもらえているか比較する数値」であるのに対して、平均年収は、「性別や年齢、分野などのカテゴリーごとの平均的な年収を見ることができる数値」を意味します。

 

平均年収から考える適正年収

 

民間給与実態統計調査によると、令和3年の民間企業に勤める人(役員含む)に支給された平均年収は433万円でした。これは前年比で見ると102千円(2.4%)増で、2年ぶりに増加に転じています。

男女別に見ると、男性が約545万円、女性が約302万円となっています。

給与所得者の平均年齢は男性が46.9歳、女性は46.8歳です。

このように働くすべての人と比較すると若手層では年収が低いと感じるかもしれません。ただしそれは年齢や勤務年数が平均より低い事が理由だと言えるでしょう。

(参考:国税庁『令和3年分 民間給与実態統計調査』)

 

中央値との違い

 

「年収中央値」という言葉を聞いたころがある方もいるかもしれません。

平均値が対象者の年収を合計し対象者の数で割った値であるのに対し、中央値は対象者の年収をすべて並べたときに真ん中に位置する値のことです。

一部の極端な高収入・定収入の値に左右される平均値と異なり、中央値はよりリアルな値として参考にすることができます。

 

年収の定義

 

年収とは、一年間に得た総収入額のことを指します。税金や社会保険料が引かれる前の収入を表すのが一般的です。

年収は、毎年12〜1月に各会社から配布される源泉徴収票を見ることで把握できます。

源泉徴収票には「支払金額」、「給与所得控除後の金額」「所得控除の額の合計額」「源泉徴収税」「社会保険料等の金額」「生命保険料の控除額」「地震保険料の控除額」など、様々な項目が記載されていますが、年収と呼ばれるのは、「支払金額」の欄に記載されている金額です。

また年収は、役所で所得証明書を発行することで把握できます。所得証明書の「給与収入欄」に記載されている額を確認してください。

 

年収ってどう計算するの?

 

年収の計算方法として一番簡単なのが、直近の月給を12倍し、ボーナスの金額を足し合わせる方法です。計算式は、以下の通りです。

{直近の月給(円)× 12(ヶ月)}+ ボーナス(円)= 年収(円)

もし、手取りの月給しかわからない場合は、手取り金額を0.8で割ったものを12倍することでも、おおよその年収を算出できます。

{手取り金額(円)÷ 0.8}× 12(ヶ月)= 年収(円)

一般的に手取り金額は月給(総支給額)の8割程度なので、手取り金額を0.8で割ることで月給(総支給額)を逆算できます。

ちなみに、就業規則では賃金計算期間を当月1日〜末日と定めており、この期間に得た金額を「月収」といいます。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

そもそも年収診断って?

 

 

初めて年収診断をする人にとっては、そもそも年収診断とは何なのか疑問に思うはずです。

そこで、年収診断をすれば何が分かるのか、またどんな仕組みで行われるのかについて解説します。

 

年収診断でわかること

 

年収診断をすれば、主に以下の3つのことが分かります。

・同年代の人と自分との年収比較
・同職種の人と自分との年収比較
・同職種の人の年収アップ状況

他の人に比べて自分の年収が明らかに低いと感じる場合は、なぜ低いのか原因を把握することが大切です。

原因を把握するためには、キャリアカウンセリングを受けることをお勧めします。

 

年収診断の仕組み

 

年収診断は、インターネット上で簡単な質問に答えるとすぐにAIが自動で診断する仕組みです。

診断結果はその場ですぐに出るため、待ち時間は必要ありません。

また、年齢や性別、職業、年収など必要な項目をフォームに入力して送信するだけと簡単で、誰でも気軽に診断できるのが特徴です。

 

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

適正年収を知るメリット3選!

 

 

「年収をアップしたい」、「今の働き方に満足できていない」と考える人は、自分の適正年収を知っていた方が良いでしょう。

ここではその理由について解説します。

 

現職と市場の年収の乖離を知ることができる

 

弊社にご来社いただいた20代〜40代の方460名を対象に行なったアンケートでは、約半数の方が「現在の年収が自分のスキルや年収に見合っていないと感じる」と答えています。

このように、自分の年収に対して漠然と不安や不満を感じている人は多く存在しますが、実際に同じだけのスキルや経験を積んでいる人より年収が高いのか低いのか、明確に把握している人は多くありません。

 

自分の年収がどの位置にあるのかを把握することで、本当に見合っていないのかどうかを確かめることができます。

 

 

自身の市場価値を知るひとつの材料になる

 

「自身の市場価値」とは、「転職というマーケットの中で、企業が自分をどのように評価するか」という指標のことを指します。

自身の市場価値を知ることで、あなたのスキルや経験が社会においてどれほど価値があるのか、本来あるべき姿を見ることができます。

適正年収では、あなたと同じスキルや経験を持つ他の人の年収を把握できるため、自身の市場価値を知ることが可能です。

 

 

キャリアの可能性を見つけられる

 

適正年収は、同じスキルや経験を積んでいる同職の人と年収を比較できるだけでなく、年収アップに繋がるキャリアや手段を知る手掛かりにもなります。

自分では気づかなかった思わぬスキルが活躍し、年収アップや今後のキャリアの可能性が見つかることもよくある話です。

新たなキャリアの可能性を見つけたいなら、年収診断は欠かせません。

 

【完全無料】仕事タイプ診断で自分に合う職場を調べてみることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけで、職場選びの軸がわかる「IT人材 仕事タイプ診断」を展開しております。

現在の職種と年齢、希望勤務地、簡単な質問に答えることで、自分の価値観に合った職場環境や仕事のスタイルを知ることができる診断コンテンツです。

 

完全無料で診断結果を閲覧できるだけでなく、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、自分に合う会社がわからない、見つからないとお悩みの方は是非ご活用ください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

自身の年収が適正年収より低かったらどうしたらいい?

 

 

適正年収を調べて、自分の年収が適正年収より低かった方は、今後どういった行いをすれば良いのか困るのではないでしょうか。

自身の年収が適正年収より低かった方が、次に取るべき行動を紹介します

 

現在のスキルとキャリアを棚卸してみる

 

キャリアの棚卸とは、自身が行ってきた業務内容や成果、スキルなどを時系列順に並べていくことです。

所属していた企業や職種(ポジションや担当業務)だけではなく、どのような業務を行ってきたのかより詳細に書き出しましょう

キャリアの棚卸を行うと、今まで行ってきた業務内容を整理できるため、これまで気づけなかった価値観にも気付くことができます。

 

このように、自分がどういった基準に重きをおいているのか再確認する事は今後のキャリア選択にとても重要です。

詳しいキャリアの棚卸方法については、下記の記事を参考にしてください。

 

昇進・昇給を打診する

 

昇進・昇給が年収を上げる最も一般的な方法です。

ただし企業の仕組みにもよりますが、短期的な年収アップは難しい場合もあります。

まずは自身の実績を数字でまとめてみましょう

例えば、目標に対しどの程度の達成率をどれくらいの期間継続しているのか、何人のチームをマネジメントしているのか等です。

その後に会社の給与テーブルと照らし合わせるのですが、決まっていないようであれば直接上司や経営陣との交渉が必要です。

 

資格の習得を目指す

 

職種によっては資格の取得が年収に直結します。

資格取得によって自身の適正年収を上回るケースもあるでしょう。

年収アップ以外にも、社内外からの信用につながる、仕事の幅が広がるといったメリットもあります。

中長期的に見ると自身の市場価値を高めるためにも有用な手段だと言えます。

 

職場環境を変えてみる

 

あなたと同じスキルやキャリアを持つ他の人に比べて、自分は同じように評価されていないと感じる場合、今の職場があなたのスキルやキャリアを正当に評価してくれていない可能性があります

適正年収の診断結果を受けて「年収をあげたい」または「キャリアを大きく変えたい」と考えるなら、職場環境を変えてみることも一つの手段です。

あなたのスキルやキャリアを正当に評価してくれる職場を探してみましょう。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

平均年収が高い職種は?

 

 

【職種別】エンジニア平均年収ランキング

 

 

1位:テクニカルライター/技術翻訳

テクニカルライター/技術翻訳は平均年収688万円です。

年代別だと20代では800万円ほど、30代では600万円ほどとなっており、スキルによって年収額が異なります。

製品の取扱説明書などの専門的な技術に関する文章を書く仕事を担い、技術に関する知識や文章力が求められます。

 

2位:プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャー(PM)は平均年収642万円です。

年代別の平均年収は、20代では400~500万ほど、30代では600~700万円ほど、40代では800~1000万円に近い年収の方もいらっしゃるようです。

プロジェクト全体をまとめ進捗管理を担う仕事で、実績と高いコミュニケーション能力が求められます。

 

3位:システムコンサルタント

システムコンサルタントは平均年収633万円です。

年代別の平均年収は、20代で約500万円、30代で約700万円、40代で約900万円とされています。

ヒアリングを通して顧客の課題を分析し、解説するためのシステム構築を担当する仕事です。

 

4位:社内SE

社内SEは平均年収584万円です。

年代別の平均年収は、20代で360~410万円ほど、30代で450~550万円ほど、40代で平均年収は700万円ほどです。

自社のシステム構築や運用保守などの社内インフラ整備のほか、社内のPC設定やソフトウェアに関するヘルプデスクも社内SEが担います。

 

5位:データベースエンジニア

データベースエンジニアは平均年収566万円です。

年代別だと20代では438万円、30代では600万円、40代では623万円ほどです。

膨大なデータを分析し、データベースの開発や設計、運用を行うデータベースエンジニアはIT業界の中でも需要が高い職種です。

 

【年代別】エンジニアの平均年収

 

ギークリーの独自データによると、20代の平均年収は約440万円、30代は約540万円、40代は約630万円、50代は約690万円という結果になっています。

基本的に年代が上がるほど平均年収の金額は上がっていきますが、保有スキルや経験によって異なる場合もあります。

目指す職種に合ったスキルを身に付け、年収をアップさせましょう。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

年収を上げるスキル一覧

 

 

自身の適性年収=市場価値を把握したうえで、特にIT業界で年収アップをはかりたいと考える方におすすめする「年収に差がでるスキル」をご紹介します。

 

汎用性の高いスキル

 

WordPress

WEB関連の仕事で求められるのがWordPressのスキルです。SEOやデザイン制を意識したブログやサイトを作成する技術を自分で身につけることができます。

職種によってはポートフォリオとして提出できるため、スキルの証明として挑戦してみると良いでしょう。

 

画像・動画編集

画像や動画の編集は、近年ではそれだけで仕事として成立する分野に成長しています。特に5G時代の到来によって、動画編集のスキルはさらに重宝されるようになるでしょう。

一方で動画編集の自動化なども進むなか、常に新しい技術のキャッチアップや流行に敏感であることで他者といかに差別化を図れるかが重要です。

 

デザイン

WEBデザインは以前として仕事の需要は多いものの、その分供給も多いです。

近年ではUI/UXデザイナーに注目が集まっています。背景にあるのはスマホアプリの爆発的な増加です。

日本国内ではさまざまな企業がスマートフォン事業に参入しており、デザインの領域で高いスキルを持つ人材に需要が集まることが考えられます。

 

英語

実は英語力は依然として年収の差に関係すると言われています。TOEICスコア700点以上だと年収が大きく増加するというデータもあるのです。

 

転職に役立つスキル

 

データサイエンス

AI・機外学習の分野が成長するなか、ビックデータを分析し、活用できる人材はまだまだ不足しています。

IoT(モノのインターネット)領域も拡大の一途をたどるなか、プログラミングや統計学と経営戦略の視点をあわせもつ人材の需要は高まっています。

 

WEBマーケティング

WEBでの集客は多くの業界でその効果が分かるにつれ普及するようになりました。SNSやオウンドメディアに頼る企業は増加しています。

また、マーケティングの知見は一度身につけるとさまざまな業界での応用が可能な汎用スキルです。

 

プログラミング

義務教育にも取り入れられるようになったプログラミングですが、最新技術の開発を手掛けることができる人材はいまだ不足しています。

需要が伸びる一方で供給も増えてはいるなかで、他者と差別化を図る方法は2つ、最新技術に特化したプログラミング言語を極めるか、オールラウンダーになるかです。Pythonは汎用性が高いうえに最新技術に用いられる言語としておすすめです。

またゲーム業界ならUnity、アプリゲーム開発ならC#が人気の言語となっています。

 

今後需要拡大が見込めるスキル

 

AI技術

AIを扱う人材の需要は拡大が続くと考えられています。「AIに取って代わられるのでは?」といった議論はしばしば取りざたされますが、そのAIを開発し、修正し、アップロードしていくのは人間の役目です。

AI技術者を求める大手企業やベンチャー企業は増加傾向が続いており、機械学習・ディープラーニングの領域の需要は極めて高いと言えます。

 

ブロックチェーン技術

金融機関のみならず、いまやブロックチェーン技術は医療、農業、アートといった多くの業界で活用が始まっています。まだまだ成長途中にある領域でありながら人材は圧倒的に不足しており、高い年収が提示されることも少なくありません。

ブロックチェーン技術の活用が始まった領域での知見があれば、目指す価値はあります。

さらに応用したスマートコントラクトが扱える人材であればどの企業でも重宝されるでしょう。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

ギークリーに相談し、キャリアの可能性を広げてみよう

 

 

適正年収を知ることは、自身の市場価値を判断し、今後のキャリアにつなげていくために大切な手段となります。

適正年収を診断するなら、キャリアアドバイザーへの相談とあわせて行うことをおすすめします。

キャリアアドバイザーからは、年収診断結果をふまえてキャリアアップにつながるアドバイスを受け取ることができます。

IT・Web・ゲーム業界専門の転職エージェントであるギークリ―では、IT人材のための特別な年収診断と用意キャリアカウンセリングをご用意しています。

「キャリアアップのコツを知りたい」「自分にピッタリなキャリアや求人を知りたい」という方はぜひお気軽に利用ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事