カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 30代の転職で求められることとは?転職を成功させるためのポイントについてご紹介!
  • 転職準備

30代の転職で求められることとは?転職を成功させるためのポイントについてご紹介!

「30代の転職は難しい」と聞いたことはありますか?20代の転職と比べて若さで勝負、やる気で内定を得るというのが難しくなります。今回は30代の転職では何が求められるのか、転職を成功させるためのポイントについてご紹介させていただきます。30代で転職をしようと思っている方や年齢で転職に踏み出せない方は必見の内容となっております。

30代の転職では何が求められる?

 

 

30代になると20代の頃とは違い、若さややる気だけで転職することは難しくなります。また、企業側も若さややる気ではなく他のものを求めていることが非常に多いです。

ここからは30代の転職において最も求められるものをご紹介していきます。

 

今までの仕事でどのような経験をしたか

 

企業側が求めるものとして「経験」があります。これは10代や20代にはないもので年齢を積み重ねたものだけが持つ自分だけの唯一の経験です。今までのどのような仕事をしてきたのか、仕事でどのような結果を残してきたのかが非常に重要となります。

企業側が30代に求めるのは即戦力としての採用です。若い人にはない豊富な経験をアピールすることで転職を有利に進めることができるでしょう。

 

どのくらいのポテンシャルがあるのか

 

企業が求めるものとして「ポテンシャル」も重要になります。

やはり企業側からしても30代よりも20代を採用するほうが若さややる気の面でメリットになります。

しかし、30代ならではの豊富な知識と経験を活かし転職先で大きな結果を出すことができるポテンシャルを期待している企業も多いです。若さややる気だけでは知識や経験を上回ることはできません。

経験とスキルだけでなくポテンシャルも一緒にアピールすることで転職を有利に進めることができるでしょう。

 

今まで積み重ねてきたキャリア

 

企業が求めるものとして「キャリア」も重要になります。

自分が今まで成功させたプロジェクトなど積み上げてきたキャリアが多ければ多いほど転職に有利になるでしょう。成功体験はどんな小さなことでも構いません。

今まで自分がどのようにして結果を残してきたのか、実際にそのプロジェクトでどのような利益を上げたのかなどを詳しく説明しましょう。企業側に自分にはこれだけの成功体験があるとアピールすることで転職を有利に進めることができるでしょう。

 

転職を成功させるポイント3選

 

 

30代の転職は20代に比べると難しくなるのは事実です。しかし、年齢のせいにして諦めてはいけません。

若い20代ではなく、経験豊富で即戦力となる30代を求めている企業も数多くあります。ここからは30代で転職を成功させるための大切なポイントをまとめました。

 

物事を柔軟にとらえる適応力

 

30代の転職の成功のポイントは「物事を柔軟にとらえることのできる適応力」です。

転職した際に今までとは勝手が違う新しいことに挑戦しなければなりません。今までやってきたやり方では通用しない場面もあります。そこでお手上げ状態になるのではなく、いろんな角度から物事を見ることのできる適応力が重要になってきます。

新しい環境でもすんなりなじめることが、30代で転職を成功させるカギとなるでしょう。

 

転職後すぐに即戦力として働くことができるか

 

30代の転職の成功のポイントは「転職後すぐに即戦力として働くことができるか」です。

企業側が30代の転職者に求めるものは即戦力として力になってくれるかどうかです。もちろんすべての企業に当てはまるわけではないのですが、即戦力として働けるというのは大きなセールスポイントになります。

そこで大事なことは本当に即戦力して働ける実力があるのかどうかです。企業側が求めるスキルや経験がない場合には転職を成功させることが難しくなります。

企業がどのような人材を求めているのかを事前にリサーチしてそのレベルに自分が達しているかを考えることが転職を成功させるカギになります。

 

チームをまとめることのできるリーダーシップ

 

30代の転職の成功のポイントは「チームをまとめることのできるリーダーシップ」です。

企業側が転職者に求めるリーダーシップは具体的に以下の通りです。

 

・部下のやる気を引き出すことができる

・チーム全員を巻き込んで仕事ができるか

・チーム全員の将来を見通して仕事ができるか

・他人の意見をうまく組み込んで仕事ができるか

・チームの雰囲気を高めてで良いアイデアを生み出すことができるか

・自分がチームを引っ張り良い結果を残すことができるか

 

このようなリーダーシップを企業は期待しています。自分だけではなく周りを引っ張りチーム全体をまとめあげることができるリーダー力が転職を成功させるカギになっていくでしょう。

 

30代で未経験からの転職は難しい?

 

 

今までとは全く違う職業に転職したいと思っても、30代だからと諦めている方はいませんか?30代でも未経験の仕事に転職することは可能です。

未経験で転職を成功させるにはまず自分がどのような仕事をやりたいのかを明確にしましょう。なんとなく違う職業をやってみたいなどの理由ではなく、なぜ自分がその仕事をやりたいのかを明確にしましょう。そうすることで未経験ながらに何が必要かどのようにすればスムーズに転職することができるのかを見つけることができるかもしれません。

また、その仕事が未経験だとしても今まで培ってきた社会経験は通用します。30代ならではの幅広い人脈、上司に無理難題を押し付けられた経験、部下のための思いやり。これらは未経験の仕事であっても変わることはありません。

未経験でアピールするポイントがない場合は今までの経験をアピールすることで転職を有利に進めることができるでしょう。

 

30代の転職先の選び方は?

 

 

30代で転職したいという方はどのような職種に転職をしているのでしょうか

ここからは独自に調べた30代の転職先やメリット、デメリットをご紹介していきます。今の職場に不満がある、給与面が心配、違う仕事をしてみたいなど転職を考えている方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

同じ職種でステップアップのための転職

 

今働いている内容と同じ職種で自分のステップアップのために転職する方が多いようです。

同じ職種に転職することのメリットとして業務内容がスムーズに理解できるということがあります。

今までやってきたキャリアをそのまま活かすことができるので1から新たに覚えることも少なく、自分の培ってきた経験を駆使して仕事をすることができます。

デメリットとしては転職直後は給料が低くなる可能性があります。

しかし、無事にキャリアアップできれば今までの給料よりグンと上がることもあるので一概にデメリットとは言えませんね。

 

未経験の職種への転職

 

30代になり今までの職種とまったく違う職業に転職する方も多いです。

メリットとしては業務内容が全く違うので新たな取り組みにフレッシュな気持ちで挑戦できるということがあげられます。

デメリットとしては1からすべてを覚えなければならないので慣れるまでは非常に大変で挫折してしまう可能性があります。

しかし、今の職場に不満を抱いて転職をする場合には自分のやりたい職種に転職することで心機一転仕事に励むことができます。

 

業績が評価されてライバル企業からの引き抜き

 

他の企業から自分の成績やスキルを認められて今よりも良い待遇で転職することを引き抜きと言います。

メリットとしては収入アップが見込めます。引き抜きの場合は重要なポジションに就かせてくれることも多くキャリアアップを望めます。

デメリットとしては引き抜きによる問題が起きる可能性があるという事です。あまりにも強引な引き抜きは損害賠償請求をされることもあります。

また、契約した内容と違う仕事をさせられる可能性もあります。引き抜きは必ずしも自分のステップアップにつながるとは限りません。必ず契約内容をよく読み、自社に不義理のないように円満な転職を心がけましょう。

 

まとめ

 

 

30代の転職についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?30代の転職は20代と比べてしまうと確かに難しいかもしれません。だからといって諦めるのではなく、30代の自分にしかないアピールポイントは必ずあります。

スキルや経験、人脈の幅などどんな細かいことでも人に自慢できるものはあるはずです。

30代から未経験の仕事に転職をし、大成功を収めた方もいらっしゃいます。今、転職をしようと考えている方は自分にはどのようなセールスポイントがあるのかを確認しましょう。しっかりと把握したうえで転職活動を行うことでスムーズに転職ができるでしょう。

おーちゃん

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。