1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 20代の転職活動の期間の平均はどれくらい?短期間で転職成功するポイントも解説

20代の転職活動の期間の平均はどれくらい?短期間で転職成功するポイントも解説

「20代の転職は時間がかかる?」「短期間で内定が欲しいけど進め方が分からない…」と不安に感じていませんか?そこで今回は、20代の方向けの転職成功のポイントや一般的な転職活動のスケジュール、実際の転職成功事例などを転職のプロ目線で解説します。

最終更新日:

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

20代の転職活動期間の平均は3ヶ月

 

 

一般的な転職活動のスケジュール

 

 

一般的に20代で転職活動にかかる時間は「3ヶ月程度」といわれています。

転職理由や転職軸の整理などの事前準備に約2週間、書類審査を通過するための応募書類の準備に約2週間、そして一次面接から最終面接まで含めると面接に1ヶ月以上(4週間~5週間)かかることもあります。

 

また、中途採用の場合は足りない人員の補充の意味合いが強く、内定が出た時点では欠員がないケースもあるため内定が出てもすぐに働けない可能性もあります。

 

【完全無料】仕事タイプ診断で自分に合う職場を調べてみることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけで、職場選びの軸がわかる「IT人材 仕事タイプ診断」を展開しております。

現在の職種と年齢、希望勤務地、簡単な質問に答えることで、自分の価値観に合った職場環境や仕事のスタイルを知ることができる診断コンテンツです。

 

完全無料で診断結果を閲覧できるだけでなく、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、自分に合う会社がわからない、見つからないとお悩みの方は是非ご活用ください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

20代の転職活動の期間が短い理由

 

 

スキルや能力よりもポテンシャルが重視される

 

20代の場合はまだ社会人としての経験が浅いこともあり、専門性のあるスキルや経験よりも将来的な伸びしろやポテンシャルが評価されます。今後の活躍に期待して採用されることが多いため、30代以上よりも入社までが短期間で決まることが多いでしょう。

また、若手の方は企業が持つ文化に適応しやすいことに加え、若手採用により社内に新鮮な視点をもたらすなどの利点があります。

 

20代が対象の求人数が多い

 

20代の場合、30代以上と比較すると求人の量が多いことも転職活動期間が短くなる理由の1つです。未経験でも20代の人材を採用し、社内で育てていこうといった動きも珍しくありません。

積極的に若手採用を行っている企業は多いため、20代の求職者は内定を獲得しやすくなります。

 

20代の採用は人件費を抑えられる

 

企業が20代を採用する際の利点の1つに人件費をコントロールできることが挙げられます。

30代以上の即戦力となる経験豊かな候補者を採用する場合、それに見合うような高い給与の支払いが求められますが、20代の場合は給与額がそこまで高くありません。

20代の若手を雇用する場合は能力に基づいて段階的に給与を増やしていくことが可能なため、人件費を抑えることができます。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

20代の転職活動を成功させるポイント

 

 

今後のキャリアプランを立てる

 

未経験でも応募ができる求人は多くありますが、業界を絞らずに応募することはあまりおすすめできません。

年収アップや社風だけで転職先を選んだ場合、入社後に自分に合っていないことに気づきミスマッチを感じるケースもあるため、自分が目指す方向性や転職の軸を整理し、キャリアプランを立てておくことが大切です。

転職活動を始める前の事前準備について以下の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

転職理由の伝え方を考える

 

20代の転職理由で多いのが、職場の人間関係や残業の多さといったネガティブな内容です。もちろんネガティブな理由から転職を検討する可能性は誰にでもあります。

 

しかし選考の中で転職理由を伝える際、ネガティブな理由ばかりが目立ちすぎないようにする方企業からの印象が良くなります。ネガティブな転職理由でも、ポジティブに言い換えることで仕事への意欲や協調性を損なわず自分をアピールすることができるためおすすめです。

よくある転職理由と、好印象を与えるポジティブな言い換えの例を以下の記事で紹介しています。

 

 

転職エージェントを最大限活用する

 

20代では初めての転職の場合や、転職回数が少ない方も多くいらっしゃいます。

 

「転職活動にはどのような対策が必要なのか分からない」

「そもそも自己分析って何をすればいいの?」

 

そうお悩みの方は、1人で悩むのではなくプロに相談してみるのも有効な手段です。

IT転職エージェントのギークリーでは、専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートいたします。

自己分析や応募書類作成、面接対策など内定獲得までの道のりをサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

20代の転職成功事例を紹介

 

 

1ヶ月で転職成功した方の場合

 

【スキルアップしたい!今より成長できる環境に転職を目指した事例】

20代のAさんは就業環境の改善と、ネットワーク技術のスキルアップのため転職を決意しました。
初めての転職でしたが、人材派遣ベンチャー企業のインフラエンジニアとして転職を成功されました。

 

転職活動期間の短縮につながったのは、転職エージェントによる豊富な求人紹介と、エージェントとのコミュニケーションの多さです。
そしてAさん自身も、良い求人があればすぐにでも転職したいという思いのもと転職活動に取り組んだため1ヶ月での転職となりました。

 

3ヶ月〜4ヶ月で転職成功した方の場合

 

【完全未経験!自己研鑽と伸びしろで内定を獲得した事例】

20代のBさんは元々歯科技工士に従事していましたが、Webデザイナーとして活躍する友人に憧れを持ち、デザインで社会貢献をしたいとお考えになりました。
デザインスクールに通い、llustrator、Photoshop、HTML、CSSおよびWordPressの利用経験もありましたが、未経験なこともあり書類選考が通るまでに2ヶ月ほどかかりました。

 

Web広告代理店の書類選考が通り、面接でBさんのポテンシャルの高さが評価され内定に繋がりました。転職活動期間は3ヶ月ほどかかっています。
未経験でも自己研鑽を行うことと、書類を応募することの大切さが分かる事例です。

 

さっそく転職相談してみる

 

 

20代で転職活動を始めるベストなタイミングとは

 

 

今の会社を退職してから転職活動する場合

 

退職後に転職活動を始めると、転職活動に割ける時間が多く応募書類の作成や面談対策などに専念することができます。

面接が決まった場合でも、会社と調整して有給休暇を取得するといった時間ロスが無いため、効率よく複数の面接をスケジュールすることができるでしょう。

また、志望企業から内定をもらった場合もすぐに入社することができます。

 

しかし退職後に転職活動を始めた場合、転職活動中は収入がないため金銭的に余裕が無くなったり、なかなか次の転職先が決まらないという焦りや不安を抱いてしまったりという懸念もあります。

今の会社を退職する前に、タイミングを考えてから退職することをおすすめします。もし退職のタイミングに迷ったら、お気軽に転職のプロにご相談ください。

 

 

 

在職中に転職活動する場合

 

今の会社に在籍したまま転職活動を始める場合、収入面での不安や転職先が決まらないといった不安は少なくなるでしょう。交通費やスーツの購入など、転職活動は意外とお金がかかるため金銭面での余裕は大切です。

しかし、まだ社会人経験が浅い20代の方は仕事と転職活動の両立は難しいと感じることも多く、先延ばしになってしまったり、対策が十分にできないこともあります。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

20代の転職活動に関するよくある質問

 

 

20代後半で転職するのは難しい?

 

20代後半で転職することは珍しいことではないため、年齢が理由で選考に落ちる可能性は低いでしょう。

20代であれば未経験の業界や職種への転職も比較的ハードルが低いため、転職を考えている方は早めに転職活動のスケジュールを立てることをおすすめします。

 

 

資格がないと転職できない?

 

企業が提示する応募条件や職種によっては、資格があることで有利になる場合もあります。専門性の高い職種に転職を希望する場合は資格を先に取ってから転職活動を始めても良いでしょう。

自分が目指す企業の応募条件や職種について、情報収集から始めることをおすすめします。

効率的に情報収集を行いたい方は転職エージェントの活用もおすすめです。

 

 

実績が無くても内定は出る?

 

20代の場合は社会人経験がまだ浅いこともあり、企業側も高い実績を求めていないケースが多くあります。

もし実績が無かったとしても、前職での経験で学んだことや自己研鑽についてなどアピールできるポイントを作ることができます。

 

自分のアピールポイントが分からなかったり、どう伝えていいか悩んでいる方は、一度転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか?

多くの求職者を支援させていただいた実績のあるキャリアアドバイザーが、あなたの魅力を最大限引き出すお手伝いをいたします。以下のボタンからお気軽にご相談ください。

 

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

転職期間を長引かせないために転職エージェントを活用しよう

 

 

今回の記事では、20代の転職活動の期間や転職のポイントなどを中心に紹介しました。

働きながら転職先を探す場合、転職活動に割り当てられる時間が限られてしまうため、スケジュール管理が大変です。

転職エージェントを活用することでスケジュール管理のサポートを受けることができ、面接日の調整などもスムーズに行うことができます。また、転職エージェントのキャリアアドバイザーを通じて頻繁に情報を得ることが可能です。

 

その他にも応募する企業の現場状況や雰囲気など細かい情報や業界知識などにも転職エージェントは精通しています。

サポートは無料ですので、まずはキャリアの相談から気軽に始めてみてはいかがでしょうか?

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事