カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. スクラムマスターの役割とは!プロジェクトマネージャーとの違いは何?
  • 職種・ポジション

スクラムマスターの役割とは!プロジェクトマネージャーとの違いは何?

スクラムマスターの役割とは一体何なのかについて様々な視点から説明していきます。スクラムマスターの話題によく出てきて比較されるプロジェクトマネージャーとの違いにも触れていきます。役立つ資格や、スクラムマスターの役割はもちろん、スクラム開発の役割である「プロジェクトオーナー」「チーム」についても説明します!

アイキャッチ-スマートな人

スクラムマスターとは

 

概要説明

 

 

スクラムマスターとは、スクラム開発で登場する職種の1つです。

スクラム開発で登場する役割は主に以下の3つです。

・スクラムマスター

・プロダクトオーナー

・チーム

3つの役割について説明し、把握していただいた上で、スクラムマスターの概要について解説します。

 

【スクラムマスター】

スクラムを理解した上で、スクラムの進め方が出来ているか管理し、円滑に進めて行く役割を担っています。つまり、チームで協力した開発が出来ているかを管理します。スクラムチーム(ソフトウェア開発チーム)の全体が、スクラムとは何かを理解した上で開発を行っているかチェックします。その上で、チームが協力しやすい環境にあるか確認しながら、サポートする役割を担当します。

チームに自立してスクラム開発にとりくませることで、成果を最大限に引き延ばせす重要な立場です。

 

【プロダクトオーナー】

プロダクト(製品)の最終決定権を持ち、同時にプロダクトに対しての責任も担う人のことを言います。優先順位付けやスケジュールの管理、市場で事例を含めてプロダクトについて把握している立場になります。

 

【チーム】

その他の、スクラム開発を担うメンバー全体を指します。

チーム一体となって仕事を進めていくため、スクラム開発では関わる関係者をまとめて「チーム」と呼びます。

 

プロジェクトマネージャーとの違い

 

 

スクラムマスターに対するよくある勘違い

 

スクラムマスターは、プロジェクトマネージャーと混合されることがあります。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの責任者であり、全体の管理、進行、最終判断となる意思決定を担う重要な役割を担っています。

また何かプロジェクトで起きた良い結果や悪い結果はプロジェクトマネージャーが責任者に該当します。

スクラム開発では、プロジェクトマネージャーが存在しません。

代わりにスクラムマスターが開発チーム全体とプロジェクトオーナーのサポートを行い、スムーズに事が進むように注力します。

トラブルや円滑に進まない障害が生じた際には、チームとプロダクトオーナーが話し合い調整を行える場を設けます。万が一のことが起きた場合、プロジェクトの遅れを軽減させる役割も担っています

また、そういったトラブルが起きないように事前に先読みをし、チームメンバーにアプローチをする重要な役割になります。

 

プロジェクトマネージャーの役割

 

ここで、よく比較対象になるプロジェクトマネージャーについて、知っておくと違いが分かりやすいので、解説していきます。

プロジェクトマネージャーは「様々な管理」や「プロジェクトを円滑進めるためにマネジメント」して行く仕事です。役割をまとめると下記の通りになります。

 

・システム開発の計画、顧客ヒアリング、スケジュール管理

・チーム編成、環境作り

・全体のプロジェクト推進&管理

・人間関係の最適化&客観的な視点で俯瞰

 

クライアント(顧客ニーズ)に答えるため、ヒアリングし、重要な要素を把握した上で、システム開発の計画をどの様に進めていくかを決定する役割を担います。

経営目線から俯瞰して見ることで、プロジェクトの工数や人員を明確化し、全体のスケジュールを組んでいく力が必要になってきます。

プロジェクトがしっかり進行しているのかの把握し、「プロジェクトオーナー(進行)」、「スクラムマスター(確認&解決)」、「チーム(スケジュール管理)」それぞれが担う役割全てである、プロジェクト全体の流れを任されます

 

職種の違いや求人について聞いてみる

 

スクラムマスターの役割

 

 

プロジェクトマネージャーとの比較で見えてくる役割

 

スクラムマスターとプロジェクトマネージャーは「ほぼ同じ」様な立ち位置ですが、「メインのミッション」が違います。スクラムマスターは、プロジェクトそのものやチームの管理はメインの役割ではありません。その分かりやすい理由を下記に書きました。


■スクラムの役割

・スクラムマスター(確認&解決)

・プロジェクトオーナー(進行)

・チーム(スケジュール管理)

 

上記のような「スクラムの役割」でそれぞれの役割に分担し仕事を進めていきます。

 

❏スクラムマスター

・長期的にチームの力を継続して発揮させるが事がメインの目的

・インペディメント(障害物)を排除するのがメイン

・スケジュール管理&プロジェクト進行を担っていない

 

❏プロジェクトマネージャー

・短期的にチームの力を発揮させる事がメインの目的

・スケジュール管理&プロジェクト進行を担っている

 

プロジェクトマネージャーとの違いで際立つスクラムマスターの特徴は、障害を検知した場合にチームが障害を解決するための環境づくりに専念します。

ここで分かりやすいのが短期的なチームの能力向上は1人で可能ですが、長期的なチームの能力向上は1人で長期チームを任されると能力向上のメリットが激減します。そのため、スクラムでは長期的なチーム作りに3つの役割に分担されています。

 

長期サポートのプロ

 

短期的なプロジェクトでは発生しない技術の負担や小さな障害の蓄積により、開発スピードが落ち生産性が低下してしまいます。この低下を防ぎ、環境を整えることにより、スピードアップも図れる役割がスクラムマスターと言えるでしょう。

 

この様にスクラムマスターはプロジェクトで発生する障害を解決していき、意思決定を行える環境づくりを整え、円滑にプロジェクトが進むようにサポートします。

 

スクラムマスターの資格&必要性

 

資格

 

スクラムマスターの「資格制」はありません。ですが、「能力認定資格」は存在します。認定スクラムマスターと呼ばれている資格は実は2種類に分かれています。

Scrum Aliance(アメリカの非営利団体)

Scrum.org(アメリカの非営利団体)

上記の資格はどちらも「アメリカの非営利団体」が実施している資格になります。

歴史が長く、2種類の資格を比較して日本でも知られているのは「Scrum Aliance」です。

どちらとも事前研修を行い試験を受験する事が可能です。研修期間中に不適切な言動や行動をしてしまうと受験資格の剥奪に繋がるので、気をつけましょう。

どちらの試験も合格率は高く、無料でも一回受験チャンスがあります。受験の合格率も講師の評価につながるため、手厚いサポートを受けられる傾向にあります。

・Scrum Alianceでは30万円、期間は3日間

・Scrum.orgでは20万円、期間は2日間

上記の様に費用と日数が少なくないため、チャレンジする時は事前に準備が必要です。

 

資格は本当に必要なのか

 

結論は資格がなくても十分に活躍していける人材となれるでしょう。ですが、資格があることによって自分の肩書やスキルが有ることをアピールできるための大きな基準となります。

役に立つ以外にも信用や信頼の割合も上がり、結果的に依頼単価も資格がない人より上がりやすい傾向になります。

資格を活用すくことにより、短期的に収入をアップすることが可能です。

 

スクラムマスターの求人について詳しく聞いてみる

 

他に役に立つ資格はある?

 

 

アジャイルの考え方も有効

 

他にも様々な資格がありますが現在は混乱している状態で、まだどの資格が安定して価値がある資格になるか未知数なのが現状です。

また、スクラム開発でも役に立つ「アジャイルというビジネス思考」の理解を深める事ができる「アジャイルソフト開発宣言」などのアジャイル開発の受験をして、習得するのも役に立つ知識が勉強できて良いと思います。

「スクラム開発」と「アジャイル開発」はITビジネスの考え方で非常に役に立つ知識になるため、どちらも勉強することをおすすめします

 

アジャイル開発についてはこちらの記事をご覧ください!

アジャイル開発のメリット・デメリットを徹底解説!気になるスクラム開発との違いもご紹介!

 

転職エージェントで求人を知る

 

・スクラムマスターについて興味がある

・自分の経験でも転職できるのか気になる

・スクラムマスターの求人には、どのようなものがあるか気になる

 

という方は、転職エージェントを活用することをおススメします。ただ求人の紹介をするのではなく、あなたの経歴や希望にあった求人の紹介が可能です。

また、十分な経歴を満たしていなくても、スクラムマスターになるためのキャリアパスについてご提案させて頂きます。

 

転職エージェントを活用するメリットは他にもあります。

 

・HPに掲載していない非公開の求人もある

転職で叶えたいことを踏まえた上で最適のキャリアプランを提案する

・求人票では読み取れない企業の雰囲気や状況について知れる

・求人の紹介のみならず、職務経歴書の添削や年収交渉の代行など転職全般の支援

 

転職活動を効率的に進め、成功させるサポートをさせていただいております。

転職を検討している方はお気軽にご相談ください!

 

【簡単1分!】ギークリーに相談する

 

まとめ

 

 

スクラムマスターはあまり聞かない職種ではありますが知っておいて損のない知識です。

アジャイル開発も注目されているため、スクラム開発の認知度や今後の注目度が上がる事は大いにありえます。本気をを読んでスクラム開発やスクラムマスターについて知っておくことで有利に立ち回れるでしょう

無料転職相談に登録してプロジェクトマネージャーの知識を転職に活用

Geekly Media
ライター

アイキャッチ-スマートな人

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。