1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 【無料添削】転職エージェントの職務経歴書添削サービスとは?作成のコツも解説

【無料添削】転職エージェントの職務経歴書添削サービスとは?作成のコツも解説

「職務履歴書が作れない」「不安だから添削してほしい」職務履歴書は転職において重要なアピールポイントの1つです。今回は、内定獲得に繋がる転職エージェントの職務履歴書の添削サービスや、職務履歴書作成のポイント、書類選考時の悩みなどを解説します。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

職務経歴書とは?

 

 

職務経歴書とは、企業の書類選考時に履歴書と一緒に提出する書類です。

過去経験してきた仕事やその実績、具体的なスキル、今後どのようなキャリアを歩みたいのか記載します。

企業は提出された職務経歴書から、応募者の業務経験とスキルを判断して自社が求めている人材と当てはまっているか、次の選考に進ませるか判断しているため、選考を受けるにあたって重要な書類のひとつとなります。

 

ここから、応募企業に評価してもらえる職務経歴書についてや、書類を添削してもらうメリット、方法に関して解説します。

 

 

 

職務履歴書の添削サービスを見る

 

 

【無料】職務経歴書の添削サービス

 

 

転職エージェントに相談する

 

転職エージェントに職務経歴書の添削を依頼することで、転職のプロの視点でアドバイスをもらうことができます。

応募する業界・業種の企業の知識が豊富であるため、自分では気づけなかった必要な情報を記載できたり、内容やレイアウトに関する添削をしてもらうことができるでしょう。

 

転職エージェントである株式会社ギークリーでは、無料で職務経歴書の添削を承っております

転職や職務経歴書の作成にお悩みをお持ちの方は、以下のボタンからお気軽にご登録ください。

 

職務履歴書の添削サービスを見る

 

 

職務経歴書を添削してもらう際の注意点はある?

 

 

面接で活かしきれない可能性がある

 

第三者に添削してもらうデメリットとして考えられるのが、面接で職務経歴書を活かしきれない場合です。

添削してもらって直したら、しっかりと自分で内容を把握する必要があります。

そうでないと書類と面接の際のやり取りがちぐはぐになってしまうからです。

記載すべき内容の見逃しや志望する企業が求める内容になっていたとしても、それを採用担当者に伝えることも重要です。

 

転職エージェントはその伝え方のコツをお伝えすることができます。

事前に自己分析や転職軸の明確化、業界・企業分析を十分に行ったうえであれば心配はありませんので、安心して添削サービスをご検討ください。

 

絶対に書類選考を通過できるとは限らない

 

職務経歴書を添削してもらったからと言って、必ず書類選考を通過できる書類が仕上がるわけではありません。

例えば自身のスキルセットと企業が求めるレベル感がマッチしなければ、いかに効果的に実力を書類に表すことができても採用につなげることは難しいでしょう。

職務経歴書を添削してもらうことで、より効果的に採用担当者にアピールすることは可能です。

しかしどの企業に提出しても必ず選考通過できる職務経歴書というものは存在しません。

選考通過には企業が求める人物像とのマッチが欠かせないことも覚えておきましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

採用担当者に評価してもらえる職務経歴書とは?

 

 

応募者の経験やスキルが求めている人材とマッチしている

 

企業は、職務経歴書から「この人は入社後どのように活躍してくれるか」イメージして、求める人物像かどうか判断しています。

職務経歴書を書くときは、応募を検討している企業の求人から求める人物像やスキルに合わせて自身のスキルや課題への向き合い方をアピールしましょう。

 

過去の経歴がイメージしやすいように書かれている

 

過去の経歴や成果を記載する際は、イメージしづらい抽象的な文章は避けましょう。

「目標を達成しました」「アプリの開発に携わりました」のみではなく、「売上目標を前年度比120%で達成しました」「要件定義からテストまで一貫してアプリ開発に携わりました」と数値を入れたり、具体的にどのような業務に携わっていたのか記載すると、読み手もイメージしやすくなるでしょう。

エンジニアであれば、開発環境やポジション、関わった工程なども詳細に記載することでこれまでの経験を相手にイメージしてもらいやすくなります。

 

読みやすいように工夫されている

 

相手が読みやすい仕様になっているかというのも重要なポイントです。

書きたい内容を全て列挙してまとまりがなかったり、項目が空白ばかりだったりすると、読み手から悪い印象を持たれてしまう可能性があります。

内容を整理して、要点をまとめるなどの工夫をしましょう。

 

基本的な書き方のチェックポイント

自己PRのようなエピソードを書く場合を除き、全体を見出しと箇条書きで統一しましょう。例えば「職務内容」と「実績」のように採用担当者が分けて知りたい項目も、箇条書きであれば把握しやすいです。

長すぎず短すぎず、目安は用紙2枚程度です。長くても3枚には収まるよう工夫しましょう。

 

昇進や表彰について書く際には、その前後が重要です。

どのような成果を挙げ、表彰や昇進後にはどのように取り組んだかは、前後を意識して記載してください。

数値で表せるものは全て数値で、改行や文字の大きさなど統一して全体のバランスをとります。

端的と具体的を使い分け、メリハリがあって読みやすい職務経歴書を作成しましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

職務経歴書を添削してもらうメリット

 

 

自分では見つけられなかったミスを発見できる

 

誤字や脱字等は、自分でも見直しや確認で防ぐことができます。

しかし、正式名称が間違っていたり、アルファベットの大文字小文字の使い分けなどに関しては自分では間違っていると気づきにくいミスです。

このような小さなミスでも、書類選考の印象に響いてしまう可能性があります。

業界に専門知識のある人や、転職エージェントに職務経歴書を見てもらうことで、これらの細やかなミスに気づいてもらうことができるというメリットがあります。

 

書くべき内容を漏らさず記載することができる

 

応募する企業や職種・業界によって、求める人物像やスキルは異なります。

この判断は転職が初めてであったり、業界の知識が少ない方にとっては難しいものです。

だからこそ、「これは書くほどの強みではないな」「このスキルは書かない方がいい」と自己判断して書かないのはやめましょう。

エンジニアやクリエイターは使用しているプログラミング言語やツールを、メインのものでなくてもスキルとして示せるものは漏れなく記入することが重要です。

なぜなら、応募する企業側は「求めるスキル」があるかどうかを職務経歴書で判断するため、持っているのに記入しなかったスキルは、その教養がない人材だと判断されてしまうからです。

 

転職のプロである転職エージェントは、企業の求める人材像に関して詳しく把握しているため職務経歴書に書くべき内容が漏れていないかを確認してもらうことができます。

 

内容だけでなくレイアウトも修正してもらえる

 

履歴書は職務経歴書は決められた形やフォーマットはありません。

その反面、自由に記載できるという点で、見せ方によっては自己PRにも繋がります。

ただ、派手に装飾したり、デザイン性にこだわる、というのではなく相手に伝わりやすいか?という目線でレイアウトを作成しなければなりません。

文章量が極端に多かったり、内容が整理されていないと、せっかくのスキルや今までの経験が応募企業側に伝わりづらくなってしまいます。

 

第三者視点で職務経歴書を確認してもらうことで、修正するべきところを発見してもらうことができるのも大きなメリットです。

 

内容に客観性がでる

 

「何を書いたらいいか分からない」と感じる人が多い自己PRですが、推敲するあまり客観性を欠いてしまうこともめずらしくありません。

同僚や家族に見てもらう方法もありますが、それでは志望する企業視点が抜けてしまいます。

採用担当者に自分を客観視できない人物だと判断されてしまうとマイナス評価になってしまいますので、避けたいところです。

 

職務経歴書に自信がもてる

 

第三者から客観的に評価してもらう事で、作成した職務経歴書に自信をもって面接に臨む事ができます。

自分だけで推敲したものとは違い、「あなたを知らない人がその書類を見てどう判断するか」という基準で採点されたものです。

 

特に転職活動の場合では、時間の捻出が大きな壁となるケースもめずらしくありません。

現職での業務を抱えながら転職先を探し、入念な下調べを行い、面接対策を練り、そのうえ書類も完璧にとなると心身ともに負担になってしまう人も多いのです。

書類に不安を抱えず転職活動に臨む事ができれば、その他の時間を面接対策などの準備に費やせますし、受け答えも自然と自信をもって行えるでしょう。

「面倒」「恥ずかしい」と思う人もいるかもしれませんが、最終的に得られるメリットも大きいのではないでしょうか。

 

職務履歴書の添削サービスを見る

 

 

転職活動の書類選考時の悩み

 

 

初めての転職活動で書類の書き方が分からない

 

転職活動自体が初めてだと、書類を作成すること自体が初めてのことでしょう。

いきなり書き始めてしまうと、現職の業務経験をどのように書いてよいのか、内容が薄すぎないかなど悩んでしまい手が止まってしまうかと思うので、自身のキャリアの棚卸や転職の目的など自身を振り返る自己分析から始めてみましょう。

 

自身の現在の立ち位置や、転職活動を通して叶えたいことを明確にすることで、職務経歴書もスムーズに作ることができます。

 

 

未経験・異業種の転職で書き方が分からない

 

未経験業種や、異業種への転職は年々増加しています。

キャリアチェンジをする場合、同業種への転職と異なり、現職の経験をどうアピールすればいいのかイメージがつきにくいかと思います。

実績や成果だけではなく、成果までの過程でどんな壁があって、どう乗り越えてきたか深堀して記載することで、ご自身のポータブルスキルをアピールすることができるでしょう。

 

 

 

自己PRに何を書けばいいのか分からない

 

自己PRに何を書いたらよいのか分からないという方は多くいます。

この場合、自己分析からご自身の強みや弱みを把握できていなかったり、求人から企業が求める人物像を読み取れていない可能性があります。

過去の経験を深堀しながら振り返って、ご自身の得意だと思うこと、苦手だと思うことを洗いだしてみましょう。

 

 

 

書類選考で落ちてしまったがどう修正したらいいかわからない

 

書類選考を通過できず、面接までたどり着けないという方は少なくありません。

また、書類選考の合否の理由は応募者に開示されないため、自身では改善点が見つけにくくなっています。

 

さらに、自分だけで職務経歴書を作った場合主観が強くなるため、第三者が読みやすい書類になっているかどうかの視点が欠けてしまいがちです。

職務経歴書は全く知らない企業の担当者が目を通すので、第三者視点を意識して作成することが大切です。

他者に納得してもらう書類を作るためにも、一度作った書類は転職エージェントに添削してもらうと良いでしょう。

 

 

職務履歴書の添削サービスを見る

 

 

転職のプロに職務経歴書を添削してもらおう

 

 

ここまで、書類選考時の悩みや職務経歴書を添削してもらう方法について解説してきました。

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントであるGeeklyでは、業界の専門知識を持った書類作成チームが職務経歴書の作成を代行する、「レジュメ代行サービス」が利用できます。

 

キャリアカウンセリングサービスと合わせて、無料で利用でき、業界のニーズに合わせてあなたの経験やスキルを強みにして、職務経歴書の添削を受けることができます。

職務経歴書の作成に悩んでいる方は、利用を検討してみて下さい。

 

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事