1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職エージェントに履歴書を提出する意味とは?作成のポイントも解説

転職エージェントに履歴書を提出する意味とは?作成のポイントも解説

転職エージェントに登録すると履歴書と職務経歴書の提出を求められます。
企業に応募する前に書類を提出する必要があるのか、何の目的で使用されているのか等の疑問をいただく方もいますよね。今回は転職エージェントに履歴書を提出する必要性や、書類の書き方のポイントを解説していきます。

履歴書・職務経歴書を提出すると通過率が高い

 

hr process, hr, selection

 

「転職エージェントに登録しただけで、なぜ履歴書や職務経歴書の提出が必要なのか?」その理由は、企業へ推薦できるかどうかの重要な判断材料になるからです。

また、内容が充実した職務経歴書を提出した人の書類選考通過率や内定率は高い傾向にあります。

転職エージェントに登録するときには、まだエージェントの担当者も企業もあなたの顔を見たことがありません。

その中で企業に紹介できるかどうかを判断するのはあなたの過去の経歴です。

どんなにあなたが素晴らしい実績や人格を兼ね備えていても、職務経歴書がなければはじめの一歩を踏み出せません。

 

企業が書類選考で見ているポイントは?

 

採用担当者は経験や保有スキル、将来への展望から自社とのマッチ度を測っています。

書類を通してすべてを知ることはできないため、面接で確認します。

だからこそ企業がどのような人材を求めているのかを把握し、的確なアピールを通して「会ってみたい」と思わせることが重要なのです。

 

【完全無料】仕事タイプ診断で自分に合う職場を調べてみることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけで、職場選びの軸がわかる「IT人材 仕事タイプ診断」を展開しております。

現在の職種と年齢、希望勤務地、簡単な質問に答えることで、自分の価値観に合った職場環境や仕事のスタイルを知ることができる診断コンテンツです。

 

完全無料で診断結果を閲覧できるだけでなく、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、自分に合う会社がわからない、見つからないとお悩みの方は是非ご活用ください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

登録のときに提出した職務経歴書が企業に提出されるの?

 

report, request, resources

 

この答えはYESでもあり、NOでもあります。

また、「転職エージェント登録で提出する履歴書に写真貼付は必要?」「職種も企業も決めていないから職務経歴書に志望動機が書けない」とお悩みかもしれません。

確かに、提案される企業もわからないのだから志望動機を書くには無理がありますよね。

もし、志望動機がない職務経歴書を企業に提出してしまうと良い印象はもたれません。

そこで職務経歴書を作成するのに不安がある人のために、疑問にひとつずつお答えします。

 

変更希望がなければ登録時の経歴書が企業へ提出されるので注意

 

まず、転職エージェントに登録の際に提出した履歴書・職務経歴書は、あなたから修正や変更をしたい旨を伝えなければ登録の際に作成したものが企業に渡されてしまいます。

特に大手の転職エージェントはその傾向があります。

転職エージェント側から履歴書や職務経歴書の添削を勧めたり実施することは基本的にないと考えた方が良いでしょう。

しかし、登録のときの漠然とした状態で書いた職務経歴書だと書類通過は難しい可能性があります。

つまり、エージェントが企業にあなたを推薦して書類選考の段階になったときには、提出する職務経歴書を企業が求める内容に修正した方が、より通過率は高まるということです。

では、どのタイミングで修正希望の意向を伝えれば良いのかを次に解説します。

 

企業に応募するか転職エージェントから確認の連絡がある

 

一般的に、転職エージェントがあなたを企業に推薦する場合は、事前にあなたが応募したいか意向を聞くために連絡します。

そのときに、あなたが応募したいという意向があるのであれば、職務経歴書の修正をしたいと希望を出しましょう

 

登録するだけでも志望動機を書かなければダメ?

 

転職エージェントに登録する段階で提出する履歴書や職務経歴書には、志望動機を記載しなくても問題ありません。

登録のときに希望職種や企業が具体化している人は決して多くはありません。

仮に希望職種が定まっていても、企業によって特色は違います。職務経歴書で大切なアピールポイントは、実績に加えて「なぜその企業に応募したか」です。

転職エージェントから紹介を受けた求人案件に応募する意向があれば、担当者からその企業に応募する志望動機を聞かれます。

そのときに職務経歴書にも志望動機を記載したいことを伝えましょう。

 

履歴書に顔写真を貼付しないとダメ?

 

転職エージェントに登録するだけとは言え、履歴書に顔写真の貼付は必須です。

「人は見た目が9割」というタイトルの書籍があるように重要なポイントなのです。

書類選考で見た写真のイメージだけでもその人の信用度や適正を判断するひとつの要素です。

「実際に会っていない段階で何がわかるの?」と不満をお持ちかもしれません。

しかし、たとえ企業側の推測とあなたの人格が実際に違っていたとしても、残念ながら書類選考では写真のイメージで判断されてしまいます。

特に、職種によっては昔から女性の「顔採用枠」は実在していましたし、今でも完全になくなったわけではありません。

職種によって、この顔採用枠があるということは写真の効果がいかに大きいかということです。

人生は不公平だと思うかもしれませんが、こればかりは仕方がありません。

ただし、全ての職種や年齢層に当てはまるわけではありません。

いずれにしても大切なのは「清潔感があって好印象を持たれる」ことです。

 

職務経歴書の添削が必要であれば相談できる

 

あなたが提出した履歴書や職務経歴書を転職エージェント側が勝手に修正・変更することはありません

もし、どのように修正したら良いのかわからず悩んでいる場合は、転職エージェントの担当者にアドバイスをもらえるか聞いたり相談してみることをおすすめします。

転職エージェントでは、添削や代行作成サービスを提供している会社もあります。

ギークリーでも書類の代行サービスを承っています。書類作成に悩んでいる方は是非ご相談ください。

 

書類の書き方について相談する

 

企業への紹介の仕方と職務経歴書が必要なとき

 

 

実際に職務経歴書がどのような形で使われているか気になりますよね。

職務経歴書が必要になるときと、企業への紹介の基本的な流れについて解説します。

 

履歴書・職務経歴書と一緒に推薦状を提出する

 

実は企業に提出する書類は職務経歴書や履歴書だけではありません。

転職エージェント側が推薦状を用意して一緒に企業に提出しているのです。

推薦状には、応募者の簡単な経歴はもちろんのこと、人間性なども記載しています。

つまり、この段階では、経歴だけではなくあなたの人間性も見られるような職務経歴書を用意しておく必要があるということです。

 

面談は自分で履歴書・職務経歴書を持参する

 

書類選考が通過すると、次は面接です。

面接のときは、自分で職務経歴書と履歴書を印刷して持参します。

このとき、写真を貼り忘れないようにしましょう。面接に合格すると、これらの書類は企業内で保管されます。

 

メールマガジン会員限定

自己分析からキャリアプラン作成まで
役立つワークシート

こんな方におすすめ

  • キャリアプランを見つけたい
  • キャリアの方向性を再確認して仕事のモチベーションを上げたい
  • 能力や興味に合った新しいキャリアの方向性を見つけたい

いますぐダウンロード

 

不採用だったときに履歴書や職務経歴書はどうなるの?

 

 

面接までは進んだけど残念ながら不採用だったときは、個人情報保護法に準じて、約3カ月ぐらいの保管期間を経た後、シュレッダーで破棄されます。

ただし、応募者の氏名といつ応募したかという基本情報は企業にデータとして残ります。

 

作成済みの職務経歴書の使いまわしはOK?

 

職務経歴書の再利用は問題ありません。

転職活動において書類の使いまわしはNGだと言われることも多いですが、それは企業の特色を加味せず汎用的な内容だと捉えられるリスクを考慮してのことです。

どこの企業にでも通じる内容では、応募先企業にとって最も知りたい「なぜうちの会社なのか」という点が伝わりません。

何を最もアピールすべきか、応募先によって調整することでより効果的な場合もあるのです。

これが、都度カウンセラーに相談することで、より書類選考率を上げることができる理由のひとつです。

 

書類選考と面談では職務経歴書の大切なポイントが違う

 

job, search, hr

 

書類選考の段階で提出する職務経歴書と面談で持参する職務経歴書はそれぞれ内容を変更して用意しておくことをおすすめします。

なぜなら、それぞれの段階で見られているポイントが違うからです。

 

書類選考の場合の職務経歴書の書き方のコツ

 

書類選考の段階では、実際にあなたと会ってお話しているわけではありません。なので、職務経歴書の書き方と見せ方で決まります。

書類選考の段階で大切なことは、書類を一目見てわかり易いものにしておくことです。

細かなことを詰め込み過ぎて読みづらかったり、わかりづらかったりするとマイナス要素となるでしょう。ちなみに、最も力を入れて記載すべき経歴の内容は直近の仕事についてです。

さらに「この人に会ってみたい」と関心を持たせる書き方や見せ方をしなければなりません。そのためには以下の2つのことを押さえておきましょう。

 

コツ①自分の強みと企業が求めるニーズが重なる部分を記載する

まず、自分の強みは何か自分を知る作業が必要です。その上で、応募する企業にはどんな特色があり、募集されている職種にはどんなスキルと人材が求められているか具体的にリサーチしましょう。ポイントは、両者が重なる部分について簡潔にアピールすることです。

 

コツ②人格が見える要素を盛り込む

また、仕事の実績だけではなく、人格がわかる内容を盛り込むことも大切です。これは、職務経歴書というよりCVに該当する内容です。

例えば、仕事以外のことで努力していることや勉強してきたこと、受賞歴、助成金や奨学金を受けた経験、学生の頃の部活動なども記載すると人格が伝わりやすいでしょう。

学生まで遡るのは遠い昔のことだとしても、あなたの歴史はそこから続いているのです。つまり、自分史を簡潔に見せることが必要です。

 

面談のときの職務経歴書の書き方のコツ

 

面接では、企業の面接官が本格的に求職者の履歴書や職務経歴書を詳細に渡ってチェックしています。

なぜなら、面接官はその場で質問しておくべき内容を把握したいからです。

書類選考では一目見てわかりやすく簡潔にした職務経歴書、面接では実績まで詳細がわかるものを用意することが大切です。

 

転職エージェント登録で職務経歴書を提出するときの注意点

 

career, resume, hiring

 

登録の段階で提出する職務経歴書の書き方についていくつか注意点があります。具体的に解説します。

 

差別化するために工夫する

 

今はインターネットで検索すれば履歴書や職務経歴書のサンプルやテンプレートが豊富に見つけられ、特にお困りではないかもしれません。Geeklyでもレジュメサンプルをご用意しています。

しかし、注意しなければならないのは、他の人と差別化できなくなってしまうことです。

サンプルやテンプレートだけに頼っていては魅力的な職務経歴書にはなりません。

あなたの強みや面白みをアピールできる職務経歴書作りが必要です。

そのためには自分よがりではなく、他者に見てもらって客観的な意見をもらうこともひとつの方法です。

レジュメサンプルはあくまでも記載すべき必須の基本情報であり、あくまでも参考程度と思っておいた方が良いでしょう。

 

希望条件の記載は必須!

 

志望動機については、登録時に記載する必要はないことをお伝えしましたが、希望条件は必ず記載しましょう。

希望条件を明確に提示していないことが原因で、あなたの希望とは全く異なるお仕事ばかり紹介されることがあります。

求職者の中には、第一希望、第二希望、第三希望まで記載している方もいますが、これはマイナス要素になる可能性があります。

なぜなら、第一希望ではないお仕事ばかり紹介される可能性があるからです。

登録の際は希望条件をピンポイントで明確に記載すること、志望動機は選考前に綿密にリサーチした上で記載するのがコツです。

 

実績は数字でわかりやすく表現する

 

職務経歴書はわかりやすく記載することが重要だとお話しました。しかし「わかりやすくって具体的にどうしたらいいの?」と疑問をお持ちかもしれません。

わかりやすくするコツは実績を数字で記載することです。文章ばかりの経歴書は非常に読みづらいものです。

特に営業職やマーケティングのお仕事をしていたのなら、以下の4つについて記載しましょう。

・施策内容
・期間
・成果
・前年比

このとき、一目見て真っ先に目に飛び込んでくるよう見やすく記載するのがコツです。嘘は禁物ですが、プラス要素はアピールしすぎるくらいでちょうど良いのです。

 

まとめ

 

 

転職エージェントに提出する職務経歴書の必要性と書き方のコツをご紹介しました。

たった一枚の紙なのに、見せ方次第で合否が決まるとも言える職務経歴書。あなたの戦略次第で希望の企業に転職できる可能性は高まるのです。

職務経歴書の添削やアドバイスが欲しいという方は、ぜひGeeklyにお気軽にご相談ください。

Geeklyでは職務経歴書の作成代行サービスもあります。あなたのご希望をお聞かせください。

 

【簡単1分!】相談をする

この記事の監修者

松村達哉

新卒で総合人材紹介会社に入社し、6年半の間、プレイングマネージャーとして、キャリアカウンセラーと法人企業へのコンサルタントを兼務。2011年12月にIT・インターネット業界に特化した株式会社ギークリーの立ち上げに参画し現在に至ります。カウンセリング人数は述べ4000名にのぼり、某転職サイトのキャリアカウンセラーランキングで、3位(2500名中)を獲得した実績もございます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事