カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 転職による年収アップの相場は?希望年収の伝え方や交渉方法をプロが解説します
  • 転職活動

転職による年収アップの相場は?希望年収の伝え方や交渉方法をプロが解説します

転職するなら年収アップを目指したい。でも希望年収の相場は知らない…そんな方に向けて、転職エージェントが「年収アップ」について解説します。必要な考え方やどれくらい上がるのかの相場感、実際の受け答えを学んで、年収アップを実現させましょう!

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

転職の目的が「年収アップ」ならば、年収が上がる環境を選ぶべき

 

 

そもそも年収は何によって決まる?

 

転職の目的は人それぞれですが、「年収アップ」は最もメジャーな転職理由の一つ。しかし、そもそも年収が何によって決まるかについては知らない人も多いのではないでしょうか。

 

年収は業界×企業×スキルで決まるといわれています。ここでいう企業とは、社内評価や社風とも言い換えられるでしょう。

つまり、年収が上がらない理由は、必ずしもあなたのスキルだけとは限りません。周囲の人を見てみても、業界毎・企業毎に年収水準に差があることがわかるはずです。

 

環境を変えるだけでも年収が上がることがある

 

業界×企業×スキルで年収は決まるということは、業界や企業を変えるだけでも、年収が上がる可能性があるということです。

例えば、平均年収の高い業界や、利益率の高いビジネスモデルを採用している企業、利益を一番に従業員への還元しようとする企業に転職するだけでも効果があるでしょう。

 

反対に、スキルは一朝一夕で伸ばせるものではありません。

そのため、「年収アップ」が転職の目的ならば、年収が上がる環境を見極めることが重要なのです。

 

もし今の年収が適切なのか分からない、自分の市場価値を知りたいという方は、下の記事も参考にしてみてください。

 

転職によって年収を上げるために

 

イメージ画像-アップな矢印

 

まずは経験を活かせる企業へ転職する

 

前職での経験をフルに活かし、転職先でさらなる成果を期待されている「キャリアアップ転職」においては、年収アップの可能性は大きいです。

このような転職をする人材は、企業からしたら即戦力として映ります。ある程度の成果を保証できるだろうという見込みと期待を込めて、年収額を高くして採用をしてくれる企業も多いです。

 

反対に、キャリアチェンジでは年収アップの望みは薄いです。

未経験の職種では今までの経験を活かしにくく、採用企業にとっては、「新卒よりいくらかマシな人材を採用した」ということにもなってしまいうるのです。これでは年収アップは望めません。

 

年収アップを目指す場合には、まずは経験を活かせる企業への転職を検討しましょう。

 

企業の規模や業界によっても年収アップは叶えられる

 

転職先の業界・企業規模によっては、年収アップの可能性も十分にあります。

一般的に、コンサル業界や金融業界は平均年収が高いと言われます。高い専門性が求められると同時に、担っている責任も大きい業界であることや、モノを保有しておらず利益率が高いことなどが理由です。

同じシステムエンジニア、同じ営業だとしても、平均年収が高い業界に転職することで年収が上がる可能性は高いです。

 

また、原資が潤沢にある企業に転職して、今までと同じ仕事でも年収が上がったという話はよく聞きます。大企業は中小企業よりも儲かっているため、人件費にも費用を割けるのです。年収が上がる可能性も高くなるでしょう。

ただしその分、ライバルとなる他の応募者の数も大変多いのが大企業。選考はかなり厳しくなることも多いです。

 

転職による年収アップの相場額は?

 

転職による年収アップは、現年収に対して105%~110%が一般的な相場と言われています。

反対に未経験からのキャリアチェンジの場合は、70%~80%まで下がる場合もあります。

 

ただ中には、100万円や200万円近い年収アップを叶える人もいます。

大きく年収アップする例としては、前職での給与があまりにも低かった場合、もしくは平均年収の高い業界の中でも急成長しており、昇給率が高い企業から内定を獲得した場合などに多いです。

後者において言えば、業界×企業×スキルのうち、複数の要素において年収が上がりやすい企業を選んだことが、大幅な年収アップにつながったといえるでしょう。

 

IT業界の転職について相談する

履歴書へ希望年収を記載するリスクを理解しておこう

 

イメージ画像-履歴書を書く

 

履歴書へ希望年収を書くこと自体は問題ありません。

ただし、リスクも伴います。しっかりとリスクを認識をしたうえで記載の判断しましょう。

 

そのリスクとは、面接ができれば見込めたはずの年収アップが失われるリスクです。

例えば、自身の経験や強みがコミュニケーション能力だとしたら、職務経歴書だけでアピールしきることは難しいでしょう。また、希望年収の根拠の記載がなければ、採用担当者からは、ただ年収アップを求めている人であるように見えてしまいます。

特に現年収と希望年収額に大きな乖離がある場合、企業が想定する年収次第では、書類選考の段階で不合格となる可能性も高くなります。

 

このリスクをはらんでも希望年収をゲットしたい人は、履歴書へも記載しておくべきです。

反対に、リスクを回避したい場合には「貴社規定に準じます。」と記載しておくのが無難でしょう。

 

転職面接で「希望年収は?」と聞かれたときの回答

 

 

素直に伝えても問題ない

 

希望年収を聞かれた段階で、採用する企業側が想定している年収額は応募者にはわかりません。考えても仕方がないことなので、自分の希望をきっちりと伝えるほうがいいのです。

ただし、その希望額が通るかは分からないことも認識しておきましょう。

 

その際、後述しますが根拠があるかどうかが大切になります。

希望年収だけをやたら吊り上げるのはおすすめしません。企業側の立場になって考えてみてください。

根拠なくお金だけを求める人と、自身の市場価値やスキルを把握したうえでしっかりと説明できる人、どちらと一緒に働きたいと思うかは明白です。

 

年収は特に重視していない人は、現実的に金額を伝えるのが良いでしょう。

謙虚に映る人の方が、結果的に評価されることもあります。

 

「最低額」と「希望額」を両方伝える

 

希望年収は素直に伝えてもんだいありませんが、実際には伝え方も大事です。

希望金額を伝えた上で、最低でもこの金額は保証してほしいという金額を伝えましょう。

 

「希望年収は○○円です。でも最低○○円はいただけるとありがたいです。」

このような伝え方で問題ありません。あとは、その金額で採用するに相応しいかどうかは企業が判断してくれます。

 

希望年収を伝える際のポイント3つ

 

イメージ画像-面接

 

提示する希望年収額に根拠があるかどうか

 

1つ目のポイントは「提示する希望年収額に根拠があるかどうか」です。

単に「転職するなら○○万円くらいはほしい」というだけの理由で企業側に希望額を伝えるのは得策ではありません。たとえば現年収400万円の人が年収450万円を希望する場合、50万円分の給与の上乗せはどういう意図があって提示するのでしょうか。

 

  • ・自分はこれだけのスキルを持っている。なので、○○というメリットを企業に与えられる
  • ・募集している仕事内容よりも、幅広い業務経験を持っている。そのため、+αの価値を提供できる

 

など、明確な理由が存在した上で、現在の年収よりも高い年収を希望するのはまったく問題ありません

「自分と同じ能力の入社希望者に、どれくらいの年収を出せるか?」「希望年収に見合う能力として、どんなレベルの人材を求めるか?」など、採用担当者の立場で考えてみるのがコツです。

 

面接を受ける企業の平均年収を調べておく

 

2つ目のポイントは、「面接を受ける企業の平均年収をあらかじめ調べておく」ことです。

先方に好印象を与え、「この人は意欲もあるし、スキルも申し分ない。採用したい」と思われたとしても、面接先企業の年収レンジ・採用予算より上の額を提示してしまえば、不採用になる可能性が高くなります。目安となる年収を先に調べておきましょう。

 

求人票に想定年収の記載がある場合もありますし、応募先企業と似たような業種や規模の企業の年収データを調べておくこともできます。自分と同年齢帯の平均年収等の調査データを調べてみるのも一つの手です。

 

今の年収を維持できるとは限らないことを心得ておく

 

3つ目のポイントは、「今の年収を維持できるとは限らないことを心得ておく」ことです。

たとえ、同じ業界・職種に転職する場合でも、現状維持できる保証はありません。同じ職種であったとしても、勤務時間や仕事内容に差がある可能性があります。

「うちの会社はこれくらいの年収だし、これが相場だろう」と安易に考え、現在と同等の年収額を希望として伝えた場合、相手の心証が悪くなってしまう恐れもあります。

 

残業代の支給が多いために現在の年収を得ているのなら、特に注意が必要です。転職先の企業では残業があまり発生しないことで、現職の平均年収よりも低いことも考えられます。

 

希望年収の具体的な伝え方をご紹介

 

 

企業のメリット+条件+相手の立場に寄り添った言葉

 

希望する年収を伝える際の例文パターンについてご紹介します。

「御社に転職後、○○という強みを活かして会社の利益に貢献できるよう努めたいと考えております。現在の年収は○○万円です。今と同額かそれ以上を希望させて頂けますと幸いです。御社の発展に貢献すべく、全力を尽くす所存です。

上記の例文のように「理由」+「条件提示」+「相手の立場に寄り添った言葉」を1セットにすることを意識してみてください。希望年収にマッチした人材であることをアピールすると良いでしょう。

 

「自分はそれだけの年収をもらうに値する人材だ」ということが正確に伝わるような言葉選びを心掛けてください。そして、謙虚な気持ちと態度を忘れないことが大切です。

また、理由として挙げるのは「相手が得られるメリット」にしてください。

プライベート(もうすぐ子供が産まれるなど)を理由にするのは基本的にはNGです。子供の件に関しては福利厚生の内容について質問すると良いでしょう。

 

給与交渉はどのようにすればいい?

 

イメージ画像-女性の面接

 

面接で希望年収を聞かれない場合は条件提示のタイミングで

 

ここまで希望年収額を聞かれる前提で話を進めてきていますが、希望年収額は必ず聞かれるわけではありません。むしろ聞かれたら「ラッキー!」と思ったほうがいいかもしれません。

しかし、「聞かれなかったから・・・。」と交渉しないのもったいないです。聞かれなくても交渉はしたほうがいいです。

交渉タイミングは大変難しいですが、内定前の条件提示の段階がいいでしょう。ダイレクトに給与の話になる場面ですので、比較的切り出しやすいタイミングと言えます。

 

転職エージェントから応募の場合はエージェント経由で交渉

 

転職エージェントから応募している場合には、転職エージェントの担当者に、年収について話をしておくといいです。あらかじめ、現在の年収、希望する年収など認識を合わせておくとよいでしょう。

年収額については、転職エージェントの担当者が企業と交渉してくれます。交渉のノウハウを持っていることはもちろん、エージェントは成果報酬型が多いので、担当者の売り上げにも直結します。

エージェントによって異なりますが、一般的には採用した方の想定年収の30~35%といった報酬がエージェントに入るといわれています。ですので、年収額が高ければ高いほどエージェントも潤います。

どうしても、自分で年収額の交渉をするのは苦手と感じる方も多いと思います。その際は、遠慮なく転職エージェントに頼ってみてください。

 

まとめ

 

 

今回は転職活動における希望年収の具体的な伝え方に加えて、年収アップ額の相場や、そもそも年収を上げやすくなる転職の考え方などをご紹介しました。

転職活動において年収の話は必ずどこかで出てくるので避けて通ることはできません。この記事の伝え方を参考に、ぜひ根拠のある年収交渉ができるようになりましょう。

もし自分一人で交渉するのが不安と感じるなら、納得のいく転職をするためにも転職エージェントを利用して活動するのもオススメです。あなたの状況に合わせて客観的なアドバイスをしてくれるでしょう。

転職活動のノウハウをしっかりと押さえて、年収アップを叶えていきましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook