カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 転職で年収を上げたい方必見!面接で即戦力として売り込むポイントを徹底解説!
  • 転職準備

転職で年収を上げたい方必見!面接で即戦力として売り込むポイントを徹底解説!

転職で年収をあげたいと考える人は多いのではないでしょうか。しかし、実際どのようにして伝えたらよいのかわからないという相談もいただきます。そこで、本記事ではて年収をあげたい人にどのように伝えたら良いのか、重要ポイントを解説します。

2020年10月29日

  • twitter
  • facebook

年収をあげるには面接でのアピールが大事

 

job interview, interview, job

 

転職で提示される年収というのは、入社後の期待値だと考えてください。

経験やスキルがマッチしていれば、その分年収が高くなることは間違いありません。

では、実際にどのようなポイントを見ているのでしょうか。

 

ポイント1. 経験やスキルがマッチしているか

 

中途採用は、即戦力として期待している場合が非常に多いです。

書類選考である程度のマッチングは完了していますが、改めて「どのレベルまでの経験があるのか」「なにができるのか」「なにをしてきたのか」を伝える必要があります。

面接官が期待する点とあなたの経験が一致すれば、評価され、年収を大きく上げられる可能性があります。

 

ポイント2. 応募者が入社後のイメージを持っている

 

・自分の経験やスキルが、転職先でどのように生かせるのか

・転職先で実績を出すためには何をしなければならないのか

 

これがきちんとイメージできているかによって、入社後の対応に雲泥の差が出ます。

イメージできていない人は、なにをしていいのかわからず、とにかく上司の指示を待ちます。

上司も暇ではありませんから、どうしても手持ち無沙汰の時間が生まれてしまいます。

新入社員にとって、その時間は辛い時間であり、場合によっては「ほったらかしにされている」と感じてしまうかもしれません。最悪の場合、早期退職につながることもありえます。

 

イメージができている人は、自分でどの情報が不足していて、なにを調べなければならないのかが明確です。時間があけば情報収集をするでしょう。

結果として、手持ち無沙汰や暇な時間というものがなくなり、会社にとってもプラスな状況が生まれます。

 

ポイント3. キャリアプランが明確

 

ただ年収をあげたいという理由で転職をすると、他によい給与を出す企業が出てきた際に、すぐに転職をする可能性あると捉えられるかもしれません。

 

すでに50歳を過ぎていて、定年に向けてラストスパートという気持ちなら話は別です。

しかし、20代~40代の方は、これからまだまだ労働する可能性があります。

だからこそ、給与だけではなく、会社の理念や方針に共感をして、今後の会社の成長に合わせて、〇〇のようなキャリアを積み上げたいと明確にしておきましょう。

長期就業してくれる社員は会社にとっても有益であり、結果的に年収が上がる可能性が高くなります。

 

会社を知るためにやるべきこと

 

large, data, keyboard

 

会社にマッチしているか、今後の事業方針に役立つか、ということを調べた上で、自身の口上に合わせる必要があります。

 

やるべきこと1:会社のHPを確認

 

当然かもしれませんが、会社の理念、今後の方針や事業展開などは、会社ホームページに記載されていることがほとんどです。

まずは、最低限の情報として、必ず企業のホームページをチェックしましょう。

 

やるべきこと2: SNSや口コミサイトで口コミを確認

 

面接官が応募者のSNSを見ているということがよく言われていますが、逆に応募者も会社の口コミをSNSで確認することができます

TwitterやFacebook、掲示板など、口コミサイトは多岐に渡ります。社内にどういう人がいるのか、またどういう人が合わないのかがわかれば、合う人材である風に発言できるはずです。

 

また最近では企業の口コミを集めるサイトもあります。

こういったサイトの情報は実際に働いている(働いていた)社員が書いています。

ですので、社内のよりリアルな情報を知ることができます。

 

業界を変えるのも手

 

student, education, training

 

転職で年収をあげるには、なにも同じ業界である必要はありません。

年収レンジが高い業界や人不足に悩まされてる業界に入るのもひとつの手です。

 

年収レンジの高い業界

 

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、このような結果になったようです。

 

主な産業別に賃金をみると、男性では、「金融業,保険業」(461.7千円)が最も高く、次いで「教育,学習支援業」(451.9千円)となっており、「宿泊業,飲食サービス業」(278.7千 円)が最も低くなっている。女性では、「教育,学習支援業」(317.1千円)が最も高く、次い で「情報通信業」(306.3千円)となっており、「宿泊業,飲食サービス業」(206.0千円)が 最も低くなっている。

引用元:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/dl/05.pdf

 

新しい業界にはなりますが、それでも年収をあげたいと思うのであればチャレンジするのも良いでしょう。

 

人不足の業界

 

人不足といえば、教育業界、そして、なによりIT業界が挙げられます。

教育業界は、学校の先生だけではなく、塾業界もその一種です。

すでにあなたがIT知識に明るいのであれば、小学校教育で始まったプログラミングの授業を担当するのも面白いかもしれません。

 

スキルを磨いて転職

 

man, portrait, adult

 

半年から1年間かけてスキルを磨き、実績を出し、転職に臨むのも方法の一つです。

扱えるプログラミング言語を増やすことや、3DCADの設計技術を身につけるなど、やり方は様々です。

もし今の現状に不安を覚えているのなら、仕事をしつつ自分磨きに励んでみてください。

 

まとめ

 

job interview, woman, female

 

転職で年収をあげる方法をいくつかご紹介しました。まとめると、抑えて欲しいポイントは全部で3点です。

 

業界業種を変える

 

もし今の年齢が若く、年収を上げたいと考えるなら、ひとつの選択肢として考えてみてください。

経験は、後々財産となり、すぐにとは言わないまでも必ずあなたの役に立ちます。

 

スキルを身につける

 

同じ経験をしてきた人なら、次に差がつくのが今持っているスキルです。

あなたは他の誰かに比べて、優れているスキルはもっていますか?

転職をするのに、まだ時間があるのなら、1つでも多くスキルを身につけておきましょう。

 

転職先を調べて面接で的確にアピールする

 

面接官は何十人、何百人もの方を対象に面接をしてきています。

適当なことをいうとすぐに見破られてしまいます。

あなたが本気でその会社のことを考え、自分がどう役に立つのかということに頭を悩ませた時間は重要です

会社のホームページや口コミサイト、インタビュー記事をみて企業分析を行いましょう。

面接を受ける人は必ず時間を割くようにしてください。選考の通過率はもちろん、年収にも関わってきます。

 

転職で年収をあげることは簡単ではないかもしれません。実際、転職で年収が下がる人もいます。

転職後、すぐに昇給したり、賞与が支払われる人もいます。しかし、どの人にも共通していることは、入社前に活躍するイメージができているかどうかです。

 

「この野菜は腐りかけです。」と書かれた野菜をあなたは買いますか?「自分なんて…。」とネガティブになる人は、まさにこの表記のある野菜と同じです。

買って欲しいと思うなら、ネガティブにならず自分の良さを見つけてください。どんな人でも必ず良いところはあります。

 

選考に不安を感じている方や、年収を上げるためのキャリアに悩む方は人材紹介会社の方に相談してみましょう。

あなたの経験やスキルから最適な方法を提示してくれる可能性もあるので、無料相談をしてみてもよいかもしれません。

 

Geeklyに相談してみる☞

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。