1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 30代で転職すると年収は下がるor上がる?年収UPしやすい業界を解説!
コーヒーとパソコン

30代で転職すると年収は下がるor上がる?年収UPしやすい業界を解説!

30代はライフスタイルが大きく変わる時期であり、ある程度の年収が得られる仕事に就きたいものです。30代で転職した場合、年収はどう変化するのでしょうか。また年収アップが見込める業種や業界はあるのでしょうか。今回は、30代で転職したときの年収の変化や、転職で年収アップした方の事例をご紹介します。

30代で転職すると年収はどうなる?

 

男

 

 30代の年収状況

 

国税庁の民間給与実態統計調査の結果によると、30代男性の平均年収は551万円女性の平均年収は299万円でした。

男女を総合すると平均年収は425万円という結果が出ています。

女性と男性の年収に差があるのは、30代になると妊娠や出産・子育てによって労働時間が変化するためだと考えられます。

特に30代から年収に開きが出る理由でもあるでしょう。

 

自分の現年収が、年齢や職種、スキル、経験年数に見合った年収であるかはインターネットを使って調べることができます。

IT・Web・ゲーム業界専門の転職エージェントであるギークリ―でも、IT人材のための特別な年収診断を用意しています。ぜひ気軽に利用してみてください。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

 30代の転職で年収は上げられるのか

 

30代で転職した場合にはどのように年収が変化するのか見ていきます。

厚生労働省が示した令和3年度の「転職入職者の賃金変動状況別割合』が分かりやすいでしょう。

30〜34歳の30代前半で38.4%、35歳〜39歳の30代後半で36.8%の人が転職において年収を上げることに成功しています。

また30代前半で27.6%、30代後半で33.0%の人は年収が下がることなく現状を維持できています。

これからのキャリアアップが期待できる結果です。

 

30代の転職で年収をアップするために求められるのは経験

 

握手

 

30代で年収が上がるとされている転職者に共通するのは主に「過去の経験」と「マネジメント能力」です。詳しく見ていきます。

 

30代の転職で年収が上がる要因:過去の経験

 

転職で重要なポイントの1つは「過去の経験」です。以前の仕事と転職先の仕事が同職種・同業界であれば、更に重要になるでしょう。

採用企業側が30代の転職者に求めるものは「即戦力」としての働きです。

20代の転職では今後のポテンシャルに期待をする部分もありますが、30代になるとある程度スキルを持っていると判断されます。

また会社の中で役職とまでいかずとも、何かしらのポジションを経験している前提で選考されるのです。

同職種・同業界であれば、これまでのスキルを活かして素早く会社に馴染むことができ、キャリアアップを図れます。

そのような点から年収を上げやすいといえるでしょう。

 

職種チェンジ・業界チェンジの場合は経験が活きない?

今後の先行きの不安や、自身の中での展望の変化などから職種チェンジ・業界チェンジを考える方も少なくないと思います。ただ、未経験の職種・業界だと年収が下がってしまうのではないかと不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

職種チェンジなら同業界・業界チェンジなら同じ職種でしたら基本的に問題ありません。

同職種であれば求人の採用要件自体はそこまで変わりません。職種に関しては経験者として扱われます。業界知識のキャッチアップのみが転職後に必要になりますが、即戦力として活躍することは可能です。

職種チェンジの場合も同様。同じ業界で親和性の高い職種であれば即戦力として捉えられることがあります。

視野を狭めずに自身の職種で活躍できる業界を一度調べてみると良いでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

30代の転職で年収が上がる要因:マネジメント能力

 

「マネジメント能力」は、例え同職種・同業界でなくとも重要視されるスキルです。

30代になるとある程度の部下をまとめる機会があったり、リーダー経験を持つ方もいるでしょう。

転職先が営業職や管理系の職業だった場合には、転職してすぐにタスクをこなすことが求められます。

転職先には既に20代の新入社員が多くいるはずです。

その人たちをすぐに統率しながら30代という年齢を背負って会社内で働き続けるためにも「マネジメント能力」欠かせないスキルだといえます。

 

年収が下がってしまう要因もチェック

 

30代の転職で年収が下がってしまうパターンとしては、リサーチ不足が挙げられます。

自身の市場価値や市況感、ニーズを理解せずに転職活動を進めてしまうとミスマッチを引き起こしやすくなってしまうのです。

まずは自身の強みを理解し、実力に伴った企業を選択する必要があります。

市場価値は客観的な視点で判断しましょう。

 

30代の転職で年収をアップするために必要なポータブルスキルとは

 

 

転職をする際に重要なスキルの1つに「ポータブルスキル」があります。

ポータブルスキルとは「様々な場面で活かせる、仕事をする上で必要な能力」を指します。

 

 ポータブルスキルの例

 

ポータブルスキルの例としては以下が挙げられます。

 

・スケジュール管理

・物事をやり遂げる能力

・リーダーシップ能力

・コミュニケーション能力

・課題への柔軟な思考力

・チームワーク

 

職種や業界が変わることになっても、全てに共通する重要なスキルです。

新しい職種や業界の専門的な知識は、自ら資格を取得したり転職前から身につけ始めたりすることができます。

しかしポータブルスキルに関しては短期間で身につけることが難しく、自身のこれまでの実績や努力の証明にもなります。

30代にもなってくると、社会人を10年近く経験してきているため様々な場面に適応できるポータブルスキルが身についているはずです。

アピールできるポイントに困っている人は是非、今までの約10年間の社会人としての自分を見つめ直してみてください。

 

 

30代で転職で年収が上がりやすい業界

 

転職することで年収が上がる可能性が高いのがIT業界。IT業界が年収の上がりやすい理由についてご紹介します。

 

 IT業界だと何故年収が上がる?

 

パソコン

 

時代が進むにつれて身の回りの物はどんどんIT化されていきます。

AIが出現したりロボットが登場したりと進化も著しく、現在の生活の利便性向上の立役者は間違いなくIT技術です。

今後も衰退するどころか無くなることなど考えられず、市場拡大が目に見えています。

業務としてはプログラマーやシステムエンジニアなどが挙げられるでしょう。

実際にIT関連のスキルを持っている人はまだまだ母数が少なく、人材を募集している企業が多くあります。

一度手に職をつけてしまえばこれからの仕事に困らないといえる業種の1つでしょう。

 

IT業界への転職は資格の取得がおすすめ

 

勉強

 

同職種・同業界であればIT業界への転職は「即戦力」という観点から採用されやすくなります。

未経験で採用を狙うのであれば、持っておきたいのが「資格」。資格そのものをアピールするだけではなく、資格を取るまでの過程・意欲も転職先に伝えることで熱意もアピールすることができます。

経験では補えない部分は資格を取得してアピールしましょう。

具体的な資格としては「ITパスポート」や「基本情報技術者」といった国家資格、「マイクロソフトオフィススペシャリスト」が未経験の方にはおすすめです。

 

 

 

IT業界に転職して年収が上がった事例

 

 

実際にIT業界に転職して年収がアップした事例を紹介します。

転職したのは35歳でIT業界を志望していたIT未経験の男性。転職前は劣悪な労働条件の中で仕事をしており、年収はおよそ300万円でした。

しかしその後、サーバー管理を行うIT企業に転職して100万円ほどの年収アップを実現しています。

 

30代の転職に欠かせないのは経験だけじゃない!

 

30代が転職を成功させる秘訣は自ら学ぶことです。

経験をアピールするだけでなくこれからも学ぶ姿勢をみせることで、ポテンシャルを備えた即戦力として捉えられます。

 

男性は転職前にいた会社でネットワーク関連の学びを深めていました。

その後、転職したサーバー管理会社においても仕事の空き時間で開発技術を学び、自宅ではプログラミングの勉強をしています。

もちろん、これまでに紹介してきた「過去の経験」「マネジメント能力」「ポータブルスキル」も重要です。

しかし30代で年収をアップさせたいと思っているのなら、スキルや知識の埋め合わせを自身で行なっていく必要があります。

未経験ならなおさら、資格の取得や日々の勉強をおすすめします。

その努力をすれば年齢を問わず転職や年収アップのチャンスがあるということなのです。

 

転職エージェントを活用して年収をあげる

 

グッド

 

30代の転職でも転職エージェントの活用もおすすめします。

自力で求人を探して転職準備まで行うよりも、プロである転職エージェントに相談しながら転職を目指す方が成功する可能性が高いでしょう。

希望する業界が既に決まっているのであれば業界特化型の転職エージェントが確実です。

希望年収とこれまでの経験を踏まえ、最適な企業との最高のマッチングが望めます。

 

 

IT業界での転職で必要とされるスキル

 

打ち込み

 

IT関連の企業に転職して年収を上げたいのであれば、以下のスキルは必須です。

 

 IT関連の知識や資格

 

まずはIT関連の知識や資格が挙げられます。

プログラミングを行うような職種に関しては、プログラマーとしての知識・経験が必要不可欠です。

最近ではプログラミングスクールなども開講されているので、自身で学ぶ姿勢を持ち続けることが求められます。

自分でサイトを制作したりポートフォリオを作成したりしてアウトプットをすることも重要です。

 

マネジメント能力

 

そして次にマネジメント能力です。

IT企業には大手企業もベンチャー企業もあります。

前者は主に目標を与えられて効率よく業務を行うことが重要です。

後者は自らやり方を試行錯誤して自分のアイデアやコンテンツを上手く管理して押し出していくことが求められます。

30代で転職した場合には一部の社員よりも既にキャリアが長いことが多いはずです。

転職した先で管理者としてのポジションを掴み取るためにも、自分の行動や部下の行動をマネジメントする能力は必須だといえます。

 

ポータブルスキル

 

この他にもマーケティング能力コミュニケーション能力など、いわゆるポータブルスキルが重要になってくるのが30代の転職です。

ポータブルスキルは20代転職者には少なく、30代転職者が多く持っています。

即戦力として活躍するには欠かせないスキルです。

 

 

まとめ

 

勉強

 

本記事では30代で転職した場合に年収はどのように変化するのか、そして転職後に年収が上がる仕事について具体的にご紹介しました。

 

・30代の転職では、年収が上がる人が実際にいる

・転職者に求められているのは「過去の経験」と「マネジメント能力」

・30代の転職で武器になるのは「ポータブルスキル」

・30代からの転職で年収が上がる業種は「IT業」

・35歳からでもIT業界に転職できた事例がある

 

30代の転職では20代の転職よりも多くの要素を加味して転職先を考える必要があります。

「やる気」という曖昧なものではなく、数値や言葉で表現できる実績や経験が評価のカギです。

それを踏まえて自身の今までの歩みを棚卸ししてみると良いでしょう。

国税庁や厚生労働省の調査結果にもあるように、30代の転職で年収が上がり、良い環境を得ることに成功している人がいることは事実です。

今の仕事を続けながら、少しずつ資格の勉強をしたり自分を整理したり、考えうる限りの準備をしてみてください。

自分にしかないものが見つかるかもしれません。

それは転職において他者との差別化に寄与し、今後のキャリアアップに繋がるはずです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

コーヒーとパソコン

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事