1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 求人が多い時期はいつ?ベストなタイミングと求人の探し方を解説

求人が多い時期はいつ?ベストなタイミングと求人の探し方を解説

「求人が増えるのはいつ?」「条件の良い求人を選びたい」など、求人情報は転職活動において重要なポイントですよね。そこで今回は求人が多い時期やより良い求人を見つける方法、転職活動を成功させるポイントなどを転職エージェントが分かりやすく解説します。

  • twitter
  • facebook

求人が多い時期とその理由

 

 

「1月~3月」に求人が増える理由

 

1年間を通して求人が増える時期は複数ありますが、最も求人数が増えるのは1月~3月です。主な理由は以下の通りです。

 

  • 年末ボーナスを貰うため、年度末に退社する方が多いため
  • 人事異動が多い時期であり、ポジションが空くため
  • 3月末までに採用予算を使い切りたいため

 

「GW明け~6月」に求人が増える理由

 

GW明け~6月も求人が増える時期です。この時期は新卒の採用や入社が落ち着くタイミングですが、以下の理由から求人が増える傾向にあります。

 

  • ・内定辞退などで新卒採用の枠が余ったため、第二新卒及び中途採用で補充したい
  • ・年度後半までに組織強化を図るため5月~6月から求人募集を始めている
  • ・6月~7月がボーナス時期の会社が多くボーナス退社を考える人が一定数いる

 

「8月お盆明け~10月」に求人が増える理由

 

続いて、8月のお盆明け~10月に求人数が増える理由を以下に記載します。

 

  • 夏休み明けから本格的に採用に注力する企業が増えるため
  • ・夏のボーナス前に退社した社員の補填のため
  • ・後期の目標達成のために人員強化をするため
  • ・9月~10月は人事異動が増え、3月と同様に社内人員を調整するため

 

求人が多い時期の共通点として、年末年始やゴールデンウイーク、お盆などの長期休暇明けであることが挙げられます。

 

自分に合った求人を紹介してもらう

 

 

求人数が減る時期はいつ?

 

 

年末年始

 

求人が増える時期について解説しましたが、求人数が減少する時期もあります。

業界や職種によって異なりますが、一般的に年末年始は休暇となる企業が多いため採用活動自体が停滞する傾向です。

またサービス業においては年末年始は繁忙期となり、面接などの採用活動に対応できなくなることもあるでしょう。

 

しかし年明けから採用活動に力を入れる企業も多いため、年末年始の間に転職活動の準備を進めておくことで求人が増える1月~3月の時期に選考に進むことができます。

年末年始は家族や友人などと会う機会も多く、キャリアや将来について見つめ直す契機となるため転職を決意する方も少なくありません。

 

GW、お盆などの大型連休

 

ゴールデンウイークやお盆に関しても年末年始と同様、採用活動自体をストップする企業が多いことが求人数が減る要因となっています。

特にサービス業などはこの時期が繁忙期となるため採用よりも売り上げを重視することが多いでしょう。

年末年始と同様に長期休暇明けは採用活動が加速する傾向にあるため、休暇の間に転職活動の準備を進めておくとスムーズに選考に参加できます。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

求人数が多い時期はライバルも増える

 

 

求人が多いからといって油断は禁物

 

求人が増える時期は転職のハードルが低いと考える方もいるかもしれませんが、実は求人数が多いからといって転職しやすい訳ではありません。

企業が採用活動を行う理由は、補填の為の「欠員募集」と、人員強化のための「増員募集」です。

欠員募集の場合は採用までのスピード感を早めるため求職者の動きに関係なく募集を始めますが、増員募集に関しては採用に時間をかけられるため、求職者の人数が多い時期に採用を進める企業が多いでしょう。

そのため企業が求人を出す時期=求職者の人数が多い時期、つまりライバルが増える時期となり、逆に転職のハードルが上がってしまうこともあります。

 

求人が増える時期に焦って転職活動を始めないためにも、まずは自分に向いている仕事や働き方を理解しておきましょう。

自分に向いている仕事が分からない場合は、以下で解説する「IT人材 仕事タイプ診断」がおすすめです。

 

自分に向いている仕事は「IT人材 仕事タイプ診断」で見つけてみよう

 

 

次のキャリアでどの職種を目指すか、マネージャーを目指すか、スペシャリストになるか悩んだり、転職したいけど自分の価値観に合う企業がわからない、次の職場選びで重視した方がいいことがわからないなど、職場選びで悩むことは多々ありますよね。

 

ギークリーの「IT人材 仕事タイプ診断」では、自分の適性だけではなく、自分に合う働き方、企業のタイプを知ることができるので、転職軸を決めるときや求人選びに役立ちます。

 

キャリアや仕事選びで悩んだら、一度ご自身の価値観に合う仕事のタイプや企業のタイプを調べてみませんか?

自身の適性を知ることで、納得のいくキャリア選択や求人選びができるでしょう。

 

「IT人材 仕事タイプ診断」ご利用の流れ

 

「IT人材 仕事タイプ診断」は4つのステップで完結!

 

STEP1:以下のボタンから仕事タイプ診断のページへ

 

STEP2:仕事タイプ診断のページから職種を選択

 

STEP3:プロフィール(お名前とご連絡先)を入力

 

STEP4:必要な質問に答える

 

診断後、自分の志向にあう企業の求人を見たい場合は、IT専門のキャリアアドバイザーがご希望の条件をお伺いし、志向性に合わせた求人を紹介させていただきます。

たった3分、無料で診断できるので、ぜひ一度「IT人材 仕事タイプ診断」で企業選びの軸を見てみてください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

転職時の求人の探し方

 

 

求人サイトで探す

 

求人サイトは通勤時間や隙間時間など好きなタイミングで閲覧できる使いやすさがあり、転職活動を始める際はまず転職サイトの登録を考える方も多いでしょう。

「未経験可」や「リモートワーク可」など、求人を検索する機能で自分の希望条件に絞ることもできるため、理想に近い求人を手軽に見つけることもできます。

またスカウト機能が導入されている求人サイトもあり、登録すれば企業からスカウトが届く仕組みです。

しかし、求人サイトから選考に進む際は転職活動に関するサポートなどがないことが多く、履歴書などの書類準備から面接対策まで自力で行う必要があります。

人気のある求人は掲載からすぐに応募が殺到することもあるため、定期的に自分で求人をチェックしておかなければ見逃してしまう可能性もあるでしょう。

 

ハローワークで探す

 

ハローワークは「公共職業安定所」という名称もあり、厚生労働省が運営しています。全国の豊富な求人情報に加えて「職業紹介」「雇用保険」「雇用対策」などの国の制度を組み合わせて求職者のサポートをしています。

ハローワークでは自分が住んでいる地域内や、特定の地域の求人を見つけやすいメリットがあります。

また企業側に求人情報の掲載料がかからないため、転職サイトなどでは見つけにくい中小企業の求人も確認できるでしょう。

 

求職者にとってメリットが多いハローワークですが、公的機関であるため基本的な開所時間は平日の17時半までとなっており、働きながら転職活動したい方にとっては都合が悪い場合もあります。

 

企業のHPで採用情報を探す

 

転職を希望する企業が決まっている場合は、企業の公式HPを確認することも1つの手段です。求人サイトに掲載していない企業でも、採用ページなどに採用情報を載せていることもあるため一度チェックすることをおすすめします。

採用情報とあわせて社員の声や社内事情が分かるコラムなどを掲載している企業もあるため、求人サイトよりも多くの情報を得られる可能性もあります。

 

しかし採用情報の更新頻度などは企業によって異なるため、既に募集が終わっていても求人をそのまま掲載しているというケースもあり、想定している転職活動のスケジュール通りに進まない場合も想定しましょう。

 

転職エージェントに相談する

 

転職エージェントはプロのアドバイザーが担当となり、マンツーマンで転職活動全般に関するサポートをしてくれるサービスです。

転職の軸探しや自己分析といった、転職活動を始める前の段階でも無料で相談ができるため、気軽に相談できる相手が欲しい方におすすめです。

さらに転職エージェントによっては企業に推薦をしてくれることもあり、内定獲得までの道のりが短くなるメリットがあります。一般的なサイトでは見つからない非公開求人も提供してもらえるため、転職の幅を広げることができるでしょう。

 

転職エージェントを利用する際の注意点として、定期的に担当者とコミュニケーションを取る必要があるため、自分のペースで転職活動を進めたい方にとってはスケジュール調整が難しいと感じる場面もあるでしょう。

担当者との相性が良くないと感じた場合は担当変更も可能なので、早めに相談することでロスを防げます。

転職活動をスムーズに進めたい方や、自分だけで転職活動を進めるのが不安な方は転職エージェントに相談するのも有効な手段です。

 

【あわせて読みたい】転職エージェントがおすすめな理由はこちら⇓

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

自分に合った転職先を探すコツ

 

 

求人数が多い時期にあわせて準備しておく

 

より多くの求人案件が出ている時期に探すことで、自分の希望に合った転職先を見つけられる可能性が高まります。

そのため、求人数が多い時期にあわせて、いつでも転職活動をスタートさせることができるように準備しておくことが重要です。

業界研究や企業研究などの情報収集や転職軸の明確化はいつでも始めることができます。

求人数が増えてから慌ててしまうことのないよう、事前準備はしっかりと進めておきましょう。

 

自己分析をして自分のアピールポイントを見つける

 

自分に合った転職先を見つけるには、まず自分の強みや得意分野を分析して把握することが大切です。

自分の強みや弱み、働く上で自分が大切にしている価値観などを一度考えて言語化してみることで、自分だけのアピールポイントが見つかるでしょう。

アピールポイントが見つかった後は履歴書や面接などで積極的にアピールすることで、他の求職者と差をつけることができます。

自分のアピールポイントが分からない場合は、転職エージェントなどに相談してみることもおすすめです。

 

キャリアプランを立てる

 

キャリアプランを立てるとは、将来どのような仕事や働き方をしたいかというプランを構築することを指します。

1つの会社で定年まで働きたい方や、転職によって年収アップやキャリアアップを考えている方も多いでしょう。仕事における自分の将来の姿を考えておくことで、自分のモチベーションにも繋がります。

 

またキャリアプランを立てる際は、キャリアプランシートを活用すると便利です。これまでの職歴やスキル、自分の強み・弱みを整理して、現時点の状況から見た目標までの具体的な道筋を整理することができます。

キャリアプランの立て方について悩んだ方は、以下のボタンからキャリアプランシートのテンプレートをダウンロードし、活用してみてください。

 

メールマガジン会員限定

自己分析からキャリアプラン作成まで
役立つワークシート

こんな方におすすめ

  • キャリアプランを見つけたい
  • キャリアの方向性を再確認して仕事のモチベーションを上げたい
  • 能力や興味に合った新しいキャリアの方向性を見つけたい

いますぐダウンロード

 

業界研究をして志望業界や企業を見つける

 

転職活動をする上で業界研究は非常に重要であり、転職後のミスマッチを防ぐためにも選考に進む前に分析することをおすすめします。

自分が活躍したいと思える企業を見つけるために、まずは様々な業界や職種について理解を深めて企業選びの軸を決めましょう。

 

【あわせて読みたい】転職に役立つ業界研究のやり方はこちらから⇓

 

【あわせて読みたい】内定辞退した会社に再応募する際はこちら⇓

 

自分に合った求人を紹介してもらう

 

 

求人や転職時期に関するよくある悩み

 

 

ブラック企業を見分けるポイントはある?

 

ブラック企業を見分けるポイントとして以下が挙げられます。

 

  • 「アットホームな職場」「若手が活躍!」などの表現がある
  • 求人に福利厚生に関する記載が無い

 

上記の特徴がみられる企業はブラック企業の可能性がありますが、ブラックだと感じるポイントには個人差があるため、あくまで参考程度にとどめましょう。

 

以下の記事では求人や面接などのフェーズに分けてブラック企業を見分けるポイントを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【あわせて読みたい】ブラック企業の見分け方について詳しくはこちらから⇓

 

ずっと出ている求人は良くない?

 

企業によっては常に同じ求人を出しているケースや、頻繁に欠員補充の求人をしているケースがありますが、このパターンは必ずしも労働環境が悪い企業とは断定できません。

求人を出す理由は様々あり、事業拡大によって人手が必要な場合や、全国に支店があるため全ての地域の募集が満員になるまで求人情報を掲載し続けていることも珍しくないからです。

 

以下の記事で同じ求人が出続けている理由を詳しく解説しています。

【あわせて読みたい】同じ求人がずっと出ている理由はこちらから⇓

 

働きながら転職を成功させるには?

 

在職中に転職活動をしている方は多く、現職が忙しいため自己分析や面接対策の時間が充分に取れないと悩んでいる方もいるでしょう。

働きながら転職を成功させるには以下の要素が大切です。

 

  • いつまでに転職するかゴールを決める
  • プロの無料サポートを受ける
  • 隙間時間を有効活用する

 

こちらの記事ではさらに詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【あわせて読みたい】働きながら転職を成功させるコツはこちらから⇓

 

転職する良いタイミングはいつ?

 

転職のベストタイミングには個人差があります。例えばキャリアアップのための転職の場合、20代後半から30代に転職することで企業のニーズと合致しやすいとされます。

転職をする目的によって最良のタイミングは異なるため、以下の記事を参考に自分にとって良い転職のタイミングを見つけましょう。

転職のタイミングで迷った場合は転職エージェントに相談することもおすすめです。

 

【あわせて読みたい】転職の最適なタイミングについて詳しくはこちらから⇓

 

自分に合った求人を紹介してもらう

 

 

転職エージェントを活用して転職を成功させよう

 

 

求人は「1月~3月」「GW明け~6月」「8月お盆明け~10月」に増える傾向があります。

ゴールデンウィークやお盆などの長期休暇の間に転職準備を進めておくことでスムーズに転職を進めることができます。

自分に合った企業を選び、ミスマッチのない転職を成功させましょう。

 

IT・Web・ゲーム業界の転職に強い転職エージェントのGeekly(ギークリー)では、求人選びのサポートや非公開求人の紹介も無料で行っております。

転職活動や求人に関して悩んでいる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事