カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 転職面接で「大切にしていること」の答え方を紹介!自分らしい回答のコツや回答例は?質問の意図も解説
  • 転職活動

転職面接で「大切にしていること」の答え方を紹介!自分らしい回答のコツや回答例は?質問の意図も解説

面接で「大切にしていること」を聞かれたら、あなたはどう答えますか?面接官の「質問意図」が分からなければ、的外れな回答をして低評価になるかもしれません。そこで実際の回答例や企業の質問意図を解説。エントリーシートにも役立つ文の構成や注意点に加え、「自分らしい回答」にする3つのコツを紹介したいと思います。

植物

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

ギークリーのサービスを見てみる

面接時のターニングポイント

 

チェックリスト、フェイスマーク

 

転職面接の際、あなたが‟大切にしていること”を聞かれることがあります。

もちろんインターネットなどを駆使して、あなたも回答法をしっかりとリサーチしている事でしょう。

しかし、お決まりの回答では無く「自分らしい答え方ができるか」こそ、転職面接の重要なターニングポイントになります。

つまり回答次第で大きくアピールできるか、逆にマイナスポイントになるのかが決まってしまうのです。

 

相手企業の質問意図を把握する

 

面接

 

なぜ相手企業は、あなたが‟大切にしていること”を知りたいのでしょうか?

企業が一緒に働きたいと思える人材は、「自分の考え(価値観)を持った人」。そして「自己や状況の分析ができる人」や「問題意識と向上心がある人」などです。

 

このことから面接時の質問にも、それらを測る要素が組み込まれています。

その「質問の意図」を知ることで面接官に対して的確な回答をし、かつ好印象を与えることも可能になるのです。

そこで実際の回答例を挙げながら、企業の質問意図をわかりやすく解説したいと思います。

「自分らしさ」が伝わる答え方のコツや回答に関する注意点などもご紹介しましょう。

 

質問例1「‟人生”で大切にしていることは?」

 

企業の質問意図

 

コンパス、キャリア、方向性

 

「‟人生”で大切にしていることは何ですか?」という質問は、「信念」や「生き方」という言葉で聞かれることもあります。

この質問には、あなたの「人柄」を知りたいという企業の意図を含んでいます。

人生に対する考えには、その人の価値観や軸となる考えが現れやすく行動指針ともなるからです。

そして、同時にその回答から企業の指針と重なるか、同じ方向性を持つかなど「企業との相性」を測っています。

 

主な回答例

 

常に目標を立てて有意義な時間を過ごす様に心掛けています。

人生において信頼関係を築くことを大切にしています。

正直で誠実であることを大切にしています。

私は相手の目線で考えることを常に念頭に置いています。

 

質問例2「‟会社選び”で大切にしていることは?」

 

企業の質問意図

 

オフィス街、ビル群

 

この質問は、数ある会社の中からなぜ自社を選んだのか?という意図が含まれる質問です。

会社選びは「職種選択」「企業選択」という言葉でも表現されます。

これは会社とあなたとの適性を測りながら、会社の社風や企業理念をどれほど理解しているかという「理解度」

そして、就活生が自身の「自己分析」ができる人物かどうかの判断基準にもなります。

企業受けを狙い過ぎて矛盾した回答をしたり、企業理念をコピーしたような回答は面接官へのマイナスイメージです。

回答の最後に「御社でしか経験できないポイント」をあげ、選択理由を表明できればイメージアップにつながるでしょう。

 

主な回答例

 

「私は職場環境が整い働きやすいかを最も重視しています。」

「私が大切にしていることは、自身の力を最大限に活かせる事業内容であるかです。」

「私は仕事を通じて社会に貢献できるかが大切な基準だと思っています。」

「会社選びの際は、やりがいを感じ自分が楽しいと思えるかを軸にしています。」

 

質問例3「‟ものづくり”で大切にしていることは?」

 

企業の質問意図

 

工作、ツール、ものづくり

 

「‟ものづくり”で大切にしていること」は、IT企業の面接でもよく聞かれる質問の一つです。

企業側の意図としては仕事をする上でのあなたの「信念」「価値観」「問題意識」を知りたがっています。

“ものづくり”において、他の人と意見がぶつかることは多々あります。

その時に、自身の意見をはっきりと口にし相手に伝えることができるか。

また、他の人の考えを受け入れ「より良いもの」を作るために協力できるか、などの判断基準にもなります。

 

主な回答例

 

「私はものづくりをする上でコミュニケーションを大切にしています。」

「私が大切にしていることは最後までやり遂げる責任感です。」

「ただ物を作るのでは無く、それを使う相手について考えるようにしています。」

「自分本位なものを作らないように、他の人の意見を聞くように心掛けています。」

 

企業が「求めるもの」を知れば質問の意図もわかる

 

「求めるもの」は企業ごとに異なるので要注意!

 

疑問符の山

 

就活で気になる企業を見つけたら、その企業が何に重きを置いているか社風などにも注目してください。

相手企業が「求めるもの」が分かれば、面接時の回答にもピンポイントで答えられます。

同時にあなたの‟企業への理解度の高さ”を、面接官にアピールできるため好印象を与えることができます。

多様化した企業の「求めるもの」を把握するには、無料の転職相談を利用するのも1つの手段です。

転職エージェントなら、気になる企業に実際に転職した人のリアルな口コミ。

そして、企業ごとに異なる「求めるもの」についても、その豊富な経験から導き出せます。

ネット上の検索ではヒットしない「有益な情報」を手に入れることも可能です。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

面接やECでも使える回答例を具体的に解説

 

マイナスイメージな回答例(ものづくり)

 

拒否、バツ、NG

 

「私は自分の好きを形にできる“ものづくり”が大好きです。

そのため作業の時は集中できる環境を大切にしています。

そこから生まれた私の好きが、いつか他の人の好きになれば良いと思います。」

 

上記の回答は一見「好き」という気持ちや、ものづくりへの熱意が感じられる文章です。

しかし、回答者の「自分目線」が強く感じられるので、独りよがりな人物と受け取られるかもしれません。

相手企業にとっては、職場環境や対人関係の面において不安のある人物と映る事でしょう。

「大切にしていること」は主観的な内容になりやすいため、より一層の注意が必要です。

ここでプラスアピールに繋がる答え方も見てみましょう。

 

プラスアピールな回答例(ものづくり)

 

パズルのピース、手

 

「私がものづくりで大切にしていることは、他の人とのコミュニケーションです。

幼い頃より自分の好きを形にできる“ものづくり”に強いこだわりがありました。

しかし学生時代、文化祭の展示作品についてこだわりの強さから、クラスメートとの衝突を招いたのです。

期日が迫るのになかなか作品は仕上がりません。

初めは焦りや悔しさでいっぱいでしたが、最高の文化祭にしたいという想いの方が強いことに私は気づきました。

クラスメートに打ち明けると同じ気持ちだとわかり、その後はお互いに納得するまでアイデアを出し合いました。

そして協力し合う事で、自分が想像した以上の作品を作ることができたのです。

この事から私は良いものを作るには他の人の意見に耳を傾け、コミュニケーションをとる事が大切だと思っています。

御社の一員となった際には、チームワークを大切に切磋琢磨できる関係を築きたいです。

そして、より多くの人から好きになってもらえる「ものづくり」に励みたいと思います。」

 

上記のようにプラスアピールのポイントは、「大切にしていること」つまり結論を最初に伝えることです。

また、クラスメートのように自身に影響を与えた‟人物”を登場させることで、主観的要素を弱めることができます。

 

3つのコツで「自分らしさ」を伝えよう!

 

「大切なこと」は1つとは限らない

 

ダイス

 

これまで「大切にしていること」の回答を、実例をあげて解説してきました。

自分らしい回答や答え方が、何となくイメージ出来てきたのではないでしょうか。

ここで面接時に自分らしさをアピールできる重要なコツを3つ紹介しましょう。

まず1つ目は面接官から聞かれる「大切なこと」は、“1つとは限らない”ことです。

実際に面接官から、「大切にしていることを3つ挙げてください」と指定された方もいます。

このことからも「大切にしていること」は、複数回答できるようにしておくと安心です。

 

セット回答で面接官の踏み込んだ質問に備える

 

面接

 

「大切にしていることは○○です」と答えたものの、「理由は?」と切り返され慌ててしまう就活生がいます。

面接官に対していかにも「用意した」様なありきたりな回答は、あなたのマイナスポイントになるため注意が必要です。

あらかじめ「大切なこと」とセットで、その理由も答えられるようにしましょう。

また、大切なことを基に「自分が今後どうしたいか」のビジョンも一緒に示せると、より好印象になります。

具体的には「大切にしていること(現在)」→「大切と思った理由(過去)」→「今後の展望(未来)」と考えるとイメージしやすいでしょう。

 

‟自分らしさ”をプラスするにはマイナスも必要

 

ノート、紙くず

 

自分の大切にしていることを答える時、面接官に「ありきたり」なイメージを与えない様にしましょう。

それには、回答に“自分らしさ”を盛り込む必要があります。

自分らしさとは即ち、これまでのあなたの「経験」です。

なかには、マイナスイメージになるかも…と「失敗」の経験を省いてしまう人がいます。

しかし、失敗から学んだ経験は、あなた自身の価値観や信念を形成する重要な要素です。

大切なのは失敗した事よりも、そこから自分の「弱点」を見極め克服する努力をしたか。

面接官はあなたの回答から問題意識やその取り組み方、向上心などを測っているのです。

このことから、エントリーシート (EC)でも失敗談や弱点を省かずに、アピール要素として回答に加えるようにしましょう。

 

「ありきたり」を回避して自分らしいアピールを

 

スマホ、ノートPC、チェック

 

  • ネットで収集できる情報をそのまま参考にすると面接官が嫌うありきたりな回答になってしまうため注意
  • 自分らしさが伝わる回答が大事
  • 自分らしさとは求職者の経験のこと。失敗談であってもそれをどう克服したかなど盛り込む
  • 面接対策として企業が重きをおいているポイントを把握しておき、企業への理解度をアピールできるようにしておく
  • 「大切にしていることは?」という質問は企業が求職者の人柄を知りたがっている

 

就活においてより多くの情報を収集する事は、転職面接でも有利に働きます。

しかし、ネット上で入手できる情報はあくまで‟一般的”な情報だということを忘れてはいけません。

つまりあなたが入手できた情報は、他の就活生もすでにチェック済みということです。

インターネットの回答例をそのまま使用すれば、面接時の回答内容が酷似した「ありきたり」になる危険があります。

「ありきたり」を回避するためには、インターネット以外の情報もできるだけ多く獲得すること。

そして、これまでの解説を参考に自分らしい答え方をイメージし、実際に文章などの形にしてみることです。

中には「複数の回答は難しい」、「ある企業にピンポイントでアピールしたい」と考える人もいるでしょう。

その時は、転職情報に長け企業目線も合わせ持つ専門家に相談してみるのも有効な手段です。

企業目線から見なければ分からない、新しい「強み」や「弱み」を知るきっかけになるかもしれません。

 

まずは転職情報を聞いてみる

Geekly Media
ライター

植物

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook