1. HOME
  2. Geekly Media
  3. オーバースペックで不採用になる人の特徴|企業が採用をためらう理由も解説
カフェで転職者の相談にのるスーツ姿の転職エージェント

オーバースペックで不採用になる人の特徴|企業が採用をためらう理由も解説

募集要項に対してスキルや経験は申し分ないのに不採用になるのはなぜ?どんなに知見が豊富で優秀な人材でも、企業が求めているポジションの人物像、条件にマッチしない場合は不採用になる場合もあります。今回は、オーバースペックで不採用になる人の特徴と、企業が採用をためらう理由も解説します。

そもそもオーバースペックとは

 

 

「オーバースペック」とは、もともとはパソコンや機械において求められている仕様を遥かに超えている状態を指す用語です。

転じて企業の求める条件に対して過剰なスキルや実績を持ち合わせている人材のことを指しています。

どの企業も優秀な人材は喉から手がでるほど欲しいものです。

しかし給与などで折り合いがつきにくく採用へのハードルが高いため敬遠されてしまう可能性が高いというデメリットがあります。

 

 

求人の応募資格より必要以上の経験があるとミスマッチだと判断されやすい

 

 

求人案件に記載があるような、職務に見合った人材を企業は求めています。

担ってほしい仕事があり、それに適した人材が「マッチする人材」と判断されます。

求職者側としてはそれぞれ転職に目的があり、スキルや経験に見合わない求人に応募することもあるでしょう。

しかし企業にとって今求めている人物像とマッチしていないとみなされてしまう可能性があるため、応募の際は注意が必要です。

企業がどのような懸念を感じ、不採用という決断を下すのか、その背景を把握して転職に活かしましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

オーバースペックで不採用になる理由

 

企業ニーズとのミスマッチ

 

企業が任せたい仕事や現在のチーム編成の事情と、あなたのスキルが噛み合わないことで不採用となってしまうケースがあります。

「優秀な方だけど、現状のチームには合わない」「社内の現職社員とのバランスを考えると加えられない」などのパターンです。

重要なのは企業のニーズです。

企業側のニーズとマッチしなければ、どんなに卓越したスキルや豊富な経験を持っている人材でも採用を見送られてしまう可能性があります。

 

希望した年収が応募したポジションの年収より高額

 

高スペックな人材であるということは市場価値が高く、年収も相応の高さになると考えられます。

しかし企業が求人情報を出す際には予算も決まっているものです。

提示した年収では受け入れてもらえず、さらに高年収を要求されるのではないかという懸念を持っています。

仮に希望年収が保有するスキルレベルとしては適性であったとしても、それが応募したポジションの適性年収とは限りません。

この場合、企業にとっては採用に踏み切ることは難しいでしょう。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

離職の可能性を心配される

 

オーバースペックで応募して来た人材に対し、「もしかしたら希望通りの転職活動ができず、一時的に入社したいという考えなのではないか」という心配もあります。

もしもとりあえずの就職だと考えていたら、本当に希望する仕事を見つけたらすぐに退職してしまうのではないかという懸念です。

企業は採用に時間や人員など多くのコストを掛けています。

再度募集をかけることになれば、より多くのコストを費やすことになってしまうのです。

 

スペックに合った求人を紹介してもらう

 

 

面接で不採用になる理由

 

 

実績の過剰なアピールをしてしまった場合

 

自分が意識しないうちに失敗する実例として、自己アピールが裏目に出てしまうケースがあります。

もちろん面接で自分の積み上げてきた実績や、歩んできたキャリアをアピールすることは大切なことです。

しかし自分の実績を話すことに集中するあまり、この企業で何をしたいのかという目的の話が抜け落ちてしまうことが多々あります。

企業としてはもちろん優秀な人材にはこれまでの経験を活かしてほしいのは間違いありません。

しかし、面接時にあまり自分が優れた能力を持っている点をアピールしすぎてしまうのはご法度です。

「仕事が物足りなくなってすぐ辞めてしまうのではないか?」と思われてしまう可能性があります。

 

肩書へのこだわりが強い場合

 

優秀なスキルを持っているからこそ肩書にこだわる方も多くいます。

しかしその肩書へのこだわりが採用においてネックとなってしまうケースがあるのです。

応募者側の心情として、前職で積み上げてきたものを活かして既存のメンバーに対して権威を持ちたいという気持ちがあるかもしれません。

しかし企業としてはフラットなポジションで入社し、職場や既存のメンバーに順応した上で昇格させたいと考えているのです。

あまり面接時に肩書へのこだわりをアピールしてしまうと企業側に過去の栄光にこだわっている人という印象を持たれかねません。

 

求められていない提言してしまった場合

 

自身のスペックの高さや積み上げた実績をアピールするために、相手企業の経営方針や事業展開に提言をしてしまう方もいます。

企業研究はもちろん面接において大切なことですが、これが上手く合致せず的はずれな意見になってしまうことも多々あるでしょう。

そうなってしまうと企業側から「自社の考え方とは方向性が違う」と認識され結果として不採用になってしまいます。

よほどの確証がない限り不用意な提言は謹んだほうが良いでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

年齢が上がるにつれてオーバースペックになる可能性も

 

 

年齢が上がり企業の在籍期間が長くなると、担当している仕事のスキル・実績は自然と上がっていきます。

特に30代になると役職も上がりキャリアアップを果たしている方が多いと思いますが、転職においてはそれが足かせになることがあります。

転職者へ提示する条件は、その人材がどのようなスキルや実績を持っているかによって変わるものです。

ところが応募した求人に対しオーバースペックだった場合は裏目に出てしまうのです。

年齢がネックになる可能性も考慮しておいた方が良いでしょう。

 

スペックに合った求人を紹介してもらう

 

 

オーバースペックだとしても転職を成功させるには ー転職準備編ー

 

 

応募するポジションにあわせて職務経歴をカスタムして記載する

 

応募する企業やポジションによって評価されるスキル・経験は異なります。

仮にオーバースペックな求職者に対し採用を前向きに検討したい企業だったとしても、自社への理解がないとみなされてしまえば採用にはつながりません。

転職において、業界研究や企業研究の深さが求められる点はスペックに関係なく同じです。

自分の強みが企業の利益に貢献できると伝わる職務経歴にカスタマイズするのがおすすめです。

求人案件から読み取ることができる「企業が求める人物像」と、それに対し自分がオーバースペックであると理解を示したうえでのアピールができると良いでしょう。

 

職務経歴書で不必要な情報は消す

 

過剰だと思われる情報は、職務経歴上では調整して記載する工夫も必要です。

あくまで求められるスキル・経験について過不足なく提示することを意識しましょう。

面接の場で伝えれば十分な情報もあるはずです。

まずは、「会ってみたい」と思ってもらえる職務経歴書の作成が優先です。

 

キャリアプランシートをダウンロードする

 

 

オーバースペックだとしても転職を成功させるには ー面接編ー

 

 

自身の経験を踏まえて応募した背景を伝える

 

オーバースペックであることを隠す必要はありません。

偽りなく伝えたうえで、なぜ応募したのかという点に重きを置いて話すのが良いでしょう。

志望動機には実体験をふまえた内容が求められます。

応募にいたった背景や考え方をしっかりと伝えられるよう準備しておきましょう。

 

応募したポジションに合わせて自身の経験をカスタマイズして伝える

 

職務経歴書と同様に、自分の経験も応募するポジションにマッチした内容にカスタマイズするのが良いでしょう。

企業が募集した理由や背景、業界の事情などに理解を示しているとアピールすることで、熱意が伝わります。

オーバースペックだからこそ、退屈になってしまうのでは?すぐ離職してしまうのでは?という懸念を払しょくするためにも、具体的な経験を添えて応募するポジションで活躍するビジョンを伝えましょう。

 

年収が下がる可能性も踏まえて臨む

 

年収に関しては、企業が提示する金額に従うというスタンスを保ちます。

企業は高い希望年収を提示されるのでは?という心配を抱いているため、交渉に応じる姿勢を見せることで前向きに検討してもらえる可能性が上がるでしょう。

給与よりもこの会社で働くことに魅力を感じていると伝えるのが大事です。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

転職活動がうまくいかないときは”転職のプロ”に相談

 

 

今回はオーバースペック人材が不採用になる理由と企業側の対応について具体的に紹介しました。

スキルと求めている人材のミスマッチは往々にしてあることです。

それだけに自分の条件面にできるだけ合った企業選択は非常に重要なものとなります。

その判断が難しいという方は1人で悩まずに転職エージェントに相談してみてください。

転職者の希望を的確に捉えたアドバイスできっとあなたの転職を成功へと導いてくれるでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

カフェで転職者の相談にのるスーツ姿の転職エージェント

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事